二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.409 )
日時: 2020/12/26 22:13
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

次。


松山
「もう半分まで来ておいて今更なんだけどよ」

松山
「この企画、オチあんの?」

たくっちスノー
「え」

松山
「いや、うちのシリーズ裸族とかトラブルメーカーとかいないんならなんか派手なオチつけようがねーじゃん」

松山
「なんかそういう奴いないの?」

たくっちスノー
「今自分の目の前にいるんだけど」

カーレッジ
「松山は料理するな、オチ以前に始まらなくなる」

たくっちスノー
「そうかオチかぁ…………さて、残った面々はヤバそうかマシかの2択だな」

たくっちスノー
「雪とヅッチーはまぁ変なもんは出さないだろ、問題はダ・サイダーと、新入りのはじめだな」

…………とか言ってたら


たくっちスノー
「なんかすげぇ色のチャーハン来たんだけど…………」

カーレッジ
「ジャイアンかよ」

黒影もどき
「ジャイアンならもっと具材がゴチャゴチャしてるだろ………オレンジはいいとして緑色の炒飯ってなんだ………?」

松山
「うへーっ、体に悪そうでいいね」


パクッ

たくっちスノー
「なんでこの見た目で普通にうまいの…………!? 」

カーレッジ
「どうやら真面目に作ったものみたいだな」

ヨウコ
「何がどうなってこんな普通の味付けに……?」

たくっちスノー
★★
「見た目はやべーのに美味いっていうギャップを感じた、でもこれそういう大会じゃねぇから!」

黒影もどき


「美味いんだけどこんな色だと思うと全然食べたくない」

カーレッジ

★★★★
「色合いは確かにどうかと思うが、食わず嫌いするような人間なんてほっとけばいい、味は問題なしだがアレンジとしては弱めか」

ヨウコ

★★
「出来れば食欲をそそるような色合いにして欲しかったなー」


松山


「なんでこの見た目で普通に美味いの出してくるんだよ!!ふざけてんのか!?」



『一ノ瀬はじめ』


はじめ
「どうしてちゃんと作ったのに怒られるんすか」

松山
「作るならちゃんと作れ!もっと!えげつなく!」

ヨウコ
「はじめちゃん、こいつの言うことは無視してもいいのよ」

たくっちスノー
「そうそう、松山を好き放題させたら面倒だからな………」

カーレッジ
「だが本当にオチはどうするんだ」

たくっちスノー
「ドーラに賭けるしかねぇよ………」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.410 )
日時: 2020/12/26 22:57
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「あ、そうだ最近執筆予定の小説のプロット書いてんだよね」

たくっちスノー
「マジンガーVSゲッター第2部とか白湯とか完成したやつもあるよ」

カーレッジ
「次は何を書く気だ?」

たくっちスノー
「2021年のMM逃走中かな………いやなんか、意図的じゃないんだけど年1エピやるような感じになっちゃってるな」

松山
「本家もだいたいそんなもんだし別にいいんじゃね?」

たくっちスノー
「そうかな………お、新しい炒は」




グチャ



たくっちスノー
「なにこれ?ゴミ?」

ヨウコ
「ぐっしゃぐしゃ………具もなんかべちょべちょ」

カーレッジ
「何故こんなものが出来たんだ?」

松山
「ヒント:作り直し禁止」

黒影もどき
「あちゃー………多分これはあれだな」

たくっちスノー
「ドーラはこういうタイプのメシマズじゃないし………ダ・サイダーだな」

カーレッジ
「一体どんな失敗をしたのか………」

パクリ

たくっちスノー
「うげええっシンプルにまずい………米はなんかベチャベチャしてるし肉は生焼け………」

黒影もどき
「なんか卵も白身のマズイところが凄く伝わるような不味さ、なんか風味もない………」

カーレッジ
「調味料もかけすぎだな、塩が多すぎてしょっぱすぎる」

松山
「俺はえげつない飯がいいんであってただのマズい飯なんか求めてねーよ!」

ヨウコ
「いちいち注文が多いわねこの金髪」

たくっちスノー

「まっず!!いや本当にまっず!!どんな失敗したんだよこれ!?」

黒影もどき
★★
「失敗をフォローするために滅茶苦茶やって余計酷くなったパターンだよねこれ、どうにもならなかったか」

カーレッジ

「論外」


ヨウコ

「やっぱりあほんだらだったみたいね………炒飯から塩水みたいな匂いするんだけど」


松山

「どうせビシャビシャにするならゲロみたいな飯持ってこいや!!」



『あほんだらユウシャーズ』


ダ・サイダー
「なんでだ!?どこで間違えたんだ俺は!?」

ユージン
「多分炊く時に水の量間違えた時だろうな」

アレックス
「塩の分量でしょ」

ユージン
「そりゃお前だろーが………はぁ、ヒルデから少しは教わっとくべきだったな」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.411 )
日時: 2020/12/26 23:39
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

