二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.82 )
日時: 2018/06/28 11:05
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海斗
「ジェイソンより強いかぁ...結構強いよねジェイソン」

たくっちスノー
「当たれば基本即死のチェーンソーを持ってるし、本人も怪力だからな...」

海斗
「でもこれなら」

【アクノロギア】

たくっちスノー
「待てや、いくらなんでもそれはアカンて」

龍我
「なんでこんなカードを作りやがった!」

海斗
「最初は単純に『ドラゴン』にしようかと思ったけど、ドラゴンその物ってなんでもありだとあまり強くない気がしてさ、最強のドラゴンにしたわけ」

ピッフィー
「おい、なんやこのカード」

たくっちスノー
「最強のドラゴン...魔法無効付きだ」

海斗 残り三枚

たくっちスノー
「お、おいおい...アクノロギアより強い奴って浮かぶわけ無いだろ、パス」

ピッフィー
「ワイも無理やわ、パス」


「ドラゴンかぁ...ガンダムここで残しておけば良かったかなぁ?」

たくっちスノー
「多分普通のガンダムでも負けると思う」


「えっ、それは無理だわパス」

龍我
「俺もさっぱり分からねぇ、パス!」

海斗
「じゃあ話を流すか...えーっと、この場合俺が新しいカードを出せばいいんだっけ?じゃあこれ」

【ゴブリン】

たくっちスノー
「君のファンタジー推しはなんなの?」

ピッフィー
「ゴブリン程度なら楽勝やろ」


「いや、ゴブリンって巣を作るほど頭良いし手強いんじゃない?」

たくっちスノー
「ゴブリンスレイヤーに出てくるゴブリンとかそれなりに強いしな」

海斗 残り2枚

たくっちスノー
「うーん、でも僕のカードは生物特効があるんだよね」

【硫酸男】


「うわ、地味に強い奴来た」

ピッフィー
「硫酸風呂はマジでエグいわ、クロックタワー3とかやなくてデッドライジングに出てきてほしいわほんま」

海斗
「ゴブリンも硫酸には勝てなかったよ...」

たくっちスノー 残り2枚

ピッフィー
「ワイのターンやな、硫酸男ってどういう状態で戦うんや?」

たくっちスノー
「生きていた状態で」

ピッフィー
「たしか硫酸男の最後はタンクを撃ち抜かれて頭から硫酸が漏れて死亡や、つまり...」

【ゴルゴ13】

ピッフィー
「正確に撃ち抜けばエエんや!」


「その人使うなら素直に頭狙えばよくない?」

海斗
「というか人魚のときそれ使えばよかったじゃないですか」

ピッフィー
「人魚が撃たれて死ぬとは限らんやろ、しらほし姫みたいにクッソでかい奴かもしれれんし」

海斗
「えー、あれを想定してたんですか...」

ピッフィー 残り2枚

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.83 )
日時: 2018/06/28 16:05
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)


