二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



『トライヒーロー計画』【12】 ( No.195 )
日時: 2018/09/29 10:22
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

前回のあらすじ

皆が色々頑張って遂に戦場海底を倒した

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海斗
「俺の能力って『振動力』じゃないんですか?」

T
「それは海上が何も知らずに名付けた名前さ」

海斗
「何も知らず...って、どういうことですか?」

T
「実は過去にも一人だけ、君と同じ能力を持つ戦場が存在しているのさ」

海斗
「え!?ダブったりすることもあるの!?」

たくっちスノー
「まぁ、数百年も続く一族だからなぁ...」

T
「たくっちスノー、帰る前に君にも聞いてほしいんだ」

たくっちスノー
「...まぁ、数時間程度なら待てるよ」

海斗
(結構待ってくれるんじゃん...)

T
「...その能力、本来は『共振力』というのさ」

海斗
「共振力...でも、なんで振動力でも発動したんだろう?」

T
「イメージでどうにかなる代物だからね」

海上
「超怪力やら何やらも、個人が勝手に名付けたに過ぎん」

たくっちスノー
「そんなイナズマイレブンの新必殺技みたいな...」

T
「その能力を持っていたのは...確か、戦場海皇だったかな?」

たくっちスノー
「か、海皇って...」

T
「恐らく、戦場一族の中では最強とも言える存在かな」

たくっちスノー
「えっ、海底よりも?」

T
「同じ時代に生まれていたら、恐らくね」

海斗
「どんな人だったんですか?」

T
「正しく君のような人だった」

海斗
「え?」

T
「あの人は...そうだな、強く、明るく、優しく、正しく...」

T
「君たちの言葉を借りるなら、正に『ヒーロー』だった」

T
「でも、まぁ...ありがたい存在なのに、いなくなってほしくもないのに、大事な人を置いて一人でいつの間にか死んでしまう、薄情な奴でもあるのさ」

たくっちスノー
「...老衰で死ななかったのか?」

T
「くだらないことさ、泳げないくせに...海に沈んだ犬を助けに飛び込んで、仲間が気がついたときには...浮かんでいたそうだ」

海斗
「.....」

T
「たくっちスノー、なんでヒーローっていうのは、死ぬ寸前まで正義の味方であろうとするんだろうね」

T
「彼らだって生き物なんだから、死んだら悲しいに決まってるのに」

海斗
「...Tさん、その犬って助かったんですか?」

T
「ああ、それは確かだ」

海斗
「そうか...無事に助けられたなら、あの人も本望だろうなぁ」

『トライヒーロー計画』【12】 ( No.196 )
日時: 2018/09/29 11:32
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

