二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.177 )
日時: 2018/09/26 18:51
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「どうしようどうしよう...海斗君が...」

海上
「震えるなマガイモノの王、海底はすぐそばだ」

たくっちスノー
「分かっているけど...」

その時だった、マガフォンから着信音が

たくっちスノー
「...石動か?ちょっと引き付けておいて!」

海上
「分かった」

たくっちスノー
「もしもし?」

【ああ、たくっちスノー?】

たくっちスノー
「あれ?この声って...!?」

【ほら、私よ私!!戦場海中!!】

たくっちスノー
「い、いや分かってますよ!!でもなんで!?」

たくっちスノー
「自分、貴方にマガフォン渡してませんよ!?それにマガイモノしか...」

海上
「海中にはカラクリを操る機械力という能力がある」

たくっちスノー
「なるほど大体理解した」

【それで...海斗はどこ?伝えたいことがあるんだけど】

たくっちスノー
「...海斗君はいないよ、石動に連れ去られて」

【はぁ!?...ったくタイミング悪いわねあいつは】

【えーと...地図見るか...あ、この場所ならいいか、あいつ居るし】

【で、今もしかしなくても海底の所居るでしょ?だからあんたには話さない、んじゃ!】ピッ

たくっちスノー
「あっ、ちょっと...急に切っちゃった、せっかちだなぁあの人」

海上
「海中からか、用件は?」


たくっちスノー
「うーん、よくわかんないけど海斗君を探していたみたいだけど...」

海上
「...あいつはわざわざくだらない事を言う奴じゃない」

たくっちスノー
「期待していいってこと?」

海上
「...」

再び着信音が

【ああもしもし?】

たくっちスノー
「今度こそ石動か...」

【なんだよぉ、俺以外にテル友がいるのか?嫉妬しちゃうなぁ】

たくっちスノー
「...電話の相手なんていくらでもいるし、自分は君とテル友になった覚えはない!」

【そういえば例の最高傑作の話をしてなくまてさ、まぁ1つしか作ったことないから最高傑作なんだけど】


『水泳...』

たくっちスノー
「!!」

【お!その声はもう来てるな!】

海上
「後ろか」


『弓道...』


【よく出来てるだろ?俺のマガイモノシリーズ『アナザーヒーロー』だ!】


たくっちスノー
「おい...マジかよ...」

【さぁ!存分に暴れろ...アナザービルド!!】


『ベストマッチ...!!』

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.178 )
日時: 2018/09/26 22:55
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

.....

「おーい」

海斗
「う、んん...」

「おーい、気が付いたかい?」

海斗
「ええ...?」

「全く、やっと気が付いたか」

海斗の目の前には、見知らぬ男性が

海斗
「え、誰?」

「...うむ?ああ、そういえばこの時代で人前に姿を晒すのは初めてになるかな、そういえばそうだ」

「私の名前は戦場大海」

海斗
「大...海...?」

「うーむ、やっぱりこれじゃ分かんないか」

「ほら、たくっちスノーの兄の...」

海斗
「Tさん!?」

T
「やっと気付いたか!...でも、本名を言わなかった私のミスでもあるか」

T
「あれー?私って君に本名話したっけなー?」

T
「まあいいや、何があったの君?」

T
「コブラの毒盛られてたんだけど」

海斗
「毒!?」

...

T
「なるほどねぇ...んじゃ今はたくっちスノーと海上が頑張ってるわけだ」

海斗
「油断してた...」

T
「心配しなくとも毒は抜いておいた、すぐ向かえる」

海斗
「あの、石動は...」

T
「ああ、あの赤いのなら追い払っておいたから」

海斗
「追い払った!?」

T
「うん、曲がりなりにも戦場の一族だからね」

海斗
「ほえ...あ、あの!もう1つ聞いていいですか!?」

T
「うん、なんだい?」

海斗
「なぜ貴方がここに?」

T
「海中の頼みさ」

海斗
「海中さんの?」

T
「...実はね、彼女が君の探しているものを見つけたらしくって」

海斗
「俺の...まさか、クリスタルの時空装置を!?」

T
「...彼女によるとね」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海中
「戦場海斗から存在はしているという情報を聞き出せただけでも余裕だったわ」

