二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.404 )
日時: 2020/12/25 17:24
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

そして最初の炒飯が運ばれる

たくっちスノー
「………なんだこれ?」

黒影もどき
「濃厚スパイスのカルビ炒飯………だってよ」

松山
「具材は豚のカルビ肉に、玉ねぎとニンジン………それと、ジャガイモ?なんだこの炒飯」

ヨウコ
「それになにこの匂い………米全体から凄い濃い匂いが、何かしら…………」

たくっちスノー
「ま、ひとまず食ってみようぜ」


パクチー

黒影もどき
「うーん、不味いわけじゃないけど………」

カーレッジ
「カルビや米から妙に舌に残ってしつこい味だな、キムチをすり潰したような………」

たくっちスノー
「食えるっちゃ食えるが、完食する前に胃に来そうだな………」

ヨウコ
「炒飯と言うよりはガーリックライスみたいね」

松山
「一体どんなスパイス入れたんだよ」


……
結果

たくっちスノー
★★★
「味は良いが濃すぎて苦しくなる、あとなんか臭い、何を入れたらこうなるんだ?」

黒影もどき
★★★
「がっつりいきたい人向けかな?20代男性にはウケるかもよ、なんかバーベキューソースみたいな味したよ」

カーレッジ

「炒飯はあまり味を主張しなくてもいい、とても付け合せで食える気がしない」

ヨウコ
★★
「女性が食べるにはキツイかもね………食べてて美味しいのは最初だけで、後から段々しんどくなるわ」

松山
★★★★
「若いうちなら沢山食えるような味、30代からもう無理、時の儚さを感じる料理だな」

たくっちスノー
「で、最後に誰が作ったのか調理工程を確認してみるか」

カーレッジ
「これを作ったのは…………」



【玩具のサササ】

たくっちスノー
「あいつらかー………」

………

調理中

サビィ
「よし、言われた通りカルビ肉焼き終えたっすよ、味はバーベキューソース」

ヒートバーグ
「ここからポテトにタマネギ……ここまで具が強いと肝心なライスが隠れそうだが、どうするんだい?」

メタルポリタン
「その心配はない………この為に用意してきたからな」

サビィ
「おおっ、出るんすね秘密兵器が!」


メタルポリタン
「そう!!この日のためにオークションで購入してきたこいつの出番だ!」


サビィ
「おおっ!!そいつは!!」


メタルポリタン
「フッ……凄いだろう?サビィ、アレ頼むぞ」

サビィ
「おう!!」






サビィ
「PON!CRASH!CRASH!PAPAPA!!」


メタルポリタン
「グルメスパイザー!!」


サビィ
「PON!CRASH!CRASH!PAPAPA!!」


メタルポリタン
「グルメスパイザー!!!!」


たくっちスノー
「グルメスパイザー!!?」

松山
「あいつあのプラゴミ買ったのかよ!」

たくっちスノー
「てか秘密兵器ってグルメスパイザーかよ!?」

黒影もどき
「まぁ彼らオモチャだし………あの世界じゃ充分凄いんだよ………」

メタルポリタン
「ここにキムチ味のチップを入れて………CRASH!!」

メタルポリタン
「他にもバーベキュー味、ピーカラムーチョ、納豆チップス………様々な味のチップスをクラッシュして粉末にしたもの!これがスパイスだ」

メタルポリタン
「先にご飯から炒めて、スパイスを混ぜながら強火で炒めていくぞ」

メタルポリタン
「この際だから1袋分のポテチスナックを粉末化して投入するか」サーッ!

ジュー




カーレッジ
「そしてこれが出来たわけか」

ヨウコ
「グルメスパイザーを本格的に使った料理初めて見たわ………」

松山
「普通使わねーからなあんなに………」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.405 )
日時: 2020/12/26 08:50
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「いきなり濃いもん食ってちょっとキツイな………他作者の面々とかよくあんなに食えるよな」

カーレッジ
「まぁ、俺達はマガイモノだ………そこら辺は気にしなくても問題ないだろう」

黒影もどき
「今度はどんな炒飯が来るのかなー?」


………そして次の炒飯が運ばれる


たくっちスノー
「おっ、納豆チャーハンか!!」

カーレッジ
「納豆を使用したチャーハンはポピュラーだな………具材は玉ねぎとひき肉か」

松山
「おっ、今度のはマシそうだな」

ガブッ!