T
「彼の能力、共振力」

T
「君がやってきたように相手に振動を浴びせ、能力をコピーする」

T
「たくっちスノーの『キャラクターチェンジ』の上位互換さ」

たくっちスノー
「...あれも五分しか持たなかったし、かなちゃん様達には効かなかったしなぁ、本当に自分の能力より強い」

海斗
「え?雪さんも似たようなことが出来るんですか?」

海上
「そういえばお前は見ることが不可能だったか」

たくっちスノー
「うん、自分は『世界』をアニメという形で観る事によって設定を得て、自由自在に形を変えられたんだよ」

たくっちスノー
「まあ...昔の事だけど」

海斗
「...それって、例の時空犯罪者っていう」

たくっちスノー
「なんでそれを!?」

海斗
「天背院ミカヅチっていう天使が...」

たくっちスノー
「そうか、彼から...」

T
「話を戻していいかな」

たくっちスノー
「ああごめんね...続けて」

T
「だがその共振力にはもう1つ力がある」

T
「自身の心臓の鼓動を速め、肉眼では捕らえられない速さと凄まじい回復力を得るが、その分心臓にも負担がかかり寿命を縮める」

海斗
「俺にそんな能力があったなんて...でも、なんで今回の騒動までに発現しなかったんだろ?」

T
「君の体に爆発力と再生力を促進させるものが与えられたからだろう」

T
「爆発力とはマガイモノ成分により覚醒した鬼の力」

海斗
「では再生力は?」

T
「...うーむ、非常に言いにくいのだが」

T
「多分、レイチェルとやらが用意したフェニックスの尾だろう...」

海斗
「えっ」

レイチェル
「あー!なるほど!」

レイチェル
「私のところの蘇生アイテムが、結果的に彼の能力を発現させたわけですね」

海斗
「あ、だからあの時レイチェルさんが出てきたのか...」

たくっちスノー
「いや、そのりくつはおかしい」

T
「多分、世代の差で血筋が薄れているから我々が来るまでは出したくても出せなかっただろう、つまり...」

たくっちスノー
「自分とレイチェルさんが居たから?」

レイチェル
「フェニックスの尾にこんな使い方があったなんて驚きです!」

たくっちスノー
「多分、海斗君だけだと思うな...」

『トライヒーロー計画』【12】 ( No.197 )
日時: 2018/09/29 15:35
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「海斗君にそんな力があったなんて...でも、さすがに一時的なものでしょ?」

T
「そう思うだろう?」

たくっちスノー
「...そう思いたいんだよ」

T
「では海斗、超怪力を使ってみてくれないか」

海斗
「はい...超怪力!!」

海斗は難なく能力を発動した

たくっちスノー
「えっ...」

海斗
「嘘!?」

たくっちスノー
「...!!」

T
「見ての通りさたくっちスノー、彼は手に触れ能力を一度でも真似すれば、彼のものに出来る」

たくっちスノー
「...!!」

海上
「上手くやれば、奪うことも可能だが...大体はこちらもそのままだ」

T
「だが...まさかレイチェル氏の魔術や技術まで真似できるとは」

レイチェル
「気付かなかったんですか?」

T
「気が付かないというか...この世界には戦場の一族以外に能力者もいないしね...」

たくっちスノー
「......」

T
「恐れているのかい?」

たくっちスノー
「......」

海斗
「雪さん?」

たくっちスノー
「そりゃ、自分にだって苦手なものはある」

たくっちスノー
「数学は解けないし、イカは食べられないし...でも、何より...自分みたいな自由自在のコピーキャラが現れることを、何よりも恐れていた」

たくっちスノー
「よりによって...こんなところで...」

T
「...『第二のたくっちスノー』が現れるかもしれないから、恐れていたのだろう?」

たくっちスノー
「.....多用な能力を手にいれたときの恐ろしさは、自分が一番よく分かっているんだ」

T
「そう...なら、どう導けば正しい方向に向かえるかも分かるはず」

たくっちスノー
「え?」

T
「君は時空監理局なのだろう?何も犯罪者を止める事だけが使命ではない」

レイチェル
「悪い方に進むから強大な力が恐ろしく感じるんですよ、イメージ改善っていうのも悪くないんじゃないですか?」

たくっちスノー
「正しい方に...か」

レイチェル
「彼がそんな簡単で単純なことも出来ないと思ってるんですか?気付くのは大変ですが、やるのは案外楽なんですよ」

レイチェル
「それに...どんなに恐ろしい力でも、一人で背負い込む必要は無いと思うんです」

レイチェル
「...どこかのご主人様が、そんなことを仰ってましたかな?」

海斗
「...」

たくっちスノー
「...」

海斗
「俺は大丈夫ですからね!」

たくっちスノー
「...ああ、そうだったね、君は自分と違って一人じゃなかったもんね」

『トライヒーロー計画』【12】 ( No.198 )
日時: 2018/09/29 16:51
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海上
「...似たような能力を持っているのが、戦場海底だった」

