二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.401 )
日時: 2020/12/24 22:45
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

黒影もどき
「これで参加者が出揃いました!」

たくっちスノー
「しかし………デーリッチらが来ないたァ珍しいこともあるもんだ」

松山
「あいつは作る方より食うほうだろ」

たくっちスノー
「それもそっか………改めて参加者はこちら!!」


1 ピッチャーズ(太刀川、闇野、スバル)

2 E感じな2人(ルミナ、雪)

3 ソードオブ調理ズ(飛羽真、倫太郎)

4シルバーノワール(ドーラ、魔トリョーシカ)

5玩具のサササ(メタルポリタン、サビィ、ヒートバーグ)

6 一ノ瀬はじめ

7 飛電インテリジェンスfeat.音ノ小路響(或人、イズ、響)

8 妖精王国連合(ヅッチー、プリシラ、かなちゃん)

9あほんだらユウシャーズ(ダ・サイダー、アレックス、ユージン)

10レッツゴーきらびやかなブラックチャンネル(ブラック、さとし、ラピス・ラズリ)


たくっちスノー
「各自、炒飯を作ってください!!いいですか、炒飯だったらなんでもありです!!」

カーレッジ
「時間はどれだけかけてもいいが、作り直すことは禁止だ」

黒影もどき
「俺たちは責任もって食うから、ちゃんとね」

ヨウコ
「あと、誰々が勝ちってスタイルじゃなくて星スタイルでいくわ」

たくっちスノー
「この日のために某作者の料理対決しっかり復習しといたんだ……………」



たくっちスノー
「待ってこの作品もう2014年とかすげぇ前なの?」

黒影もどき
「またたくっちスノーがカルチャーショックで死んでる」


…………!!

そして一同は調理に取り掛かった


ラピス
「さて我々は何を作ります?」

ブラック
「動画に残しておくのでインパクトのあるものを頼みますよ、さとし君」

さとし
「えっ、俺が決めるの!?」

ブラック
「リーダーはさとし君として参加させておきましたので」

さとし
「そういうことか…………そうだな、やっぱりここは巨大炒飯でしょ!」

さとし
「テレビでやってた色々具材乗ってる奴!」

ブラック
「いいですねぇ!動画のタイトルは………」

【超ド迫力!小学生が超山盛り料理作ってみた!】

ブラック
「で、どうでしょう?」

さとし
「それはいいけど俺料理なんて作れないよ?」

ブラック
「ここでこの特別ゲストのラピスさん、お願いします」

ラピス・ラズリ
「開け心の宝石箱!!」

さとし
「え!?うわあ!?」

ラピス・ラズリ
【せっかくのゲスト出演、今回は久しぶりに絶望モードでやらせていただきます♪】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.402 )
日時: 2020/12/24 23:07
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

………………

倫太郎
「まず卵と炊いた米を順番に用意し入れる、卵は固まらないように混ぜる、これで基本中の基本は揃いました」

倫太郎
「あとは玉ねぎ、肉などを使いますが………飛羽真君、ここはどうします?」

飛羽真
「………そうだ倫太郎、確か炒飯ならなんでもいいと言ったな?」

倫太郎
「はい」

飛羽真
「それはつまり、別の料理っぽい炒飯なんてどうだ?」

倫太郎
「………なるほど!それは良さそうですね」

飛羽真
「ということでな、これをこうして………」

倫太郎
「そう来ましたか!なら僕はこれを使って…………」


……………


ダ・サイダー
「米を叩いて形を整える!!」

ユージン
「それはいいがなんで蓮華を使うんだ?」


ダ・サイダー
「決まってるだろ?この蓮華で…………」




ダ・サイダー
「連撃浴びせてやるからさ!!」ドーン


アレックス
「」

ユージン
「」




ダ・サイダー
「笑えぇぇえええええ!!!!」バババババ



「あーお客様困ります!!あー!!会場内でマシンガンを乱射しないでください!!あーー!!」

…………

ヅッチー
「なんか平和だなー」

かなちゃん
「ウチの小説シリーズは裸族が居ませんからねぇ、というか候補も居ませんから」

ヅッチー
「作ったりしないのか?カービィとかメタナイトとかで」

かなちゃん
「そういうキャラは原作通りの性格で出したいと仰ってました」

かなちゃん
「常に裸になってたり変態キャラが居れば考えなくもないと言ってましたが中々いませんねぇ」ジュー

…………

たくっちスノー
「とりあえず皆ちゃくちゃくと調理してんな…………」

黒影もどき
「ただし約1種類超危険なグループがあるという」

松山
「避けては通れぬ地獄って訳かよ………」

ヨウコ
「料理が完成したら遠慮なくぶち込んでください!早い者勝ちですよー!!」

カーレッジ
「…………………なんでこんなものを開催してしまったのだろう」

たくっちスノー
「だって親父が忘年会のネタが無いって言うからさ………クリスマスには全然間に合わねぇけどどうする?」

松山
「まぁ真面目に考えるなら、タダ飯食い放題って思っとけば気が楽になるんじゃねーの?」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.403 )
日時: 2020/12/25 12:44
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: b9FZOMBf)