「えっ、ゴルゴ13より強い奴なんて...あ、これならいけるかも」

【アルフォンス・エルリック】

龍我
「誰コイツ」

たくっちスノー
「鋼の錬金術師の鎧みたいな奴」

ピッフィー
「まぁあいつなら撃たれても痛いだけやしな」

渚 残り2枚

龍我
「なるほど、肉体は無く鎧だけ、パワーもそれなりで錬金術も出来るのか」

たくっちスノー
「結構強いな弟!スペックはじめて知ったよ!」

龍我
「うーん分からねぇ!パス!」

海斗
「鉄...分かんないな、パス!」

たくっちスノー
「ならこっちはこれを使う!」

【吉良吉影】

龍我
「弟を爆弾に変えたッ!」

ピッフィー
「外道すぎるやろ」

たくっちスノー
「吉影はそういうことする」

たくっちスノー 残り1枚

ピッフィー
「アカン、吉良吉影って刺さる奴少なすぎるやろ」


「原作者ですら攻略法が中々浮かばなかったって言うもんね」

海斗
「でもこれ流したら雪さんが一番手として上がっちゃうよ」

ピッフィー
「ワイは無理や、パスやで」


「バイツァ・ダストって過去に戻る...つまりタイムトラベルに近いんだね?」

たくっちスノー
「時間そのものを爆発してるけど、まぁそうだね」


「ということはつまり...こいつが観測出来る!」

【ティンダロスの猟犬】

ピッフィー
「なんやこれ?」

たくっちスノー
「時空間に潜む怪物だよ、獲物を見つけると何がなんでも逃がさない...時空を越えて斜角から飛び出してくるやべー神話生物」

海斗
「クトゥルフと聞けばこれってくらいには有名ですよね」

龍我
「じゃあドラえもんとか毎回危険じゃねーか」

ピッフィー
「爆破する前に死ぬゥー!」

渚 残り1枚

龍我
「やべぇ、これどうするよ、相当なインフレ合戦だ」

龍我
「あ、もしかしたらこれいけるかもしれない」

【エボルト】

海斗
「やっぱりそれありましたか」

龍我
「なんだかんだでエボルトなら何とかしそうって思ってな」

ピッフィー
「ブラックホールに入ったりしとるけど、そもそもタイムトラベル出来るんやろか」

石動
「んー不可能じゃないぞ、喧嘩する気はないけどな」

たくっちスノー
「あの、ゲーム中に割り込まないでください」

龍我 残り一枚

海斗
「地球外生命体エボルト...これは無理だ、パス!」

たくっちスノー
「もうしわけないが原作で倒されてない奴は浮かばないからNG...パス」

ピッフィー
「パスや」


「パス」

龍我
「よし、話を流して...はいあがり!俺の1着だ!」

【アンパンマン】

龍我0枚 一位

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.84 )
日時: 2018/06/28 17:53
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海斗
「うーん、アンパンマンか...なら簡単だ」

海斗
「優しさを知らない怪物にじわじわと潰される」

【スライム】


「溶ける!」

ピッフィー
「申し訳ないがスライムが知能ない見たいな偏見はNG」

龍我
「でもスライムなら勝てそうだよな、溶けるし」

たくっちスノー
「昔のスライムは中々強敵だったからねー」

海斗 残り1枚

たくっちスノー
「スライム程度なら楽勝だよ、これであがらせてもらうね」

【ライアン(ドラクエ)】

ピッフィー
「ライアンは強いわな、戦士やし」

龍我
「そういえばお前、ジャイアンにたいして革命家返しするとか言ってたが、何使う気だったんだ」

たくっちスノー
「ほら、ライアンとジャイアンってなんか響きが似てない?」

ピッフィー
「ダメに決まっとるやろそんなの...」

たくっちスノー 0枚 二着

ピッフィー
「あかん、ここで何か引いとかんと負けるわワイ」

ピッフィー
「分からへんわこんなの、パスや!」


「これならどう!?」

【呪いの装備】

たくっちスノー
「ぼうけんのしょやめろや」

龍我
「ドラクエⅨでこれ聞いたときは心臓止まるかと思った」

渚 残り0枚 三着

海斗
「これで俺が引ければピッフィーさんの敗北が確定...なんか、すいません」スッ

【天使】

ピッフィー
「ファーーー無理やこれ」

たくっちスノー
「とまぁ、こんな感じのゲームです!皆もやってみてね!」

END

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.85 )
日時: 2018/06/29 09:02
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【イクサー姉妹のホビーバトルTRPG】

アトロス
「うおおおおおお!!」グググ

イクサー3
「うあああああ!!」グググ

イクサー2
「お姉様、あれは?」

イクサー1
「喧嘩が絶えなくて...」

イクサー2
「喧嘩というより殺し合いでは?」

アトロス
「今日という今日はお前を...!!」

イクサー3
「なんでスパロボL設定なのにいがみ合う必要があるのよーっ!!」

アトロス
「知るか!」

イクサー2
「このまま放置してるとどちらかが死ぬかもしれないぞ」

イクサー1
「姉としてほっておくわけにはいきませんね...ちょっと相談してきます」

イクサー2
「渚に?」

イクサー1
「いえ、たくっちスノーに」

イクサー2
「待ちなさい」

数分後...

