二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.233 )
日時: 2018/11/28 23:20
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【再確認】

リヨぐだ
「始めに一言、私はマンガで分かる方とは別人です、あと二つ目、当たり前のようにネタバレするからネタバレに寛容な人と既プレイヤーのみ見るようにしてほしい」

リヨぐだ
「...っていうかこの名前やめようかなぁ、なんかややこしいし誤解されてしまったし」

マシュ
「藤丸立香でいいじゃないですか」

リヨぐだ
「うーん、そうだなぁ...まぁデフォキャラだしマスターでいいかな」

リヨぐだ→マスター

マスター
「はい決めた!私今日からマスターね!」

マシュ
「ええ...」

【衣装】

マシュ
「先輩、そろそろ新しい魔術礼装を取ってみてはいかがですか?」

マスター
「いやさぁ、いつもの服のスキルが万能過ぎて変えたくないんだよね」

マスター
「回避に回復に攻撃と三拍子だぞ?動画で見るオーダーチェンジは魅力的だけどさぁ...クエストもレベル高いし...」

マシュ
「戦闘服は全員に攻撃かけられますよ」

マスター
「私ヘタレだから回避の方が大事なんだよね」

マシュ
「回避振ってもトリスタンさん等にはやられますけどね...」

マスター
「ハロイベのトラウマを掘り返さないでくれるかな?」

マシュ
「そんな先輩には無敵付与スキルのアトラス院がお勧めです」

マスター
「他にも全体回復とかもあるから初期服でよく使うやつを選ぶといいのかな?」

【ジャック・キルズ・ジャックのネタバレあり】

マスター
「エミヤ、ハンバーグ作って」

エミヤ
「どうした藪から棒に」

マスター
「何も聞かずにハンバーグ作ってくれ、出来る限りでかいの」

エミヤ
「...分かった」

マスター
「誰にも言わないでよ!」

エミヤ
(大きく...大きくか...)ジュー

『三分後』

クー・フーリン
「おいなんだよこの超デカイ何かは、前見えないし邪魔だし」

エミヤ
「ハンバーグだ、マスターから出来る限り大きくと言われたのでな」

マスター
「誰がバニヤンサイズにしろといったぁ!!」

【アメリカ到達】

マスター
「遂にアメリカかぁ...恐怖の円卓メドレーまであともう少し」

クー・フーリン
「まぁいいじゃねぇかよ、気楽にいこうぜ」

マスター
「あっ、そうだアメリカってケルト神話が敵なんだっけ」

クー・フーリン
「...あ、ああ、俺のオルタが出てくるぞ」

マスター
「...物語クエにメイヴ居たんですけど」

クー・フーリン
「.....」

マスター
「うちの主力ジャックだからさぁ...分かるでしょ?そっちからごめんって言っておいて」

クー・フーリン
「ごめんで済むのかなぁ...」

【英霊】

マスター
「英霊さぁ、なんか歴史マニアでもないと分からないような人多いよね」

クー・フーリン
「でも俺は知ってたんだな」

マスター
「クーフーリンは別のゲームで見たけど、スカハサはここで知った...まぁスカディの方を先に知ったんだけど」

マシュ
「そのせいでスカハサ=スカディという偉人が居たのかと思ってましたもんね...」

マスター
「パッションリップとメルトリリスも似たようなことに」

クー・フーリン
「...キアラも?」

マスター
「いや、流石にそれはね」

【オルタ】

クー・フーリン
「マスターよぉ、セイバーオルタと俺のオルタ同時に連れてくのやめてくんねぇかな」

マスター
「え?なんで?」

クー・フーリン
「あいつらに挟まれたエミヤがたまに『え?これまさか俺も...?』見たいな顔するんだよ」

マスター
「してるんだよなぁ...2丁拳銃かっこいいなぁしてるんだよなぁ...」

エミヤ
「俺がオルタになったらどうなるんだ?」

クー・フーリン
「普通オルタになりたがらねぇだろ」


END

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.234 )
日時: 2018/11/30 07:06
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【筋力最低のマスター】

マシュ
「始まりはよくある事でした」

マシュ
「子ギルさんとジャックさんが腕相撲で遊んでいた時のこと、先輩が偶然通りかかり」

マシュ
「そのまま流れから先輩がジャックさんと腕相撲をすることになり、敗北した...」

マシュ
「信じられないと思った先輩は何度も挑み、何度も負けた先輩はやがてひきこもってしまった...」

...

