二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.431 )
日時: 2021/04/01 12:45
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: fhP2fUVm)

ショコラ
「欲しい~!欲しい欲しい欲しいの~!」

ドーラ
「ダメ!ウチにはあんなの置くスペース無いの!!」

ショコラ
「それでも欲しいの~!!」


魔トリョーシカ
「ボクもう帰っていい?」

たくっちスノー
「母さん?何してんのさ」

魔トリョーシカ
「あっ、たくっちスノーちょっと助けてくれ………ショコラが欲しいって聞かなくてね………」

魔トリョーシカ
「ボク別のもの見たいんだけど」

たくっちスノー
「あーねだってんのね年頃だから、何が欲しいんだ?」

魔トリョーシカ
「ロボットなんだって」

月村
「ロボット?」

たくっちスノー
「まぁいいんじゃないの?ドーラのデパートとは訳が違うんだし珍しいから欲しくもなるよ…………」


たくっちスノー
「で、どんなものか見たの?」

魔トリョーシカ
「いや、まだ」

たくっちスノー
「じゃあ見よう」

魔トリョーシカ
「よし」



ショコラ
「欲しい!欲しい!!【電脳竜騎士サイワイン】欲しい~!」

ドーラ
「買っても乗らないだろ!?というか本物じゃなくていいでしょボクがオモチャ作るから!!」



たく・魔ト
「「本物おおおおおお!!!?」」



たくっちスノー
「何これ!!?なんでテレビアニメで見たようなロボットが並んでいるんだよ!!?」



ショコラ
「なんでも何も、ここはスーパーロボット専門店なのよ、オリジナルのロボットがここで売られてるの、ビームとかも出るよ」

魔トリョーシカ
「スーパーロボット………専門店………?」

レオン
「こいつ理解を拒み始めたぞ」

ドーラ
「どうして本物なんか欲しがるのだろうかねぇ………」ハァ


魔トリョーシカ
「やめろ受け入れるな、ボクがおかしい奴みたいになるだろ」

レオン
「てかなんでそんなの欲しいんだよ」

ショコラ
「喧嘩に勝つために………」

ドーラ
「姉妹喧嘩の度に主人公ロボ持ち出されるこっちの身にもなってよ」

たくっちスノー
「てか…………なんでそんなの売ってるんだ、宇宙戦争でもやるのかよ………?」

レオン
「でもなんか…………」



レオン
「見てると欲しくなるよな」

たくっちスノー
「わかる」

月村
「やめなさい」ガシッ

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.432 )
日時: 2021/04/01 12:50
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: fhP2fUVm)