イクサー1
「というわけで【ホビーバトルTRPG】を始めます」

アトロス
「どういうわけで!?」

イクサー3
「また1ページTRPGかぁ」

イクサー1
「その中でも比較的穏やかな物を頼みたいと聞いたらこれを用意してくれました」

アトロス
「だからって...オモチャで決着なんて子供っぽくて嫌だ!」

イクサー2
(子供じゃないか)

イクサー1
(年頃は子供扱いされるのが嫌だと渚から聞きました)

イクサー2
(なるほど)

イクサー3
「もうこの際なんでもいいじゃん!これで決着つけるよ!」

アトロス
「ちっ...やってやるよ!あたしはお前に勝つ!」

イクサー1
「GMは私がやります...では最初に二人が競い合うホビーの種類名をd66で決めます」コロコロ

イクサー1
「カブトヨーヨーに決まりました、次に新鋭ファイター...PCを決めましょう」

イクサー3
「あたしの名前はイクサー3!極限までカスタムしたあたしオリジナルのカブトヨーヨーで日本一を目指すよ!」

アトロス
「あたしの名はアトロス!最新式のカブトヨーヨーで生意気な奴をぶっ潰す!」

イクサー2
(なんだかんだでノリノリじゃないか)

イクサー3
「あっ、ホビーの名前どうしよう」

イクサー1
「お好きにどうぞ」

イクサー3
「じゃああたしは『鋼騎アクティオン』で」

アトロス
「ならあたしは『ヴァンパイアギラファ三世』で」

イクサー2
「黒歴史ゲーから持ってくるな」

イクサー1
「ではセッションを開始します...このTRPGのオープニングは特に決まりはありませんので貴方達に任せます、どうしますか?」

イクサー3
「じゃあ、それぞれ許せないことがあって、決着をつけるためにホビーを使うっていうのは?」

アトロス
「ホビーアニメでよくある展開だな」

イクサー1
「ではそれで...ロールプレイを始めてください」

...

イクサー3
「アトロス...絶対に許さないんだから!」

アトロス
「許さないのはこっちの方だ!お前...」



アトロス
「あたしが大事にとっておいたプリン食べただろ!」

イクサー2
「争う理由くだらないな!!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.86 )
日時: 2018/06/29 17:56
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

イクサー3
「ちょ、ちょっと!ロールプレイに私情を持ち込まないでよ!」

イクサー2
「本当に食べたのか!?」

アトロス
「裏面に名前書いてあっただろ、なんで食べるんだ!!」

イクサー3
「裏面なんて見るわけないじゃん!」

アトロス
「だからあたしはお前が大事にしてたぶどうゼリーを食ってやった!」

イクサー3
「フタに名前書いたのにー!!」

イクサー1
「ぶどう味のお菓子ってぶどうより美味しいですよね」※あくまで個人の意見です

イクサー3
「こうなったらカブトヨーヨーで決着を」

アトロス
「いいだろう!」

イクサー1
「と、自然な流れでホビーバトルが始まりました」

イクサー2
「どこが?」

イクサー1
「ではTRPG的なホビーバトルのルールを説明します、RP的にはご自由に」

アトロス
「どうすれば勝ちになるんです?」

イクサー1
「一言で言えば2d6を降り足して25以上になった人が勝ちと書いてあります」

イクサー1
「正確にはテンションというパラメータですね」

イクサー3
「え、つまり運ゲー?」

イクサー1
「いいえ、新鋭ファイターの二人にはそれぞれ一つずつ、一回のみ使える必殺技があります」

アトロス
「それで逆転しろってことか...面白い!」

イクサー1
「第一戦」

イクサー3
「テンション!」

アトロス
「ダイス!」

テンション
イクサー3→6
アトロス→7

アトロス
「よし、あたしが一歩上だ!」

イクサー3
「で、でもまだ互角だもんね!」

イクサー1
「ではここでエンタメ性を出すため、台詞表を降りますね」コロコロ

『お前が(ホビー名)で父さんを殺したんだろう!?なぁ、答えろよ!』

イクサー3
「ねぇお姉様、この台詞改変していい?」

イクサー1
「どうぞ」

イクサー3
「アトロス...そのギラファ型のヨーヨー...どこで手に入れたの?」

アトロス
「はっ、こいつはまだ売られてない特別な品だ、答えるものか!」

イクサー3
「...あんたなんでしょ、あんたがそれで...そのヨーヨーでイクサー2お姉様を殺したんでしょ!?」

イクサー2 アトロス
「「ちょっと待て!!」」

イクサー2
「勝手にロールプレイで私を殺すな!!」

アトロス
「一度死んでるからって!」

イクサー3
「でもヨーヨーで死ぬお姉様想像したら結構面白くって...」

イクサー1
「いけませんよ...姉を笑うなんて...」プルプル

イクサー2
「ねぇお姉様?どうして口元抑えてるの?また殺し合いをしたいわけで?」

アトロス
「いいから続きだ続き!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。