二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



『トライヒーロー計画』【10】 ( No.170 )
日時: 2018/09/25 22:06
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

石動
「しっかし、まさか能力なんてものがあったなんてなー」

海底
「...まだ、こんなものではない」

海斗
「何!?」

海底
「エンドオブワールド!!」

海底の身体から、無数のミサイルやレーザー砲が飛び出す

海斗
「うわっ!?」

石動
「仮面ライダーゾルダの力!」

海底
「ロイヤルストレートフラッシュ」

次に海底はカードを並べ、前方に衝撃波を与える

石動
「お次はブレイドか!」

海斗
「仮面ライダーの力まで...!!」

石動
「言っただろ?仮面ライダーを伝承したってな!」

海斗
「一体どうすれば...ん?」

海斗はポケットに違和感を感じ取り出すと、リキッドのライドウォッチが入っていた

海斗
「これって雪さんの...でも、これなら出来るかもしれない...!」


海斗
「ソウルチェンジ!」

【rider time!】
【仮面ライダーリキッド!】

石動
「あちゃー、リキッド!あいつお手製の歴史に含まれない仮面ライダーか!」

石動
「この手があったか!」

海底
「それがどうした...」

ソウル(海)
(とりあえず、時間稼ぎにはなるか...?)

石動
「なぁ海底、俺もちょっと混ざるから」

海底
「何?」

石動
「俺としたことが設定の見落としをするなんて...回収しないとな」

海斗
「...あの姿にはなれないんじゃないのか?」

石動
「おっ、冴えてるな!仮面ライダーエボルも歴史に存在するから確かに使えない」

石動
「ならこれならどうだ?」

石動は今被っていた帽子を外し、魔法使いのような帽子をつける

石動
「システム出力、125%!オールグリーン・オーバーソウル!」


石動
「ビッグママプログラム起動!」

石動の周囲から瞳の形をした魔方陣が展開される

ソウル(海)
「...!?」

...

一方その頃、ちょっと前

たくっちスノー
「海斗君、上手くやってくれるといいけど...」

海上
「おいたくっちスノー」

たくっちスノー
「え?...あっ!」

たくっちスノーのポケットから振動音が

たくっちスノー
「いけないいけない、マナーモードにしてたんだった」パカッ

たくっちスノー
「...エデンの反応!」

大陸
「エデンが消えたとなると...奴か」

たくっちスノー
「...いや、それだけじゃない」


たくっちスノー
「石動惣一の反応が...近づいている!?」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.171 )
日時: 2018/09/25 22:06
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「石動と海底が合流する...このペースだと数分も経たずに」

水晶
「もしこの二人が出会った状態で見つかったら...!!」

たくっちスノー
「...海斗君達が危ない!!」

海上
「海底はどこに向かっている?」

たくっちスノー
「海辺...海斗君の言っていた刑務所への道に近い!」

大陸
「急いだほうがいいかもしれない」

海上
「む、海斗が来た後に接触したな」

たくっちスノー
「まずい...時空の渦を作るから、皆は準備して!!」

たくっちスノー
「海斗君を助けるんだ!」

水晶
「は、はい!」

たくっちスノー
「...こ、これは!!大変だ!!」

大陸
「どうした?」

たくっちスノー
「石動が...ビッグママプログラムを起動した!」

...

海斗
「なんだよあれ...!?」

石動
「インプット、玩具の世界!」

石動は武器を形成し、ソウルへと襲い掛かる!

ソウル(海)
「うおっ!?あんなこと出来るのか!?」

石動
「凄いだろ?とんでもないプロジェクトから得た特別な力さ!」

ソウル(海)
「エボルの時もだけど...この人、ふざけてるわりに結構強い...!!」

石動
「あいつもこんなものじゃないぞ?」


石動
「海底!」

海底
「共鳴力!」

海底はオーラを発しながらソウルへと近づき...

