二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



マリオ「メイドウィン小説におけるスマブラについて」 ( No.282 )
日時: 2019/09/07 18:23
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

デデデ
「インパクトか、分かるものがあるゾイ」

デデデ
「この口調の元になっている【アニメカービィ】も大量のインパクトが込められた結果何年も愛される作品になったんだデ」

ヨッシー
「わたしの口調の元になっている【スーパーマリオくん】なんかもそうですね」

ヨッシー
「まあ今思えば1番インパクトあるの【アニメ映画】のルイージさんですが」

マリオ
「マリオくんでも初期のルイージは俺と口調が似ていたりしたが、俺をアニキと呼ぶルイージはあいつくらいだろうな」

フォックス
「マリオくんのルイージっていつぐらいからよく見る感じの口調になったんだ?」

クッパ
「確かペーパーマリオRPG編ぐらいからだぞ」


マリオ
「‥‥‥‥ってマリオくんの話はいいんだよ!!大事なのはインパクトの話!!」


マリオ
「うおおおお俺達だって目立ちたいんだ!!こうなったら灯火の星みたいに時空全土をスピリッツ化して‥‥‥‥‥‥‥」

たくっちスノー【オルタ】
「それはマジでやめろ」

マリオ
「ごめんなさい」


カービィ
「ぽよぽよ」

マリオ
「‥‥‥‥ん?そういえばさっきからこいつは何を言ってるんだ?」


リンク
「ああ、えっと‥‥‥‥」



リンク
「【デデププ】とか【プププアワー】とか【プププヒーロー】とか、何も知らずに迷惑かけるトラブルメーカーとして扱われるのはもうやだ、たまにはかっこいいヒーローになりたい」

リンク
「だってさ」

マリオ
「‥‥‥‥‥あ、ごめんカービィ、お前の気持ちも知らないで」


カービィ
「ぽよ」

ヨッシー
「いいんじゃないですか?喋れないキャラクター」

フォックス
「最近は鬼滅の刃の禰豆子ってキャラが人気らしいしな」

ルイージ
「兄さん何を話してるの?」

マリオ
「あっ、ルイージ!?」

カービィ
「ぽよぽよ」

ルイージ
「ああなるほどそういうことか!」

マリオ
「おまっ、なんで話すんだよカービィ!!」


ルイージ
「ちょうどよかった、実は僕も同じような悩み抱えててさ」

ルイージ
「相方の松山は超贔屓にされてて、何回でもどんな風にでも登場するのにさ、僕は全然出番ないの」

ルイージ
「これじゃあ始まりの者になった意味が‥‥‥」(ぽん)



マリオ
「ルイージ‥‥‥俺ずっと勘違いしてたわ、ごめん」

ルイージ
「えっ何どうしたの!?」


END
感想OK

ドーラ「トゥメを掴むんだ」 ( No.283 )
日時: 2019/09/14 22:24
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【ロック伝説の帽子世界パロ】

