二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



「ざくアクで人狼(ジャッジメント編)」 ( No.205 )
日時: 2018/10/05 18:17
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ローズマリー
「人狼ジャッジメント?」

たくっちスノー
「リアルワールドで大人気の人狼オンラインゲームさ!」

デーリッチ
「それがどうかしたんでち?」

たくっちスノー
「いやー、ざくアクでもカキコでも人狼は定番だろ?」

たくっちスノー
「ジャッジメントに登場する特殊な役職を加えて10人で人狼ゲーム」

デーリッチ
「面白そうでち!」

ローズマリー
「暇そうな人を10人か...」

...

メンバー

【GM】
たくっちスノー
【メンバー】
デーリッチ
ローズマリー
エステル
シノブ
メニャーニャ
ヅッチー
プリシラ
かなづち大明神
マオ
レプトス


デーリッチ
「集めてきたでちよー!」

メニャーニャ
「人狼ですか、我々もたまにやっていますよね」

シノブ
「エステルの役職って大体バレバレだけど」

ヅッチー
「なんか特殊な役職もあるんだって?」

たくっちスノー
「ああ、今回はジャッジメントのオススメ割合『チェシャ猫は笑う』を採用している」

たくっちスノー
「このセットは市民、人狼×2、占い師、霊能者、狩人、狂人のいつもの面々に新役職ブタ男、猫又、黒猫を追加したものだよ」

レプトス
「あ、あのーレプは人狼初めてなんですけど」

ローズマリー
「大雑把に説明しますと、我々は役職カードが配られ市民側と人狼側に別れます」

ローズマリー
「誰がどの陣営、役職かは分かりません」

ローズマリー
「市民は投票で一人を処刑し、人狼は夜中に一人ずつ襲います」

ローズマリー
「市民は人狼を全員処刑したら、人狼はこの場合市民を二人以下にすることで勝ちとなります」

レプトス
「ひっ、物騒!」

マオ
「まぁ確かに物騒じゃが、馴れればわりとハマるものだぞ?」

エステル
「...でも、なんかなりたくない役職があるんだけど」

たくっちスノー
「...特殊陣営の『ブタ男』の事だな」


たくっちスノー
「ブタ男は、ルール上は市民として扱うがな...人狼に襲撃されていると一緒に勝利扱いになるという変わった役職なんだよ」

プリシラ
「...それはちょっとなぁ、見た目的にもなぁ」

ヅッチー
「ヅッチーは猫が良いぜ...」

たくっちスノー
「黒猫は人狼側だ、互いに存在を知り得ないが、処刑されると市民側を一人道連れにできる」

たくっちスノー
「猫又は処刑されると市民側を、襲撃されると人狼を道連れにするトリッキーな奴だ」

たくっちスノー
「ま、何はともあれ始めていこう!」

「ざくアクで人狼(ジャッジメント編)」 ( No.206 )
日時: 2018/10/05 18:13
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

『今作では読者に対してはレプトスのみ開示します』
『読者も誰がどの役職なのか予想してみよう』

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

『レプトス』「霊能者」

たくっちスノー
「一日目で村長死亡ー」

エステル
「いつもの奴ねー」

レプトス
「え、村長って誰が?」

かなちゃん
「村長はNPCですのでご心配なく」

デーリッチ
「最初の相談タイムでちねー!」

たくっちスノー
「初日ランダム占い、シノブは人狼ではない」

シノブ
「あら、どうも」

たくっちスノー
「昼の長さは五分だ...話し合い始め!」

レプトス
(はわわ...始まってしまいました...)

