二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.392 )
日時: 2020/12/18 22:45
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「このルーラーを変えることでゲームが大きく変わるのがゲートルーラー最大の特徴ってわけね…………」

たくっちスノー
「ただ今ん所は2種類か………多分次のパックかなんかでルール増えるんだよな多分」

黒影もどき
「俺はドライブずっと使うけどな楽だし」

たくっちスノー
「ドライブゾーンどこかわかんないのに?」

黒影もどき
「うるせぇこういうのはノリで解決するんだよ」

たくっちスノー
「公式ルールをノリで解決しちゃゲームが成り立たないの」

たくっちスノー
「……………さて実際、どんなルーラーが出てくるだろうか?安易に考えるなら手札の使用が制限される代わりに墓地リソース使い放題のネクロマンサー的なアレか………」

黒影もどき
「モンスターを弾にして直接攻撃とか」

たくっちスノー
「陳宮かよ」

黒影もどき
「ルーラーとモンスターのコンビネーションとか」

たくっちスノー
「牙王フォーメーションかよ」

黒影もどき
「相手のカードを問答無用でぶんどれるシーフ系ルーラーとか」

たくっちスノー
「それはマジでリアルファイトに発展するからやめろ」


黒影もどき
「なんだよお前ばっか文句言ってずるいぞ!」

たくっちスノー
「つっても俺らそういうのには素人だろ?向こうはそれで飯食うプロなんだからもっとすげぇの出すだろ」

たくっちスノー
「俺も参考にしなくちゃな…………」

たくっちスノー
「で、続いてくとどうなるんだインフレとか」

黒影もどき
「うーん………遊戯王とかのインフレで複雑化して辞めてった人たちをターゲットにしてる訳だし、そこを1番きぃつかうんじゃね?」

たくっちスノー
「そういや復帰勢がどうこう言ってたもんな、ワンターンキルは見てるほうとしては楽しいが…………」

たくっちスノー
「親父さ、そもそもなんでカードゲームのインフレが起こるわけ?」

黒影もどき
「時代と共に飽きられないように新しい召喚法や効果を作って……」

黒影もどき
「デュエマだとゴッドリンク、クロスギア、サイキッククリーチャーにサイキックリンク、ドラグハートに革命チェンジ、侵略………」

たくっちスノー
「それすら古いぞ、今はキリフダッシュと鬼タイムだってさ………わけわかんね」

黒影もどき
「で、こういう新しいシステムとともについつい強すぎるカードが生まれたりして、それを後から規制するようなガンメタカードを作ることもある」

たくっちスノー
「要は血を吐きながら続けるマラソンね、なるほど」


Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.393 )
日時: 2020/12/18 23:10
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「…………………さて、やっぱり色々独自のルールを決めてるんだな」

たくっちスノー
(なんかどっかで見たような部分もあったけどまぁそういうもんっしょ)

黒影もどき
「そういえばカードゲーム作るって話だったな」

たくっちスノー
「そうだな、しかしカードゲームのデザインって本当に完成度が高…………」|ω・`)




たくっちスノー
「ん?」



【五大竜王 炎血皇マグヴァリウス】

黒影もどき
「ああ、それはゲートルーラーの代表的なカード、ゲートルーラー界のボルシャックドラゴン、青眼の白龍だな」

たくっちスノー
「しっかしまーすげぇ名前のエースカード………五大竜王もいずれ揃うんかな」

たくっちスノー
「✝︎五大竜王炎血皇✝︎」

黒影もどき
「✝︎挟むのやめい」

たくっちスノー
「いやなんかカラ松が考えそうな名前だなーって思って………ん?」



【マグヴァリウスの豪火】

たくっちスノー
「おい、この必殺技みたいなカード………モンスターカードのマグヴァリウスとイラスト一緒じゃね?」

たくっちスノー
「なんで?」

黒影もどき
「何言ってんだ、カードゲームなんだから絵柄似てるやつとか色違いはあるだろ」

たくっちスノー
「いや確かにあるけど魔法カードがモンスターと同じってアリエル?」

黒影もどき
「お前が知らんだけであるかもしれんぞ」

たくっちスノー
「それにしたって最高レアのモンスターでやるなよ、やるとしてももっと人気になってからだろ」

黒影もどき
「文句は金を払ってからにするんだな」

たくっちスノー
「まぁ確かにエアプの俺らが文句言う筋合いはねーわな………で、それイクラするわけ?」

黒影もどき
「デッキ1500円」

たくっちスノー
「高ッッ………いやクリスマス商戦で仮面ライダーのベルトとかSwitchに比べると安いけど、パックは?」

黒影もどき
「ハイレアリティが沢山詰まったすげーやつが登場予定!!お値段なんと………2400円!!」

たくっちスノー
「……………2400円?1箱で?」

黒影もどき
「いや1パックで、一応14枚は入ってるらしいけど」

たくっちスノー
「一瞬ゲートルーラーってスマホアプリなのかと勘違いしちゃったじゃねーか………ゲーム内通貨みたいな値段してんなおい!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.394 )
日時: 2020/12/18 23:28
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