海底
「硬化力!!」

そのまま肌が堅くなり殴りかかる

ソウル(海)
「くっ...これ、全部俺の先祖の技なのか...!?」

石動
「やるねぇ!もう大体取り込んだわけか!」

海底
「森林力!」

海底は地面から巨大な大木を無数に生やし...?

海底
「爆炎力!」

そのまま爆発させる!!

ソウル(海)
「くっ...無茶苦茶だ!」

海底
「...そしてこれが」


海底
「召喚力!!」

海底は魔方陣から機械兵を呼び出す

石動
「お!こりゃ俺の世界のガーディアンだな!」

石動
「それなら俺が...」

石動が手を掲げると、ガーディアンの表面が割れ、ソウルに銃を向ける

石動
「これでこいつらは俺の人形だ!」

石動
「インプット、戦の世界!」

海底
【wake up!!】ピロロロピー

ソウル(海)
「...!!」










海底
「これで終わりだ」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.172 )
日時: 2018/09/26 09:22
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ソウル(海)
「...!!」

カッ

海底
「あれだけやって耐えただと!?」

石動
「ほう...もしかしてそれが、戦場海斗の能力か?」

ソウル(海)
「...!!」

海底
「まだだ!」

【final form ride】
【キキキキバ!】

海底はキバットを模した巨大な弓矢を召喚する

石動
「よし、じゃあ俺も...インプット、時の世界!」

【リンゴドライブ】

海底
「ZEROに還れ!!因果力!!」

石動
「これでエンドマークだ!」

二つのエネルギーがぶつかりあい...!?


ソウル(海)
「...!!」

ソウル(海)はすかさずかわす

石動
「おっと!これもかわすか!」

石動
「なるほど、あいつが気に入ってるほどなんだから強いよな!」

ソウル(海)
「.....」

ソウル(海)
(どうしよう、このまま逃げっぱなしでもあいつには勝てない...)

ソウル(海)
(海中さんも...華南も...起きる気配がない)

ソウル(海)
(ここはどうにか耐え続けないと!)


石動
「...あ、やっばいなぁ、監理局が近づいている」

石動
「ま、今の所海底への対抗策もないしほっとくか...」

海底
【full charge!】

ソウル(海)
(海底のオーマジオウの力...戦場の一族の能力...詰め込みすぎだろ!贅沢が過ぎるぞ!)


ソウル(海)
(逃げたところで、街に被害を出すだけだし...)

ソウル(海)
(ひとまず石動をどうにかすれば...!!)

石動
「でももう終わりだ!」

海底
【PAUSE】

ソウル(海)
「あっ、時止め」













石動
「楽しいぜ?」

海底
「.....」


たくっちスノー
「サモンセドナ!!」

海底
「何!?」

石動
「こんなことが起こるんだからな!」

たくっちスノーが突然背後から現れ、時止めを破った


ソウル(海)
「...雪さん!?」

海底
「どうやって介入した!?」

たくっちスノー
「同じ能力を使った!!」

海底
「同じ能力だと!?貴様も戦場の一族の...」

石動
「...あー!思い出した!」

石動
「ここんところ見なかったが、たくっちスノーは精神が追い詰められたときだけ、見た相手の能力を真似出来るんだよ!」

海底
「何だと!?」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.173 )
日時: 2018/09/26 10:04
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「覚悟しろ...!!」

