二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



『トライヒーロー計画』【5】 ( No.120 )
日時: 2018/09/10 22:04
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

前回のあらすじ

たくっちスノーがロボットにのったり

監理局にスカウトしたり

エデンが消えたり

海斗が病院行ったり

なんか色々あった!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


....

海斗
「...ん?」

海上
「目が覚めたか」

海斗
「!?」

海斗は気がつくと、海上と海中の居る場所で倒れていた

海斗
「え、何この状況?」

海中
「ごきげんよううちらの基地へ...」


海中
「さっきはよくも人のロボットを...」

海斗
「いや、アレは80%くらい雪さんが原因で」

海中
「うっさい...!!」

海中は海斗の首に手を掛けるが

海斗
「あの全然痛くないですよ」

海中
「えっ」

海上
「知らないのか、こいつはカリギュラでNo.2と称されてる男だ、生半可な力では怪我すらしないぞ」

海中
「ちっ、じゃあペロペロするだけで勘弁してやるよ」

海斗
「いや、そっちの方が嫌なんですけど...」




海斗
「というか、なんで俺はこんなところに」

海斗
「住所を知ってるのは雪さんだけだろうし...俺がそこに行くとも思えないし...」

海斗
「あ、俺が居るということは海下さんも」

海上
「奴はいない」

海斗
「え?」

海上
「そんな暇がなかった...と言えばいいか」

海斗
「そんな暇?俺は確か...」

海斗
「あっそうだ、思い出した」

...
数時間前

華南
「.....」

海斗
「はぁ、まーたあの人の持ち物係か」

海斗
「雪さんと持つ果物よりは軽いからいいけどさー」

海斗
「荷物持ちくらい他の男にでもやらせればいいのに」

華南
「なんでわざわざ口に出すの?」

海斗
「5日連続でやれば不満も出るよ」

華南
「入院挟んでるから連続じゃないでしょ」

海斗
「あっそうか!」

海斗
「いや、退院者を労ってよ!!」

華南
「いいじゃない元気そうだし」

海斗
「ちぇー...」

そのまま海斗は華南の家に入り、荷物を置く

華南
「じゃ、私〆切迫ってるから入らないでよ」

海斗
「はいはい」

パタン

海斗
「はぁ、なんで小学生が執筆してるんだよ」

海斗
「いいよなー、印税とか俺も欲しいなー、でもカリギュラは公務員と同じで副業禁止だからなー」


...
海中
「あ、あんな所に居た!よし、どうにか気絶させて...」

海中
「って、どうすればいいんだ?」

『トライヒーロー計画』【5】 ( No.121 )
日時: 2018/09/10 22:59
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ガシャーン

海中
「戦場海斗!」

海中がガラスをぶち破り現れる

海斗
「ちょっ、ここ俺の家じゃないんですけど」

海中
「うっさい」

海中
(うーん、どうやって捕まえよう)

海中
「よし」スルスル

海斗
「...!?」

海中は少しズボンを少しずつ下げていき...!?

海斗
「ぶっ!?」

それを見て海斗は失神する

海中
「はっ、雑魚が」

...

