二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.370 )
日時: 2020/09/26 08:59
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)


「…………あれ、なんか体が重い」



「うっ………よいしょっ………膝が……重り乗せてるみたいな………なんだこの重量感………」



………



「うわ、やっぱり………人間になってから、重量が増えてきた………」




「ダイエットしなくちゃなー………」

【宅地雪がちょっと太った話】(通常版)




「それでね、昨日体が重くて体重計乗ったら5キロ増えてて」

たくっちスノー
「別に5キロくらいいいんじゃねーの?俺の体重って40いくつだぞ?」

ヨウコ
「いや、それはいくらなんでもガリガリすぎる」

たくっちスノー
「ほぼ液体みたいなもんだからな」


「たくっちスノーはそれでいいかもしれないけど、私はもう人間だよ?」

ヨウコ
「ちなみに体重いくつぐらいになってたの?」


「あとちょっとで70いきそうってぐらい………」

ヨウコ
「雪の身長は?」

たくっちスノー
「163」

ヨウコ
「確かにこれは『ちょっと太った』ってレベルね……」


「仕事では着物を着てるから贅肉が見えたりはしないけど…………やっぱりちょっと恥ずかしいかな」

たくっちスノー
「よしっ、だから俺たちに相談してきたわけだな」



「徹底的にやるぞ!」

「うん!」

………


たくっちスノー
「ま、とりあえずはランニングからだな」


「なんで隣にいるの?たくっちスノーは走る意味ないんじゃ?」

たくっちスノー
「最初から1人だとモチベが続かないだろ、俺ならいつでも相手できるぞ」


「ふふっ、ありがとう」



「ひとまず近くの公園まで走るか!」


「うん!」


……


「疲れた………」

たくっちスノー
「結構ばてるの早いな」


「昔もすぐ息切れしてさ………わりと体力少ない方らしいよ、私………」


「昔みたいに疲れてる事も気付かず倒れたりしないだけまだいいけどさ」

たくっちスノー
「お前どんだけ体酷使してたんだよ………そうなると、俺達の不死身の身体も困りようだな」


「何キロくらい走った?」

たくっちスノー
「お前が増えたと思った体重くらい」


「距離の5キロと体重の5キロは全然違うよ………一休みしたら次の工程に移ろう」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.371 )
日時: 2020/09/28 12:45
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: l1OKFeFD)


「今度はジャンプだ」

たくっちスノー
「飛ぶか……ハードルか?それとも縄跳び?」


「縄跳びの方で!」

たくっちスノー
「でも俺ら、あや飛びも出来ねーじゃん」


「そこはほら、前飛びでも100回やれば!」

たくっちスノー
「ま、いいか………」

………


「縄跳び買ってきたよ!」

たくっちスノー
「お前大丈夫なのか?走ったばかりで足痛くないか?」


「足は仕事で鍛えているから平気平気!」

たくっちスノー
「よし………飛ぶぞ!!!」


5分後


「………56 57 58」

たくっちスノー
「結構やったなー、こんなんでも汗かくもんだな」


「マガイモノは汗かかないでしょ………」

たくっちスノー
「普通に暑さとか寒さとか感じてるけどな」

たくっちスノー
「てかなんか、人混み増えたか?」


「そう?公園だしこんなものじゃない?」


「ほら公園のベンチといえばおじいさん、遊具といえばちびっ子でしょ?」

たくっちスノー
「それにしては俺ら………いや違うわ、雪を見てるな」

たくっちスノー
「しかもなんか……………」チラッ


「?」

たくっちスノー
「………そういうことね」(理解)

たくっちスノー
「雪、お前ちょっと5回くらい飛んでみろ」

たくっちスノー
「なるべく大袈裟に」


「大袈裟に?」

たくっちスノー
「なんというかこう、揺らすように」


「…………たくっちスノーじゃなかったらセクハラだよ?」

たくっちスノー
「普通に俺でもセクハラだけどな、頼むよ試したいんだ」


「………しょうがないな」



「その前にめっちゃ近いんだけど、巻き込まれるんだけど」

たくっちスノー
「俺も一緒に飛ぶからさ」


「はい1!!」ブーン

(ぷるん………ぷるん………)



「2!!」

(ゆさっ………ゆさっ………)



たくっちスノー
「雪、お前スパロボのカットイン並みに揺れてんな」


「せくはらー!!」

たくっちスノー
「というわけだ変態共!!おめーらなんかにいたいけな雪の乳揺れなんか見せてやるもんかバーーーーカ!!」



たくっちスノー
「雪!!公園はダメだ!!別のところ行くぞ!!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.372 )
日時: 2020/09/28 17:02
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)


「そういえばちょっと前に痩せられるゲームとかあったよね?」

たくっちスノー
「先言っとくがアレめちゃくちゃしんどいらしいぞ?」


「別に楽して痩せたいなんて思ってないよ、なんでもやる!」

たくっちスノー
「意気込みはいいが………それ、確か結構売れまくってて残ってるかアヤシイレベルなんだよな………どうやって手に入れるか………」

たくっちスノー
「ん?」

sonic.exe
「やめんか」バシッ!!

sonic.exe
「そのゲームとはリングフィットアドベンチャーの事だろう?」


「exe!!」

たくっちスノー
「いって………お前持ってたのか?」

sonic.exe
「雨が降ってる日でもひとっ走り出来るようにと買ったが、ゲームの方はあまりにも遅くてすぐ辞めたが」

たくっちスノー
「お前の速さを再現出来るゲームなんかあるか!!」


「ソニック本人も同じようなこと言ってそう」


「でもありがとう!」

………

それからのことだった!!
雪は暇さえあればリングフィットアドベンチャーでダイエットにはげんだ!!



