二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.312 )
日時: 2019/12/31 19:47
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

クロノスエボルさん

メイドウィン
「ハロウィンの奴に今更返信するのか………」

たくっちスノー
「忘れてたからしゃーない」


生ブスカジさん

メイドウィン
「俺も中古でハードを買いたい……………いや、TRPGのルルブも買いたいな………」

たくっちスノー
「コメントは見て追加はしておいたぞ!」

コメント感謝だよ!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.313 )
日時: 2019/12/31 19:48
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【今年最後の短編………かも?】


「どうも、宅地雪です!」

たくっちスノー
「たくっちスノーだ!」

メイドウィン
「みんな大好き黒影だぞ!」

たくっちスノー
「いや、黒影もどきだ」

メイドウィン
「おい!?」


「2019年ももう僅か!」

たくっちスノー
「だというのに俺たちは更新全くせずに…………」

メイドウィン
「し、仕方ないじゃん、今書いてきた小説をGoogleドライブに保存してバックアップする作業を行ってるんだからさ」

たくっちスノー
「そのバックアップも文字コードのミスで文字化けしたり、スマホもおかしくなるし」

たくっちスノー
「しかもまだ逃走中全シリーズは手をつけてないし…………」

メイドウィン
「ま、まぁ!せめて短編で振り返りでもしようじゃないか!」

たくっちスノー
「そうだな、さて今年は………色々あったな」


「今年の初め近くは私いなかったよね」

たくっちスノー
「そういやそうか、【汝は災害なりや?】で雪奪還シナリオが始まって………」

メイドウィン
「でアルティメットを超えてSEASON1が終わりを告げたと」

たくっちスノー
「そうそう、俺もあいつも色々あった」

メイドウィン
「正確にはシノビがSEASON1のラストだけど、アレも大変だったな」


「最終話が100レスとか大変だったよ、よくあんなに書けたなぁって今でも思うくらい」

たくっちスノー
「無駄に長く続いた野獣先輩との因縁もこれで幕を閉じたわけだ」

たくっちスノー
「しかもコイツが………」

メイドウィン
「そ、その時はまだ擁護してくれたろ!?」

たくっちスノー
「でまぁ、6月に入り………」

たくっちスノー
「俺たちの作者名が【メタルメイドウィン】になって、MM逃走中シリーズが幕を開けた」

たくっちスノー
「SEASON2になってもぶっ飛んでるとはな………」


「でも、あそこら辺から作者さんも増えたよね」

たくっちスノー
「まーな、【そして夏はまた来る】なんてあのざくアクZに並ぶ参照数だ」

たくっちスノー
「これも参加してくれた皆さんと読者様のおかげです、本当にありがとうございます」

たくっちスノー
「……さて、その件についても色々」



たくっちスノー
「あのシリーズでまぁ大騒ぎよ、俺の正体が明らかになったり、新キャラはどんどん出てきたり、予想だにしない他作者のアクション」

メイドウィン
「……なんかクズ影だのクソ影だの言われ始めたり」


「それは自業自得だと思う」

メイドウィン
「あと、過去の黒歴史小説が新メイドウィン小説と繋がってたことも発覚した」


「MCUをリスペクトしてますから」

メイドウィン
「その結果昔の本来の黒影はもうとっくに亡くなってますよって………そりゃあんまりだろ!?」

たくっちスノー
「カーレッジなんてこじらせ具合が悪化してるしな……」

メイドウィン
「………で、逃走者のメンバーもガラッと変わったな」

たくっちスノー
「リクエストを取り入れたからなー………ほとんど知らないやつだったけど」


「まぁそれに関しては私達の逃走者もおあいこだから………」

たくっちスノー
「でも、俺達の逃走中を期に逃走者の原作にも触れてくれたら嬉しいよな」

メイドウィン
「だからたくっちスノーも触れようね!」

たくっちスノー
「今デスノ見てるからその後ね………」


メイドウィン
「そんで、突如流行りだしたのが【レオン・エストマン】」

たくっちスノー
「ヒール役として爆発的な人気となったよな」


「先に言うと、私はあのキャラ好きだよ?」


「元々悪役キャラが大好きだし、メガネと金髪っていうのがバッチリ自分の好みと合っていた」



「だからこっちも出したいなと思って、事前に原作を見た上で参戦させたんだ」

たくっちスノー
「うちのはヒール役っていうか、悪知恵と話術で巧みに動くトリッキーキャラみたいな感じになったな」


「結果的に悪役ではなくなったし」

たくっちスノー
「次回の逃走中はどうなる?」


「Twitterだとクレヨンしんちゃんメイン………って言ったのですが」



