二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.84 )
日時: 2018/06/28 17:53
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海斗
「うーん、アンパンマンか...なら簡単だ」

海斗
「優しさを知らない怪物にじわじわと潰される」

【スライム】


「溶ける!」

ピッフィー
「申し訳ないがスライムが知能ない見たいな偏見はNG」

龍我
「でもスライムなら勝てそうだよな、溶けるし」

たくっちスノー
「昔のスライムは中々強敵だったからねー」

海斗 残り1枚

たくっちスノー
「スライム程度なら楽勝だよ、これであがらせてもらうね」

【ライアン(ドラクエ)】

ピッフィー
「ライアンは強いわな、戦士やし」

龍我
「そういえばお前、ジャイアンにたいして革命家返しするとか言ってたが、何使う気だったんだ」

たくっちスノー
「ほら、ライアンとジャイアンってなんか響きが似てない?」

ピッフィー
「ダメに決まっとるやろそんなの...」

たくっちスノー 0枚 二着

ピッフィー
「あかん、ここで何か引いとかんと負けるわワイ」

ピッフィー
「分からへんわこんなの、パスや!」


「これならどう!?」

【呪いの装備】

たくっちスノー
「ぼうけんのしょやめろや」

龍我
「ドラクエⅨでこれ聞いたときは心臓止まるかと思った」

渚 残り0枚 三着

海斗
「これで俺が引ければピッフィーさんの敗北が確定...なんか、すいません」スッ

【天使】

ピッフィー
「ファーーー無理やこれ」

たくっちスノー
「とまぁ、こんな感じのゲームです!皆もやってみてね!」

END

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.85 )
日時: 2018/06/29 09:02
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【イクサー姉妹のホビーバトルTRPG】

アトロス
「うおおおおおお!!」グググ

イクサー3
「うあああああ!!」グググ

イクサー2
「お姉様、あれは?」

イクサー1
「喧嘩が絶えなくて...」

イクサー2
「喧嘩というより殺し合いでは?」

アトロス
「今日という今日はお前を...!!」

イクサー3
「なんでスパロボL設定なのにいがみ合う必要があるのよーっ!!」

アトロス
「知るか!」

イクサー2
「このまま放置してるとどちらかが死ぬかもしれないぞ」

イクサー1
「姉としてほっておくわけにはいきませんね...ちょっと相談してきます」

イクサー2
「渚に?」

イクサー1
「いえ、たくっちスノーに」

イクサー2
「待ちなさい」

数分後...

イクサー1
「というわけで【ホビーバトルTRPG】を始めます」

アトロス
「どういうわけで!?」

イクサー3
「また1ページTRPGかぁ」

イクサー1
「その中でも比較的穏やかな物を頼みたいと聞いたらこれを用意してくれました」

アトロス
「だからって...オモチャで決着なんて子供っぽくて嫌だ!」

イクサー2
(子供じゃないか)

イクサー1
(年頃は子供扱いされるのが嫌だと渚から聞きました)

イクサー2
(なるほど)

イクサー3
「もうこの際なんでもいいじゃん!これで決着つけるよ!」

アトロス
「ちっ...やってやるよ!あたしはお前に勝つ!」

イクサー1
「GMは私がやります...では最初に二人が競い合うホビーの種類名をd66で決めます」コロコロ

イクサー1
「カブトヨーヨーに決まりました、次に新鋭ファイター...PCを決めましょう」

イクサー3
「あたしの名前はイクサー3!極限までカスタムしたあたしオリジナルのカブトヨーヨーで日本一を目指すよ!」

アトロス
「あたしの名はアトロス!最新式のカブトヨーヨーで生意気な奴をぶっ潰す!」

イクサー2
(なんだかんだでノリノリじゃないか)

イクサー3
「あっ、ホビーの名前どうしよう」

イクサー1
「お好きにどうぞ」

イクサー3
「じゃああたしは『鋼騎アクティオン』で」

アトロス
「ならあたしは『ヴァンパイアギラファ三世』で」

イクサー2
「黒歴史ゲーから持ってくるな」

イクサー1
「ではセッションを開始します...このTRPGのオープニングは特に決まりはありませんので貴方達に任せます、どうしますか?」

イクサー3
「じゃあ、それぞれ許せないことがあって、決着をつけるためにホビーを使うっていうのは?」

アトロス
「ホビーアニメでよくある展開だな」

イクサー1
「ではそれで...ロールプレイを始めてください」

...