海中
「私の機械力で探しだして、落ちてんなら回収すればいいし、壊れてんなら直せばいいし」

海中
「でもまぁ!肝心な海斗がいないから、代わりに探してくれない?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

T
「ということだよ」

海斗
「す、すごいな...」

T
「時空装置の場所は調べておいた、この先だよ...ついてきて」

海斗
「あっ...はい!」

T
「それにしても、なんで時空移動装置なんて欲しいの?」

海斗
「あ、そういえば知らなかったですよね、実は...!!」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.179 )
日時: 2018/09/27 07:32
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

二人は山道を抜けながら話をする

T
「なるほど...勇者レイチェル」

海斗
「エデンを倒すにはあの人の力が必要なんです!」

T
「だから時空装置を...と、なるほどねぇ」

海斗
「早く時空装置を見つけないと...」

T
「ん?もしかしたらあれじゃないのか?」

海斗
「え?」

海斗達は、地面に埋まる何かを見つける

海斗
「も、もしかしたらあれかもしれない!!」

...

T
「どう?」

海斗
「よし、まだ動きそうだ!」

T
「わかるのかい?」

海斗
「え?...そういえば、なんで分かるんだろう」

T
「なんてね、この世界で一番あの子に関わってきたんだ、分からないわけないじゃないか」

T
「もしかしたら操作方法も自然と分かるかもしれないよ?」

海斗
「.....」

海斗がボタンを操作すると、不思議と指が進んでいく

海斗
「う、嘘...!?」

T
「呼び出す相手は間違えないようにね」

海斗
「は、はい...これでよし!」カターン

ブブブブブブ

時空装置は不安定な音とともに稲妻を放ち...

装置の隙間から、緑色の髪をした女性が出てくる


「...やや?一体ここはなんでしょう?私はみゃんみゃん芋の収穫をしていたはずなのですが」

海斗
「...これって成功なのかな?」

T
「聞いてみたら?」

海斗
「えーと...すみません」

「あっ、はい、なんでしょうか?」

海斗
「貴方が...レイチェルさんですか?」



「はぁ、いかにもレイチェルですが、こちらからも訪ねていいですか?ちょっと地名を把握しておきたくて...」

海斗
(不思議な人だなぁ)

...
『数分後』

レイチェル
「なるほど、ここは私の居るところとは別の世界...と」

海斗
「なんというか...こんなあっさり信じるのもちょっと拍子抜けですけど」

レイチェル
「ご主人様がよくパラレルワールドとやらに向かってらっしゃるので、似たような物かと思いまして」

海斗
「パラレルワールドって...ある意味別世界より珍しいんじゃ...まあいっか」

レイチェル
「それにしても、私を呼んでいる人がこんなところに居るとは」

レイチェル
「一体どんな方なんです?」

T
「うーん...会えば分かるよ、海斗、急いで戻ろうか」

海斗
「はい!」

END

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.180 )
日時: 2018/09/27 09:52
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: npB6/xR8)

前回のあらすじ

戦場海底は石動惣一の手によってハザードレベル、オーマジオウ、戦場一族の『能力』を得ていた

海斗らも抵抗するが、決定打となる一撃は与えられず石動の手によって山送りとなった

だが戦場大海ことTと海中の力によって時空装置を見つけ出し、遂に勇者レイチェルがミライシティに降り立った...!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海斗
「あっそうだ!時間ない!ルーラ使ってルーラ!!」

T
「ルーラが何だか知らないけどワープだったら任せてよ」

海斗
「えっTさんってそういう能力なの?」

T
「いや、マガイモノなら普通に出来るけど」

海斗
「そうなの!?」

レイチェル
「?」

海斗
「...と、とにかく急ぎましょう!雪さん達が心配だ!」

T
「ああ」

三人はワープで再び港近くへと...

