二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

『トライヒーロー計画』【9】 ( No.162 )
日時: 2018/09/23 19:13
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

『面会の準備が出来ました』

海斗
「んじゃあ、行ってくるよ」

海中
「大丈夫?」

海斗
「多分」

...
※ネタバレ防止の為、名前は伏せてあります

海斗
「...」

「よう、坊主」

「まさか、こちらに来るなんて」

海斗
「...二人に聞きたいことがある」

海斗
「クリスタルが極秘に研究していた...時空装置の事」

「知っていたのか」

海斗
「知っていた、というより教えてもらったの方が近いですがね」

海斗
「あるんでしょう?今でもどこかに」

「嘘をついても無駄でしょうし正直に言いましょう、ありますし既に完成しています」

海斗
「やっぱりか...」

「だがな、あんなもん使えやしねぇよ」

海斗
「...クリスタルの下級戦闘員でも使えるんだろう?」

「そういうことじゃありませんよ」

「あの装置は作りはしましたが、まだ一度も実験をしたことがありません」

「だからあれが失敗か成功か、使えるか使えないかも分かりませんよ」

海斗
「...存在しているという情報だけでも、充分だ」

海斗
「どこにある?」

「さあ?もう捕まりましたし組織は解体されましたし」

「粗方壊されたか捨てられたか、どっちかだろうな」

海斗
「くっ...!!」

「だが、なんでそんなもん欲しがるんだ?」

海斗
「...呼び出したい人間がいるから」

「ああ、そんなことでしたか...」

「ま、理には叶っているな、確かにうちの装置も似たような目的で作られている」

「見つかったらいいな、どこの誰を呼び出すかは知らんが」

海斗
「...最後に」

海斗
「二人は...時空犯罪者についてどこまで知っていますか?」

「時空犯罪者ぁ?」

「時空規模となるとどんだけ犯罪者が居るか分かってんのか」

「100、1000、10000...いや、下手すれば数えてる速さじゃ間に合わねぇくらいに存在している」

「時空学には詳しくねぇから代表的なのすら知りませんよ」

海斗
(ならエデンの事は知らなさそうだな)

海斗
「...もう充分です、俺は装置を探しに行きます」

「おう、そうか」


「...あいつ、ずいぶんと変わったよなぁ」

...

海中
「どうだった?」

海斗
「装置、あるみたいですけど場所がわからなくて...」

海中
「そういうのはたくっちスノーとかに探してもらえばいいって、戻るわよ」

『トライヒーロー計画』【9】 ( No.163 )
日時: 2018/09/24 07:12
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

...

海斗達はカリギュラに戻るため海を走る

華南
「クリスタルの作っていた装置を探す?」

海斗
「ああ、俺達は今どうしてもそれが必要なんだ」

華南
「ふーん...だからわざわざあんなところに行ったんだ」

海斗
「ああ、今となってはそれに頼るしかなくって...」

華南
「ふーん...大変そうね、あんた」

海斗
「俺が大変なのはいつもの事でしょ?」

華南
「ああ、それもそうだったわね」

海中
「...こいつって普段からああなの?」

華南
「そうそう、どこの誰に教え込まれたかは知らんけど...いつだって無茶ばかりで、危なっかしくて、いつ死んでもおかしくないってヒヤヒヤして」

華南
「でも、なんだかんだで無事に帰ってくる...それが、戦場海斗って男なの」

海中
「へー...」


海中
(曲がりなりにもあいつや私、兄ちゃんと同じ血を引いているからな...)

海中
(ただ戦場の一族というのが理由でも無さそうだけど)

海斗
「あっ、そろそろ陸地に付きますよ」

海中
「本当に速いわね」

華南
「今度海を進むときは船にしておきたいけど...」

海斗
「今度はそうなるといいですね...」

...

