二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.460 )
日時: 2021/09/28 23:03
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「えっ………月村さん、俺クビですか………」

月村
「………逃走中研修が終わるまでだ、本番に動く君には仕事が無くなってしまうことになるからね」

たくっちスノー
「えっ……その間俺どうすればいいんですか!?ここ以外に収入が………」

月村
「………僕の方から君に宛のありそうな仕事は用意した、ここに向かってくれ」

たくっちスノー
「……………なんすか、これ」





たくっちスノー
「………トレセン………学園?」

「メイドウィン初の、ウマ娘ショートショート集」
【たくっちスノー、トレーナーになる】


ーーーーーーーーーーーーーーーー


『トレセン学園に来た』

たくっちスノー
「ああ………肩身が狭い……俺がトレーナーなんて大丈夫か?俺の担当になりたいウマ娘なんているのか?」

たくっちスノー
「どうなんです理事長、俺の事はこの世界でも………」

秋川
「否定っ!そんな事ばかり考えてどうする」

秋川
「ここに来るまでの事を考えている暇は既にない、君はもう『トレセン学園のトレーナー』だからな」

たくっちスノー
「…………そういうものっすかね、まぁ頑張って相性良さそうな人探してみますわ」


………

『あいつが居た!』

たくっちスノー
「しっかしトレーナーって結構いるな………しかもこいつら全部エリートときた、知り合いとか作っときたいけど」

「あ、たくっちスノー!貴方ってたくっちスノーですよね!?」

たくっちスノー
「げっ、早速変なのに絡まれ………ん、お前どっかで見たことあるな、ウマ娘じゃないみたいだけど」

「………分かんないです?」

たくっちスノー
「分かんない、けどなんかに似ている、お前名前は?」

「俺の名前はアベネスJr!」

たくっちスノー
「スターアベネスの息子!!?」


『そんなことより』

たくっちスノー
「アベネスJrって………えええ!?あいついつの間に子供産まれてたの!?」

アベネスJr
「まぁ、向こうでも色々あったみたいで……」

たくっちスノー
「まさか、お前もトレーナーに!?」

アベネスJr
「ああ、昔からなりたかったんだよトレーナーに、それで結構努力してきたんだ………たくっちスノーさんもここに?」

たくっちスノー
「ま、まあな………(月村さんからのコネなんて言えねぇ………)」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.461 )
日時: 2021/09/28 23:31
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

『担当は誰に?』

たくっちスノー
「で、俺トレーナーになりたてで担当を選ぶところから始めてるんだ、そっちは?」

アベネスJr
「俺は2週間前に担当見つけてトレーニングも始めてますよ」

たくっちスノー
「担当かぁすげーな、やっぱ何かしら得意だったり苦手だったりすんだろ、どうしてるわけ?」

アベネスJr
「走らせとけばなんとかなりますよ」

たくっちスノー
「それは流石にアバウトすぎねーか?」

アベネスJr
「まぁ、俺はあの子に驀進……じゃなかった、革新的な内容を博士とも協力して行ってますから」

たくっちスノー
(あっ、こいつの担当ってサクラバクシンオーなのか………)