たくっちスノー
「なんであんなもの売ってるんだよ………」

レオン
「客のニーズに答えた結果だろうな」

月村
「そのニーズは答えなくてもいいと思う」

たくっちスノー
「てかレオン、まだ何も買ってないよな」

レオン
「俺たちの金じゃ買えるものなんてたかが知れてるんだよ、逃走者割でも買えるものは多くないからな」

たくっちスノー
「じゃあ次は………比較的、ここの中じゃ安い店とか知らない?」

レオン
「この近くで安いとなると本売り場とか?」

たくっちスノー
「マジか!?マンガ売ってんの!?」

レオン
「ああ、リアルワールドじゃ干渉されてない奴も売ってるぞ」

たくっちスノー
「マジか行ってみたい!!」

…………

レオン
「おっ見ろよ、逃走中のノベライズまであるみたいだぞ」

たくっちスノー
「…………月村さんってこんなデスゲームの運営者みたいな格好してましたっけ?」

月村
「…………聞かないでください」

たくっちスノー
「俺の漫画ないの?」

レオン
「ねーよお前みたいなパチモノの塊」

たくっちスノー
「………やっぱりリアルワールドに無い漫画ばかりだなぁ、これでも結構輸入してるつもりなんだけど」

レオン
「ああそうそう立ち読みしたら罰金99999999999999999999円取られるから気をつけろよ」

たくっちスノー
「なにそのバグみてぇな数値」

…………

たくっちスノー
「あのメイドウィンの皆もここに来るの?」

レオン
「まあな、あいつらは基本高めの買ってるぞ………ほらアレとか、必殺技売り場」

月村
「必殺技売り場!?」

レオン
「なんか、強いし特別な技持ってるけど跡継ぎとか見つからなくて継承させられない奴らが後世に残しておくために技術を売り出しているんだとよ」

レオン
「技の記憶とかを売ってて、買えばその技をまるっと使用出来るようになる」

たくっちスノー
「ああ………確かにそういうの買いそうな人二人や三人は思い当たるわ…………」


たくっちスノー
「俺もせっかくだから使わない技売り出しとこ」

レオン
「使わない技ってあんの?」

たくっちスノー
「設定上のみの奴とかな、どんなに精密に作った所で本編に出てこないなら意味ねーだろ?」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.433 )
日時: 2021/04/01 12:55
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: fhP2fUVm)

レオン
「しかしよぉ、欲しい訳でもないのにここに入り浸るから金が無くなって逃走中に何度も参加する羽目になるんだよな」

たくっちスノー
「俺たちが逃走中やるのって視聴者、参加者のリクエストが多いからってのもあるしな」

月村
「言われてみればココ最近のリクエスト量は何十倍にも跳ね上がっている………」

たくっちスノー
「自首する奴も減ったし、戦闘中でもアイテムを買う奴が極端に減ったな」

レオン
「奴らは逃走中が終わった後も戦ってるんだよ、極限まで無駄遣いする為に、贅沢をするために、だから大金が必要なんだ、ギャンブルよりアテのある手段として逃走中は都合がいい」


レオン
「さしづめ【銭闘中】と言ったところかな」

月村
「銭闘中………」
…………

たくっちスノー
「どうでした?」

月村
「まさかあんな世界があったとは‥‥‥」

たくっちスノー
「俺はちょっと納得いきませんね、折角沢山手に入れたのにそれをあっという間に使い潰して成金ごっこなんて‥‥‥‥‥これって貧乏人思考ってやつかな」

たくっちスノー
「‥‥‥‥いずれ、お金の価値さえも曖昧になって、逃走中が『ただの金稼ぎの手段』としか思われなくなるんじゃ‥‥‥‥」


月村
「たくっちスノー」

たくっちスノー
「いやさ、別にあのショッピングモールが悪いわけじゃねーよ、品ぞろえはいいんだし、高い分内容も良いわけだし‥‥‥」


月村
「頭を上げてください、人々と逃走中がそうならない為に我々クロノス社とゲームマスターがあります」

月村
「僕も【逃走中】を単なる金稼ぎにされたくない‥‥‥だからこそ、我々がしっかりしなくてはならない」

たくっちスノー
「‥‥‥‥‥‥‥そですね」

たくっちスノー
「月村さん、今度の逃走中はどんなことやります?」



たくっちスノーと月村も、乗り始める


いかにお金を動かすか、もしくは動かされるか‥‥‥‥
逃走中によって得られる何百万という大金の暴力をいかにして受け切り、コントロールするか。


レオン・エストマンは「逃走中の後にも戦いはある」と言ったが、そうではない





銭闘中は‥‥‥逃走中が始まる前から、既に始まっているのだ。



逃走者あなたは果たして、滅びずにいられるかな?

【エイプリルフール企画】
銭闘中せんとうちゅう
『END』

感想OK

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.434 )
日時: 2021/04/18 22:30
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【裸族・カオスキャラ会議】