黒影もどき
「高くても問題ない!実は無料配布されるカードも存在してるんだ!しかもどんどん増えるしそれだけで大会に出れるようなデッキも組める!」

たくっちスノー
「ソシャゲじゃないゲームで無料配布とか初めて聞いたわ」

たくっちスノー
「で、そんなことして大丈夫なのか?在庫とかどうすんだよ」

黒影もどき
「さぁ?相手は売り専門の人だ、何かしら考えているよ」

たくっちスノー
「あっそうか!!肝心なこと忘れてた!!」

たくっちスノー
「自分が面白いと思って作ったものでも、出来がよくたってそれが売れなきゃ意味ねーじゃん!!」

たくっちスノー
「ニニンがシノブ伝みたいなもんだ!ファンがいて高評価だろうが売上に繋がらなくちゃ何の意味もない!」

黒影もどき
「………ふふふ、ようやく気づいたか」

黒影もどき
「結局のところコレは商売であり生きるための手段!」


黒影もどき
「面白いことは勿論大事だが、それを如何にして売るのかも大事なんだ!」

黒影もどき
「ゲートルーラーの本質は【カードショップ側の人間】が作ったということ、つまり売ることの超プロなんだ!」

たくっちスノー
「つまり、このゲートルーラーというゲームをどうやって売るのか、どうやってマーケティングするのか………俺はそれを参考にして欲しいって言いたかったのか」

黒影もどき
「カードゲームの要素みたって、お前の実力じゃパクリにしかなんないからな」

たくっちスノー
「おだまり」

黒影もどき
「ゲートルーラーはまだ本格的な発売はしていないがVTuberによる宣伝をしたり、さっきも言ったように先行販売、既に決まっている数多くの商品販売など様々な手法で手を付けている!」


たくっちスノー
「こいつが果たしてどんな風になるのか………ってわけか」


黒影もどき
「そういうわけでさぁ、そんなゲートルーラーを応援するためにパック剥きたいから2400円貸してくんない?」

たくっちスノー
「カードゲームは自分の金で出来るようになってから復帰しろ(憤怒)」




これから上手くやれば多分面白い事になる、ゲートルーラー。


個人的にはルールを簡単に覚えたいので漫画化とかアニメ化期待してます


END
感想OK

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.395 )
日時: 2020/12/21 22:24
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【新しい戦隊について予想とか妄想とか】

