二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

『FGOを中途半端にプレイしている雪さんとリヨぐだの短編集』 ( No.168 )
日時: 2018/09/24 15:50
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

『勧誘』

たくっちスノー
「ねぇねぇ、メイドウィン及びサーヴァントになるつもりない?」

リヨぐだ
「嫌だよ、特異点扱いになって殺されるやん」

たくっちスノー
「でもわりとサーヴァント化してる人間多いよ?」

リヨぐだ
「アレとはワケが違う、マシュに殺されるとか冗談でも避けたいよ」

たくっちスノー
「メイドウィンになったらクラス:フォーリナーで★5にしてあげるけど」

リヨぐだ
「なります」

『ダウィンチ工房の使い方』

リヨぐだ
「ダウィンチちゃんの世話になるときって大体マナプリズムを呼符に交換するときだけだな...」

たくっちスノー
「え?そんな頻繁に貯まるっけプリズム」

リヨぐだ
「おう、★5霊装を片っ端から売ってるからな」

たくっちスノー
「霊装にそこまでの殺意を込めてるぐだ子って多分お前くらいだろうなぁ」

『節約』

リヨぐだ
「冷暖房が欲しい」

たくっちスノー
「え、使えんの?」

リヨぐだ
「カルデアは魔力供給にカルデアの電力を使うって設定があるじゃん」

リヨぐだ
「あれのせいで電気代とか結構かかるんだよ」

たくっちスノー
「あ、そうなんだ...一日だけでも切っちゃえばいいのに」

リヨぐだ
「いやー、そうすると真っ先にダウィンチちゃんがねー」

たくっちスノー
「めんどくせぇなあの人!」

『忘れられし所長』

リヨぐだ
「え?オルガマリー所長って死んでたの?」

たくっちスノー
「...マジで?気付かんかったの?」

リヨぐだ
「...FGOの登場人物、さっぱり把握してなくてさ」

たくっちスノー
「じゃあ、ロマニさんのことは?」

リヨぐだ
「ロマンって奴なら」

たくっちスノー
「フォウ君」

リヨぐだ
「なんかステータス上げる奴!」

たくっちスノー
(プロローグすらまともに見てないだと!?)ガビーン

『もしもたくっちスノーが』

リヨぐだ
「もしお前、サーヴァントとしてうちに召喚されたらどうする?」

たくっちスノー
「どうもしないよ...どうせ君、扱ってもくれないだろうし」

たくっちスノー
「★1~3だったら余ったらプリズムにするくせに」

リヨぐだ
「こうしてみると無関心ってレベルじゃねーな」

たくっちスノー
「君、なんでFGOやってるの?」

リヨぐだ
「キャラクター設定が欲しいから?」

END

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.169 )
日時: 2018/09/25 10:21
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

前回のあらすじ

エデンの弱点にして、唯一対抗策となる存在『勇者レイチェル』

設定を混ぜるために彼女を連れてくる為に、海斗はクリスタルの保有する時空装置を探すことを決める

しかし海底は無慈悲にも石動の手によって『魔王オーマジオウ』の力を手にし、全ての仮面ライダーの力と時を越える力を手にしていたのだった...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