「よいしょっ、よいしょ………!!スクワット!?やだ、しんどい!!別のやつ」


「やだぁ!体がもう痛い!ああっ、つらいいい!!」



「でもやめたくないい!!やるのおおお!!」


雪はゲームをする時めちゃくちゃ喋るタイプだったせいで、ダイエットの度に黒影旅館にセンシティブな声が響き渡り………男性客が急増したことを雪は知らない!!


………



「やったよ!!痩せたよたくっちスノー!!」

たくっちスノー
「おー、とりあえずはおめでとう………リバウンドには気をつけろよ」


「勿論だよ」

たくっちスノー
「しかしさお前、雪が気にするほど太るって一体何食ってきたらそうなるわけ?」


「え?」

たくっちスノー
「だって黒影旅館だぞ?そんなカロリー高そうな飯ないだろ、あくまでイメージだけど」


「あー………そういえばそうだね………」


「大地と一緒におやつ食べすぎたかな?」


「というか大地と色々食ってた記憶しかない」

たくっちスノー
「おいまさか大地まで太ってないだろうな!!?」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.373 )
日時: 2020/10/02 19:54
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

大地
「ばぶー」

たくっちスノー
「都合よくベイビー化してやがる」


「ねぇ大地、ちょっと成長してくれない?」

大地
「だ?」


大地
「なんかあったの?母さん」ボンッ


「私最近太ったけど………大地について」

大地
「え、俺?」


「うん、この間大地を連れてリアルワールドのご当地グルメ食べ歩きしたじゃない?」

大地
「あー、味噌ラーメンよかったよなー」

たくっちスノー
「ああそれで太ったのか雪は」

大地
「え、母さんなんかバタバタしてるなと思ったら痩せようとしてたの?」


「え!?知ってたの!?」

大地
「まあ母の悩みを知っててこそ実子だからね」

たくっちスノー
「赤ん坊のくせに」


「大地はどう!?太ってない!?」

大地
「うん、なんか平気だわ………というか大人の時はこんぐらいがいいっぽい」

大地
「まーあの時が特別でご飯の時は大抵赤ん坊になっとくけど」


「ああ……でも大地が無事でよかった………」

大地
「なに?母さんみたいに食事バランス整えてないわけじゃないし」

たくっちスノー
「は?雪に限ってそんなこと…………」

大地
「いやそれがさ?母さんはわざわざマガイモノ体になって来てさー」

大地
「その姿でご当地たこ焼きをなんと100個も………」


「あーーーー!!!あーーーーー!!!!」

大地
「ご当地カレーなんて多分鍋いっぱいぐらい………」


「にゃーーー!!!にゃーーー!!!!」

大地
「俺だってご当地ラーメン五杯は平らげたけどさ、たこ焼きとカレーの後で8杯は」


「いやああああああああ!!!」

たくっちスノー
「マガイモノ体でそこまで食うのかよ、ちょっと俺でも引くわ」


「だ………だって………雑誌に見たことない食べ物いっぱいあって………美味しそうだったから………あ!もちろんお金は払ったよ!?」

大地
「むしろあれだけ食ってあの脂肪で住んだのが奇跡だと思うな俺は」


「う、ううう………痩せたんだからいいじゃん!!」

大地
「あ、そうなの?なら別に話してもいいな」

たくっちスノー
「は?」

大地
「実は1週間後に全国各地のハンバーグ店が集まるハンバーグ祭りが………」


「いく!!!」

たくっちスノー
「おいやめろマガイモノ体でもリバウンドはするぞ!!」

終わり!
感想OK

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.374 )
日時: 2020/10/02 21:24
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)


【便乗してパーティーパロットやりたくなった】

たくっちスノー
「素直でよろしい」

sonic.exe
「ネタの都合上俺は今回英語で喋るぞ、意訳は用意したから勘弁な」


…………

sonic.exe
「Let's introduce the character of the kuわrokage family today(今日は黒影家のキャラを紹介しよう)」

たくっちスノー
「OK(こいつ久々に英語使ったな)」


「OK」

松山
「OK」

カーレッジ
「OK」

sonic.exe
「Shadowed Maple winter(シャドー・メイドウィン・黒影)」

たくっちスノー
「なんか既に死んでる人」

松山
「飽き性クソ野郎」


「かっこいいヒーロー」

カーレッジ
「分かってないな」

たくっちスノー
「は?」

松山
「は?」


「HA?」

sonic.exe
「?」

カーレッジ
「The answer is」


カーレッジ
「■■■■■■■■■■■■■■■(あまりにもヤバすぎる発言の為規制されました)」

(シャーマンキングのOPを流しながら虹色に回転するカーレッジ)