ローズマリー
「さて...この中に二人、人狼が居る」

ローズマリー
「更に今回は処刑すると道連れをする黒猫まで居る...今まで以上に警戒しないと」

エステル
「マリー、あたしCOするわ」

レプトス
「CO?」

ヅッチー
「COっていうのは自身の役職を公開することだ、特に占い師と霊能者はCO率が高い」

かなちゃん
「だから信じこんじゃいけませんよ」

エステル
「あたしは占い師よ、占い師は指定した相手がどの陣営か予測できるの」

エステル
「早速デーリッチでも占うわ...GM」

たくっちスノー
「うん、占いの結果デーリッチはシロだと分かったよ」

デーリッチ
「当たり前でち!」

プリシラ
「では私も開示します、私も占い師です」

エステル
「えっ!?」

レプトス
「えっ!?」

たくっちスノー
「占い師は一人だけだから、どっちかがウソをついてることになる」

レプトス
「そ、そんな...!?」

マオ
「ほほう、これはこれは...」

かなちゃん
「ではプリシラ、誰を占います?」

プリシラ
「では私はヅッチーでも」

たくっちスノー
「占いの結果ヅッチーはシロだ」

ローズマリー
「へぇ...なら私もCO、占い師だ」

レプトス
「!!?」

エステル
「ええええええええ!?マリーまで!?」

ローズマリー
「...たくっちスノー、私はヅッチーを占ってみようと思う」

たくっちスノー
「あいよ...占いの結果、ヅッチーはクロだ」

ヅッチー
「何い!?」

プリシラ
「う、嘘でしょ!?ヅッチーが人狼なわけ...」

マオ
「ふーむ、恐らくどちらかは狂人じゃな」

メニャーニャ
(マリーさん、いくらなんでもそれは露骨すぎますよ)

ローズマリー
(さあ、皆はどっちを信じるか...だ)

レプトス
「え、ええと...」

シノブ
「あらあら、開幕大波乱ね」

マオ
「うむ、これだから人狼は楽しいんじゃがな」

ローズマリー
「デーリッチ、君はどっちが正しいと思う?」

デーリッチ
「ど、どっちって...そりゃあ...ヅッチーがクロとは認めたくないけど...でも、占い師が誰かもわからないから...」

エステル
「私よ私!!」

たくっちスノー
「はい時間切れ~、投票タイムだ」

「ざくアクで人狼(ジャッジメント編)」 ( No.207 )
日時: 2018/10/05 18:14
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

レプトス
(ああ~、どうしようどうしよう)

レプトス
(驚きの連続で結局何の発言も出来ませんでした...)

夕方

レプトス
(人狼にとって正体がバレるのはまずいから...人狼は占い師を潰そうとする)

レプトス
(つまり、どっちかが...?)

たくっちスノー
「投票ターイム!」

デーリッチ『ローズマリー』
ローズマリー『ヅッチー』
エステル『プリシラ』
シノブ『かなづち大明神』
メニャーニャ『プリシラ』
ヅッチー『ローズマリー』
プリシラ『ローズマリー』
かなづち大明神『デーリッチ』
マオ『ローズマリー』
レプトス『プリシラ』

デーリッチ、ヅッチー、かなづち大明神 1票
プリシラ 3票
ローズマリー 4票

ローズマリー 処刑

たくっちスノー
「というわけでローズマリー処刑!」

デーリッチ
「ごめんでちローズマリー...やっぱりヅッチーが人狼なんて信じられなくて...」

ローズマリー
「デーリッチは優しい子だ、騙して悪かったよ」

デーリッチ
「え?」

ローズマリー
「言ったじゃないか、慎重に選ぼうって」

ローズマリー
「処刑されたから私の役職を公開、私は『猫又』だ」

レプトス
「ね、猫又!!」

エステル
「マリー!あんた道連れ狙いだったの!?」

メニャーニャ
「考えればすぐ分かる結果でしたけどね」

かなちゃん
「マリーさんならこっそりと忍び寄るって分かってましたよ」

たくっちスノー
「猫又の力で一人を道連れに...今回はマオ、君だ」

マオ
「これは一本取られたようじゃな」

残り八人

たくっちスノー
「夜になった、狩人は守る対象を、人狼は狩る対象をこっそりと教えてね」

...

たくっちスノー
「三日目!」

たくっちスノー
「なんとなんと、デーリッチとエステルが無惨な姿で発見されました!」

エステル
「ええええーー!?うっそぉー!?」

デーリッチ
「誰でちか!?デーリッチを食べたのは!」

残り6人

レプトス
(ひいい、もう4人やられてる...!!)

たくっちスノー
「さて、霊能者は死者が人狼か否かを確認できるが...誰かな?」

レプトス
(来た!)

レプトス
「CO!霊能者です!」

レプトス
「デーリッチさんを!」

たくっちスノー
「霊媒の結果、デーリッチはシロだ...」

デーリッチ
「ようやく分かってもらえたでち!」

たくっちスノー
「おっと死者はお口をチャックだ」

デーリッチ
「酷いでち!!」

...