海斗
「...うっ」

石動
「ほら、やっぱりまだ生きていた」

海底
「しつこい生物だ」

石動
「でもまぁ...お前の力は使えないけどな」

海斗
「え?」

石動
「もうヒーローソウルは役に立たないってことさ」

海斗
「何を言って...ソウルチェンジ!」

海斗はヒーローソウルを嵌め込むが、反応がない

海斗
「変身出来ない...!?」

石動
「この世界には『仮面ライダージオウ』が存在しないだろうから説明してやるよ」

海斗
「ジオウ...?」

石動
「ジオウは仮面ライダーの力を鎧にして溜め込むことが出来る、だが力を奪われた仮面ライダーは歴史から抹消される」

石動
「そうして全ての仮面ライダーを奪った末が、今お前が見ているオーマジオウだ」

海斗
「つまり...!?」

石動
「あいつがオーマジオウを使用している限り、全ての仮面ライダーは存在しないことになるのさ!」

海斗
「ヒーローソウルの...無効化...!?」

石動
「所詮は機械だ、時空犯罪者ぐらいになれば対抗策なんていくらでもなぁ?」

海斗
「くっ...」

海底
「まだだ」

海底
「まだ俺様は海自の『能力』を使用していない」

海斗
「の、能力?」

石動
「えっ?」


海底
「聞いていないか、戦場の一族にはそれぞれ固有能力がある」

海底
「一人、一つずつな」

海底
「戦場海中は機巧カラクリを自在に操作する機械力、戦場海上は万物を破壊する超怪力を持っている」

海斗
「...」

海底
「本来能力は1つしかないが、俺様は生きたまま喰うことによって複数保持することが可能になった」

海底
「こんな風にな」

海底は瞬く間に海斗の背後に回り蹴る


海斗
「!?」

海底
「これは海自の『移動力』だ...しかし、先祖が移動系とは少し拍子抜けだが」

石動
「能力ガチャで失敗したんだろ?」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.170 )
日時: 2018/09/25 22:06
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

石動
「しっかし、まさか能力なんてものがあったなんてなー」

海底
「...まだ、こんなものではない」

海斗
「何!?」

海底
「エンドオブワールド!!」

海底の身体から、無数のミサイルやレーザー砲が飛び出す

海斗
「うわっ!?」

石動
「仮面ライダーゾルダの力!」

海底
「ロイヤルストレートフラッシュ」

次に海底はカードを並べ、前方に衝撃波を与える

石動
「お次はブレイドか!」

海斗
「仮面ライダーの力まで...!!」

石動
「言っただろ?仮面ライダーを伝承したってな!」

海斗
「一体どうすれば...ん?」

海斗はポケットに違和感を感じ取り出すと、リキッドのライドウォッチが入っていた

海斗
「これって雪さんの...でも、これなら出来るかもしれない...!」


海斗
「ソウルチェンジ!」

【rider time!】
【仮面ライダーリキッド!】

石動
「あちゃー、リキッド!あいつお手製の歴史に含まれない仮面ライダーか!」

石動
「この手があったか!」

海底
「それがどうした...」

ソウル(海)
(とりあえず、時間稼ぎにはなるか...?)

石動
「なぁ海底、俺もちょっと混ざるから」

海底
「何?」

石動
「俺としたことが設定の見落としをするなんて...回収しないとな」

海斗
「...あの姿にはなれないんじゃないのか?」

石動
「おっ、冴えてるな!仮面ライダーエボルも歴史に存在するから確かに使えない」

石動
「ならこれならどうだ?」

石動は今被っていた帽子を外し、魔法使いのような帽子をつける

石動
「システム出力、125%!オールグリーン・オーバーソウル!」


石動
「ビッグママプログラム起動!」

石動の周囲から瞳の形をした魔方陣が展開される

ソウル(海)
「...!?」

...

一方その頃、ちょっと前

たくっちスノー
「海斗君、上手くやってくれるといいけど...」

海上
「おいたくっちスノー」

たくっちスノー
「え?...あっ!」

たくっちスノーのポケットから振動音が

たくっちスノー
「いけないいけない、マナーモードにしてたんだった」パカッ

たくっちスノー
「...エデンの反応!」

大陸
「エデンが消えたとなると...奴か」

たくっちスノー
「...いや、それだけじゃない」


たくっちスノー
「石動惣一の反応が...近づいている!?」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.171 )
日時: 2018/09/25 22:06
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「石動と海底が合流する...このペースだと数分も経たずに」

水晶
「もしこの二人が出会った状態で見つかったら...!!」

たくっちスノー
「...海斗君達が危ない!!」

海上
「海底はどこに向かっている?」

たくっちスノー
「海辺...海斗君の言っていた刑務所への道に近い!」

大陸
「急いだほうがいいかもしれない」

海上
「む、海斗が来た後に接触したな」

たくっちスノー
「まずい...時空の渦を作るから、皆は準備して!!」

たくっちスノー
「海斗君を助けるんだ!」

水晶
「は、はい!」

たくっちスノー
「...こ、これは!!大変だ!!」

大陸
「どうした?」

たくっちスノー
「石動が...ビッグママプログラムを起動した!」

...