たくっちスノー
「ああそうそう、グループ名は用意したが誰がどれ作ったのか俺たち審査員側からは分かんないようになってるんだとよ」

カーレッジ
「あ、画面消えた。」

黒影もどき
「それはそれで不安だな………」

松山
「作る工程はまた後で読者に見せりゃいいか、全員作り終えた所までカットするぞ」


…………

松山
「お前来年もっとえぐい奴呼べない?」

松山
「読者はさ、やっぱ俺たちがやばい物食ってのたうち回ってる姿が見たいわけなのよ」

たくっちスノー
「簡単に言うなよ………そういうのを作りそうなやつって中々いないんだよな」

黒影もどき
「あー!!あおいちゃんがループしてなかったらワンチャンあったのになー!」

たくっちスノー
「いや違う違う!ただのメシマズとは違うだろ『そういうの』って、あえてそういうのを作るみたいな」

たくっちスノー
「カービィの一番搾りとか」

黒影もどき
「デデププはカービィがマジで頭おかしいのでNG」

ヨウコ
「ねぇたくっちスノー、なんで料理大会をやりたいと思ったの?」

たくっちスノー
「最近ゆっくりやVOICEROIDを使用した料理動画とか見てな、それで料理に興味持ったのよ」

黒影もどき
「あーわかるわかる!そういう料理動画ってなんか面白いよね」

たくっちスノー
「だろ?俺って生声苦手だからゆっくりの料理動画増えてきて嬉しいのよ、あと土山しげる先生の漫画また読んだ影響」

たくっちスノー
「グルメ漫画といえばトリコとか美味しんぼとか、ミスター味っ子に孤独のグルメとか言われがちだが、土山先生のグルメ漫画も中々美味そうに見えるんだよなぁ〜」

カーレッジ
「つまり無性に飯が食いたいというわけか」

たくっちスノー
「そ、俺たちマガイモノの1番の娯楽だしな…………ただ、どんな飯が来るのかな」


たくっちスノー
「作者もうすぐ20歳なのに全然料理出来ないからこれが本当に美味いのか全然分かんない」

たくっちスノー
「ということなのでそこら辺勘弁な!」

たくっちスノー
「…………てか、そこ気にする人居るのかな?」

カーレッジ
「念の為だ、念の為」

松山
「一応真面目な奴だからな」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.404 )
日時: 2020/12/25 17:24
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