マスター
「うう...」

エミヤ
「マスター、食事置いておくぞ」

マスター
「すまない、エミヤ...」

エミヤ
「...あの件、まだ気にしているのか」

マスター
「カルデアのどこを歩いても『幼女に負けたヘッポコ』ってバカにされるんだ...」

エミヤ
「マスター、彼女は確かに幼いが筋力はCも」

マスター
「筋力って確か武器含めた数値だろ...ジャックはナイフにメスに沢山持ってるからCなんだよ...」

エミヤ
「...そうか、なら腕相撲をしてくれないか?」

マスター
「ええ?わ、分かったよ」

エミヤ
(筋力Dの私に勝てばマスターの機嫌も元に戻るだろう...だが手加減はしない)

マスター
「よーい...ド」(ドンッ!)

エミヤ
「えっ」

マスター
「あっ」







マスター
「あっあっあっあっあっあっ」

エミヤ
「す、少し失礼する!」ガタッ

...

エミヤ
「というわけなのだが...」

ダ・ヴィンチ
「えっと...つまり私がマスターと腕相撲をすればいいと?」

エミヤ
「そういうことになる...筋力Eになら流石に...」

ダ・ヴィンチ
「だがもし私が負けたら?」

エミヤ
「...さ、流石にEに負ける事はないだろう」

ダ・ヴィンチ
「ふーむ...まぁいいかな、マスターがこのままでは私の仕事にも支障が出るし」

...

マスター
「ダ・ヴィンチちゃんと腕相撲?」

ダ・ヴィンチ
「やってみないかい?」

マスター
「...う、うん」

ダ・ヴィンチ
(まずは動かないで様子を見てみるか)

マスター
「よーいドン!!うおおおおおおおおおおおおおお」

ダ・ヴィンチ
「....あれ」

ダ・ヴィンチ
(待って、あれっ、ちょっと待って)

ダ・ヴィンチ
(私の腕全然動いてなくない???)

ダ・ヴィンチ
(あれ間違いなく真剣に押してるはずなのに...どういうことなの...ちょっと押してみるか)

マスター
「うえっ」

カクッ

ダ・ヴィンチ
「...あっ」

マスター
「あっ」


<アッアッアッアッアッ

...

ダ・ヴィンチ
「.....」

ロマン
(レオナルドが頭抱えてる...そんなこともあるんだね...)

ダ・ヴィンチ
「ロマニ、ちょっといいかい」

ロマン
「何だい?君が相談なんて珍しい」

ダ・ヴィンチ
「マスターの筋力の事だよ」

ロマン
「ああ聞いたよ、ダ・ヴィンチちゃんにも惨敗したって噂が出てよりいっそうバカにされるようになったって」

ロマン
「別に男は力が強ければいいってものじゃないと思うけどなぁ僕は」

ダ・ヴィンチ
「あの後ちょっとしたものを開発したんだ、名付けて筋力チェッカー」

ダ・ヴィンチ
「サーヴァントのステータス閲覧をひとまとめにする装置の1つだがね...」

ロマン
「それに彼を混ぜたと?」

ダ・ヴィンチ
「ああ...マシュは60点、エミヤは50点、アステリオスは90点、メイヴは20点で私は22点」

ダ・ヴィンチ
「...マスター、3点」

ロマン
「3点!?」

ダ・ヴィンチ
「これを英霊のランクで表すと...F」

ロマン
「そんなランクあったかな!?」

ダ・ヴィンチ
「その代わりなのかもしれないが、彼の敏捷はA++だった...あの人の前世ハムスターか何か?」

ロマン
「これは...びっくりだよ、現実にそんな人が居るなんて」

ダ・ヴィンチ
「君も計っておく?」

ロマン
「出来るならお願いしたいかな~」

ダ・ヴィンチ
「...ロマニ・アーキマン、計測不可能だって」

ロマン
「なんで!?」

...

マスター
「...」

マシュ
(先輩が完全に抜け殻に...)

...

新宿のアサシン
「心配しなくても、俺はお前が非力だからといって見切るような奴じゃないからな」

アステリオス
「ぼく、きにしないよ」

俵藤太
「一日米を3合以上食べるんだ!沢山食べて動けば筋肉だって付くからな!」

黒髭
「その...マスター殿、こういったエクササイズCDから始めてみるのもいいですぞ」

...

マシュ
(思いの外慰めてくれるサーヴァントが多かったものの、今の先輩では逆効果)

マシュ
(どうにかしなくては..)

ロマン
「ご機嫌どうかな二人とも」

マスター
「ドクター・ロマン...何、腕相撲?」

ロマン
「そうじゃなくて君に伝えたいことがあってね」

...