海斗
「急げ急げ!時間がないかもしれない!」

海斗
「というかタイムリミットがよくわからない!」


海中
「あっ...あれ...」

海斗
「あれって...あっ!!」



海底
「久しいな」

海斗達の目の前に、海低が立っていた

海斗
「戦場海底...!!」

海中
「ま、マジ...!?こんなところで...!?」

海斗
「出会わずに目的を達成できるなんて甘いことは考えていなかったが...こんなところで...!!」

華南
「何...えっ...!?」

海斗
「くそっ...やるしかないのか!?」

海底
「ようやくエデンの力が馴染んできた...」


海底
「殺す!!」

華南
「ねぇちょっと、どういうこと?」

海斗
「説明は後!とにかくあいつを...」

海底
「...まずは、そこの女からだ」

華南
「えっ」


海低は華南の元まで瞬間移動し、大きく吹き飛ばす

海中
「...あぶなっ!!後ろ海よ!?」

海中がマジックハンドでどうにか海落下は抑えるも、目覚めない

海斗
「.....」

海底
「次は...」



海斗
「鬼人モード」

『トライヒーロー計画』【9】 ( No.164 )
日時: 2018/09/24 09:19
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海斗
「であああああっ!!」

海底
「...」バコッ

海底は海斗の拳を動じず受ける

海中
「あいつ、変身もしないで...」

海斗
「よくも!よくも無関係なあいつを!」


海底
「無関係ではなくなる...時期に、いずれに!」

海斗
「...くっ!やっぱりエデンの弱点を付けないと...」

海底
「...」

海斗
「ちゃあああああ!!」

海斗は何度も攻撃をするが、凹んで衝撃が吸収されてしまう


海斗
(これってエデンの肉体の特性...本格的にエデンとの融合が始まったのか...)

海斗
(でも、これならエデンの弱点もコピーしているはず...)

海斗
「海中は先にカリギュラへ!」

海中
「ああ...分かっ


その瞬間、全てが止まった


海斗
「...え?」

海底
「俺様の周囲に居たから止まらなかったか」


海底
「まあいい、新たな力を見せてやる」

海低は黄金のヒーローソウルを取り出す

海斗
「な、なんだそれ!?」

【オーマジオウ!】

海底
「奴は言う」

海底
「時を思いのままに操り、全ライダーの力を継承した時空最強の仮面ライダー」

海底
「その名も、『魔王』オーマジオウ」

海斗
「魔王...!?」

海底
「魔王の力があれば、技術がなくとも過去も未来も自由自在...!!」

海底
「時間の全てを、止めることも動かすことも可能になった!」

海低が時を動かすと、海斗と海中は大きく吹き飛ばされる

海斗
「うわっ...!!」

海中
「!?...あいつ、また強くなっている!?」


海斗
「ああ...実は、あいつは『魔王』オーマジオウとやらの力を得て...!」

海中
「そういうことじゃなくて!戦場の一族の力の反応が強くなってるってこと!」

海斗
「どういうこと!!?」

【魔王の力があれば、過去も未来も自由自在...】

海斗
「...まさか!」

海斗
「ねぇ、あの取り込む力って封印される前からあったの!?」

海中
「そうよ、昔はエデンみたいな大きいものは取り込めなかったけど...」

海斗
「恐らく海底は、オーマジオウの力で時を越えて、他の時代の戦場の一族を...」

海底
「...良い力だった」


海底
「戦場海自の力は!」

海中
「海自だって!!?」

『トライヒーロー計画』【9】 ( No.165 )
日時: 2018/09/24 10:08
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: tDpHMXZT)

海斗
「...海自って?」

海中
「ずっと昔...戦場の一族で一番最初に名前を与えられた、『鬼』のリーダー格」

海中
「言うならば、先祖よ!!」

海斗
「先祖!!?それ歴史的に大丈夫なの!?」

海中
「多分、死んではいないからセーフなんだと思う...」

海底
「...!!」

海底は二人を大きく吹き飛ばす

【finish time】

【time break】


海底
「.....全てを消し飛ばす!!」


海底は魔王の力と鬼の力で周囲を吹き飛ばしていく


海中
「くっ...!!」

...