そして最初の炒飯が運ばれる

たくっちスノー
「………なんだこれ?」

黒影もどき
「濃厚スパイスのカルビ炒飯………だってよ」

松山
「具材は豚のカルビ肉に、玉ねぎとニンジン………それと、ジャガイモ?なんだこの炒飯」

ヨウコ
「それになにこの匂い………米全体から凄い濃い匂いが、何かしら…………」

たくっちスノー
「ま、ひとまず食ってみようぜ」


パクチー

黒影もどき
「うーん、不味いわけじゃないけど………」

カーレッジ
「カルビや米から妙に舌に残ってしつこい味だな、キムチをすり潰したような………」

たくっちスノー
「食えるっちゃ食えるが、完食する前に胃に来そうだな………」

ヨウコ
「炒飯と言うよりはガーリックライスみたいね」

松山
「一体どんなスパイス入れたんだよ」


……
結果

たくっちスノー
★★★
「味は良いが濃すぎて苦しくなる、あとなんか臭い、何を入れたらこうなるんだ?」

黒影もどき
★★★
「がっつりいきたい人向けかな?20代男性にはウケるかもよ、なんかバーベキューソースみたいな味したよ」

カーレッジ

「炒飯はあまり味を主張しなくてもいい、とても付け合せで食える気がしない」

ヨウコ
★★
「女性が食べるにはキツイかもね………食べてて美味しいのは最初だけで、後から段々しんどくなるわ」

松山
★★★★
「若いうちなら沢山食えるような味、30代からもう無理、時の儚さを感じる料理だな」

たくっちスノー
「で、最後に誰が作ったのか調理工程を確認してみるか」

カーレッジ
「これを作ったのは…………」



【玩具のサササ】

たくっちスノー
「あいつらかー………」

………

調理中

サビィ
「よし、言われた通りカルビ肉焼き終えたっすよ、味はバーベキューソース」

ヒートバーグ
「ここからポテトにタマネギ……ここまで具が強いと肝心なライスが隠れそうだが、どうするんだい?」

メタルポリタン
「その心配はない………この為に用意してきたからな」

サビィ
「おおっ、出るんすね秘密兵器が!」


メタルポリタン
「そう!!この日のためにオークションで購入してきたこいつの出番だ!」


サビィ
「おおっ!!そいつは!!」


メタルポリタン
「フッ……凄いだろう?サビィ、アレ頼むぞ」

サビィ
「おう!!」






サビィ
「PON!CRASH!CRASH!PAPAPA!!」


メタルポリタン
「グルメスパイザー!!」


サビィ
「PON!CRASH!CRASH!PAPAPA!!」


メタルポリタン
「グルメスパイザー!!!!」


たくっちスノー
「グルメスパイザー!!?」

松山
「あいつあのプラゴミ買ったのかよ!」

たくっちスノー
「てか秘密兵器ってグルメスパイザーかよ!?」

黒影もどき
「まぁ彼らオモチャだし………あの世界じゃ充分凄いんだよ………」

メタルポリタン
「ここにキムチ味のチップを入れて………CRASH!!」

メタルポリタン
「他にもバーベキュー味、ピーカラムーチョ、納豆チップス………様々な味のチップスをクラッシュして粉末にしたもの!これがスパイスだ」

メタルポリタン
「先にご飯から炒めて、スパイスを混ぜながら強火で炒めていくぞ」

メタルポリタン
「この際だから1袋分のポテチスナックを粉末化して投入するか」サーッ!

ジュー




カーレッジ
「そしてこれが出来たわけか」

ヨウコ
「グルメスパイザーを本格的に使った料理初めて見たわ………」

松山
「普通使わねーからなあんなに………」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.405 )
日時: 2020/12/26 08:50
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「いきなり濃いもん食ってちょっとキツイな………他作者の面々とかよくあんなに食えるよな」

カーレッジ
「まぁ、俺達はマガイモノだ………そこら辺は気にしなくても問題ないだろう」

黒影もどき
「今度はどんな炒飯が来るのかなー?」


………そして次の炒飯が運ばれる


たくっちスノー
「おっ、納豆チャーハンか!!」

カーレッジ
「納豆を使用したチャーハンはポピュラーだな………具材は玉ねぎとひき肉か」

松山
「おっ、今度のはマシそうだな」

ガブッ!

たくっちスノー
「すげぇ!納豆料理って粘っかないのか!納豆ご飯しか知らなかったよ!」

カーレッジ
「この風味はそばつゆを使用しているな………隠し味に蜜柑汁を加えて和風仕立てに仕上げているな」

ヨウコ
「けど、アレンジとして見ると普通ね………美味しいんだけど新鮮味がないというか」

黒影もどき
「まぁガチの勝負じゃないし、そこまで求めるのも贅沢な気もするけどね」

松山
「どっかのコラが言うように、他でやってない事をやるってのは『つまらないと分かってるからやらない』だけでもあるからな」

たくっちスノー
「グルメスパイザーを使う料理が連続で出てきても困るしな…………」


……………

たくっちスノー
★★★★★
「うまい!うまい!うまい!うまい!(語彙力炎柱)」

黒影もどき
★★★★
「キツい味もなく食い辛くもなく、嫌いそうな具もない、正に『普通に美味しい』食べ物だった」

カーレッジ
★★★
「炒飯としては合格点だが、アレンジ料理としては落第点、納豆というチョイスは悪くなく、まだまだ改善や具材追加の余地はあり」

ヨウコ
★★★★
「私としては美味しく完食出来る炒飯が出てきただけでも満足よ、確かにアレンジ系としては驚きはないけど奇を衒われても困るからね」

松山

「料理対決において何の面白みもない美味いだけのメシに価値はねぇ!!」


ヨウコ
「で、これを作ったのは誰?」

カーレッジ
「こういうのはルミナか倫太郎が作りそうだが………」

黒影もどき
「いや、この普通っぽさは或人だよ!普通なのに蜜柑とか入れてちょっと他とは違う感じにしてるつもりなのが彼っぽい!」

たくっちスノー
「滅茶苦茶失礼で草」




【飛電インテリジェンスfeat.音ノ小路響】


たくっちスノー
「しかも当たってるじゃねーか!!」

松山
「或人はさぁ………そういうとこだぞ、売れないの」

ヨウコ
「料理で笑いのダメ出しされる方もたまったもんじゃないと思うけどね………」

………


或人
「よし!納豆チャーハン出来た!」


「本当にそれでいいの?なんか地味じゃない?」


或人
「そうかな………納豆って凄いインパクトあると思うんだけど」


「フツーに聞いたことあるわよ、食べたことないけど」

或人
「よーし、こうなったら………!!」ゴソッ


ムワッ!!?



「ッッッ!!?何よこの臭い!!?」

或人
「飛電一家の………秘伝のソース!!はいっ!アルトじゃ〜ないと!!」


ダ・サイダー
「俺より面白いギャグを言いやがったな飛電或人おおおおおお!!!」バババババ




「ちょっ、なんか腐ってない!!?やめなさいって!!ちょっと!!」

或人
「大丈夫大丈夫!数年ぶりに押し入れから出しただけだから!」


「それは大丈夫とは言わない!!ちょっとイズ止めて!!」

イズ
「はい」


…………

たくっちスノー
「入ってなくてよかった………」

松山
「俺的には入ってた方が面白かったんだがな」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。