たくっちスノー
「お、新しい戦隊の情報が…………新しい戦隊!!!?」


たくっちスノー
「キラメイジャーの情報初公開がもうあんな前なわけ!!!?」


「落ち着いてよたくっちスノー………そうだよね、びっくりだよ」


「確かその時はゼロワンがシャイニングアサルトホッパーが出始めたぐらいだったかな…………」

黒影もどき
「2021年の新戦隊は!機界戦隊ゼンカイジャー!!」

たくっちスノー
「なんだよそのカッコイイ名前!!歯車戦隊ギアレンジャーとか考えてた俺がアホみたいじゃん!!」
※多分いつか書きます


「えーと………今度の戦隊は……人間が1人、残り全部ロボット!?」

黒影もどき
「ああ!しかも45周年ってことで過去の戦隊ロボがモチーフになってるんだ」

黒影もどき
「ガオレンジャー、マジレンジャー、ボウケンジャー、そしてジュウレンジャーのロボだな!」

たくっちスノー
「マジレンジャー………マジキングは確か戦隊ロボの中でもかなりの人気だ、カッコイイし」

たくっちスノー
「ジュウレンジャーもパワーレンジャーシリーズとかで海外でも有名な作品………ふむ」


「すごい思い切ったなぁ……人間の方もなんかすごい見た目してるし」

たくっちスノー
「ゼンカイザー、名前も相まってなんかご当地ヒーローみたいだな………」

黒影もどき
「一応リーダーなんだけどな」


「あらすじは並行世界に襲い掛かる的に立ち向かうって感じらしい、ロボット4体は多分【機界】から来たんだろうね」

たくっちスノー
「なんだウチと似たようなもんか」


「しかしお祭り系か………マジキングとダイボウケンは世代だから凄い嬉しいけどほかのロボも出るかな?」

たくっちスノー
「俺それ以外だと隠大将軍とオーレンジャーロボしか知らねぇ」

黒影もどき
「さてここからは妄想、想像だ!ゼンカイジャーはどんな話になるんだろうか!?」

たくっちスノー
「うーむ、どうなるのか」


「たのしみホイホイ!」

たくっちスノー
「さて、まず最初に考えるのは!!」

【追加戦士どんな奴?】

たくっちスノー
「語れることといえば追加戦士………多分そいつも戦隊ロボだよな」


「追加戦士に相応しいのって誰だろう?」

たくっちスノー
「ゴレンジャーの奴とかどうだ?」


「ゴレンジャーとかジャッカーは戦隊ロボ無いらしいよ、ゼンカイザーのモチーフがこの2つなのもそれが絡んでそう」

黒影もどき
「おいおい、周年記念の追加戦士なんてゴーカイオー以外にあるか?」

たくっちスノー
「え〜まだゴーカイジャー引っ張んの?ジュウオウジャーでもうやっただろ」

たくっちスノー
「ディケイドじゃあるまいしそれはねーだろ」

黒影もどき
「いや絶対ゴーカイオーだ!違ったらその日にギャラクティックノヴァまで吹っ飛ばしてくれても構わんからね!!」


「うーん、私の予想としては………世界の他に時を越えられて、様々な姿になれるタイムレンジャーのロボとか?」

たくっちスノー
「いや、ゼンカイジャーと同じく全く別要素を感じるゴーバスターズ、つまりバスターエースが来ると予想するね!」


たくっちスノー
「………語れることこんだけ!?」


「まだ情報が少ないからね………」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.396 )
日時: 2020/12/24 09:36
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: R6.ghtp2)

【2020年カキコでお馴染みアホみたいな料理対決回】
※もしかしたら書き終わる前に年越すかもしれない


たくっちスノー
「えー突然ですが、皆さんはご飯を使う料理といえば何を思い浮かべますか?」


たくっちスノー
「カレーライス?お馴染みですね、カツ丼?元気でよろしい。」


たくっちスノー
「ですが、今回推すのは‥‥‥‥炒飯!!」


たくっちスノー
「美味いですよね炒飯、ラーメン屋とかでミニサイズの頼んで食うのが1番すこ」


たくっちスノー
「と作者の好みは置いといて‥‥‥‥せっかくのクリスマス、せっかくのお祭り!!」




たくっちスノー
「小説カキコではお馴染みの、料理対決をメイドウィン小説でも開催します!!!」


「売ぉぉおおおおお!!」


カーレッジ
「‥‥‥‥まさか本当にやるとはな」

たくっちスノー
「けどよカーレッジ、メイドウィンワールドでも料理対決やってないってマジか?」

カーレッジ
「やったにはやったと思うが、向こうほど規模が大きいものは無かったはずだ」


たくっちスノー
「せっかくなので今回は中々出せなかった新キャラも続々と来てもらう!!」


たくっちスノー
「ルールは単純明快!好きなように料理を作るだけ!!ただし、チャーハン限定!!」

たくっちスノー
「逆に言えばチャーハンのアレンジはすごく自由!」

黒影もどき
「ねー、それ不味い飯食わされない?」

たくっちスノー
「大丈夫、この小説裸族いないからあかん事してくる奴はいない」



たくっちスノー
「審査員は俺、カーレッジ、親父、ヨウコさん、松山でお送りします!」

松山
「D-7とゼロワン編ですげぇ目立てたから今年は満足」

ヨウコ
「今年過去エピばっかで出番少ない」

ヨウコ
「いつになったら松山の出番が減るんだろう」

松山
「言うて2週目と比べるとすげぇ減ったぞ、MM逃走中以前のたくっちスノーより出てたもん」

黒影もどき
「俺なんてもどきになってから出番カスみたいに減ったぞ」

カーレッジ
「だって読者はクソ影の方見たくないじゃん」

黒影もどき
「うるせー黙ってろ元ラスボス」

たくっちスノー
「あのさ俺も元ラスボスなのよ」


たくっちスノー
「と、こんな調子ですがまずは参加者の紹介に入ります!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。