メニャーニャ
「やれやれ、占い師モドキが二人も消えましたか」

プリシラ
「これで安心して占いできるものですよ、今日はシノブさんを占います」

たくっちスノー
「占いの結果シノブはシロだ」

メニャーニャ
「さて、人狼は誰か...の話なんですけど」

ヅッチー
「ヅッチーはレプトスじゃないかと考えている」

レプトス
「!!!!!?」

「ざくアクで人狼(ジャッジメント編)」 ( No.208 )
日時: 2018/10/05 18:14
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

かなちゃん
「おやおや、気を付けてくださいよ?まだ黒猫が残っていますからね」

かなちゃん
「もし黒猫だった場合、襲撃を含めて人狼の勝利が確定しますから」

シノブ
「そうなのよねぇ...まぁ、まだ狩人も残っているから誰かを守ることは出来るけど...」

レプトス
(そうだった...役職が何なのか分かればいいけど...)

たくっちスノー
「はい終了、投票開始だ」

レプトス
(ええ...これ誰に投票すればいいの...!?)

シノブ『プリシラ』
メニャーニャ『レプトス』
ヅッチー『かなづち大明神』
プリシラ『かなづち大明神』
かなづち大明神『ヅッチー』
レプトス『メニャーニャ』

メニャーニャ、ヅッチー、プリシラ、レプトス1票
かなづち大明神 2票

たくっちスノー
「個人的に残念ながらかなちゃん様が処刑です」

かなちゃん
「あれま、私でしたか」

ヅッチー
「かなちゃんが黒猫...って線も考えたけどさ、それは無いなって思った」

プリシラ
「ヅッチーがそう考えるなら~って」

シノブ
「占い師名乗りはとりあえず殺しておこうと思って」

メニャーニャ
「どっちが人狼ですか...」

たくっちスノー
「三日目の夜はカット」

たくっちスノー
「四日目、プリシラが無惨な姿で発見されました」

プリシラ
「あら、私を消すなんて後悔しますよ?」

レプトス
「...あれ?一人だけ?ということは...大明神さんを霊媒!」

たくっちスノー
「霊媒の結果、かなちゃん様はクロだったよ」

ヅッチー
「よかった、ただの人狼かぁ...」

残り4人

メニャーニャ
「今回においては道連れを誘う猫の方が厄介ですからね」

レプトス
「はわわ...」

シノブ
「半分が人間、半分が敵、黒猫が処刑されても誰かを道連れにし、偽物にせよどうにかなる」

ヅッチー
「4分の1を引かない限り勝てないってわけだ」

レプトス
(レプはそういうの苦手なのにぃ...!!)

シノブ
「霊能者と狩人、どっちが大事ですかねぇ?」

レプトス
「......」プルプル

たくっちスノー
「はい終了!投票開始だ!」

シノブ『メニャーニャ』
メニャーニャ『レプトス』
ヅッチー『メニャーニャ』
レプトス『ヅッチー』

ヅッチー、レプトス 1票
メニャーニャ 二票

たくっちスノー
「というわけで、メニャーニャさんが処刑...と、ここでゲーム終了!」

たくっちスノー
「おめでとう!市民は人狼を絶滅させることに成功しました」

...

振り返り会

たくっちスノー
「みんなお疲れ!」

マオ
「ようやく喋れるわい」

デーリッチ
「今回は市民側の勝利でちね!」

ローズマリー
「このゲーム、猫又が鍵になってたね」

ローズマリー
「人狼が二人しかいないから下手すれば早く終わるかもしれなかった」

ローズマリー
「だから私はあえてああいう行動を取ったんだ」

ヅッチー
「ヅッチーがクロって言われた時はそんな形でネタバレするなんて思ってもいなかったよ」

プリシラ
「え?ネタバレ?」

たくっちスノー
「はい、ではここで全員の役職を公開しよう」

デーリッチ『市民』
ローズマリー『猫又』
エステル『ブタ人間』
シノブ『狩人』
メニャーニャ『人狼』
ヅッチー『黒猫』
プリシラ『占い師』
かなちゃん『人狼』
マオ『狂人』
レプトス 『霊能者』