ロマン
「というわけでそういう結果が出たんだ、次のレイシフトでは参考にしてみるといいかもね」

マスター
「...このステータス、どう参考にしろと?」

【多分続く】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.235 )
日時: 2018/12/01 11:33
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【ほぼケルト神話なFGO短編コピペもあるYO】

『はじめに』
マシュ
「先輩、遂に最推し決まったんですね」

マスター
「ジャックより妄想が捗ってな、もちろんジャックも好きだが...好きなんだが...」

マシュ
「何か問題でも?」

マスター
「ジャックにはもう...六導玲霞というマスターが...」

マシュ
「ああ...」

マスター
「私ではあの人以上の『おかあさん』になれる自信がないんだ...」

『流行りに乗っかる』

マスター
「相手がチャージ寸前のときに回避を振るのはマナー違反だぞ」

ロマン
「ストーリーを読むだけのクエストを飛ばすのはマナー違反だよ」

エミヤ
「箸で食べ物を刺すのはマナー違反だ」

クー・フーリン
「本物のマナー違反だろそれ」

『まぁわかる』

車の中で携帯ゲームで遊んでいた女王と狂王の会話。

メイヴ
「ちょっと、聖水って何?」

クー・フーリン・オルタ
「ションベン」

メイヴ
「え、じゃあいらない」(何か操作)

『かえれ...』

エミヤ
「ハンバーガー屋のアルバイトで『スマイルをお持ち帰りさせろ』と、しつこく絡んでくるお客がいて困ったがお客が私の後ろを見てびっくりした後、そそくさと立ち去ってしまった。」

エミヤ
「後ろを見るとお持ち帰りの袋の目の所に穴を開けたやつを被ったアステリオスが、物陰からこっちをジーッと見ていた」

『クエストボス達ってこんなこと考えるのかな』

メイヴ
「伊豆もいいけど湯布院行きたいわね1回でいいから」

クー・フーリン・オルタ
「おい、カルデアの奴等を倒すまで待ったらどうなんだ」

メイヴ
「そぅ?引退してから隠遁もいいかしら」

クー・フーリン・オルタ
「.....」

メイヴ
「まぁ倒されるんだろうけどね…」

クー・フーリン・オルタ
「……」

『ケルト神話について、お話しします』

クー・フーリン
「そもそもお前ケルト神話がなんだか知ってるのか?」

マスター
「全然」

クー・フーリン
「あのなぁ...ただケルト神話といっても沢山種類があるんだからな?」

クー・フーリン
「ケルト神話はアイルランド版とイギリスやフランスのものをまとめたマビノギオンの二種類ある」

クー・フーリン
「アイルランド版も四つのサイクルがあってな?神話、アルスター、フェニアン、歴史の種類に分かれている」

クー・フーリン
「俺やメイヴ、師匠はアルスターでディルムッドとかいうのはフェニアンだ」

マスター
「はえー、そうだったのか...」

クー・フーリン
「まあ全部ググった情報なんだけどな」

『最強の武器』

マシュ
「現代で最高の刀を作ろうと考えた場合どんな鉱物を使います?」

クー・フーリン・オルタ
「ウランとかプルトニウムとか近付くだけで死ぬ妖刀」

エミヤ
「誰が持つんだそんなもの」

クー・フーリン・オルタ
「下請け 」

『黒ひげが逝く数秒前の出来事』

黒髭
「マシュ殿が寒いですねと言う → そんな寒いかなとマスターが返す → すごく寒いです。手とか冷たい → もう手袋しないとな → そうじゃなくて……もう知りませんとマシュ殿が拗ねる → ごめんと笑いながらマスターがマシュ殿の手を握る → 意地悪ですねと言いながらマシュ殿が笑う → それを見ていた拙者の心が冷たくなり即死


『メイヴキック』

マスター
(そういやメイヴがバスターの時に蹴り飛ばすチーズってどこから出てくるんだ?)

マスター
「ねぇエミヤ、次のクエスト行くときメイヴが蹴飛ばしたチーズを掴んでくれない?」

エミヤ
「どういう理由かはあえて聞かないでおくが...了解だ」

...

メイヴ
「メイヴキーック!!」

エミヤ
「ここだ!」

【MISS】

マスター
「誰が敵に当たる前に取れと言ったぁ!!」

※この後チーズはエミヤが美味しく調理しました



『女王身長154㎝』

カルデア職員A
「女王メイヴの身長って154㎝なんだってさwwwwww」

カルデア職員B
「ちっさwwwwwアビゲイル並みやんwwwwwそれで女王とかwwwwwww」

メイヴ
「.....」

...

