二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.331 )
日時: 2020/02/29 19:21
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: ALswGOeN)

その翌日………

たくっちスノー
「…………うーん」

たくっちスノー
「なんか今日は資料の数が少ないような………」

たくっちスノー
「24時間が4時間で終わっちゃった…………どうしよ………」

たくっちスノー
「…………」ソワソワ


たくっちスノー
「もしもし王様?」

デーリッチ
【えっ、どうしたんでち急に!?】

たくっちスノー
「仕事終わっちゃった☆なんか暇だからハグレ王国行っていいかな?」

デーリッチ
【それはいいけど………速くない?】

たくっちスノー
「なんか資料の数が減っちゃって」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「昨日のテレビ見た?監理局の特集」

デーリッチ
「うちの世界まだテレビが導入されてないでち」

たくっちスノー
「あ、そっかごめん」

デーリッチ
「時空監理局がテレビに………あんなことがあったのによくまぁOKくれたよね」

たくっちスノー
「自分もそう思うよ、黒影にはまだまだ追いつけないけど」

プルルル

たくっちスノー
「あ、ごめん電話だ…………はい、もしもし?」

たくっちスノー
「………あ、どうもお疲れ様です、はい、あ!はい、その件はご存知です、既に発行しておきました!」

たくっちスノー
「………え?はい、あの、あの?」

たくっちスノー
「いや、そのよく分からないというか……はい、失礼します」

プツッ

デーリッチ
「もしかしてまた失敗?」

たくっちスノー
「いや、よく分かんないけどお得意先から謝られて………」

デーリッチ
「へぇ………?」

…………

sonic.exe
「たくっちスノーという存在を偏見で見る者は少なくなかった」

sonic.exe
「まぁ、腐っても時空犯罪者だからな」

sonic.exe
「だが、あいつはよくやった」

sonic.exe
「偏見も差別もイジメも気にせず、ただ黒影に近づく為に働いた結果…………」

sonic.exe
「扱いが少しマシになった」

sonic.exe
「幸いなのは、あの山のような資料の数々ややり直しが得意先のイジメだと気付いてないことだろう」

sonic.exe
「…………ティー、頑張れよ」

【END】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.332 )
日時: 2020/03/03 20:37
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: HpSZdgHn)

【マガイモノのグルメ】

ビナー
「たくっちスノーはどこに行った?」

ヨウコ
「たくっちスノーなら外出に行ったわよ」

ビナー
「またか」



…………

不老不死のマガイモノに食事は不要

しかし娯楽として機能しており、食べることは可能だし人間のように味覚もある

そして、不老不死だからこそ彼らは食事を趣味として堪能し、人以上にめいっぱい楽しむ


これはたくっちスノーという男が、昼メシの流儀みたいな感覚で外食を味わうハートフルストーリー


【たくっちスノー 昼メシ堪能劇】
「回転寿司編」

………

たくっちスノー
「お金も溜まったしご飯食べるかな!」

たくっちスノー
「アニメやゲーム、漫画がタダ同然の自分にとって、食事は機会の限られた娯楽!!」


たくっちスノー
「食ってくって食いまくるぞ………そう!!」


たくっちスノー
「この【寿司屋】で!!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「回転寿司屋は庶民的だとか言うやつもいるが、こうなんでも食えるのが魅力的なのよ」