たくっちスノー
「すげぇ!納豆料理って粘っかないのか!納豆ご飯しか知らなかったよ!」

カーレッジ
「この風味はそばつゆを使用しているな………隠し味に蜜柑汁を加えて和風仕立てに仕上げているな」

ヨウコ
「けど、アレンジとして見ると普通ね………美味しいんだけど新鮮味がないというか」

黒影もどき
「まぁガチの勝負じゃないし、そこまで求めるのも贅沢な気もするけどね」

松山
「どっかのコラが言うように、他でやってない事をやるってのは『つまらないと分かってるからやらない』だけでもあるからな」

たくっちスノー
「グルメスパイザーを使う料理が連続で出てきても困るしな…………」


……………

たくっちスノー
★★★★★
「うまい!うまい!うまい!うまい!(語彙力炎柱)」

黒影もどき
★★★★
「キツい味もなく食い辛くもなく、嫌いそうな具もない、正に『普通に美味しい』食べ物だった」

カーレッジ
★★★
「炒飯としては合格点だが、アレンジ料理としては落第点、納豆というチョイスは悪くなく、まだまだ改善や具材追加の余地はあり」

ヨウコ
★★★★
「私としては美味しく完食出来る炒飯が出てきただけでも満足よ、確かにアレンジ系としては驚きはないけど奇を衒われても困るからね」

松山

「料理対決において何の面白みもない美味いだけのメシに価値はねぇ!!」


ヨウコ
「で、これを作ったのは誰?」

カーレッジ
「こういうのはルミナか倫太郎が作りそうだが………」

黒影もどき
「いや、この普通っぽさは或人だよ!普通なのに蜜柑とか入れてちょっと他とは違う感じにしてるつもりなのが彼っぽい!」

たくっちスノー
「滅茶苦茶失礼で草」




【飛電インテリジェンスfeat.音ノ小路響】


たくっちスノー
「しかも当たってるじゃねーか!!」

松山
「或人はさぁ………そういうとこだぞ、売れないの」

ヨウコ
「料理で笑いのダメ出しされる方もたまったもんじゃないと思うけどね………」

………


或人
「よし!納豆チャーハン出来た!」


「本当にそれでいいの?なんか地味じゃない?」


或人
「そうかな………納豆って凄いインパクトあると思うんだけど」


「フツーに聞いたことあるわよ、食べたことないけど」

或人
「よーし、こうなったら………!!」ゴソッ


ムワッ!!?



「ッッッ!!?何よこの臭い!!?」

或人
「飛電一家の………秘伝のソース!!はいっ!アルトじゃ〜ないと!!」


ダ・サイダー
「俺より面白いギャグを言いやがったな飛電或人おおおおおお!!!」バババババ




「ちょっ、なんか腐ってない!!?やめなさいって!!ちょっと!!」

或人
「大丈夫大丈夫!数年ぶりに押し入れから出しただけだから!」


「それは大丈夫とは言わない!!ちょっとイズ止めて!!」

イズ
「はい」


…………

たくっちスノー
「入ってなくてよかった………」

松山
「俺的には入ってた方が面白かったんだがな」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.406 )
日時: 2020/12/26 11:30
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