ボーカル:ドーラ
ギター:シキ
ドラム:メル
ベース:プリムローズ

〜ザ・ハットサタンの楽屋〜

メル
「昨日のライブは最高に盛り上がったが所々に盛り下がり、最終的にはお通夜みたいになっちまった」

ドーラ
「なんでボクらのライブはいつもこうなんだ!」

シキ
「あんたのボーカルがなんか盛り下がるのよドーラ」

ドーラ
「ボクのせいだって言うの!?違うよ!」

シキ
「例えば【LETS DREAM】のサビの部分あんでしょ、『果てしない夢を掴むんだ』ってとこ」

‥‥‥‥

ドーラ
「ファてしないトゥメを掴む〜〜んだ!」

‥‥‥

シキ
「ファてしないはこの際いいけどさトゥメって何よ」

ドーラ
「何もないよ感じ出して歌ってるだけだよ」

シキ
「んな変な感じ出して歌わないでよ」

ドーラ
「変な感じじゃないよいい感じだよ!!」

プリムローズ
「私も正直そこんところすげぇイラつくです」

メル
「ああ」

ドーラ
「マジで!?」

シキ
「それだけならまだしも、ラストで歌った【夢を夢で終わらせないために】なんてあんた‥‥‥‥」

‥‥‥

ドーラ
「トゥメをトゥメで 終わらせないトゥメに〜〜トゥキストゥメ〜〜」

‥‥‥

シキ
「あんたもうトゥメに支配されてんじゃないの」

ドーラ
「なんだよトゥメって!」

シキ
「いやこっちが聞きたいんだけど!せっかく盛り上がってもそれが出ると首を傾げるのよ!」


シキ
「だいたいあんたの曲、歌詞がベタなのよ【夢を掴む】とか【翼を広げる】とかさんなんばっかじゃないの」

ドーラ
「なっ、違うベタじゃない!」

シキ
「今度の新曲なんか【翼広げて夢を掴むぜ】とか、とうとう合体させてるじゃない」

ドーラ
「合体ってなんだよいいじゃんそれくらい!」


シキ
「とにかく!今度のライブで変な歌い方したらあんたボーカルクビだから」

ドーラ
「えええ!?何言ってるんだよ、ボク以外の誰にザ・ハットサタンのボーカルが務まるんだよ!」

プリムローズ
「実は伊東にいる私の親戚にすげぇ歌うめぇ奴がいるです」

ドーラ
「ええー!?もう目星ついてる‥‥‥‥」

シキ
「アホみたいに高音が伸びることだけが取り柄のあんたの代わりくらい、いくらでもいるのよ」

ドーラ「トゥメを掴むんだ」 ( No.284 )
日時: 2019/09/14 22:47
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ドーラ
「なんだよよってたかって!ライブが盛り下がるのはボクのせいじゃない!」ガタッ

ドーラ
「キミのギターが足引っ張ってるんだよシキ!」

シキ
「ええ?私のせいだっていうの?」

ドーラ
「キミ、一曲目のイントロからいきなり歯で弾きだすからビックリして調子狂うんだよ!」

シキ
「良いじゃないそれくらい!!」

ドーラ
「ボクびっくりして出だしの【夢を掴むのは今】の前に『うおっ!』って言っちゃったじゃないか!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シキ
(ガッガッガッ ギュイーン)※歯でギターを弾いています

ドーラ
「うおっ!?‥‥‥‥めを掴むのは今!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドーラ
「出だしの所がちゃんと歌えなくて、絶対お客さんに『目を掴むのは今だ』って思われたよ!!」

シキ
「あんたはちゃんと歌ったところで『トゥメを掴むのは今』でしょうが!!」

プリムローズ
「でも確かに、シキはバラードの時に限って滅茶苦茶頭振ったりしてなんかタイミング悪ぃんです」

メル
「そういやそうだな、ライブ後の打ち上げになってギター叩き壊すし、ギターソロの時になってお手洗い行くし‥‥‥‥」

ドーラ
「ほら見なよ、皆迷惑してるんだ!」

シキ
「違うわよ、私タイミング悪くないわよ!」

ドーラ
「とにかく、次のライブでもタイミング悪かったらキミはギタークビだからね」

シキ
「何言ってるの、私のギターあってのザ・ハットサタンでしょ、代わりなんているの!?」

プリムローズ
「実は熱川のバナナ園にすげぇギターうめぇやつがいるんです」

シキ
「何‥‥‥もう目星ついているの!?」

ドーラ
「色んな色のピックを持ってることだけが取り柄のキミよりずっと使えるやつなんだから」

シキ
「何よ、盛り上がるのは私のせいじゃない!あんたにも責任はあるのよ、メル!」

メル
「はあ?メル様のドラムは問題ねぇぞ?」

シキ
「あんたの両親がライブになると必ず最前列で並んでるのが気になるのよ!!」

メル
「んなもん気にしなけりゃいいだろ」

シキ
「全くピクリとも乗らないのよあの2人‥‥‥‥」

メル
「ノるノらねぇは人の自由だろ」

シキ
「呼ばないでよ毎回1番いい席に!!もっとノリのいいやつ呼びなさいよ!」

メル
「シキはメル様の家族の事全然知らないだろ、ビッグママとアイツはよく見ると揺れてんだよ」

シキ
「それは乗ってるんじゃなくて特有の揺れじゃないの!?」

ドーラ「トゥメを掴むんだ」 ( No.285 )
日時: 2019/09/14 22:58
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