デーリッチ
「ヅッチーが黒猫だったんでちか!?」

ローズマリー
「確かにクロといえばクロだが...」

メニャーニャ
「あの人本物の占い師だったんですか...ちっ」

かなちゃん
「黒猫は市民扱いになりますからね」

マオ
「...それにしたって衝撃的なのは...」

エステル
「.....」

シノブ
「エステル...あの、占い師を名乗ったのって...」

エステル
「ブタって事実を認めたくなかったのよぉ!!」

マオ
「勝つことは出来た!結果的には良かったではないか!」

エステル
「豚陣営なんていやぁ!人狼の方がまだマシ!」

デーリッチ
「人狼初めてのレプトスちゃん、感想は?」

レプトス
「怖かった...」グスッ

たくっちスノー
「人狼ゲームで怖がる奴初めてみたよ」

レプトス
「今度はもう少し優しいゲームを用意してください!」

たくっちスノー
「もう少し優しい...となると、ワードウルフかな」

レプトス
「ワードウルフ?」

つづく

「ざくアクで人狼おまけ(ワードウルフ編)」 ( No.209 )
日時: 2018/10/07 16:44
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「では続けてワードウルフを始めよう」

たくっちスノー
「ワードウルフは簡単、GMの自分がお代を出すから、皆はそのお題について話す」

たくっちスノー
「しかし、実は一人だけお題が別の人物が居て、間違ったお題を持つのは誰なのか考える遊びさ」

たくっちスノー
「この作品の肝は、渡された時点では自分がワードウルフなのかすら分からないということ」

たくっちスノー
「談義は三分間だけ!」

レプトス
「そ、それだったら...」

デーリッチ
「デーリッチもそれやりたいでち!」

プリシラ
「私もやります」

マオ
「ではわしも」

エステル
「私も!」

たくっちスノー
「では今回は5人でワードウルフをやっていこう!」

(今回もレプトスのみ開示します)
(皆も誰が少数派か当ててみてね!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「レプトスのお題:カレー」

レプトス
「これ好きな人は多いですよね!」

エステル
「分かる」

デーリッチ
「うん!デーリッチも好きでちよ!」

プリシラ
「そうなんだ...ヅッチーはあまり好きじゃないみたいだけど」

マオ
「あー、量が多いからなぁ」

エステル
「私はいくらでもいけるけど」

レプトス
「飽きちゃいますよねぇ...」

デーリッチ
「野菜とか多いし...」

プリシラ
「そうなんですよねー、ヅッチー嫌いなもの多くって」

レプトス
(ニンジンとかかな?)

デーリッチ
「でも単品より色々ついてる方がなんとなく嬉しいんじゃないでちか?」

エステル
「そうね、肉とかあると嬉しいかも」

マオ
「わしは肉は肉でもソーセージ派じゃな」

プリシラ
「へぇ...レプトスさんも食べるんですかこういうの」

レプトス
「えへへ...」

プリシラ
「なら聞きますが、貴方はラーメン入れる派ですか?」

レプトス
「え?」(カレーラーメン!?)

デーリッチ
「麺類もいいでちね~」

エステル
「え、普通は米じゃね?」

レプトス
「すみません...レプはうどんを...」

プリシラ
「あー、うどん派かぁ...まぁ出汁利いてますもんねぇ」

マオ
「えっ、ダシ?」

プリシラ
「えっ?」

たくっちスノー
「はい終了!ワードウルフが誰なのか票を入れて!」

レプトス:プリシラ
デーリッチ:プリシラ
マオ:プリシラ
プリシラ:マオ
エステル:プリシラ

たくっちスノー
「はい、プリシラ四票!それで結果は...正解!」

たくっちスノー
「プリシラのお題は鍋、それ以外はカレーでしたー!」

デーリッチ
「ヅッチーって鍋嫌いなんだ...」

プリシラ
「魚とか白菜が好きじゃないみたいで」

レプトス
「そうなんだ...」

プリシラ
「〆にラーメン入れるとがっつくんだけど」

デーリッチ
「デーリッチでもがっつくでち」

...

「レプトスのお題:お化け屋敷」

レプトス
「レプはこういう所一人で行けないんです...」

デーリッチ
「デーリッチも...」

プリシラ
「そもそもこういうのって一人で行くものでは無いと思いますが」

マオ
「じゃな、大体は2~5人で行くものだ」

エステル
「私は一人でも行けるけど」

レプトス
「それにしたって怖いものは怖くて...」

デーリッチ
「レプトスちゃんは何が怖いんでちか?」

レプトス
「えっ!?」(えーと、あまり特徴的なものを挙げるとお題がバレるかな...)

エステル
「ほら、あれだよあれ...ポルターガイスト」

プリシラ
「あー、たまにありますよねガタガタ揺れるの」

マオ
「ホラゲでも定番だしな」

レプトス
(ナイスです...!!)