海中
「ってやり方であんたを拉致して今に至るわけ」

海斗
「そんな捕まえかた、女としてどうなんですか!?」

海中
「うっさい」

海上
「俺も、それは兄としてどうかと考えたところだ」

海中
「擁護してよ!!」

海斗
「そ、それで!!俺に何の用ですか!!」

海上
「用があるのは俺達じゃない」

その時、モニターが映る

【ハーイジョージィ】

海斗
「ジョージって誰!?」

海上
「何してるんだあんたは...」

【私も少し流行りに乗っかりたくてね】

海斗
「...?」

【さて、戦場海中...奴から海下の情報を出させろ】

海中
「殺していい?」

【ダメだ、絶対に殺すな、何としてでも殺すのだけは止めろ】

海上
「何故そこまで否定する?」

【たくっちスノーに知られてみろ、我々を世界、いや時空丸ごとグチャグチャにするだろうね】

【奴は戦場海斗を神格している面があるから】

海上
「.....時空監理局、だからか?」

【いいや、すぐに記録が塗り替えられたとはいえ、最悪の時空犯罪者と呼ばれた生物だったから】

海中
「何、あんな奴恐れているの?」

【君は奴にロボットをズタズタにされているだろう?君自身の四股が引き千切られてもいいのかい?】

海中
「...はぁ、分かったよ」

【私としてもさ、ほら、血見るのイヤだし】

海斗
「海下さんの情報?」

海上
「奴から何か聞いてないか?」

海斗
「さあ...あの人との絡みなんて、怪物倒して、そっちの事を軽く聞いて、それっきりなんですから」

海上
「あいつは自身を何て言っていた?」

海斗
「名前しか聞いてない」

海斗
「だってあの人、NPCみたいに同じことしか話さないんだもん!!」

海斗
「二人ってあの人の兄と姉でしょ!?どんな教育してるの!?」

海上
「俺は放任主義だ」

海斗
「どこかで聞いた主義だ!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルメール
「ぶえっくし」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『トライヒーロー計画』【5】 ( No.122 )
日時: 2018/09/11 08:49
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海中
「どうする?」

海上
「下手に拷問して、奴の怒りを買うと面倒なことになる」

海中
「何よ、兄さんもあいつ恐れているの?」

海上
「違う、奴は我らと同盟を結ぼうと考えている...出来る限り利用したい」

海上
「だからあまり下手なことはするんじゃない」

海斗
「.....」

海中
「でも、こいつ本当にこれだけなのかな」

海斗
「...本当にこれだけなんだけどなぁ」

海上
「ならせめて、奴の居場所を教えろ」

海斗
「カリギュラ...じゃないんですかね多分、今雪さんが話してるだろうから自分で聞いてくださいよ、はいコレ」

海斗はマガフォンでたくっちスノーに繋げる

たくっちスノー
【もしもし海斗君?どうかしたのかい】

海斗
「はい、繋がったよ」

海上
「宅地雪か」

たくっちスノー
【その声...海上かい?海斗君のそばに居るの?】

海上
「そうだ、海下はいるか」

たくっちスノー
【ああ、今自分が情報を聞き出している所だ...と言っても、同じような事しか言わないんだけど】

たくっちスノー
【あまりにも同じことしか言わないから、この後世界を解析してこの人の詳細を辿ろうと思うんだけどいいかな?】

海上
「好きにしろ」

たくっちスノー
【ありがとう、流石に君には許可貰っておこうと思ったから...じゃあ】

ピッ

海中
「あいつも連れていけば良かったかなー」

【まぁ、あいつらしいと言えばらしいが】

海斗
「雪さんを知ってるの?」

【まあね、君ほど長く暮らしてはいないが】

海中
「ていうか、許可してよかったの?」

海上
「こいつにも話す、そしていずれあいつも知る...話す手間が省けた方がいいだろう」

海斗
「...で、これで俺が何も知らないってわかってくれましたか?」

海中
「口裏合わせそうだけどな」

海中
「ちょっとだけ、まだちょっとだけ」

海上
「どうする?」

【海中の好きにさせよう、まだ鬱憤たまってそうだし】

海中
「...」

海斗
「さ、さっきみたいな手にはもう引っ掛からんぞ!!」

海斗
「俺、雪さん一筋だから!!」

海中
「ふーん」


海中
「あんな体の...どこが...」

海上
「...こんな事で、奴が情報を吐くのだろうか」

『トライヒーロー計画』【5】 ( No.123 )
日時: 2018/09/11 10:21
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

そして、たくっちスノーはと言うと

たくっちスノー
「もうめんどくさいんで貴方の事自分で調べることにしました」

海下
「えっ!?」

たくっちスノー
「海上さんから許可も取りましたんで」

海下
「なんであの人に!?」

海下
「貴方私を守る気あるんですか!?」

たくっちスノー
「自分って欲張りな人なんですよ」

たくっちスノー
「あの二人を監理局にいれたい、君を守りたい、エデンを捕まえたい」

たくっちスノー
「それを全部やり遂げてこそ、時空監理局の局長なんじゃないかなって」

たくっちスノー
「彼ら、調べたところ犯罪者でもないし別にいいかなって」

海下
「はぁ...でも、貴方に説得できるんですか?」

たくっちスノー
「出来るじゃなくて、やるなんだよ!」

たくっちスノー
「自分はそれほどの責任を背負っている!」

海下
「.....」

たくっちスノー
「それにあっちには海斗君も居るっぽいし...なんとかなるよ」

たくっちスノー
「んじゃ、解析開始!」

...