海斗
「なんだよあれ...!?」

石動
「インプット、玩具の世界!」

石動は武器を形成し、ソウルへと襲い掛かる!

ソウル(海)
「うおっ!?あんなこと出来るのか!?」

石動
「凄いだろ?とんでもないプロジェクトから得た特別な力さ!」

ソウル(海)
「エボルの時もだけど...この人、ふざけてるわりに結構強い...!!」

石動
「あいつもこんなものじゃないぞ?」


石動
「海底!」

海底
「共鳴力!」

海底はオーラを発しながらソウルへと近づき...

海底
「硬化力!!」

そのまま肌が堅くなり殴りかかる

ソウル(海)
「くっ...これ、全部俺の先祖の技なのか...!?」

石動
「やるねぇ!もう大体取り込んだわけか!」

海底
「森林力!」

海底は地面から巨大な大木を無数に生やし...?

海底
「爆炎力!」

そのまま爆発させる!!

ソウル(海)
「くっ...無茶苦茶だ!」

海底
「...そしてこれが」


海底
「召喚力!!」

海底は魔方陣から機械兵を呼び出す

石動
「お!こりゃ俺の世界のガーディアンだな!」

石動
「それなら俺が...」

石動が手を掲げると、ガーディアンの表面が割れ、ソウルに銃を向ける

石動
「これでこいつらは俺の人形だ!」

石動
「インプット、戦の世界!」

海底
【wake up!!】ピロロロピー

ソウル(海)
「...!!」










海底
「これで終わりだ」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.172 )
日時: 2018/09/26 09:22
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

ソウル(海)
「...!!」

カッ

海底
「あれだけやって耐えただと!?」

石動
「ほう...もしかしてそれが、戦場海斗の能力か?」

ソウル(海)
「...!!」

海底
「まだだ!」

【final form ride】
【キキキキバ!】

海底はキバットを模した巨大な弓矢を召喚する

石動
「よし、じゃあ俺も...インプット、時の世界!」

【リンゴドライブ】

海底
「ZEROに還れ!!因果力!!」

石動
「これでエンドマークだ!」

二つのエネルギーがぶつかりあい...!?


ソウル(海)
「...!!」

ソウル(海)はすかさずかわす

石動
「おっと!これもかわすか!」

石動
「なるほど、あいつが気に入ってるほどなんだから強いよな!」

ソウル(海)
「.....」

ソウル(海)
(どうしよう、このまま逃げっぱなしでもあいつには勝てない...)

ソウル(海)
(海中さんも...華南も...起きる気配がない)

ソウル(海)
(ここはどうにか耐え続けないと!)


石動
「...あ、やっばいなぁ、監理局が近づいている」

石動
「ま、今の所海底への対抗策もないしほっとくか...」

海底
【full charge!】

ソウル(海)
(海底のオーマジオウの力...戦場の一族の能力...詰め込みすぎだろ!贅沢が過ぎるぞ!)


ソウル(海)
(逃げたところで、街に被害を出すだけだし...)

ソウル(海)
(ひとまず石動をどうにかすれば...!!)

石動
「でももう終わりだ!」

海底
【PAUSE】

ソウル(海)
「あっ、時止め」













石動
「楽しいぜ?」

海底
「.....」


たくっちスノー
「サモンセドナ!!」

海底
「何!?」

石動
「こんなことが起こるんだからな!」

たくっちスノーが突然背後から現れ、時止めを破った


ソウル(海)
「...雪さん!?」

海底
「どうやって介入した!?」

たくっちスノー
「同じ能力を使った!!」

海底
「同じ能力だと!?貴様も戦場の一族の...」

石動
「...あー!思い出した!」

石動
「ここんところ見なかったが、たくっちスノーは精神が追い詰められたときだけ、見た相手の能力を真似出来るんだよ!」

海底
「何だと!?」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。