エステル
「でもそれにしたって、行く理由とかあまりないんだよね」

デーリッチ
「え?普通肝試しの為に行くんじゃ無いでちか?」

エステル
「いや、肝試しにはなるけど...あまり面白くないし」

プリシラ
「うーん、リアリティとかありませんからね」

レプトス
「リアリティのある肝試しなんて必要ありません...」


たくっちスノー
「はい終了!投票タイムだ」

レプトス:プリシラ
エステル:デーリッチ
デーリッチ:エステル
プリシラ:エステル
マオ:エステル

たくっちスノー
「はい正解、ワードウルフはエステルの『廃校』で、それ以外は『お化け屋敷』でしたー」

エステル
「待って!?対になるのってお化け屋敷なの!?てっきり森とかそういうのかと...」

デーリッチ
「エステルちゃんなら一人でお化け屋敷突き進んでも違和感ないでち...」

マオ
「むしろアンデット共をなぎ倒すイメージしかないな」

プリシラ
「相性有利ですもんね」

...
「レプトスのお題:ハンバーガー屋」

プリシラ
「聞きますけど、これ店ですよね?」

マオ
「ああ」

エステル
「そうね」

デーリッチ
「うん」

レプトス
「はい」

プリシラ
「飲食店ね?」

四人
「うん」

デーリッチ
「デーリッチはチーズが好きでち!」

マオ
「おお、チーズは病み付きになるな」

エステル
「私はやっぱり肉系?」

プリシラ
「私はポテトもいけますけどね」

レプトス
「サイドメニューの方が美味しく感じることありますよね...レプもです」

エステル
「とりあえず期間限定の奴食うかな、がっつりと」

プリシラ
「CMとかでやってると食べたくなりますね」

プリシラ
「...でも、食べてると時に邪魔なものがありますよね、ほら緑色の...」

レプトス
(ピクルスかぁ、確かに嫌いな人は嫌いなのかな)

レプトス
「ですです...欲しいときは欲しいですけど...」

デーリッチ
「えー!?デーリッチは絶対抜いてもらうでち!」

エステル
「えー?私ぐらいになると気にせずガツガツいけるんだけどなー」

エステル
「むしろ足しちゃうくらい」

デーリッチ
「足す!?」

たくっちスノー
「はい、投票開始だ!」

レプトス:エステル
デーリッチ:エステル
プリシラ:レプトス
マオ:エステル
エステル:レプトス

たくっちスノー
「エステル三票で正解!エステルのワードウルフは回転寿司屋でした」

マオ
「エステルお前わさびがっつりいけるのか!?」

エステル
「うん、いけるよ?」

デーリッチ
「お鼻がつーんってならないでち!?」

エステル
「なるけど寿司食ってる感じするじゃん」

レプトス
「つ、つよい(こなみかん)」

プリシラ
「私ピクルスをバクバク食べる姿を想像したんですけど」

エステル
「いや、私でもピクルスは残す」

...

「レプトスのお題:滑り台」

レプトス
「えーっと、滑るものですよね?」

エステル
「まぁ滑るものね」

マオ
「わしは好きじゃぞ」

プリシラ
「でも、最近行けてないんですよ私」

レプトス
「レプもです...」

デーリッチ
「場所も限られてるし...」

マオ
「たまに出来るからこそ楽しいものじゃが」

デーリッチ
「それに失敗したら怖いじゃないでちか!」

レプトス
(え?失敗?)

マオ
「ん、まぁ...確かに難しいからな」

プリシラ
「コツが要りますもんね」

レプトス
(あっ、ワードウルフはレプだこれー!!)

レプトス
「は、はい...でも何度もやりたくなるんですよ、ほら上手くなりたいから...」

エステル
「あー、上手い人は本当にスイスイ滑るわね」

プリシラ
「あのテクニックは真似したくなりますね」

レプトス
「そうですよねー、でもレプトスは眺めてるのが一番です」

たくっちスノー
「はい終了、投票に入って」

デーリッチ:エステル
エステル:デーリッチ
プリシラ:マオ
マオ:デーリッチ
レプトス:プリシラ

たくっちスノー
「初めての不正解、正解はレプトスの『滑り台』でしたー」

たくっちスノー
「ちなみに多数派はスキーだよ」

レプトス
「違いが分かりやすいものだと切り替えが速くて助かりますよ」

マオ
「うーむ、案外難しいなこれ...」

プリシラ
「なんというか、いかに少数派であるかに気付きボロを出さないようにする遊びって感じですね」

たくっちスノー
「ネタがないので今回はここまで!」

END


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。