「ぅゎ。」

松山
「お前…………」

たくっちスノー
「こいつ黒影の話になるとスゴいキモくなるな」

sonic.exe
「There seems to be a glimpse of the black shadow(黒影もどきの片鱗はあったようだな)」

sonic.exe
「NEXT」

sonic.exe
「Kurokage Ken(黒影剣)」

カーレッジ
「Different kurokage turugi」

sonic.exe
「Sorry」


「御先祖様」

たくっちスノー
「本来俺達がなるはずだった物」

松山
「絶対に勝てない女」

カーレッジ
「■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■(ルイズコピペも真っ青の愛の言葉を並べていく)」

(一休さんの曲を流しながらry)

たくっちスノー
「おいもうこいつ喋らせるなよ」


「父さんが感情をぶつけるのはこの2人だけだから大丈夫だよ…………」

松山
「野郎のメイドウィンに対して異性の剣並の感情をぶつけてる事に目を逸らすな」

たくっちスノー
「もういいや次まともと信じてるぞ」

sonic.exe
「NEXT」


sonic.exe
「Shadow lumina black shadow(シャドー・ルミナ・黒影)」


「ママ………」

松山
「見た目だけは若いババア」

カーレッジ
「ゴーレム」

たくっちスノー
「…………」


たくっちスノー
「oppai!」

sonic.exe
「?」

松山
「は?」

カーレッジ
「は?」


「は?」


たくっちスノー
「は?」


「The answer is」



「癒し系オッドアイ片言合法ロリ巨乳若女将ゴーレム未亡人ボクッ娘ママな妹」


「は嫌いですか?」

(ブラックジャックのEDを流しながら虹色に高速回転する一同)

「「「「oh. sukisuki」」」」

松山
「なんだこの属性の暴力」

カーレッジ
「黒影の最初のオリキャラだから趣味だらけに決まってるだろう」


「妹とボクっ娘以外全部後付けなんですけど………」

sonic.exe
「Maids wink got married?(メイドウィンこれと結婚したってマジか?)」

sonic.exe
「NEXT」

sonic.exe
「Shadow Helen Black shadow(シャドー・ヘレン・黒影)」

たくっちスノー
「旅館の板長」


「トレザード社の兄ちゃんでもあるよ!」

松山
「魔法使え」

カーレッジ
「…………………」



カーレッジ
「設定ブレブレお兄ちゃん」


「!!!」

たくっちスノー
「そ、それは過去の話だから………」


「今は統一されてるから!!」

松山
「ああそうだな」


松山
「昔と違って色んなオリキャラが生まれたからヘレンの設定変えるほど興味が無くなったんだな」

カーレッジ
「どうして愛はすり減るのだろう(強欲の魔女並感)」

ヘレン
「ゲフッ」

たくっちスノー
「2人ともやめろヘレン叔父さんが死んでまう!!」

sonic.exe
「Extra」

sonic.exe
「Takeshige snow(たくっちスノー)」

たくっちスノー
「なんでそんな訳になった」


「Simejiだから………」

たくっちスノー
「で?俺について?」


「作者は過去に悪いこと沢山したからいくらでも曇らせていいと思ってそう」

たくっちスノー
「!?」

カーレッジ
「描写されない尊厳破壊」

松山
「ライナー、キャル、ナツキ・スバル、おでん、アイノイツキ、デンジ」

松山
「作者の妄想の中だけで何度も精神崩壊してる男」

松山
「作者の気分が暗くなると毎度脳内で酷い目に合わされる男」

たくっちスノー
「え、俺ってそんなキャラなの?ヒールキャラじゃなくて?」

たくっちスノー
「俺って作者からクズ野郎じゃなくて徹底的に心抉られるキャラ扱いされてんの?」


sonic.exe
「NEXT」

たくっちスノー
「やめろ無視するな!!不安になるだろ!!」


「大丈夫たくっちスノーはたくっちスノーでも私の方だから」

たくっちスノー
「そっちの方が嫌だ!!何こいつ曇らせてんだよ!!」

sonic.exe
「Residential land(宅地雪)」


たくっちスノー
「メス堕ちムチムチ未亡人になったたくっちスノー」

(キューティーハニーのOPに合わせて回転する雪以外全員)


「!!!?」


松山
「あの旅館むちむちばっかだな」

カーレッジ
「量産型たくっちスノーも居るからな」

たくっちスノー
「そのせいか男ばっか来るんだよなー、ルミナ様は男性雇おうかと考えてるみたいだが誰が来るか」


「ね、ねぇちょっと!?みんな私の事そんなふうに見てたの!?」

sonic.exe
「It's over here because there is no nail(キリがないからここで終わりだ)」

ラミス
「えっ」

バンドラ
「グギギ………我を省くとはいい度胸だ………」

セーギ
「ジャークが入ってねぇじゃねぇかよーー!!ぶっ殺すぞてめーー!!!」



ミステイク
「あの、私は?」

一同
「「「「誰だっけ?」」」」

ミステイク
「ひどい!!!」

感想OK


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。