カーレッジ
「…………残ったのは、ルミナとドーラ、あとヅッチーか」

たくっちスノー
「天国と…………地獄ッッ………!!」

松山
「なんかインパクトねーんだよな、調理工程カットしてやるくらいにはつまらなかった」


カーレッジ
「ここでどんなのがくるか、だな…………」


…………


カーレッジ
「!!!」

たくっちスノー
「お、お茶漬け?…………いや違う!!炒飯だ!!」


たくっちスノー
「1度炒めた米で、お茶漬けに仕立ててある!!」

ヨウコ
「嘘でしょ!!?ドーラのやつ何考えて…………」


カーレッジ
「……………美味い」

たくっちスノー
「!!!」


………

たくっちスノー
「ほ、ホントだ!!myコー飯みたいだ!鰹節を入れることで出汁みたいになって、するする食える!!」

カーレッジ
「具材は刻みネギにかき玉のようにした卵、そして人参か………」

松山
「なんかラーメンのスープに飯入れたみたいになってるな、カップ麺とかでよくやるやつ」

……………

たくっちスノー
★★★★★
「しゅきいいいい!」

黒影もどき
★★★★★
「んほおおおおおおお!」

カーレッジ

★★★★★

「感動した、マジで、和に対するうちの店の勝手なこだわりを一切捨てず頑張って炒飯にした上でそれっぽく作ったの、尊い、ありがとう、マジごめん、本当に」

ヨウコ

★★★
「上3人ルミナに対して甘すぎでしょ………あ、お茶漬けは本当に美味しかったわ、次の事考えると頭痛いけど………」




………


「えーと、なんかよく分からないけどべた褒めされてる?」


ダ・サイダー
「ずるいぞお前ー!!」ブーブー

さとし
「なんでこんなことに〜!?」

スバル
「さとし君はともかくダ・サイダーに怒る権利ないよね?」

メタルポリタン
「グルメスパイザーのなにが悪いんだ!!」

倫太郎
「僕は手で砕いた方が早いと思いますが……」

或人
「やっぱりこの秘伝のタレを………」


「くっさ!!あっちゃん死ね!!(辛辣)」


ヅッチー
「おいおい………こりゃヅッチー達出してもマトモな評価貰えるか怪しいぞ?」

かなちゃん
「もっと早めに出すべきでしたかね〜?」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.412 )
日時: 2020/12/27 11:02
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「お、豪勢にエビが乗ってんな」

ヨウコ
「すごーい!フカヒレよ!?」

カーレッジ
「流石、海の近くに商店を築き行商にも出向いてる妖精王国の1品………高級品を惜しみなく使うか」

黒影もどき
「すげー………金かかってそう」

黒影もどき
「初めてこれやってよかったと思えたよ」

松山
「ちっ、高いだけの飯か」

たくっちスノー
「こいつもう暫く小説に出さない方がいいかもな」

カーレッジ
「今回ずっと文句しか言ってない気がする」

松山
「んなことねーよドーピングコンソメスープとか褒めたろ」

たくっちスノー
「さてはお前【料理】を評価する気ないな?」


…………

たくっちスノー
「うん!マトモに仕上がってる、いや酷い奴が酷すぎただけなんだが」

黒影もどき
「落差が激しすぎて舌が麻痺してきた」

カーレッジ
「これ終わったら暫くはマトモなもん食うか」

ヨウコ
「そうね………後に控えてるのはもう【アレ】しかいないんだし」


……

たくっちスノー
★★★★★
「金かけてるだけあって美味かった、いや次があれだと思うとなんでも美味いんだけどさ、ほんとタイミングと人選が悪かった」

黒影もどき
★★★★

「あはは!フカヒレおいしい!おいちい!あはは!(恐怖のあまり現実逃避)」

カーレッジ


「美味しい、食材も惜しみなく使ってる、それは確かだ、しかしこれはただの海鮮炒飯、アレンジ料理というのはもっとこう、他にない状態で美味さを維持することを言う、滅茶苦茶言ってるかもしれないがそういうモノと分かって勉強して欲しい」