『それはきっと運命と思いたい』

アベネスJr
「ほら、今ウマ娘達が走ってますからそこから見ていけばいいんじゃないですか?」

たくっちスノー
「バクシンバクシン言ってる奴はどこ?」

アベネスJr
「バクシンオーはとっくに終わらせました」

たくっちスノー
「しかしまだ遠くでよく見えないな………曲がって、その顔を拝みたい」


たくっちスノー
「俺にとって1番の………」


「っ!!」


たくっちスノー
「____!!」






たくっちスノー
「………ジュニア君」

アベネスJr
「はい」

たくっちスノー
「今1着だったウマ娘、担当いる?」

アベネスJr
「いや……まだフリーだったはず」




たくっちスノー
「…………あっ、いかん!!見失う!!」







たくっちスノー
「なぁ、そこの独走状態だったお嬢さん!!」





たくっちスノー
「アンタの名前は!!?」



「……………」











「シンボリルドルフ。」


『レースを終えて』


たくっちスノー
「シンボリルドルフ……」

アベネスJr
「通称『皇帝』、このトレセン学園の生徒会長もやってる滅茶苦茶凄い実力を持ったウマ娘っすね」


たくっちスノー
「っふふ、皇帝か……」

アベネスJr
「ねぇたくっちスノーさん、なんでルドルフさんにそんな惹かれたんですか?」

たくっちスノー
「なんでって…………なんでだろ」

たくっちスノー
「………物凄い勢いで、走り抜けて行った時の姿が……一瞬【尊敬していた何か】に見えたんだ」

アベネスJr
「………」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.462 )
日時: 2021/09/29 07:09
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【虚栄と信頼】

アベネスJr
「ダメだよ、たくっちスノーさん」

アベネスJr
「今、貴方は一瞬通ったシンボリルドルフをカーレッジ・フレインに重ねようとした」

たくっちスノー
「だろ?俺も後で気付いて自己嫌悪しちまったんだよ、ルドルフさんから見りゃ無関係な事なのによ」

たくっちスノー
「………でもなんか、無理なんだ、どうしても」

たくっちスノー
「俺はもうルドルフさんの担当になるって決めた、何がなんでもなってやるんだ」

たくっちスノー
「俺はさ、基本的に俺よりキラキラしてるもん見てると」


たくっちスノー
「肉や骨削ってでも輝かせたいんだ」

アベネスJr
「肉や骨ないくせに」

たくっちスノー
「だろ?ははは!!だろうな?」



シンボリルドルフ
「…………」



『トレーナーとして』

アベネスJr
「で、今から勉強するわけですか」

たくっちスノー
「俺は完全ド素人だからな、今のままじゃルドルフさんどころか他のウマ娘にも失礼だ」

アベネスJr
「なんでさん付けなんです?」

たくっちスノー
「アシリパさんみたいなノリ」

アベネスJr
「年下だからじゃないんすね」

たくっちスノー
「うん」

アベネスJr
「そこから気を付けた方がいいんじゃないです?」

たくっちスノー
「う、ウマ娘には俺の実年齢はバレてねーはずだから………」


『その一閃は、正に桜のように』

たくっちスノー
「ジュニアくんはどうして、トレーナーになりたいって思ったんだ?」

アベネスJr
「俺の親の力のことは知ってますよね?」

アベネスJr
「一応、俺にもそれっぽい力はあるんだけど……父がよく言ってたんだ、『一生懸命努力してる人は報われて欲しい』って」

アベネスJr
「俺自身も努力してる人って大好きだから、トレセン学園への選択肢もあった」

たくっちスノー
「んじゃ、サクラバクシンオーを選んだ理由は?」

アベネスJr
「そりゃもう」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アベネスJr
「君は速い!!俺は君の強さを見届けたい、願いも叶えたい!!俺は……君と共に前を見たい!」

サクラバクシンオー
「分かりました!!宜しくお願いします!
!」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「根っこが似てたんだなぁ……」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.463 )
日時: 2021/09/29 07:58
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