黒髭
「ええ?背を伸ばす方法ですと?」

黒髭
「いや...サーヴァントなんだから背が伸びたりとかしな

メイヴ
「BAB」

黒髭
「分かりました!!分かりましたぞ!!ですからブレイブチェインだけはお許しを!拙者まだレベル1のまま育てられてないので!!」

黒髭
「えーと身長を伸ばすことは不可能に近いけど、多分これなら...」

...

クー・フーリン・オルタ
「...メイヴ、なんだそれは」

メイヴ
「ええ?何のこと?」

クー・フーリン・オルタ
「.....」

クー・フーリン
「おい、あれってシークレットブー...」

エミヤ
「言うな、言ってやるな...気にしてるんだろう」

クー・フーリン
「お、おう...あいつがなぁ...可哀想になぁ...」

(その後クー・フーリンの冷ややかな目に耐えきれなくなったメイヴは三時間でシークレットブーツを脱いだ)

『あれ美味しいですよね』

メイヴ
「クーちゃんすきー」

クー・フーリン・オルタ
「.....」

メイヴ
「クーちゃんは私のことどれくらい好き?もちろん一番よね?」

クー・フーリン・オルタ
「ファミレスのハンバーグに乗ってる玉葱と同じくらいだ」

...

エミヤ
「注文は?」

メイヴ
「ハンバーグ、下に玉葱多めで」


『飯!戦争!王って感じのうちのクーちゃんオルタ』

マスター
「私の事は?」

クー・フーリン・オルタ
「ラーメンに付いてるれんげ」

マシュ
「わ、私は?」

クー・フーリン・オルタ
「定食の味噌汁」

クー・フーリン
「なんでいちいち食い物で例えるんだよ」

クー・フーリン・オルタ
「一番例えやすいのが飯なんだよ」

エミヤ
「では私はなんだ?」

クー・フーリン・オルタ
「コンビニ弁当に付いてくる下のパスタみたいなの」

エミヤ
「上等だ貴様表に出ろ」

ロマン
「お、美味しいじゃないかパスタみたい奴!」

END

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.236 )
日時: 2018/12/06 22:43
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【あの子と久しぶりに話をした】

ロストメイドウィン
「黒影、居るか」

メイドウィン
「おー?どうした?」

ロストメイドウィン
「...美奏良とやらについてだ」

メイドウィン
「彼女に会ったのか?」

ロストメイドウィン
「話はしてきた」

...

メイドウィン
「へー!そうか、あの人がんなことをなぁ!」

ロストメイドウィン
「...俺やたくっちスノーはいない間に作られたからよくわからないんだ」

メイドウィン
「あいつは良い奴だよ、ほんとに」

ロストメイドウィン
「そうか」

メイドウィン
「...でも、辞めるのか、まあ仕方ないよな」

ロストメイドウィン
「四月には、な」

メイドウィン
「そうか、じゃあ代わりに見届けてくれよ...あ、ほらさ、遂に俺もたくっちスノーの奴も...完全に死んじまったから」

ロストメイドウィン
「そのせいで、コメントも返信を一人でやらなくてはならなくなったんだぞ」

メイドウィン
「おいおい、ロストメイドウィンになってからはコメント投稿なんてあんまりしていないだろ?」

ロストメイドウィン
「まあな」

メイドウィン
「でも...ほら、あいつ良い奴だろ?」

ロストメイドウィン
「どこがだ?」

メイドウィン
「何も言わずに消えていく奴よりはずっといい、仕方ないけどありふれてるから」

ロストメイドウィン
「そうか、俺もそうするか?」

メイドウィン
「バカいえ、お前は美奏良以外の奴も見届けないといけないんだぞ?」

ロストメイドウィン
「...小説カキコの最後まで見届けさせるつもりか?」

メイドウィン
「...」

ロストメイドウィン
「何とか言え、このガヴェイン」

メイドウィン
「英霊は関係ないだろ!?」

ロストメイドウィン
「...フン」

メイドウィン
「俺達の取り柄つったら妄想だ、他の人間と違いお前には限りと限界と縛りの無い妄想力がある、幼稚園児の頃からずっとやってきた...努力の結晶が!」

ロストメイドウィン
「何が努力の結晶だ、あれ生活するとき不便な時もあるんぞ」

ロストメイドウィン
「自然とニヤケ顔になる」

メイドウィン
「それはデメリットではない気がする」

ロストメイドウィン
「最大のデメリットはそこにはない、妄想が止まらないんだ」

メイドウィン
「止まらない?」

ロストメイドウィン
「正確には自分の意思で妄想を止める事が出来なくなった、書くときはもちろん食事の時も風呂の時もテスト中にも、寝る直前もずっと形や内容が変わって妄想が続く」