イクサー3
「アトロス...絶対に許さないんだから!」

アトロス
「許さないのはこっちの方だ!お前...」



アトロス
「あたしが大事にとっておいたプリン食べただろ!」

イクサー2
「争う理由くだらないな!!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.86 )
日時: 2018/06/29 17:56
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

イクサー3
「ちょ、ちょっと!ロールプレイに私情を持ち込まないでよ!」

イクサー2
「本当に食べたのか!?」

アトロス
「裏面に名前書いてあっただろ、なんで食べるんだ!!」

イクサー3
「裏面なんて見るわけないじゃん!」

アトロス
「だからあたしはお前が大事にしてたぶどうゼリーを食ってやった!」

イクサー3
「フタに名前書いたのにー!!」

イクサー1
「ぶどう味のお菓子ってぶどうより美味しいですよね」※あくまで個人の意見です

イクサー3
「こうなったらカブトヨーヨーで決着を」

アトロス
「いいだろう!」

イクサー1
「と、自然な流れでホビーバトルが始まりました」

イクサー2
「どこが?」

イクサー1
「ではTRPG的なホビーバトルのルールを説明します、RP的にはご自由に」

アトロス
「どうすれば勝ちになるんです?」

イクサー1
「一言で言えば2d6を降り足して25以上になった人が勝ちと書いてあります」

イクサー1
「正確にはテンションというパラメータですね」

イクサー3
「え、つまり運ゲー?」

イクサー1
「いいえ、新鋭ファイターの二人にはそれぞれ一つずつ、一回のみ使える必殺技があります」

アトロス
「それで逆転しろってことか...面白い!」

イクサー1
「第一戦」

イクサー3
「テンション!」

アトロス
「ダイス!」

テンション
イクサー3→6
アトロス→7

アトロス
「よし、あたしが一歩上だ!」

イクサー3
「で、でもまだ互角だもんね!」

イクサー1
「ではここでエンタメ性を出すため、台詞表を降りますね」コロコロ

『お前が(ホビー名)で父さんを殺したんだろう!?なぁ、答えろよ!』

イクサー3
「ねぇお姉様、この台詞改変していい?」

イクサー1
「どうぞ」

イクサー3
「アトロス...そのギラファ型のヨーヨー...どこで手に入れたの?」

アトロス
「はっ、こいつはまだ売られてない特別な品だ、答えるものか!」

イクサー3
「...あんたなんでしょ、あんたがそれで...そのヨーヨーでイクサー2お姉様を殺したんでしょ!?」

イクサー2 アトロス
「「ちょっと待て!!」」

イクサー2
「勝手にロールプレイで私を殺すな!!」

アトロス
「一度死んでるからって!」

イクサー3
「でもヨーヨーで死ぬお姉様想像したら結構面白くって...」

イクサー1
「いけませんよ...姉を笑うなんて...」プルプル

イクサー2
「ねぇお姉様?どうして口元抑えてるの?また殺し合いをしたいわけで?」

アトロス
「いいから続きだ続き!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.87 )
日時: 2018/06/29 18:19
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

イクサー1
「第2戦」

アトロス
「テンション!」

イクサー3
「ダイス!」

テンション
イクサー3:6(合計12)
アトロス:7(合計14)

アトロス
「また同じ数値か...だが上なのは変わらない!」

イクサー3
「ぐぬぬぬ...次こそは...」

イクサー1
「台詞表」コロコロ

「(ホビー名)...お前、俺の意思が分かるのか!?」

アトロス
「あ、それあたしがやる」

イクサー3
「えー!?そういうのって主役のネタじゃん!」

アトロス
「お前にばかり台詞をとられてたまるか!」

...

アトロス
「よし、この勢いなら勝てる...!」

アトロス
「あたしはこいつを絶対に許さん!あのゼリー高かったんだぞ!!うおおおおお!!」

イクサー1(ナレーション)
「その時、不思議なことが起こった!アトロスのカブトヨーヨーの回転が増していったのである!」

アトロス
「お前...そうだな、あたしはここで勝つ!!」

アトロス
「GM!ここであたしは必殺技【逆転】をつかうぞ」

イクサー1
「優勢なのにですか?」

アトロス
「話の勢い的に使いたいんです!」

イクサー1
「構いませんけど...逆転は2d6を振り11以上が出れば勝利です」

イクサー2
「いいのか、そんなものこんなことに使って」

アトロス
「うおりゃああああああ!!」

アトロス
(逆転)→9【失敗】

イクサー3
「だっさwwwwww」

アトロス
「うわあああああああ!!」

イクサー2
(なんなんだこの戦い...イクサーがこんなくだらないことに大真面目になるなんて...)