そして次の料理は………


たくっちスノー
「え、なにこれ、オムライスじゃね?」

黒影もどき
「………い、いや違うな、卵の下がしっかりチャーハンになってる、オムライス風炒飯だ!」

たくっちスノー
「これどうなんだ?」

カーレッジ
「さあな…………オムレツを上に乗せたらなんでもオムライスになるわけでもないからな」

松山
「んなら極論、牛丼にオムレツ乗せてもオムライスになるからな」

カーレッジ
「ああ、そういえば某牛丼店でオム牛丼というものがあるらしいぞ」

たくっちスノー
「じゃあこれはオム炒飯って所か………ライスはケチャップで味付けてバジルが加えられてるな」

カーレッジ
「具材もネギに豚肉とシンプルだ」


黒影もどき
「あー!ハンチョウのオムレツライスっぽいかも!」

松山
「洋風か中華か分かれそうな中中華に振り切ったところは悪くねーかもな」

トリトリトリコー

たくっちスノー
「お、結構美味い!オムライス感覚で炒飯が食えるなんてな!」

黒影もどき
「あえてケチャップをオムレツにかけないことで味も強くならないようにしてるんだな」

カーレッジ
「オムレツの方もしっかりフワフワに作ってあるな」

松山
「アレンジ系なのかオムライスなのかギリギリがよくわかんねぇ所が好きだ」

ヨウコ
「肝心な炒飯側の感想を誰もしていない……………」



たくっちスノー
★★★★★
「炒飯から上手く別料理っぽく、でもしっかり炒飯になってるのが良い!」

黒影もどき
★★★★
「味を変えるんじゃなくルールのギリギリを付いてくる点、他とは違う感じがするよ今のところは」

カーレッジ
★★★
「アレンジとしては半分ぐらい、チャーハンとは別でオムライスという完成された料理が優れているからこそなので、炒飯としては半分」

ヨウコ
★★★★
「具材を存分に使ったいい料理!卵料理がお題なら間違いなく優勝してたかも。」

松山

「カーレッジと同意見、逆に言えば炒飯とオムライスが中途半端になったやつで、どっちつかずとも言える」



カーレッジ
「これを作ったのは………」



【ソードオブ調理ズ】

たくっちスノー
「あの二人か!!」


ーーーーーーー

飛羽真
「オムライスのような炒飯を作るんだ、炒飯のように肉や刻みネギを使い、薄めの豚骨ダシを染み込ませてケチャップを混ぜよう」

倫太郎
「分かりました、では僕は柔らかいオムレツを作りますので任せます!」



…………

たくっちスノー
「さすが誠実コンビ、マトモなのを用意してくれたな」

ヨウコ
「やっぱり料理対決はこうでなくっちゃね」

松山
「そうかぁ〜?」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.407 )
日時: 2020/12/26 12:32
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