メイドウィン
「へー、呼吸をするように妄想をしてるわけかおもしれぇ」

ロストメイドウィン
「端から聞いてれば面白いだろうな...だが時々不安になる」

メイドウィン
「不安?」

ロストメイドウィン
「こんな状態の俺は、ひょっとしたらイカれてるのではないのか?」

ロストメイドウィン
「美奏良のように妄想出来なくなるのが普通ではないのか?」

ロストメイドウィン
「俺はもしかしたら...」

メイドウィン
「空想のキャラクターが現実のことなんて深く考えるな」

ロストメイドウィン
「だが...」

メイドウィン
「俺らに出来ることと言ったらこれぐらいだ、だから死ぬまで俺達は物語を作り続けるぞ?」


メイドウィン
「それが美奏良が憧れてくれた作者メイドウィンの姿なんだからな」

ロストメイドウィン
「黒影」

メイドウィン
「それにだ、せっかく積み上げてきた長所をここで捨てるのか?」

ロストメイドウィン
「...それはな」

メイドウィン
「ま、美奏良の事は頼んだよ...俺マジで死んじまったからもう本編出れねーしあいつの顔は見れねー!」

ロストメイドウィン
「...俺、なんで亡霊って設定になっちまったんだろうな」

END

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.237 )
日時: 2018/12/12 10:45
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【娘】

ロストメイドウィン
「美奏良の事について、あと手紙」

メイドウィン
「またですかい、ってかコメントで返事してやれよ」

ロストメイドウィン
「後でちゃんとやる、その前に聞きたいことがある、ラミスについて」

メイドウィン
「娘が何か?」

ロストメイドウィン
「あいつは今どこにいる?俺も探しているのだが」

メイドウィン
「そういやここんところ出せてないなぁ...ま、ルミナら兄妹が上手くやってんだ、あいつもリニューアルしようとどうにかなるだろ」

ロストメイドウィン
「だといいがな...つまり会えるのか?」

メイドウィン
「呼べば会えるかもな!」

ロストメイドウィン
「ああ...ラミスインネバー以来だもんな、本格的な出番」

メイドウィン
「一応牙組にもちっと出たけどな」

ロストメイドウィン
「で、向こうもその作品の話をしたわけなんだが」

メイドウィン
「なついなー!モンスターズとか何年前だったかなー!」

ロストメイドウィン
「その作品をいつかリメイクしようと思ってる」

メイドウィン
「...なんで!!?」

ロストメイドウィン
「何故って、原作であるテリーのワンダーランドがスマホで移植されただろう、流行りに乗っからないとな」

メイドウィン
「リニューアルの時系列で出来るわけ無いだろ!?あの小説の黒幕ヘレン義兄さんだぞ!?」

メイドウィン
「今のリニューアルされた義兄は今とは訳が違う!」

ロストメイドウィン
「そこらへんはなんとかする」

メイドウィン
「おいおい...」

ロストメイドウィン
「実を言うと、昔のオリキャラを振り返りたいんだ」

ロストメイドウィン
「パープ、リーン、ジャガー、零代目、そしてお前」

ロストメイドウィン
「過去世代メイドウィンは大方描写しきったからな」

メイドウィン
「...」

ロストメイドウィン
「だが」

メイドウィン
「分かっているさ」


メイドウィン
「あの人が名無しの怪物の事を伝えなかったのは気遣いなのか、それとも知らなかったのか...俺には関係ない事」

メイドウィン
「だが、俺が...シャドー・メイドウィン・黒影という存在がリニューアルされた作品の山でどれだけの非道をしてきたのか...それは一生忘れられはしないだろう」

メイドウィン
「あっちにゃリニュ前もいて、知る正義の味方の俺も居たには居た、だがリニューアルされたここにいる俺があの有り様だったことには代わりない」

メイドウィン
「自分のやってきた愚かな行為に気づき後悔する頃には、俺はもうこの通りさ」

ロストメイドウィン
「...そんなにくだらないのか?お前の計画プロジェクトは」

メイドウィン
「成功しなくてよかったんだ、あんなもの...あれを見せられたらね」

ロストメイドウィン
「手紙、書いておくか?」

メイドウィン
「いや、俺が書くよ...幽霊だってな、書くことはできるぬさ」

ロストメイドウィン
「そうか...そういえば、たくっちスノー」


ロストメイドウィン
「たくっちスノーの...あいつの幽霊はいないのか?」

メイドウィン
「幽霊なんて出来ないよ、あいつには」






【だって】


【あいつの心は形を変えて】



【今でも生きているんだから】

END


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。