T
「彼自身による能力は『吸収力』まぁ、その名の通りさ」

T
「奴の力は、どんなものでも奪い取る事が出来る」

たくっちスノー
「じゃあエデンを取り込み、オーマジオウの力を容易く使い、ネビュラガスに耐えられたのも... 」

海上
「吸収力によるものだ」

たくっちスノー
「...とんでもないのと相手してたんだな、海斗君 」

海斗
「でも、共振力とはどう違うんですか?」

T
「吸収力は知っての通り弱点まで真似しているだろう」

海上
「共振力はただ真似するだけじゃない、互いに本来の力を引き出させることも出来る」

T
「つまり、10%に抑えられた力を100%に出来るってこと」

海斗
「...あっ!そういえば海底と海に落ちたとき、ヒーローソウルから特殊な音声が流れたんですよ!」

海斗
「タイマン張らせてもらうぜーとか何とか」

たくっちスノー
「それって本来のフォーゼの変身者『如月弦太郎』の決め台詞じゃないか!」

たくっちスノー
「まさか、共振力が仮面ライダーフォーゼの力を100%引き出したのか...!?」

海斗
「な、なんかスゴい...!!」

レイチェル
「.....」ジー

たくっちスノー
「やめてレイチェルさん!これ以上強くなろうとしないで!!」

海斗
「あれ?そういえば奪ったから海底の能力も」

T
「吸収力なんて使わないでしょ?」

海斗
「まぁ使わないですね」

T
「ならいいじゃん」

たくっちスノー
「...」

T
「監理局としてはどうするつもりなんだい?」

たくっちスノー
「え?うーむ...海斗君の能力は時空から見ても危険扱いされるだろうな...」

海斗
「えっ」

たくっちスノー
「石動みたいな事があるし...」

海斗
「.....」

たくっちスノー
「気にするなって!自分が何とかしてみせるし、君だっていつも通りヒーローとして活動していれば、すぐにそう思われなくなる!」

海斗
「雪さん...」

たくっちスノー
「な、心配するなって!」

海斗
「...雪さんはさ」

たくっちスノー
「え?」

海斗
「雪さんはどうなの?」

たくっちスノー
「自分は...君とも境遇もやってきたことも違うし、比べるのは君に失礼だ」

海斗
「.....」

たくっちスノー
「局長という仕事をやっている以上、贔屓はしないけど...出来れば君には迷惑をかけたくない、それは分かってほしいんだ」

『トライヒーロー計画』【12】 ( No.199 )
日時: 2018/09/29 18:41
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

T
「うーん...まぁ、これでもう大丈夫だ」

海上
「ああ、そうだな」

海斗
「そういえば雪さん...あれ」

たくっちスノー
「あれ...そうだ!海上さんと海中さんを監理局にスカウトしたいって考えてたの忘れてた!」

T
「へー、せっかくだから海中も呼ぼうか?」

...

海中
「戦場海斗」

海斗
「あ、海中さん...体はもう大丈夫なんですか?」

海中
「能力を使えるぐらいにはさ」

たくっちスノー
「ならいいけど...」

海中
「感謝しときなさいよ、私の力があったから勇者レイチェルを呼び出せたんだから」

海斗
「ああ...そういえば、貴方の機械力にも助けられてたんだった」

海中
「で、その勇者レイチェルって奴はどこの誰なの?」

レイチェル
「あっ、私ですけど」

海中
「ふーん...そう、こいつがねぇ」

レイチェル
「...あのー、何か?」

海中
「こんな芋臭そうな奴が...ね」

レイチェル
「あら、そういえばここに来る直前にみゃんみゃん芋を収穫してましたから」

海中
「いや、芋臭いって多分そういう意味じゃない」

たくっちスノー
「スゴいあの人、素で海中さんをいなしてる」

海斗
「流石勇者だ、違うなぁ...」

海中
「...ああ、そうそう戦場海斗、あんた共振力なんだって?」

海中は右手を構える

海中
「ほら、手を出しなさいよ」

海斗
「え?」

海中
「機械力をやるって言ってんのよ!」

海斗
「えー!?」

たくっちスノー
「まぁいいんじゃないの?昔の人に機械力は宝の持ち腐れだし」

海中
「この時代に入ってようやく使い物になるって感じね」

海斗
「ええ...じゃあ、受け取っておきます」

海斗
「共振力!」

海斗は共振力を使い海中の機械力を...

海中
「ふん!」

海斗
「えっ」

たくっちスノー
「!?」

海中は体を海斗に押し付ける


レイチェル
「おー、いいですね、こんな体験二度と出来ないでしょうし私も」

続いてレイチェルも背後から抱きつく

たくっちスノー
「ぶーっ!?」

海中
「何よ!あんたまで... 」

海斗
「...なんかレイチェルさんの手ごつごつするんだけど」

レイチェル
「いつも野菜掘ってますから!」

たくっちスノー
「やめてよ二人とも!!海斗君の教育に悪いでしょ!!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。