二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



『トライヒーロー計画』【5】 ( No.129 )
日時: 2018/09/12 09:36
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: b92MFW9H)

エデン
「おや、なんです?その歪な姿は...生き物としてどうかと思いますよ」

たくっちスノー
「何とでも言え」

たくっちスノー
「こういうとき、黒影はどうするのかさっぱり分からないんだ、殺害要請なんて僕自身初めてだからな」

たくっちスノー
「だから今だけは、僕なりにお前と戦おうって決めたんでね!!」

たくっちスノーはすかさず背後に回り、スチームガンを構える

エデン
「貴方も分かっているように、天使に鉄という野蛮なものは...」

たくっちスノー
【ノーザン・クロスティー!!】

エデン
「!? 」

たくっちスノーはエデンの羽を凍らせる

たくっちスノー
「さらに...こいつだ!」

【シェルジカンギレード!!】

たくっちスノーは貝のような剣でエデンを吹き飛ばす


エデン
「うっ...これは、貝殻...」

たくっちスノー
「来い、エデン!死にたくないのであれば、本気で楽園を作りたいのなら!」

エデン
「く...う...何故そこまでして、私を狙うのです?」

たくっちスノー
「自分は本物の楽園を見てきたからだ!」

エデン
「!?」

たくっちスノー
「楽園っていうのは、君みたいに思想を植え付けたりしない、純粋な優しさ、信じる心に惹かれていって作られていくんだ!」

エデン
「それはありませんね、争いを心の底から消さなければ、嫌なことは永遠に消えないのですよ?」

たくっちスノー
「だが嫌なことを極限まで避けている奴に、良いことが起こるはずもない!」

たくっちスノー
「穏やかな人生が悪いとは言わない!それは個人の趣味範囲内だからな...ただ、君の考えを他の世界に押し付けるな!」

たくっちスノー
「この世界をそっとしておいてくれ!!」

エデン
「お偉いさん...貴方はきっと、私の楽園の考えに一番遠いようで、一番近いお方だ」

エデン
「だからこそ、貴方は私の楽園には相応しくありません!」

エデンはベルトのような部分に手を延ばす

たくっちスノー
(やっぱりエデンにもあるのか...仮面ライダー特有の、必殺技が!!)


【永遠の幸せを貴方に!!】

エデン
「楽園行きの為の実力行使はこれで二度目です!」

エデン
「この世の全てよ...私の元に!!」

たくっちスノー
「させるか!我が神の究極奥義!!」


たくっちスノー
【メイドウィンブラスト!!】

『トライヒーロー計画』【5】 ( No.130 )
日時: 2018/09/12 12:45
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: b92MFW9H)

...一方その頃、カリギュラにて

海斗
「雪さんはあの事を知ったのか?」

海下
「あの事...まさか、聞いてしまったのですか!?」

海斗
「いずれ知るから早い方がいいって、Tさんが...」

海下
「...あの人はまだです、なんでもプロテクトが掛かっているとかで...」

海斗
「そちらから話したりは?」

海下
「.....」

海斗
「ああそうか...雪さんは、まだなんだ...」

海斗
「.....」

海下
「.....」

海斗
「ねぇ、なんで黙ってたの?」

海斗
「俺達カリギュラだって対応はできたし、雪さんは真っ先に相談に乗って全力で対応してくれる人だよ」

海斗
「それは今までを見てたなら分かるだろ!?」

海下
「で、でも...結局は人間だし」

海斗
「人間も鬼もたいして変わらないってTさん言ってたぞ!!言い訳しないでくれよ!!」

海下
「私は...私は...」プルプル


海斗
「なんで...雪さんに会ったときに教えてくれなかったんだよ...!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「はぁ...はぁ...」