「申し訳ありません!別のシナリオになるかもしれません………」

たくっちスノー
「まぁいつ書けるかもわかんないから気楽に考えてくれ」

メイドウィン
「でもまぁ…………まーたとんでもないシナリオになるかもしれない」

たくっちスノー
「なんでこうなるんだよ?」


「私達の物語は異常だから………」




「さて、ここで予告です」

たくっちスノー
「予告?」


「まぁ、次の逃走中はいつ書けるか分からないけど………どういうキャラが登場していくか、みたいなの」


「まず最初に………【デスノート】」

たくっちスノー
「まぁこれはバトロワに登場したけど、いつかがっつりと………」


「………ただ、ね、地元のTSUTAYAのデスノートが………かれこれ1ヶ月近く借りられっぱなしで続きが見れなくて………」

たくっちスノー
「第2部が見れてない、つまりニアとメロの登場は今のところ難しいと思ってくれ」

たくっちスノー
「Lとライトは出せると思うから」

メイドウィン
「吉良吉影VSキラなんてシナリオも頭に入れたが難しすぎたのでボツにしたりもしたな」

たくっちスノー
「吉良とライトを同時にぶっ倒せとか無理ゲーじゃね?」

メイドウィン
「で、他には?」


「その………えっとね、これはもう確定と思ってくれて良いけど……」



「【まちカドまぞく】が参戦するかもしれない」

たくっちスノー
「なんだってーーーーーー!!?」

たくっちスノー
「あのメイドウィン小説にも遂に誰もが知る人気かつ最近の作品がーーー!!?」

メイドウィン
「2019年夏が最近?」

たくっちスノー
「うちの小説は数年前の作品とかザラだぞ」


「まぁ古い作品だからいいってわけじゃないしね」


「前々からシャミ子と桃は興味あったし、ニコニコで第1話は見たから、後は借りるだけ」

たくっちスノー
「デスノは?」


「なんかもう永遠に借りられっぱなしな気がしてきたんだ………」

メイドウィン
「9巻どころか8巻や10巻、11巻すら暫く無いからな………もう10年近く前のアニメなのに人気過ぎるだろ………」

たくっちスノー
「もっとほかのアニメも借りようぜ」


「…………アニメ見ようと思って借りても、ついつい忘れちゃって………」

たくっちスノー
「おいおい」


「でも来季のアニメも面白そうだね」

たくっちスノー
「まあな〜、なろう系でも設定さえあればそれでいいわ」

メイドウィン
「どんな出来でも需要あるわけだからな」


「……………なら、せめてちゃんと観ようか」

たくっちスノー
「だな…………」

メイドウィン
「おう」

>>

たくっちスノー
「ま、良いことばかりやった訳じゃねぇからな………よし、最後は謝るぞ」

メイドウィン
「え、謝る?なんで?」

たくっちスノー
「お前本気で分かんねぇのか?」


たくっちスノー
「さっき言ったMM逃走中で作者がいっぱい来てくれて、コメントだって沢山残してくれたじゃねぇか」

たくっちスノー
「それだってのに、お前は………というか俺らは、他作者の逃走中に参加までしておいて、感想のひとつも残さないのか?」

たくっちスノー
「ここまで参加してくれた皆様に申し訳ないと思わないのか!?ええ!?」

メイドウィン
「…………そうは言っても、俺読書感想文とか苦手なんだけど」


「でも、何かしらのコメントは残すべきだったよね………うん」


「そういう訳で、2020年は目標としてもっと他作者さんの所にコメントするように………しようか」

メイドウィン
「でも最近カキコの更新見ずにスマホで溜めること多くないか?」

たくっちスノー
「う、そういやそうか………前は当たり前のようにやってたんだがな………」

メイドウィン
「1日5レスも最近守れてないし」


「う、うん…………そうなんだよね………最近平日は厳しくて………」

メイドウィン
「ガンガン書けるのは若いウチなんだから、なるべく多く書いておかないと」


メイドウィン
「今年の秋決めただろ?これからもメイドウィン小説を書くんだって」

メイドウィン
「だからその為に必死に生きるんだってさ」

メイドウィン
「いくつになってもこんな風な妄想が出来るのがリアル作者の取り柄なんだ」

たくっちスノー
「風呂入ってる時や飯食う時や、仕事中から寝る直前までずっと考えてんの俺らくらいだ……………」


「リアルに支障が出てるから直したいとは思うけど全然収まらない…………」

メイドウィン
「ま、リアルのことはリアルで考えればいい」


メイドウィン
「創作の世界ではパーーっと!!創作でしか出来ないことやって盛り上がろうぜ!!」

たくっちスノー
「………と、そうか!」


たくっちスノー
「つーことで、何はともあれメイドウィン小説!」


「2020年も、どうかよろしくお願いします!」



3人
「「「よいお年を〜!!」」」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.314 )
日時: 2019/12/31 21:11
名前: エイジア