...

たくっちスノー
「海上さん、大丈夫かい?無理はしないでよ」

海上
「肉体だけピンピンしてる奴に言われたくはない」

たくっちスノー
「悪いね、そういう体質なんです自分」

海底
「しぶとい奴等だ」

石動
「ただいま、変な奴にやりかえされた」

海底
「戦場海斗は?」

石動
「ま、ブラッドスタークの毒は致死性高いから多分....」

海斗
「雪さん!!」

たくっちスノー
「海斗君!」

石動
「そういうのは無事に決まっているさ!」

T
「やぁ海上、苦戦しているね」

海上
「何しに来た、大海」

T
「私は海中の頼みで彼と散歩していただけさ、まぁ結果的に彼女を呼び出すことが出来たけど」

レイチェル
「まぁ、そういうことなのですよ」

海上
「...これが、勇者レイチェル?」

レイチェル
「いえいえ、私は勇者なんて程ではございませんよ、単なるしがない冒険者気取りのつもりです」

石動
「ほー!これが勇者レイチェル!いい設定してるなぁ!」

海底
「...レイ..チェル...?」

レイチェル
「そうそう、聞くのを忘れていましたが私に用があるのはどちらなんでしたっけ?」

たくっちスノー
「...あー、なんか複雑な状態だけど」

海上
「あれの中にいる」

レイチェル
「あの方に?」

海底
「レイ...チェル...何故だ...!?」

海底
「俺様が...何か知っている...!?」

海底
「何故だ...何故か...あいつを見ていると苦しくなる...!!」

レイチェル
「あれ?」

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.181 )
日時: 2018/09/27 12:56
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: npB6/xR8)

海斗
「海底が苦しんでる!?一体なんで...」

石動
「ああ、エデンの記憶だろう?あいつきっと、レイチェルの事で何かあったんだろうな」

石動
「エデンと1つになった戦場海底は、エデンのトラウマさえも1つにしてしまったんだ」

海底
「グ...ウウウ...」

レイチェル
「えーと、よく分からないけど大丈夫ですかー?」

海斗
「よし、今がチャンスだ!とりゃあああ!」

石動
「おっと危ない!俺はここでこの間拾った設定【情報抹消(FGO版)】を発動!」

たくっちスノー
「ちょっ、おい!!」

ドスッ

海底
「......」

海斗
「...あれ?」

石動
「これは相手の強化状態を一時的に消失させる能力だ、例の鬼のモードは封印させてもらった!」

海斗
「何!?」

海底
「う、おうううううう!!」



ズドッ


暴れ狂った海底の拳が、海斗を貫く

海斗
「あっ...!!」

たくっちスノー
「...!!」

石動
「常識外れな能力や力よりも強いものが存在する」

石動
「それは...リミッターが外れ極限まで力が解き放たれた獣だ」

たくっちスノー
「...!!」

石動
「今のあいつは生身の人間だ、これだけの攻撃をくらえば即死する」


石動
「ここまで頑張ったのは見事だが、これでお前の敗けだよ」

石動
「来い、アナザービルド...」

アナザービルド
「.....」


T
「なんということだ...ここまで来て...」

T
「本当に、もう寸前まで来ていたというのに...!!」

レイチェル
「...」ゴソゴソ

たくっちスノー
「...なんだよ」



たくっちスノー
「どうしようもねぇなぁ、僕って」


たくっちスノー
「今度はあの子は守ろうって誓ったつもりなのになぁ...」

たくっちスノー
「ほんと...馬鹿馬鹿しいよ、大事な人間一人も守れないで、何が...時空監理局だ」

T
「たくっちスノー?」

海底
「...う、うう?」

石動
「やるのか?たくっちスノー」

たくっちスノー
「ああ」

石動
「もうどうしようもならないのにか?」

たくっちスノー
「いや...どうにかしてみせるさ」


たくっちスノー
「僕は時空最狂の時空犯罪者にして、最強無敵の存在だ」




たくっちスノー
「殺してやるよ...」



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。