エデン
「.....」

二つの必殺技がぶつかりあい、二人は倒れる

たくっちスノー
「なぁ、エデン...なんでこんなことをしてしまったんですかい?」

たくっちスノー
「そんな手を使わなくても、楽園を作る方法なんて...いくらでもあったじゃないか」

エデン
「...私のやり方は、間違っていると?まだ言うのですか?」

たくっちスノー
「まだ言うさ、貴方みたいな人は...考えだけは嫌いじゃないんだ」

たくっちスノー
「出来ることなら!貴方も時空監理局に入れて!正しいことに使ってほしかった!出来ることなら...あああ...」

エデン
「お偉いさん...」

エデン
「でも、私は決めたのです!この方法でやるのです」

エデン
「私はこの方法で楽園を作ると決めたのです、ならばやり遂げるしかないではありませんか!」


エデン
「私は神に、選ばれし...天使...」

エデンは時空の渦に乗って消えていく

たくっちスノー
(あと少し...あと少しで、エデンは...)

その時、たくっちスノーのマガフォンが鳴る

たくっちスノー
「あれ、海斗君からじゃない...」ピッ


【随分楽しそうだな?局長さん?】

たくっちスノー
「!!」

【エデンを説得されちゃ困るんだよ、俺が】

たくっちスノー
「...石動惣一!!」


『トライヒーロー計画』【5】 ( No.131 )
日時: 2018/09/12 18:03
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【あれ?おかしいと思わなかったのか?】

【何故戦闘能力をあまり持たないエデンが脱獄できたのか】

【誰があれほどの存在を利用できるのか】

【誰がアドリブのような騒動にも対応できるのか】

たくっちスノー
「石動...どこだ!?どこにいる?」

【俺も顔を見せたいんだけど、戦場一族の騒動に巻き込まれたくないんだよ】

【まぁ、面白いことになってて見てて楽しいがな】

たくっちスノー
「石動...」

【それに中々使えそうな設定も見つけた、ようやくマガイモノメイカーとしての力も使いこなせるようになってきたんだ】

【本格的に活動に乗り出す日も近いか】

【あ、そうそう!最後に1つだけ言っておくか】

【戦場海下には気を付けろ!あいつはこの世界の騒動における...ジョーカーだ】

たくっちスノー
「はぁ!?どういうことだよ、ちゃんと説明してくれ」

【じゃあな、チャオ!】

プツッ

たくっちスノー
「あっ、あいつ...時空犯罪者の癖に、気楽に電話かけてきやがって!」

たくっちスノー
「しかも丁寧に電話番号まで添えやがって!!くっそ...エデンより面倒な奴まで...」

たくっちスノー
「...今は石動の事はいい!すぐにカリギュラに戻らないと!!」


たくっちスノー
「待ってろ海斗君!」

...

石動
「ふーん、フィフティ・ジクウドライバー」

石動
「戦場の一族」

石動
「それにTねぇ 」

石動
「あいつのおかげで、中々面白い設定を知ることができた」

石動
「いやー、旅はいいねぇ!」

石動
「エボルトの力を取り戻す上で設定は大事だし!」

石動
「何より、トラブルを旗から見ているのは最高の娯楽だ!」

石動
「そろそろクライマックスみたいな雰囲気だし、見届けてやりますか」

石動
「お前もそう思うだろ?」

【...ラーメン】


【フライドチキン...】



【ベストマッチ...ジャナイ...!!】


石動
「アナザーシリーズ...か、中々面白い奴等だ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ガチャッ

たくっちスノー
「海斗君!」

海斗
「雪さん...」

たくっちスノー
「さっき海下がジョーカーとか変な電話が...」

海斗
「...」

たくっちスノー
「海斗君?」

END

『トライヒーロー計画』【6】 ( No.132 )
日時: 2018/09/17 08:57
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

前回のあらすじ

戦場海斗は海上らに連れられ、自身が鬼の戦場一族であること、マガイモノの力が再び鬼の力を目覚めさせたこと

現在の一族の総まとめ『T』がRTPの失敗作の一人...つまり、たくっちスノーの兄である事が発覚した

そして、たくっちスノー...エデン騒動の裏に、石動惣一の影が...?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~海上らの住みか~