海中
「だからぁ!!私のどこが気にくわないって言うの!」

海斗
「俺はもう雪さん以外じゃ興奮しない体になってるんですよ!!」

海中
「数時間前私のパンチラで失神したくせに!!」

【海上、ズボンを少しずつ下ろすのはパンチラになるのかな?】

海上
「知るか」

海斗
「雪さんいいんですよ!!体も顔も性格も!カリギュラにちょっとずつ布教してるんですよ!」

海斗
「頑張りが実ってカリギュラの四割くらいがあの人のファンですよ!」

海中
「アイドルか何か!?」

海上
「おい、話の趣旨が変わっていないか」

海斗
「女の子ならもっと恥じらいを持ってくださいよ!恥じらいもなく堂々とやられてもあまりドキドキしないんですよ」

【わかる】

海中
「くぁwせdrftgyふじこlp」

海上
「何の話なんだこれは...」

海中
「やっぱ殺したいこいつ...」

海斗
「で、良いですか!?俺は本当に何も知らないんです、わかってくれましたか!?」

【もうそれでよくないかな】

海中
「なんで...」

【ここ数十分間、宅地雪の魅力しか語ってないよ彼】

【このままじゃ一生語り続けそうだし】

海上
「他に話すことはないのか」

海斗
「カリギュラの事とか興味なさそうだし...」

海上
「一人の女の話題の方が興味ない」

『トライヒーロー計画』【5】 ( No.124 )
日時: 2018/09/11 11:23
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海斗
「大体、そちらは何なの!?」

海斗
「俺だって詳細を知りたいよ!!」

【ああ、そういえばまだ私の事を話していなかったか】

【私は『T』海上らの先祖だ】

「先祖...そう言うからには何百年も前の存在だよね、なんで生きてるの?」

【まぁ、そちら...たくっちスノーと同じさ】

海斗
「わけわかんないよ...大体、戦場一族って何なの?」

【あれ、親からとか聞いてないの?】

海斗
「...知りませんよ、ちょっと前の騒動でいなくなったんだから」

海中
「失踪!?」

【ああ、そういえば別世界でもそうだったね、あれは状況が状況だったけど】

【この世界だと...あいつら面倒になって逃げたな、たくっちスノーに特定してもらってぶちのめしてもらうか】

海斗
「...?」

【全く、あいつらのせいで私が話すことになるじゃないか...長くなるよ】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『この世界』における何千年も昔、『人間』で言うところの弥生時代っていう所

後の日本となる土地、今となっては伝承程度で語られる『鬼』が確かに存在していた

とは言っても、実際は角と筋肉があるだけでヒトとは何も変わらなかったよ


だから鬼は気楽に、適当に過ごしていた

いやそれはどうでもいいか、えーとほら、アレだよアレ、耳子?

海上
「卑弥呼」

【そうそうヒミコだ!】

ちょっと経った後にあいつと部下に気に入られて、鬼は日本統一のため戦いに駆り出されてたんだよ

何千年も前で今更という感想だが、弥生時代に統一したって良いことないのにねぇ

で、戦いに咲く華のような活躍ぶりで、奴等は『戦場』の名を得た

さらに先、漢字が実用化されてからは読みとして『いくさば』と『せんじょう』を使うようになった

海斗
「えっ、その読みって『せんば』じゃないんですか?」

【そりゃリアルワールドの話】

更に時代は過ぎて、平安時代

鬼こと戦場一族は『安倍晴明』の元に仕えていた

海斗
「誰ですかその人」

海中
「陰陽師よ陰陽師!有名でしょ!」

海斗
「俺オカルトとか興味ないし...」

【仮面ライダーゴーストっていうのがあひましてぇ】

とそれはいいか、そんで私も晴明と一緒に妖怪と戦っていたわけさ、私には特別な力もあったしね

海斗
「特別な力?」

【私自身に関しては後で話すよ】

で、まぁ...ある日厄介なことになってねぇ


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。