海底
「くだらない!森林力!」

たくっちスノー
「切断力!!」

海底
「!?」

たくっちスノーは海底の放った大木を一気に刈り取った

石動
「はははは!怖いねぇ!」

たくっちスノー
「石動!お前またビッグママプログラムを使っていたのか!」

石動
「勘弁してくれよ~、この状態じゃエボルトの力は使えないんだよ」

石動
「というわけで、今のお前が相手なら安心して全力を出せる」

【コブラ!】

石動
「蒸血!」

【ミストマッチ...コブラ...コ・コブラ...ファイヤー!!】

ブラッドスターク
「あ~、この姿になるのも久しぶりだな」

ソウル(海)
「...変身できないはずでは!?」

ブラッドスターク
「ああ、『仮面ライダー』は歴史から消えている、しかしこの『トランススチームシステム』は仮面ライダーではない」

ブラッドスターク
「だから、こんな風に変身出来るって寸法さ」

ソウル(海)
「なんてやつだ...!?」

ブラッドスターク
「さーて、二人まとめてでもかかってこい!」

【ライフルモード!】

ソウル(海)
「雪さん!」

たくっちスノー
「石動と海底の攻撃は自分に任せろ、海斗君は隙を付いてカウンターだ!」

ソウル(海)
「だ、大丈夫なんですか!?」

たくっちスノー
「他のメンバーも時期に来る!転送にちょっとしたラグがあるだけだ!」

ブラッドスターク
「なめるなよ!多種多様の能力は、戦場の一族の特権じゃない!」

【トラ!】

ブラッドスターク
「くらえ!」

【フルボトル!スチームアタック!】

たくっちスノー
「城壁力!!」

ブラッドスタークはたくっちスノーは地面を叩き壁を形成する


ソウル(海)
(これが戦場の能力...雪さんがコピーした分も含めて、これだけの数が存在するなんて...)

たくっちスノー
「戦場海底...歴史操作も立派な時空犯罪だ、覚悟してもらうぞ!」

ソウル(海)
「...隙を見つけるって言われてもなぁ」

たくっちスノー
「移動力!」

海底
「...くっ!」

ブラッドスターク
「同じ能力同士では種族上マガイモノが有利か」

ブラッドスターク
「それなら...もっと進化させてやる!」

【デビルスチーム!!】

ブラッドスタークは海底に黒い煙を浴びせる

海底
「...!!」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.174 )
日時: 2018/09/26 16:02
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海底
「ウオオオオオオオオオ!!」

ソウル(海)
「な...なにをした!?」

ブラッドスターク
「ハザードレベル!俺の世界の戦闘指数をこのガスで増やせば、海底は人間もマガイモノも超越する力を得られる!」

海底
「...!!」

ブラッドスターク
「ハザードレベル4.5か!あれだけのガスでここまで強くなれるとはな!」

ブラッドスターク
「戦場の一族とはとんでもないやつだ!」

海底
「...移動力!!」

海底は残像すら見えない速さで後ろに回り、攻撃する

ソウル(海)
「...さっきより速くなっている!?」

たくっちスノー
「なんなんだよ、あいつ!?」

ブラッドスターク
「戦場海底は言うならばブラックホールだ!」

ブラッドスターク
「誰にもあいつは止められない!」

たくっちスノー
「...くっ!」

ソウル(海)
「雪さん、あの方達はまだ...!!」

たくっちスノー
「おかしい...そろそろ来てもいいはずだが...」


ブラッドスターク
「.....!!」

たくっちスノー
(スタークが何か細工したのか?)

海底
「これで今度こそ終わりだ!!」

たくっちスノー
「否!自分は諦めない!!」

ブラッドスターク
「能力は向こうが上だ!一体何が出来る?」

たくっちスノー
「少なくとも...得意分野なら底上げされた海底よりも上なものがある!」

ソウル(海)
「え!?」


たくっちスノー
「召喚力!!」


たくっちスノーは真上に大きな時空の渦を開き...

海上
「ダアッ!!」

海底
「なんだと!?」

空から海上、水晶、大陸が落ちてくる

たくっちスノー
「くっ...これが精一杯か!」

大陸
「遅れてすまない」

たくっちスノー
「何があったの?」

海上
「時空間から出られなくてな」

石動
「オーマジオウの力だよ」

たくっちスノー
「オーマジオウ!?2068年の魔王の力がなんで...」

ソウル(海)
「アレのせいで仮面ライダーの力が使えないんです!」

たくっちスノー
「この世界でも!?ジオウの影響すさまじいな!」

海上
「なんだ、力を出せないのか海斗」


海上
「戦えないなら下がっていろ...奴は俺が倒す」

たくっちスノー
「やめて海上さん!その流れだとかませキャラみたいになっちゃうから!貴方は強キャラで居てくれ!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。