ヨウコ

★★★★
「おいしいわ、うん、美味しいんだけどごめん、感想が浮かんでこない、頭まで麻痺してきた」

松山


「地味なんだよどいつもこいつも!普通の人間が食えないようなもん持ってこいよ全員!!」


……………

【妖精王国連合】

ヅッチー
「やっぱあいつの評価だけおかしくないか?」

はじめ
「きっと、あの人は料理を求めてはいないんすよ」

メタルポリタン
「あいつ本当に何しに来たんだ」

サビィ
「俺たちの頑張りって一体」

飛羽真
「それもだが俺達今度は2021年逃走中まで出番無いのか!?どんどん新しい要素出てきてるのに!?」

はじめ
「あ、ボクはその逃走中にも今の所参加予定入ってないっす」

ヅッチー
「入るとろくなことにならないぞ」

はじめ
「平気っす」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.413 )
日時: 2020/12/27 16:25
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「来たっ………!!!」


ドーラ
「お・ま・た・せ★」

魔トリョーシカ
「ごめんねぇ………丹念に丹念に作ったから、どうしても時間かかっちゃって」

ドーラ
「ボク達が最後で助かったよ、他の人が食べられなくなったら困るからね」

たくっちスノー
「…………あの母さん?これ一体」

魔トリョーシカ
「ああこれ?色んな国の食材を入れたグローバルな炒飯さ」

黒影もどき
「グローバル!!?」


ドーラ
「せっかくだから調理工程をじっくり見せてあげるよ」

たくっちスノー
「いいですいいですそんなの!!」

………


ドーラ
「さて、米を炊くための水だ、ここから味をつけていきたいね」

魔トリョーシカ
「あっ、ならボクは味ついてる水に心当たりあるよ、はいこれスポーツドリンク」

ドーラ
「ああいいね、水みたいなものだし」ジョボボボ

ヨウコ
「全然良くない!!いきなりヤバそうなんだけど!?」



魔トリョーシカ
「で、炊いてる間に卵に味付けだ」

ドーラ
「溶き卵に紅しょうがと七味を入れて、ちょっと辛くなったから牛乳入れようか」

魔トリョーシカ
「くっさ♡」

ドーラ
「ちょっと温い牛乳だからね、そりゃ臭いよ」

黒影もどき
「ちょっと乳のこと引きずってて草」

ドーラ
『辛味を和らげるためだからね?(念押し)』

………

ドーラ
「さて具材はどうする?」

魔トリョーシカ
「あっ、これなんてどう?」


魔トリョーシカ
「ねぎま〜」

松山
「焼き鳥は食材じゃねぇッッッッ」

ドーラ
「じゃあ余計な味がつかないように念入りに洗って」ジャ

黒影もどき
「焼き鳥のタレがあああああ!!屋台のおっちゃんに謝れ!!」


ドーラ
「あっ、それとね!ワニの肉っていうものを取り寄せて………」

魔トリョーシカ
「へー、ワニって食べれるんだ」

ドーラ
「火加減か分からないからとりあえず強火で」ボッ


「ぐわあああーーー!!!」

たくっちスノー
「く、クロコダイーン!!」

魔トリョーシカ
「野菜も欲しいよね」

ドーラ
「だったらピーマン入れよう!中華っぽいし!」

カーレッジ
「今更マトモな食材入れても遅い」


ジュワー


ドーラ
「隠し味に……じゃーん!こんなものを用意したよ!!」

魔トリョーシカ
「すごいすごい!マーマイトじゃないか!!」

たくっちスノー
「ブリタニアン飯の調味料はやめろォォォ!!!」

黒影もどき
「終わったな」

カーレッジ
「ああ」


ドーラ
「出来た!!」


ーーーーーーー

ドーラ
「というわけで食べてよ、ほら特にたくっちスノー」

魔トリョーシカ
「え?何だっけ?ボクらがエキドナと比べてなんて言った?」

たくっちスノー
「ごめんなさい!!マジごめんなさい!!俺は貧乳も好きだから!!帽子世界全主人公の乳をすこれるから!」

ヨウコ
「私の前でそんな話はやめてよ!!」

黒影もどき
「俺はナタリーとラヴィの乳しかすこらん!!!」

ヨウコ
「よし後で殺す」

カーレッジ
「食いたくないから俺1回死んでいい?」

松山
「おー後は俺が全部食って死んどくから任せとけ」

たくっちスノー
「おそ松さんレベルで人が死ぬ小説とか聞いたことねーよ」



…………
たくっちスノー

黒影もどき

ヨウコ

カーレッジ

松山


【死亡したので採点不可】


END
感想OK


たくっちスノー
「結局オチなかったじゃねーか!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。