どうも、エイジアです。

今年は色々やりましたね。逃走中を楽しみにしています。自分今アルティメット・クロス・ウォーの参加者募集しています。気が向いたら応募してください。

よいお年を!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.315 )
日時: 2020/01/08 08:14
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

エイジアさん


「滅茶苦茶遅れましたが新年あけましておめでとうございます!」

たくっちスノー
「ぜー、ぜー…………逃走中、ストーリー、りりすたから厳選した短編、総合板のメイドウィン小説のバックアップが終了した…………」

メイドウィン
「そんなことなので、多分明日から小説がスタートになります!!」*このコメント昨日の深夜に書きました


メイドウィン
「そちらの小説もやっと覗きに行けるよ!」

コメント感謝だよ!そして超遅れましたが2020年あけましておめでとうございます!

今年もメイドウィン小説、張り切って進めていきたい…………といいなぁと思ってます!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.316 )
日時: 2020/01/11 20:30
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【オリロンパキャラは作ったけど頭悪いので事件作れない作者が育成計画の真似事だけするお話】


その1
「鈴蘭音牟」


音牟
「超高校級の催眠術師………そんな才能でも、こんなところに入れたりするんだねぇ」

音牟
「まだ催眠は掛けていないけどねぇ………」


【!】


ーーーーーーーーーーーーーーー
今日は夏の体育祭……
借り物競争に出場することになった!

このままじゃ勝てない………こうなったら催眠だ!

ーーーーーーーーーーーーーーー

>どうせならド派手に!

…………

さくら
「待て、鈴蘭………手に持っている物は何だ?」

音牟
「え?見ての通り野球ボールだよ?」

さくら
「………我には鉛筆にしか見えないが、まさかまた催眠の類を使ったか?」

音牟
「げ、バレてる………さくらさんに催眠は無理があったか…………」

さくら
「鈴蘭よ、ここに居るものは皆誠意を持って競い合っている」

さくら
「例え勝てぬ相手でも真剣に取り組むことが大切なのだ」

音牟
「うぐぅ……ご、ごめんなさいね…………」

ズルがバレて大神に怒られた………

………

>相手を撹乱させて………


音牟
「ねぇねぇ転子さん、これを見てよ」

転子
「え?鈴蘭さん、一体何…………を?」


転子
「Zzz…………」

音牟
「よしよし、後はカードをすり替えて………」


五十鶴
「………な、何やってるんだ音牟!?」

音牟
「え!?なんでイツルくんがここに!?」

転子
「………はっ!!転子は一体!?」

音牟
「うぐ〜」

あと少しの所で失敗した………

ーーーーーーーーーーーーーーー
>自分自身に催眠を掛けよう!

音牟
「お〜いツクルく〜ん!」

音牟
「見える見える〜?ボクすっごく速く走ってるよー!!」


「ああ、速いな………うん」


「それはそうと鈴蘭、お前がやっているのは借り物競争であって二人三脚じゃないぞ」


「カメラブレッブレなんですが」

音牟
「ごめんごめーん、悪かったよー」

音牟
「でもカードにはツクルくんが書いてあったから許して〜」


「ホントかよ……」


音牟
「ほらー、このまま一気にゴールインしよっか!」

創といっしよにゴールした!

>>

【!】

今日は秋の文化祭………
催眠術の体験ショーを行うことにした!

いつも以上に気合を入れたけど、誰が来てくれるんだろう?


>君が来るなんて意外だねぇ

キーボ
「はい、鈴蘭さんの催眠術を是非とも体験してみたくて」

音牟
「う、うーん………困ったなぁ」

音牟
「いくらボクでもロボットに催眠術を掛けた経験はないから、成功するか分からないよ」

キーボ
「構いません、異常があれば入間さんに見てもらいますから」

音牟
「わ、分かった………んじゃ、どういうのをお望みかな?」

キーボ
「うーん、そうですね………」

難航しながらも催眠の準備を始めた!