たくっちスノー
「レーンに流れる選り取りみどりの寿司を見てるだけでもワクワクするぜ」

たくっちスノー
「そして、この注文ライン!さながらAmazonやDLsite、ニンテンドーeショップでゲームを探す時のワクワク感に似ているな」

たくっちスノー
「そしてこういう店にはもう大抵…………」

【醤油ラーメン】

たくっちスノー
「あった!」

たくっちスノー
「寿司屋でわざわざラーメンなんか食うか?と思うかもしれないが………ラーメン屋とはまだ違う魅力が寿司屋のラーメンにはある」

たくっちスノー
「それに美味いしな」ピッ

たくっちスノー
「そして更に‥‥‥サイドメニュー」

たくっちスノー
「寿司屋のサイドメニューといえば〜?茶碗蒸し〜?ないな」

たくっちスノー
「最近の寿司屋はサイドメニューでウケを取ることが多い、奇を衒うってのが大好きな俺は隅から隅へ‥‥‥‥」

たくっちスノー
「どっかの店じゃシャリカレーなんてものも出てるしな」

たくっちスノー
「よし、【オニオンリング】と【たこ焼き】を頼むか!」


たくっちスノー
「‥‥‥‥‥さて、そろそろ寿司食うか」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.333 )
日時: 2020/03/03 21:03
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: 5BtVAHNE)

たくっちスノー
「最初に取るものはもちろん‥‥‥」

たくっちスノー
「サーモン!」

たくっちスノー
「炙ったチーズの匂いもいいし、味も」


たくっちスノー
(うまい〜〜〜〜〜【ヒロ飯感覚】)

たくっちスノー
「おっと、美味すぎて俺の右手がネギトロ軍艦の皿取ってやがったぜ」

たくっちスノー
「軍艦はなんといっても醤油が染み付きやすいのがいい‥‥‥うん、醤油に1番会うのはマグロだな!」


たくっちスノー
「お!牛カルビ握り!肉握りもいいよね〜!パクチー」

たくっちスノー
「うまい〜〜〜〜〜」


【まもなく届きます】


たくっちスノー
「お、来たきたラーメンとリング!たこ焼き!」


たくっちスノー
「まずはラーメンを少々‥‥‥‥」ズズズ


たくっちスノー
「麺が太ぉい!こりゃ寿司屋でわんこそば出来ますわ〜:)」

たくっちスノー
「寿司屋でチャーシューが食えるのもラーメンだけ!ふざけんなよこんな美味いのに!今からチャーシュー軍艦作ってこい!」

たくっちスノー
「ガツガツむしゃむしゃっ…………おっといかんいかん」

たくっちスノー
「スープはまだまだ居るよな」

たくっちスノー
「たこ焼きとオニオンリングを全部入れて………俺大好物!ラーメンスープ漬け料理!」

「オエッ」

たくっちスノー
「!?」

たくっちスノー
「…………気のせいか」

たくっちスノー
「スープで柔らかくなった天ぷら!サクサクも好きだがこういうふやけた奴が1番お腹にくるんだよ!」

たくっちスノー
「たこ焼きのソースとリングの油が混ざったスープを一気飲み!」

「オエッ」

たくっちスノー
「誰だよ盛り上がってる時にオエッとか言うやつ!ぶち殺すぞ」

ビナー
「お前が私に手をかける前にお前を亡き者にしてやりたいくらいだ」

たくっちスノー
「…………ビナーⅡ!?なんでこんな所に!?」

ビナー
「大声上げながら飯を喰らうお前の姿を拝見しに来たが」

ビナー
「今度そんな冒涜的な異物の塊を誰かに見せてみろ」

たくっちスノー
「ど、どうなるの?」

ビナー
「殺す」

たくっちスノー
「直球!?マジギレしてんじゃんお前!」


Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.334 )
日時: 2020/03/03 21:50
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: 0LccbC9r)

ビナー
「お前」

たくっちスノー
「ごめん悪かったって、寿司はちゃんと食うからさ」

ビナー
「………」

たくっちスノー
「ビナーってさ、こういう和食とか食わんだろ?てか紅茶ばっかり飲んでさー」

たくっちスノー
「元・管理人代理として俺がいくらでも奢ってやるから、さ?」

たくっちスノー
「食え食え食え食え!!」


………

たくっちスノー
「たっだいま〜」

ヨウコ
「また外食行ってきたでしょ」

たくっちスノー
「へへ、その通り」

ヨウコ
「もう………ビナーさん、なんとか言ったらどうなの?」

ビナー
「そうだな、この男は手段を選ばん」

ビナー
「財布を奪うべきだな」スっ

たくっちスノー
「えっ…………ああ!?俺の財布!?」

ヨウコ
「そうね、娯楽は程々に」

龍我
「逃走中の賞金をあんな事に使っているとはなー」

戦兎
「飯って本当にいらないのか?」

龍我
「いらんいらん、でも食いたいから食うぞ俺は」

ソウゴ
「ご飯食べてる時って生きてる感じするもんね」

龍我
「だろ!?」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノーに食事は不要(しかし娯楽として求めている)