海斗
「うっ...!!」


海底
「先祖の力...」


海底
「確かに強いが、まだ足りない...」


海底
「一世代では、まだ足りない...!!」

石動
「おーい!」

海底
「...?」

石動
「どうだ?オーマジオウの力は」

海底
「今のところ悪くはない」

海底
「この力で過去にも行けるようになったからな」

石動
「だがまさか、過去の世代の一族を取り込んでいくなんてな」

海底
「戦場の一族なんて必要ない、俺様一人が『戦場』でいい」

石動
「というと、戦場海下って奴も不必要だったのか?」

海底
「一番要らぬのは奴だ」

海底
「奴は意味もないのに一緒に形成され俺の枷となってきた不純物だ」

海底
「あいつがいなければ、俺様はもっと自由に活動できたのだが」

海底
「あんなもの最初からいない方がいい」

石動
「ふーん、じゃあどうするんだ?」

海底
「オーマジオウの力で過去に戻り、海下の人格を殺しに行く」

石動
「ふーん、それだけで未来がかなり変わりそうだが?」

海底
「どっち道俺様の世界になるだろう?」

石動
「ああ、そう」

石動
「ま、この世界ならタイムジャッカーとか仮面ライダーゲイツとかも来ないし気楽にやれよ」

海底
「.....聞かせろ、何故俺様にこんなことを?」

石動
「なんでって楽しみだからだよ」

海底
「楽しみ」

石動
「ああ、お前の計画がどこまで行くのか、何が起こるのか、どんな風になるのか」

石動
「そんなことを考えていると楽くてしょうがないんだ」

海底
「...こいつらはどうする?」

石動
「お前に対しての対抗策は何もないんだ、ほおっておけ」

海底
「そうだな」



石動
(...今のところは、な)

END

『FGOを中途半端にプレイしている雪さんとリヨぐだの短編集』 ( No.166 )
日時: 2018/09/24 14:24
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

『さいしょに』

リヨぐだ
「このリヨぐだは『マンガで分かる!FGO』シリーズとは何の繋がりもありませんご了承下さい」

たくっちスノー
「あんなやべーやつになれるわけないやろ」

リヨぐだ
「てか、私使いたいならデフォネームの『藤丸立香』で良くないか?」

たくっちスノー
「FGOプレイヤーでその呼び名使ってる人見たことないんだけど」

リヨぐだ
「プレイヤーの分身だからなぁ...」


『バトルオブニューヨーク』

リヨぐだ
「やべぇぞニューヨークくっそムズい」

たくっちスノー
「エミヤさんいなかったら初期難易度の奴すら大変だったな」

リヨぐだ
「唯一の戦力のジャックがキャスターに対して不利だ、無敵なかったら死んでた」

たくっちスノー
「サポートのドレイク姐さんほんま有能やな...」

リヨぐだ
「これからもマスターミッションの為にコジキさせてもらいますわ」

たくっちスノー
「さぁこれを見ている読者もポテトを集める作業しようね!」

『貴方の推し鯖は?』

たくっちスノー
「そういや君の推し鯖ってなんなの?」

リヨぐだ
「知りたいのかそんなん」

たくっちスノー
「やっぱり知っておきたいじゃん、特定の鯖推してる漫画って人気高いし(じじぐだとかイバラキンとか)」

リヨぐだ
「うーん...私っつーか作者は男だとイスカンダルで、女だとバニヤンかな」

たくっちスノー
「そういえばバニヤンの為に始めたんだっけ...」

リヨぐだ
「バニヤンが欲しいって言ったらあのイベントが復活して、イスカンダル欲しいってツイートしたら数日後にfate Zeroのイベントが始まったという」

たくっちスノー
「...ねぇ、これ書き終わったら『ドレイク姐さん欲しい』ってツイートしてくんない?」

リヨぐだ
「どんだけドレイクに助けられてるんだお前」

『オリマスター考えたい』

たくっちスノー
「やっぱサーヴァントは一人の方が会うんだよな」

リヨぐだ
「そういやお前オリマスター考えてたっけか」

たくっちスノー
「あのサーヴァントならこういうマスターとかそういうの」

たくっちスノー
「やっぱイスカンダルのマスターといえばウェイバーだけみたいな感覚が抜けられなくてさ」

リヨぐだ
「どんなの考えたん?」

たくっちスノー
「酒呑童子のマスターはショタがいい」

リヨぐだ
「薄い本みたいな考えでマスターを作るな」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。