マリオ
「えー、只今より2021年度のメイドウィン小説の裸族・カオスキャラについて会議を行いたいと思う」

ルイージ
「というか、人選僕らなんだ」

ソニック
「スマブラキャラの出番なんてウチじゃこれくらいだからな」

マリオ
「俺たちはD-7でようやく出番出来たとはいえ………スマブラ戦記シリーズで全然俺たち出てこないんだよ」

ルイージ
「まあそれはいいよ、今回はメイドウィン小説のカオスキャラ、裸族について」

マリオ
「なんかさ、他作者って当たり前のようにそういうのいるしウチにも欲しくないか?」

リンク
「しかし誰がそんなことを?」

ヨッシー
「たくっちスノーって一応最初はカオスキャラ枠でしたよね、色んな意味で」

マリオ
「あー、たくっちスノーに関してなんだが」


たくっちスノー
【今年のデュエマはキャラをツギハギにしたやつが出てくるんだろ?時代がマガイモノに追いついたな!】

マリオ
「って最近調子乗ってるから絶対に出すな」

ルイージ
「まあ確かにディスペクターってマガイモノにしか見えないけど………」

マリオ
「うちの作者って技とかそういうのは別設定入れるけど善人化以外だとキャラ変しないから、無理矢理入れるのはナシで」

クッパ
「野獣先輩」

マリオ
「あいつはBB先輩劇場だとクズな作品もあるからいいの」

リンク
「ヒルデ」

マリオ
「あいつはなろう特有のクズを笑えるクズにしようとした結果だから!」

ルイージ
「カオスキャラって、やっぱり原作でもおかしい事ばかりするギャグキャラとかがいいんじゃないの?ほら、ガッシュのフォルゴレとか!」


リンク
「ダメだ!!」


リンク
「フォルゴレは………確かに面白おかしいキャラだが………」

リンク
「彼の憧れたカバさんと………カキコのカオスキャラは似て異なるんだ…………」

マリオ
「そうなんだよなー………あくまでフォルゴレは【ギャグが得意なカッコいいキャラ】でなにをやらせてもいいってわけじゃない」

マリオ
「デッドプールとかでんじゃらすじーさんも本質はそれなんだよ」

ルイージ
「じゃあ、原作でもめちゃくちゃやってるキャラっているかなぁ…………」

ソニック
「そうだな、あいつとか?」

カービィ
「ぽよ?」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.435 )
日時: 2021/04/18 22:38
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

リンク
「確かにひかわカービィは悪意なく滅茶苦茶やるキャラだな」

リンク
「自分は何をしても悪くないとナチュラルに思ってそうな」

マリオ
「コロコロのギャグキャラにそこまで言ってやるなよ」

ルイージ
「うーーん、難しいところだな………先に裸族から考える?」

マリオ
「裸族なぁ、ウチとしてはやっぱり原作で裸族やってるやつがいいよなぁ」

マリオ
「よく改変されてるキャラとか普通に使いたいし」

ソニック
「そうは言うが原作の時点でそんなキャラはこち亀の海パン刑事と銀魂の近藤ぐらいしか」

ヨッシー
「あの人らはあの人らで真面目にやってるんですよ!階級もいいし!」

マリオ
「というか全作品、時系列繋がってるから下手にカオスキャラにすると今後の扱いがな」

ルイージ
「どうにか原作キャラとそれを元にしたカオスキャラで別枠に出来ないかな、マガイモノ以外で」

リンク
「どういうことなんだ?」

マリオ
「バキどもえとか北斗の拳イチゴ味みたいにさ、ギャグスピンオフがある奴はそれバージョンとかで出すことは出来るのよ」

マリオ
「でも全部がそうってわけじゃないだろ、リンクとか」

ソニック
「ああ、シリアス作品の俺とギャグ作品の俺みたいな」

ヨッシー
「ならせめて本家版ポケモンと穴久保版ポケモンとか、もっと任天堂っぽい例えしましょうよ!」

ルイージ
「スーパーマリオくんは?」

マリオ
「…………なんかさ、違う」



マリオ
「コロコロのギャグ漫画ような既存のギャグと、裸族・カオスキャラのギャグは【異なる】」

マリオ
「もっと別の新しいジャンルなんだよ、似ているからこいつがいいって決められる程単純なものじゃない」

マリオ
「常識を捨てなきゃ!!」

リンク
「新しいジャンルって………例えばどんな?」

マリオ
「ボボボーボ・ボーボボに近いけど別の、脳が理解を拒むようなやつ」


ルイージ
「そんなもん書けるかぁ!!ボーボボの作者でも燃え尽きたのに!!」

ソニック
「そういえばうちの作者にとって1番よく知ってる裸族の作者、ボーボボキャラがレギュラーだったな………」

マリオ
「ボーボボみたいな、なんか意味不明な感じを通せば裸族に近づくんじゃ!」

ヨッシー
「すみませんボーボボはボーボボでちゃんとした所もあるんですけど」

マリオ
「あくまで近いってだけ!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。