たくっちスノーに睡眠は不要(しかし不眠症にはなる)

しかしなれどもたくっちスノーは人のような生活を求める


つまるところ………たくっちスノーは非常にめんどくさい男なのである

たくっちスノー
「おい誰だこんなナレーション用意したやつ!ぶちのめすぞ!!」


たくっちスノー
「俺はめんどくさくなんかなーい!!」

ビナー
「そうだ、こいつは災害、天変地異、魑魅魍魎、悪夢だ」

たくっちスノー
「うおーい!?」



「ビナーさんとたくっちスノーって仲良しだよね」

戦兎
「あれを仲良しって判断出来るお前すげーよ………」

たくっちスノー
「返せよ俺の財布〜〜〜!!」

ビナー
「どうせ空洞だろう」

ヨウコ
「回転寿司でどんだけ食べてきたのよ………」

たくっちスノー
「だってビナーが」

ビナー
「」スッ…

たくっちスノー
「あ、あぶね〜〜!!今首の骨折ろうとしてきたよこの人!!」

たくっちスノー
「首無かったら死んでたよ俺!?」

【END】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.335 )
日時: 2020/03/20 14:49
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: e/ZG7OkK)

たくっちスノー
「俺もしかしたら明かしてなかったよな、時空犯罪者だった時のこと」


たくっちスノー
「今回は特別に明かしちゃいましょう、この番組で!」

司会
「始まりました!知らないことはナイナイSEVEN!今回最初のゲストはあの元・時空三大犯罪者、たくっちスノーさんにお越しいただきました」

たくっちスノー
「ご招待どうもー!」

司会
「さてたくっちスノーさん、貴方は前々から【時空最悪の犯罪者】として名乗りあげてきましたが」

司会
「具体的にはどのような犯罪をしてきたのでしょうか?」

たくっちスノー
「あー、そういやあんま話してなかったなって俺も思ってる」

たくっちスノー
「いやそんな堂々と話していいことじゃねーってのは分かってるけどさ」

たくっちスノー
「たしか前話したのはアンテ世界のこと、メイドラゴン世界のことだな」

たくっちスノー
「それ以外だと………あ、あれだなあれワンピースの世界」

たくっちスノー
「天竜人っているじゃん?めちゃくちゃ偉そうなやつ、まぁ偉いんだけど」

司会
「ええ、道をどかぬものには報復が待っているとか、全人類を見下してるとか」

たくっちスノー
「ちょうど通りかかった時に」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
『邪魔だよ、どけよオッサン』

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「って言った、知らんやつはその程度と思うかもしれんが、これが原因でバスターコールが引き起こり…………」



たくっちスノー
「中将5人、モブ海軍64000人程をまとめて病院送りにしてやらないかんことになった」

司会
「これはまたとんでもない戦いですね、ちなみに何万ベリーの賞金が掛けられたのです?」

たくっちスノー
「500万ベリーぐらいはするんじゃないかな、天竜人と海軍に喧嘩売ったわけだしな、多いと思うかもしれんがルフィなんて15億だぜ?たいしたことねーよ」

たくっちスノー
「あと団子屋にまずいって言ったり、銀行強盗したり、しょーもない話もあるけど…………」

たくっちスノー
「四季映姫様にあんま語るなって釘刺されてる事件もあるんでどでかいのは勘弁ね」

司会
「はい、ありがとうございました!それでは次のゲストの方どうぞ!」



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。