二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



メイムとハインリヒの娘受難 ( No.297 )
日時: 2019/09/16 11:29
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ハインリヒ
「…………立場、か」

ハインリヒ
「メイム、立場の事を考えるなとは言うが、我々の場合はそうもいかなくなる」

ハインリヒ
「君はオーケン財団の代表、私はオフターディンゲン総合記念病院の院長」

ハインリヒ
「そして、メルは時空企業とやらに手を出し【ドリーム・ネバーランド】の社長となった」

ハインリヒ
「メルの性格なら問題ないと思うが、恋人選びも難儀な物となる可能性は高いだろう」

ビッグママ
「………金目当て、ということですか」

ハインリヒ
「はたしてどれだけの人間がそうだったか」

ビッグママ
「こうなったら全人類のデータを割り出して…………」

ハインリヒ
「君はボーマンにでもなるつもりか、やめないか」

…………

ビッグママ
「…………ふぅ、ふぅ、ふぅ」

ハインリヒ
「落ち着いたか」

ビッグママ
「なんとか…………」

ハインリヒ
「とにかくだ、まだ作ってもいないのに考えても仕方の無い事だ、最初はメルの事を生暖かく見守って…………」


<ワーワーキャピキャピ


ハインリヒ
「…………ん?なんだ?」

ビッグママ
「この声は…………」




ヨウコ
「じゃあ、第1回帽子世界合コン企画を始めるわ!」

ドーラ
「今日は招待してくれてありがとう、メル」

メル
「気にすんな、単なる数合わせだ」

ビッグママ
「メル…………!?」

ハインリヒ
「待て、気付かれ」



「あっ」

ハインリヒ
「あっ」


……………



「すみません、オムライス1つ…………」

ビッグママ
「まさか貴方もメルが気になって?」


「ええ…………メル姉の彼氏って、将来の義兄さんってことじゃないですか、私としても気になるところで」

ビッグママ
「ああ、そうでしたか…………」

ハインリヒ
(うっ、胃が痛い…………医者を呼んでくれ………ああ、私が医者か)

ビッグママ
「それで、あれはなんでしょう?」


「あれは合コンって言うんですよ、つまりは恋人を見つけるために男女で集まるんですよ」

ハインリヒ
「………婚活のようなものか、今の時代は発達しているな」

ビッグママ
「そうね…………私達にもあんな時期があったわね」


「メル姉のそばに居るのはドーラさんと…………確か友人の、ヨウコさん?」

メイムとハインリヒの娘受難 ( No.298 )
日時: 2019/09/16 11:30
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ドーラ
「恋人見つかるかなぁ」

メル
「おい、いい男見つけてきたんだろうな?」

ヨウコ
「任せといてよ、いい男連れてきたからさ」

ドーラ
「本当?それは楽しみだなぁ」

メル
「ドーラ、お前が乗り気なんて意外だな」

ドーラ
「失礼だなぁ、ボクだって色恋沙汰には興味があるよ」

ヨウコ
「あ、来たきた!!」


ビッグママ
(一体!)


(どんな人が来たんだ!?)



「ウェーイwww」


「どうも」


「ハロー」


(全員モブ顔!?普通こういう小説では何かしら版権キャラが出てくるものでは無いの!?)

ビッグママ
(しかも…………皆どことなくチャラい…………)





「……………」ゴゴゴゴゴ

ハインリヒ
「………………」ドドドドドド

ビッグママ
「……………」ヌヌヌヌヌヌヌヌヌ


「あ、飲み物ないですね、全員分のドリンクバー行ってきますけど2人は何を?」

ハインリヒ
「コーヒーを」

ビッグママ
「烏龍茶で」


………

ヨウコ
「それでぇ、趣味は?」


(えちえち)

ドーラ
(なんか違うなぁ………)

メル
「オムライスひとつ」



「…………」ズゴゴゴゴゴ

ハインリヒ
「…………」スーッ

ビッグママ
「…………」ヌヌヌヌヌヌヌヌヌ



3人
(全く進展しない!!)



(どういうことだ!?さっきからヨウコさんばかり盛り上がっている!)

ハインリヒ
(メルに至っては早く帰りたいみたいな顔している)

ビッグママ
(あの男達に………メルは…………ああああ)



「ねぇねぇ、みんなってどんな男がタイプなの?」


ビッグママ
(来た…………!!)