たくっちスノー
「ここか、例の本拠地とやらは」

【なんだたくっちスノー、君もここに来れるんだ】

たくっちスノー
「貴方がT兄さんか...うん、海斗君が居るところならどこだってね」

【なんだかんだでRTPとしての兄弟と会うのは初めてか...君は妹でいい?】

たくっちスノー
「うーん...体は女だし、妹でいいよ」

【そうか、それでここにきたのは】

たくっちスノー
「これで正式に同盟を結んでくれるらしいからさ、やっぱ直々に来ないと」

【我々としても時空監理局の後ろ楯があると心強いんでね】

【で、エデンの方は順調?】

たくっちスノー
「それが...今回の件、石動が関わってるんだ」

【石動?あの黒影を取り込んだっていう?】

たくっちスノー
「ああ...あいつが居るととんでもないことになる、エデンよりこっちを優先しようかとも考えているよ」

【そういうことだったのか...いや海上がね?妙な気配を察知したって言ってでていったんだ】

たくっちスノー
「へー、さすが貴方の子」

【君らマガイモノメイカーとは違うけど、私も子孫作りには気を使っているんだよ】

たくっちスノー
「へぇ...」

【君こそ、バディの彼はどうしたんだい?】

たくっちスノー
「ああ...海斗君は水晶君と用事があるんだって」

たくっちスノー
「なんでも、偽物騒動の謝罪詣りだって...こっちでもあった」

【ふーん...その間暇だしさ、聞かせてくれない?マガイモノメイカーの事】

たくっちスノー
「マガイモノメイカーの?なんで?」

【やっぱり父の研究が少し気になるものでね】

たくっちスノー
「ああ...僕もまだ詳しくは分からないけど、沢山のマガイモノメイカーと出会って分かったことがひとつあるんだ」

【何だいそれは?】

たくっちスノー
「それは...」

『トライヒーロー計画』【6】 ( No.133 )
日時: 2018/09/17 10:35
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: xPB60wBu)

そして海斗と水晶は、偽物騒動の件であっちこっちのヒーロー組織を回っていったが...

『イリーガル』

七不思議
「あー、そういうことね~」

イリーガル会長、「七不思議不可思議」

トライ世界においては与倉が死亡していないため、海斗会長会議に呼び出されてはおらず初対面になるのだ

七不思議
「まぁ別に気にするほどの事はしていないし~ イリーガルはほぼもう無関係って感じだからぁ」

海斗
「あ、はい...ならいいけど」

海斗
(七不思議 不可思議さん...別世界の俺は会ってるって雪さん言ってたけど...)

海斗
(この人が40...)

七不思議
「...」ジー

海斗
「!?」

七不思議
「何か、良からぬ事を」

海斗
「な、ないです!!」

海斗
(見た目はちょっと若々しいけどなぁ)

七不思議
「ああ、それはそうとねぇ...」


海斗
「...あの、じりじりとこっち近づかないで」

七不思議
「イリーガルはねぇ...毎週日曜日は魔法少女デーでねぇ!!」

七不思議
「君みたいなオトコノコも女装して路上販売するのぉ!人員足りないから来てぇ!」

海斗
「無理ですから!!カリギュラは副業禁止ですから!!」

水晶
「何この人オーラとか色々怖い!この世界とは思いっきり反発してる!」

七不思議
「ねぇ...おいでよぉ...」ピトッ

海斗
「水晶!クロノス使ってクロノス!!」

水晶
「お、おう!!」

【PAUSE】






【Re:start】

七不思議
「あれ?」

海斗達は時を止め、イリーガルから離れていった

七不思議
「んん~、いい顔してたのになぁ~」

七不思議
「...んん?」

...

海斗
「俺カリギュラに入ってよかったと心から思ったよ」

水晶
「僕もだよ」

海斗
「ああ...なんか当分イリーガルには寄りたくないな」

と、その時マガフォンから通信が入る

【海斗君大変だ!エデンが現れた!】

【自分は今海上らの住みかに居てどうしてもこのままじゃ間に合わない!時間稼ぎしてくれないか!?】

海斗
「わ、分かりました!それで場所は」

【えっと...イリーガルの事務所だけど】


海斗
「......」

水晶
「.....」

【あの、嫌そうな顔しないで!何があったかは知らないけどさ!】


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。