>君かぁ!歓迎するよー

日向
「鈴蘭、催眠をかけてくれ」

音牟
「うんうんいいよぉ、どんな人でも催眠は歓迎!」

音牟
「それで、どういうのが望みかなぁ、鳥になりたい?それとも精神的なしがらみを解放したい?」

日向
「うーん、ただ催眠と言ってもバリエーションが結構あるんだな」

日向
「けどそういうのじゃなくて、なんかこう………疲れが取れるような奴ないか?」

音牟
「催眠療法の事?いいよ」

音牟
「………とはいっても、ボクは医者じゃないからね、効能とかはあまり期待しないで欲しいな」

日向
「構わないさ」

日向に催眠療法を行った!

>え、君が?

ゴン太
「ゴン太、鈴蘭さんに催眠をしてもらいたいんだ」

音牟
「お、おお……こりゃまた予想外な人が来たねぇ………」

ゴン太
「えっと、ゴン太じゃダメかな?」

音牟
「勿論いいけど………どういうのをして欲しい?」

ゴン太
「えーっと………催眠って、動物さんみたいな感じになっちゃうんだよね?」

音牟
「テレビで見かけるのはそういうのだね」

ゴン太
「あ、それならゴン太は虫さんになろうかな!お願いします!」

音牟
「む、虫ぃ………うーん、うん、後で感想聞かせてね」

どうにかゴン太に催眠をかけた!

………

………

学園生活 最後の冬……
あと少しで皆に会えなくなる………

最後にどこか、見て回ろうかな?


>将来の事を考えてみようかな


石丸
「ん………?鈴蘭くんが読書とは珍しい」

音牟
「あ、キヨタカくん………ボクだって本くらいは読むよぉ」

音牟
「………まぁ、ちょっとね、別の進路を考えていて」

石丸
「別の?それはつまり君の才能とは別の道を歩みたいという事かい?」

音牟
「うん、催眠じゃあとても稼いでいけないからね………」


音牟
「と、いうのは建前上の理由でね」

音牟
「催眠で色々ズルとかやっちゃったけど、今度は自分の実力だけで叶えたい………そんな夢が出来たんだ」

音牟
「今から学ぶのは遅いかもしれないけど………そんな夢が」

石丸
「……素晴らしい!君のその心意義、僕の心に凄く響いたぞっ!!」

石丸
「例え遠く離れても君の夢が叶うことを信じている!」

音牟
「うん!キヨタカくんも叶うといいね………自分の夢!」

石丸と共に想いをぶつけ合いながら勉強した!


>このままでいいのかな………

音牟
「空白、君ともお別れだね」

空白
「ああ、そうだな………」

音牟
「ボクは催眠術師とは別の道を歩むことにしたんだ、やりたいことが出来てね」

音牟
「それで空白はどうするの?結局自分の才能が何なのか分かった?」

空白
「ああ、それなんだが俺はなんの道も歩まないことにした」

音牟
「………それって、ニート?」

空白
「言い方は悪いがそうなるな」

空白
「案外、俺は超高校級のニートだったりしてな」

音牟
「…………ここから出たらただのニートなのに」

空白
「お前もそうだろう、わざわざ超高校級の催眠術師の才能を捨てるつもりか?」

音牟
「捨てるよ、ボクはそれでいい」

音牟
「だって………いや、なんでもない」

空白に自身の思いを伝えた

>…………会いに行こう




「…………鈴蘭?」

音牟
「あ、ツクルくんお疲れ様」


「ああ、希望ヶ峰学園に来て早くも3年、これまでにない素晴らしい映画が完成した」


「こんな傑作ができたのは皆が存在してくれたから………鈴蘭、お前もだ」


「だが俺はこれで止まらない、ここから出たらもっともっと凄いのを考えてやる」

音牟
「相変わらずツクルくんは映画作るの大好きなんだね……」


「映画を撮るためだけにここに来たと言ってもいいくらいだからな」



「…………そのはずだったが、フィルムに残しきれないぐらいネタを作りすぎてしまったな」


「映画の事を考えずにもう一度過ごしたいくらいにな」

音牟
「………うん、そうだね」


「まぁカットは利かないんだ、切り替えて次の作品を…………」


音牟
「…………ツクルくん!!」

音牟
「ボク………ボク、これから芸能界を目指す!!」

音牟
「それで、それでね………立派な女優さんになるから………」


音牟
「またツクルくんの映画に出させて!!」


「…………ああ、分かった」

創と約束をした………


……………

音牟
「これから始まる、新しい鈴蘭音牟の物語……」


音牟
「ボクは………いや、おねむは、頑張っていかないと!!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。