(これはある意味チャンスなのでは!?)


(メル姉の好みのタイプ)


ヨウコ
「私は好みっていうか嫌いなタイプなんだけど、シスコンはイヤ」

ヨウコ
「シスコン以外だったら誰でもいいわ、女でもいいから」

ドーラ
「えっ」ガーン……


「えっ」

ドーラ
「ボクは…………そうだな、ボクの計画に賛同してくれる人がいいな」


「計画?」

ドーラ
「ああ、えっとね………ボクは(人造)人間を作りたくってさ」


「ぼっふぅろ!!」ブバッ

ビッグママ
「びゅっふえ!!」ブホッ

ハインリヒ
「私の顔に飛び散ったのだが………」

メイムとハインリヒの娘受難 ( No.299 )
日時: 2019/09/16 11:32
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E


「………………オオン」

ヨウコ
「ど、どど、ど、ドーラ!!それはちょっと誤解を招くでしょ!!」

ドーラ
「え?どうして?」

メル
「お前なぁ…………」ストローチュルチュル

メル
「ドリンクバー何がいい?」

ヨウコ
「あたしメロンソーダで」

ドーラ
「ボクは100パーオレンジ」



「あ、ちょっと、好みのタイプ聞かせてよ」

メル
「あ?そうだな…………メル様の好みは」



メル
「将来子供が出来た時、愛してくれる奴だな」

メル
「どんなにクズに生まれようが、どんなに憎まれようが」


メル
「それでも、そいつの人生を共に見届けてくれる…………そんな骨のあるやつがいい」


メル
「…………我が子の為に何をすりゃいいのか、一緒に考えてくれるやつが、1番メル様の婿に相応しいんだ」


ハインリヒ
(………………メル)



「ハインリヒさん、貴方の娘さんは…………とても、とても立派に育ちましたね」

ハインリヒ
「…………ああ、その通りだ」


ハインリヒ
「あの子を救うことを諦めなくて、本当に良かった」



ハインリヒ
「君もそう思うだろう、メイム…………」


ビッグママ
「…………………………」ドドドドドド


「めっちゃ泣いてるーーーー!!?」


ビッグママ
「め、メルが…………メルが、あんなに立派になって」

ハインリヒ
「少し落ち着きたまえ」

ビッグママ
「うっ、どうしようバグった止まらない」


「うわすげぇ涙出てる!いやよく考えたらプログラムの涙ってなんだ!?」

ハインリヒ
「オーケン財団は一体どんなオーバーテクノロジーを使って彼女を生み出したんだ!?」


メル
「何してんだてめぇら?」


ハインリヒ
「あっ」


「あっ」

ビッグママ
「あっ」


メル
「……………………お前ら」

ハインリヒ
「待て、私達は何も君を付けてきたわけじゃない、たまたま同じ店で…………」

ビッグママ
「メルに彼氏が出来たらどうしようという話をあなたと」

ハインリヒ
「おい、やめないかここで」


メル
「ほーん…………?」








メル
「地獄へ落ちろォ!!!」クリムジアータ


ビッグママ
「へもげっ!!」

END
感想OK

トップテンの恐怖の料理対決 ( No.300 )
日時: 2019/09/16 16:45
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