次。


たくっちスノー
「お、この匂いはコンソメか、しかもデカい」

黒影もどき
「あー、テレビでよく見るヤツ!超巨大チャーハン!」

松山
「具材は極厚チャーシュー3枚に中華みたいなタレかかったミートボール10個、卵はこりゃ1パック丸ごと使ってやがるな」

ヨウコ
「刻みじゃないタマネギ炒飯で入れることある?」

たくっちスノー
「ボリュームは凄いが味はどうだか…………」




松山
「待て、全員口入れんな」

たくっちスノー
「え?」


カーレッジ
「ああ、匂うな………妙な、匂いだ」


カーレッジ
「松山、食え。」


松山
「イエッサー、待ってましたよこの時を!!」

たくっちスノー
「え、え、何!!?」


松山
「……………」

レロッ




松山
「…………へェ、やるじゃねぇか、こんなものを忍ばせるなんてな」

カーレッジ
「なんだった?」

松山
「お前の予想通り、こいつには筋肉増強剤とかやべー薬とか入ってやがる、アレだった」

たくっちスノー
「お、おいそれって確か………!!?」



松山
「そう!!あの有名なドーピングコンソメスープと同じ成分だ!!」

黒影もどき
「中身が知りたい人は魔人探偵脳噛ネウロを見よう!アニメだと第1話で出るから気軽でいいぞ!」

ヨウコ
「そ、そんなものを食う気にはなれないわね………」

たくっちスノー

「食えるかんなもん!!」

黒影もどき

「よく作れたねこれ…………」

カーレッジ

「あいつも、それほどいかれてなければマシな結末を用意出来たんだがな………」

ヨウコ

「食材の無駄遣いになるようなことはやめて」

松山
★★★★★
「すげぇ美味かった!メテオガーリック食ったココみたいな体になれたし効果も本物だ!やるじゃねぇか!」


カーレッジ
「しかしあれは一流の天才が丹精込めて作った料理だ、あの中で作れそうな人間はいるのか?」

黒影もどき
「うーんそうだな、ドーラ達はもっとえぐい事してきそうだしな…………あ、いたわ!!」





【レッツゴーきらびやかなブラックチャンネル】

たくっちスノー
「こいつらか!!!」


…………

さとし
「何この宝石すっげーキレイ!」

ブラック
「これが噂の鬼ヤバな宝石、ラピス・ラズリ…………これは持ち主の願いを叶えられる道具に変化すると言われています」

さとし
「マジで!?なんでも叶っちゃうの!?」

ラピス・ラズリ
「さァさとし君、これで一流料理人になってしまいましょう」

さとし
「これで負けないぞ!!」


カッ

さとし
「帽子になった!」

ラピス・ラズリ
「久しぶりにやりましたが成功して何よりです」

さとし
「よーし……」

カポッ



さとし
「!!!わかる、分かるぞ!!とてつもない料理の作り方が分かってきた!!」

さとし
「ブラック、材料持ってきて!アレと、アレとコレ!」

ブラック
「いいんですか?これは少々アブないような気も…………」

ブラック
「ま、鬼ヤバな感じがするので別にいいですけどねー!」





ブラック
(ところで、あの帽子はどのように?)

ラピス・ラズリ
(それはですね、犯罪を冒したある料理人の意識とリンクしているのです)

ブラック
(いい絵が撮れたら外しておきましょう)

ブラック
「ディスイズ、炎ターテイメント!」

……………

カーレッジ
「あいつは…………」ハァ

ヨウコ
「ラ〜ピ〜ス〜!!!」

松山
「ブラックとか言うやつも中々気が合いそうだな、チャンネル登録しとこ」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.408 )
日時: 2020/12/26 16:13
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

…………

次。

たくっちスノー
「おや、チャーハンのおにぎり。」

カーレッジ
「卵と味を付けて炒めた飯だけにすることでおむすびとしてシンプルに仕上げたわけか」

松山
「お、なんか中身入ってそうだぞ」

カーレッジ
「大任流、反分光」ザンッ


パカ

たくっちスノー
「お、中身は天津飯みたいな卵とじ!」

ヨウコ
「こっちは餃子よ!」

カーレッジ
「唐揚げ」

黒影もどき
「………………」

たくっちスノー
「ん?食わないのかもどき」



黒影もどき
「ねぇ」



黒影もどき
「石貯めときたいんだけど、キリルとかキング・アーサーとか人権来るのなんなの?」

たくっちスノー
「そりゃキリルもアーサーも強いだろ設定上でも……」

黒影もどき
「それはいいよまた再録の機会来ると思うし(特にキリル)」

黒影もどき
「ねぇ、クリスマスイベントでユニのあいつペアで来たんだけど」

たくっちスノー
「なんで今切れるの?」

黒影もどき
「さっきやったから」

たくっちスノー
「大会中にパワプロしないでくれる?」

黒影もどき
「うるせええええ!!!なんで体臭フェチの学校の雰囲気と合わないやつぺあでくるんだよ!!七瀬はるかちゃん来いや!!」

たくっちスノー
「いいじゃんユニ版は持ってねーんだから!!」


黒影もどき
「はるかちゃんみたいな見た目の子は!!!絶対!!!!おっぱいでかいだろ!!!!!!」

松山
「キレすぎで草」

黒影もどき
「うるせぇな!!女性キャラはすこってればいいんだよ!!!」

カーレッジ
「これ以上ゴチャゴチャ言うと来年シャーロット・リンリンでしかすこれないようにしてやるぞ」

黒影もどき
「若い時ならワンチャン…………」

……………

たくっちスノー
★★★★★
「いやー相当手が込んでるな、頑張りが見えるしおにぎりで食いやすい」

黒影もどき

「【このコメントはカーレッジに消されました】」

カーレッジ
★★★★

「おにぎりでコンパクトに食べやすくして、他料理を上手く乗せられたのが高ポイント、1番アレンジ料理って感じがした」

ヨウコ
★★★★★

「中の具材がほかほか!この寒い時期には有難いぬくぬくおにぎりね!ほかの具材も期待してる!」

松山
★★
「コンビニで売ってそう」




『ピッチャーズ』


たくっちスノー
「これを作ったのはピッチャーズか」

松山
「なーこいつらの映像要らなくねーか?チャーハン炒めて握っただけだしつまんねーよ」

太刀川
「せっかく作ったものをつまらないは無いんじゃない?」

松山
「あおいがループして来れないってだけの話題で『とりあえず持ってる変化球キャラ』入れたチームだからいいんだよ」

スバル
「あの、僕まだ未入手…………」

黒影もどき
「2月のピースで暗黒スバル来るなら許すよ」

スバル
「いつまで引っ張ってんだこの人は」



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。