『トレーナー育成指南』

たくっちスノー
「ていうかウマ娘ってどういう風に指導すればいいんだろ……生半可なやり方じゃダメなのは分かってるけど」

アベネスJr
「走らせて速さを鍛えておけばなんとかなりますよ」

たくっちスノー
「そりゃバクシンさんはそれでいいかもしれねぇけどさ!」

アベネスJr
「いや、どのウマ娘でも速さは大事っすよ、その上で他者を退けて前に進むパワー!あと体力!」

たくっちスノー
「逆にいらないのって?」

アベネスJr
「根性」

たくっちスノー
「根性」

アベネスJr
「パワプロで言うと肩力練習くらいいらない」

たくっちスノー
「それめっちゃいらねぇな」


『ウマ娘のきもち』

たくっちスノー
「レースしてる時のウマ娘って一体どんな気持ちなんだろ」

アベネスJr
「1回走ってみたらどうです?」

たくっちスノー
「いや………ウマ娘ならまだしもトレーナーが勝手にレース場で走ったら怒られるでしょ」

アベネスJr
「そこはほら、あなたの持ち味を活かして」

たくっちスノー
「持ち味………なるほど!」


…………

たくっちスノー
「ウマ娘に変身すれば問題ねーわけだな」

アベネスJr
「だからってルドルフさんにならなくても」

たくっちスノー
「実際に変身してどのくらいの実力なのか直接見極めるのもいいんじゃないのか?」

アベネスJr
「うーん、まぁそれ出来るのがたくっちスノーさんぐらいですしいいかな」

たくっちスノー
「んじゃ、ひとっ走りしてくる」

アベネスJr
「いってらっしゃい、一応模擬レースだから他のウマ娘の邪魔とかはしないでね」



たくっちスノー
「おりゃあああいや速い!!ウマ娘ってこんな重く走れるのか!?」


たくっちスノー
「おもしれーなこれ!!」


たくっちスノー
「このまま独走してやる!!」






シンボリルドルフ
「……!」




たくっちスノー
「うおおおおおおおお!!」

アベネスJr
「たくっちスノーさんいつまで走ってるんすか!!もう5分経ってますよ!!」

「何あれ!?」「うわああああ!!」「ワケワカンナイヨー!」

シンボリルドルフ
「………えっ?」



【その後普通に怒られた】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.464 )
日時: 2021/09/29 22:48
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【そして………】


たくっちスノー
「失礼します」

シンボリルドルフ
「待っていたよ、たくっちスノー君」


たくっちスノー
「………いつ、俺の事調べました?」

シンボリルドルフ
「あの時君とすれ違った後だ、顔に覚えはあったからな」

たくっちスノー
「………どっちが目に留まりました?クロノス社としての俺?それとも時空犯罪者として?」

シンボリルドルフ
「全て……と答えておこう」

シンボリルドルフ
「本題はそれとは別にある、掛けたまえ」

たくっちスノー
「ええ」

………

たくっちスノー
「それで、何故俺を呼んだのです?」

シンボリルドルフ
「まあ何、単純な事だ………時空について興味がある」

たくっちスノー
「時空?今の時代誰でもホイホイと行けるんだからわざわざ聞かなくても………」

たくっちスノー
「……………ああ、時空におけるウマ娘の的な、そういう?」

シンボリルドルフ
「…………」

たくっちスノー
「勝手に語らせてもらいます」

たくっちスノー
「まぁ、時空にもウマ娘レースの大会はちまちまと出来始めてます」

たくっちスノー
「俺自身、使えるものはなんでも使いたいと思ってて逃走中のハンターにウマ娘の力採用しないかとも言った」


たくっちスノー
「………ルドルフさん見てたら、マジでいけそうだなと思ったよ」


シンボリルドルフ
「そうか」


たくっちスノー
「では、俺からも一言」


たくっちスノー
「ルドルフさん!!俺はトレセン学園新人トレーナーのたくっちスノーだ!!」

たくっちスノー
「行く行くはウマ娘を大成させトレセン学園を卒業して以降は時空に送る!!」

たくっちスノー
「そして、時空にウマ娘という存在をもっともっと知らしめて、クロノス社とか色々とかを発展させたいんだ!!」

たくっちスノー
「その為には全てのウマ娘を導くと豪語するくらいの貴方さんが必要なんだ!!」

たくっちスノー
「俺の!!担当になってくれないか!!?どんなに壁が大きくても、最強無敵の俺が貴方さんを頂点に立たせる!!」


シンボリルドルフ
「………分かった」


シンボリルドルフ
「良いだろう、私に新たな景色を見せてくれ………『トレーナー君』」


【そして、無敵の王と最強の皇帝は巡り会う………!!】

END


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。