メル
「なにぃ?料理対決?」

ドーラ
「そうさ、ボク達トップテン6人は料理には自信があるだろ?」

シキ
「そうね」

ナタリー
「だから競うと?」

ドーラ
「最近は料理対決ってのが流行ってるんだよ、何かしらの頂点を目指すのも悪くないだろう?」

ジャニス
「そうだな、しかし審査員は?」

ドーラ
「帽子世界全てさ」

ドーラ
「ルールはこうだ、料理を作ったら時空のあちこちに配る」

ドーラ
「このマシーンはボクが作った特別な品でね、料理を作れば食べた人間を記録する」

ドーラ
「1番多く食べてくれた人が勝ちだ」

メル
「上等だ、1番はメル様で決まりだな」

シキ
「あんたにばかり勝ち星は上げさせないわよ」

ラヴィ
「メル様、今回ばかりは勝利を譲ることは出来ません」

ナタリー
「ラヴィ、今回だけは私と貴方はライバルですわ」

ジャニス
「何事も勝負、私も敗者になるつもりはない」

ドーラ
「決まりだね、制限時間は3日後まで………よーし!!」


トップテン6人
「やるぞおおおおおおおお!!!」




プリムローズ
「……………こっ!!これは!!二つの意味でクソマズいことになりやがったです!!」


プリムローズ
「あいつら無差別テロ起こす気ですか!?」

プリムローズ
「こ、このままじゃ私とヴァイオレットの命が……………鍵の世界のロックをより強固にしなくてはです!!」

ドーラ
「あっ、プリムローズじゃないか」ニタァ


プリムローズ
「ひっ!?ど、ドーラ!?何の用ですか!?」

ドーラ
「ちょうど良かった、パイ作ったから食べてよ」

プリムローズ
「新手のおいパイ食わねぇかですか!?やめろぉ死にたくない!!」

ドーラ
「ほらジャムとたくあんとセミのぬけがらの特殊な」

プリムローズ
「ジャイアンかてめーはっ!!うおおおおおおおやめろおおおお!!!」



プリムローズ
(ヴァイオレットオオオオオオ!!!逃げろぉぉおおおお!!!!)





…………


ヴァイオレット
(…………なんだ、今の叫び声は!?)

ヴァイオレット
(とんでもない魂の叫びが次々と響いてくるぞ!?)


ナタリー
「あら、ヴァイオレット」

ヴァイオレット
「ナタリー!?手に持ってるそれは………」

ナタリー
「ポテトサラダですわ」



<ぎゃあああ

トップテンの恐怖の料理対決 ( No.301 )
日時: 2019/09/16 16:46
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ショコラ
「な、なんで…………どうしてこんなことに…………」

メル
「おう、どうしたショコラ」

ショコラ
「あ、あのねあのね!!なんか無差別殺し合いテロバトルロイヤルが始まったって!」

メル
「意味わかんねーよ言葉が滅茶苦茶すぎるだろ」

ショコラ
「…………で、手に持ってるそれは?」

メル
「おう、お前ん家にカニがあったからダシ取ってきたんだよ、飲んでみろ」

ショコラ
「えっカニ?………うちにそんなのあったかなぁ」グビッ


ショコラ
「あっ、これスベスベマンジュウガニだわ、セーラお姉ちゃんが手振ってる」チ───(´-ω-`)───ン

※スベスベマンジュウガニは毒を持っています、帽子世界にはこれが好物のキャラがいますが良い子は食べないようにしようね!

メル
「なんだよったく………次は喫茶店にでも行くか」



………

ジャニス
「なんだこのバリケードは」


「来るなーーっ!!それ持ってこっち来るなアル!!」

「ウチらはまだ死にとうない!!」

「そのバリケードを超えたら出禁にしますよ」

ジャニス
「参ったな…………他の面々は既に失神してて話も出来ないし………」


紅茶ばか
「これはなんの騒ぎじゃ?バリケードを立てられていてはミルクティが飲めないではないか」

ジャニス
「ミルクティだったら私が持っているが」


紅茶ばか
「おお助かる」ズズー


紅茶ばか
「ほげえええええええええええええ!!!!!!」ブバーーッ!!

紅茶ばか
「なんじゃこのミルクティはあああああ!!」

ジャニス
「あれ、頑張って調合したんだが………」


…………

ヨウコ
「…………地獄か何か?」


♪DIE SET DOWN


ヨウコ
「しかも!!この匂いは…………うぐっ!!気持ち悪いっ!!」



「うげえぇぇっ!!お、おごおっ!!おおおおおっ!!」

ヨウコ
「!?」


「うぐっ、はぁ、はぁ、はぁ………おぐろろろろろろろ!!!」


「ご、ごめんなさい……シキさ、ま…………おるるええええええ!!!!」


ヨウコ
「こ、この声はツバメ!?トイレでめっちゃゲロゲロ吐いてる!?」

シキ
「あっ、ヨウコ、久々に気合い入れてカニライスっての作ってみたんだけどどう?」

ヨウコ
「どう!?じゃないわこの野郎!!」

ヨウコ
「あんたのせいで、私のツバメがゲロインになっちゃったんだから!!」オーバーソウル


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。