シキ
「ってか昨日のライブは乗る乗らない以前に!あんたの父親が両腕怪我してたのが気になってしょうがなかったのよ!何があったのあんたの親!」

メル
「実は今度新築マンションに引っ越すんだが、あいつ一部屋書斎にしたいつって、それで反対したら机をパンって」

シキ
「あんたの父さん腕脆っ!?」

ドーラ
「正直、ビッグママとハインリヒさんがノらないのは正直引くんだよね」

プリムローズ
「私も」

シキ
「ほらみなさい、みんな迷惑かけてんのよ!」

メル
「うっせーなそれメル様悪くねぇだろ!だいたい家族は家では」

シキ
「この際言うけど!またあの2人連れてきたらあんたドラムクビだからね」

メル
「はあ!?メル様の高速ドラミングあってこそのザ・ハットサタンだろ!代わりなんているのか!?」

ドーラ
「実はボクの後輩で下田出身の洋子って人が凄くドラムが上手くてね」

メル
「何っ‥‥‥もう目星ついてるのかよ!!」

シキ
「どこ叩いても小太鼓みたいな音がするあんたの代わりくらいいるのよ」

メル
「だけどよ、メル様が思うに1番ライブが盛り下がる原因はプリムローズじゃないのか」

プリムローズ
「あ?お前やんのか?」

メル
「いややんねーよ、お前盛り上げる時ライブにクラッカー持ち出すじゃねぇか」

プリムローズ
「盛り上げるっていえばクラッカーです」

メル
「クラッカーって確かに家ん中でやると盛り上がるが、ライブ会場でやると却って寂しいんだよ」

プリムローズ
「さ、寂しいだとぉ!?やるってんですか!?」

メル
「やんねーよ」


シキ
「それにプリムローズが持ってくるクラッカーって2つに1つはシケってて不発なのよね」

プリムローズ
「シケってるだと!?畜生舐めやがって!」

ドーラ
「それにさ、キミ昨日のライブのラストの時」



ドーラ
「3発いっぺんに鳴らすぜ、とか言って‥‥‥」

プリムローズ
「3発いっぺんに鳴らすぜ!!」スカッ

ドーラ
「3つともシケってて不発だったじゃないか」

プリムローズ
「何い!?じゃあ逆にどこ行きゃあシケってねぇクラッカー売ってんです!!」

ドーラ
「普通にその辺で買えるでしょ」

プリムローズ
「フツーにその辺で買ってんだよ!!」

ドーラ「トゥメを掴むんだ」 ( No.286 )
日時: 2019/09/14 23:16
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

メル
「じゃあお前が長時間懐に入れてるからシケってんじゃ」

プリムローズ
「私のせいでシケるだと‥‥‥」

シキ
「正直、今度のライブでもクラッカー鳴らしたら、ベースクビにしようと思ってたわ」

ドーラ
「そうだね」

プリムローズ
「なにィ!?私のベースは必要ないってか!?やるきかてめぇら!!ま、まさか既にアテかなんかあるんじゃ‥‥‥‥」


シキ
「私の知り合いの足湯漬かってる奴がさ、凄いベース上手いのよね」

プリムローズ
「や、やっぱりか畜生」

ドーラ
「ギターより弦が太い事が取り柄のキミの代わりくらいいくらでもいるんだよ」



プリムローズ
「クソが!!私は絶対やめねぇですよ!!」

シキ
「私だって!! 」

ドーラ
「ボクだって!!」

メル
「メル様だってやめねぇぞ!!」

〜1ヶ月後〜

「じゃあ自己紹介から始めよう」


ダリア
「ダリアだ、昨日のライブでボーカルのドーラくんが夢をトゥメと言ったので新しくボーカルになった、よろしく頼む」

メリッサ
「じゃあ次は私、熱川から来たメリッサよ、昨日のライブでシキのギターの弦が盛り上がってる時に全部切れたから新しくギターになったわ、よろしく」

ヨウコ
「下田出身の白石洋子よ、昨日のライブでメルが親を呼んじゃったから新しくドラムになったわ、よろしく」

ツバメ
「足湯に浸かっていたツバメです、昨日のライブでプリムローズ様が最後にクラッカーを鳴らしてしまった為ベースに抜擢されました」



メリッサ
「‥‥‥‥なんというか、これもうザ・ハットサタンじゃないわね」

ツバメ
「私も薄々そう思ってました」

ダリア
「名前変えようか」

ヨウコ
「あっ、そういえば私達全員、伊豆の出身じゃない?」

ツバメ
「あっ、そういえば‥‥‥」

メリッサダリア
「伊豆‥‥‥‥」

ヨウコツバメ
「伊豆‥‥‥‥」



「「「「E'z!!!」」」」


ビッグママ
「E'zはそれなりに売れ、デビュー作【悪魔の行進曲〜生贄〜】はオリコン25位を受賞した」


ビッグママ
「ザ・ハットサタンはどこへ行ったのだろうか?日本のロックで儚く輝いた彼女達の行方を知るものはない」


ビッグママ
「実家にいるので私は知っている」

終わり
感想OK


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。