イクサー3
「第3戦」

テンション

イクサー3:7(合計19)
アトロス:2(合計16)

アトロス
「まずい、ダイスの女神が不機嫌になった!」

イクサー1
「台詞表」コロコロ

『サイコーの気分だぜ!俺は弱い者いじめが大好きなんだ!』

イクサー3
「いいよアトロス、これ使って」

アトロス
「イメージに合わないからってあたしに押し付けるなっ!!」

イクサー1
「....」ジー

アトロス
「くそっ、やってやる!」


アトロス
「最高に「ハイ!」ってやつだアアアアアアハハハハハハハハハハーッ」

イクサー3
(逆転されてるんだよなぁ...それも最低値の2引いて)

イクサー2
(少しだけアトロスに同情する)

イクサー1
「では第四戦です」

アトロス
「お姉様からノーコメントなのが泣けてくる...」

イクサー3
「なんかゴメン」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.88 )
日時: 2018/07/04 09:12
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

アトロス
「テンション!」

イクサー3
「ダイス!」

イクサー3:7(合計26)
アトロス:10(合計26)

イクサー2
「同時だと!?」

イクサー1
「えーとこういう時は...1d6を互いに振って数字の多いほうの勝ちです」

イクサー3
「いくぞー!!」

イクサー3:2
アトロス:5

アトロス
「よっしゃああああああ!!」

イクサー3
「負けたああああああああ!?」

イクサー1
「では決着のセッションをしましょう」

...

イクサー1
「途中でイクサー3のカブトヨーヨーの糸が切れます」

イクサー3
「バチィッ!ミチミチィ!(効果音)」

イクサー2
「本当にヨーヨーなのかそれは」

アトロス
「ははは!あたしの勝ちだな!そんなわけだからあたしのプリン弁償しろよ!」

イクサー3
「もう!そっちだって人のゼリー食べておいて!」

...

イクサー1
「まぁまぁ、落ち着いてください...私のプリンあげますので」

イクサー3
「ありがとうお姉様」

イクサー1
「イクサー2、持ってきてくれませんか?」

イクサー2
「なんで私が...(ごそこぞ)ほら、これでしょう?」


イクサー3
「...あれ?これって、アトロスのプリンだ」

アトロス
「え?」

イクサー1
「えっ?」

イクサー3
「ほら、これ」

アトロス
「じゃあ...アルファベットでイクサーって書いてあったのは...」

イクサー1
「.....」ゴゴゴゴゴゴゴ

イクサー2
「ひっ」

イクサー2
(まずい、原作モードになった...一撃で仕留められる!)

※原作モードとは、本家シンクロフルパワー状態の事
この状態となったイクサー1は(尺の都合で)イクサー2やビッグゴールドさえも一撃必殺となった


イクサー1
「何個?」

アトロス
「えっ?」

イクサー1
「何個食べました?」

アトロス
「えっと...全部、です」

イクサー1
「許しません」

アトロス
「ひっ!」

イクサー2
「お姉様!たかがお菓子で妹に牙を向くとはそれでもイクサーですか!?」

イクサー1
「戦いの熱気とエアコンのない部屋で渚が送ってくれた一ヶ月ぶりの菓子類なんですの!」

イクサー2
「そんなカイジみたいな!」

イクサー3
「あっついなーもう、なんでこの部屋ってエアコンないの?」

アトロス
「よく暑いなんていってられるな、あたしは今身体中に寒気が走ってるんだよ...」

イクサー1
「シンクロ!!」ボッ

アトロス
「助けて、イクサー3!!」

イクサー3
「そりゃアトロスが悪いよ...」

イクサー2
「お前には言われたくないだろうな」プチンッ

イクサー3
「あっ、ちょっとあたしのプリン勝手に食べないでよ」

イクサー2
「三個もあるからいいじゃないか別に」

イクサー3
「もう一個しか無いんだけど!」


つづく


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。