二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



『トライヒーロー計画』【3】 ( No.110 )
日時: 2018/09/04 16:44
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

そしてカリギュラでは、『エデン』と『戦場海上』に対する会議が開かれていた


たくっちスノー
「失礼します」ガチャ

海斗
「雪さん!どうやってここに?関係者以外は...」

たくっちスノー
「身元を明かしてエデンを追ってたって言ったら通してくれたよ」

海下
「はぁ...」

水晶
「.....」

海斗
「雪さん、俺達は聞きたいことが山ほどあります」

海斗
「前だって結局貴方のことは全然知らないままでしたし」

たくっちスノー
「そういえば、詳しい説明をしてなかったよな...まぁあの時はそんな暇もなかったしな」

たくっちスノー
「いいよ、まず何を聞きたい?」

海斗
「まず...マガイモノの拒絶する力について」

たくっちスノー
「うん、まずそこだよな...海上の手に渡った以上君達にも説明しないと」

たくっちスノー
「先に言っておくと、マガイモノの全貌は未だ明らかになっていないんだ...だからある程度主観も入る」

たくっちスノー
「まず、あの黒い液体だけど...これは自分達マガイモノの肉体を形成するもの」

たくっちスノー
「切られても燃えても突き抜けても、この液体が光より速い速度で再生していくんだ」

たくっちスノー
「光速細胞分裂みたいな?」

たくっちスノー
「そしてこの液体はかなり自由で、見た目だけはイメージするだけで好きな形に出来るんだ」

水晶
「形だけ?」

たくっちスノー
「うん、能力とかは思い通りにいかない」

たくっちスノー
「で、ここからが本題...拒絶する力はその名の通り」

たくっちスノー
「あの液体は再生能力も高いけど、敵を瞬く間に喰らうバクテリアのようなものでもあるんだ」

たくっちスノー
「とは言っても死に至るほどは自分ほどで、普通の奴等は拷問に使ってるって噂だけど...」

たくっちスノー
「だから自分も最大限もしもの時にしか使わないようにしてるんだ」

海斗
「あれ、俺もちょくちょく雪さんに触りましたよね?なんで俺には発動しないんですか?」

たくっちスノー
「慣れるとコントロール出来るようになるんだ、自分が作ったマガイモノは大体親しい人には発動しないように伝えてある」

海斗
「なるほど...」

たくっちスノー
「それで...まぁ、分かってるよ、エデンのことだろ?」


たくっちスノー
「...まいったなぁ、自分が抱えた問題だから君らを巻き込みたくないのに」

『トライヒーロー計画』【3】 ( No.111 )
日時: 2018/09/04 22:08
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海斗
「やらせてくださいよ、雪さん」

たくっちスノー
「でも今回は...生きる、死ぬの問題じゃなくて...」

海斗
「.....」

水晶
「.....」

たくっちスノー
「全く君らは...分かったよ!言ったら聞かないことは自分がよくわかってる!」

たくっちスノー
「ただし今回の件は自分の持ち出した問題だ!あまり無茶はしないでよ!」

海斗
「いつ俺が無茶なんてしてるって?」

たくっちスノー
「いつもだよ!!」

...

たくっちスノー
「まあいい、仮面ライダーエデンについてだ」

たくっちスノーは監理局からモニターに接続し、情報を出す

たくっちスノー
「仮面ライダーエデン、本名不詳年齢不明、時空番号T-mgtに突然現れた楽園の天使を自称する者」

たくっちスノー
「性別年齢種族問わず、あらゆる生物を楽園に拉致して洗脳...全ての生物が平等な楽園を作ることを目的としている」

たくっちスノー
「別世界の人間を洗脳させることは時空法違反になる」

たくっちスノー
「というより、当然ながら世界でも大騒動になって、仮面ライダーを人間が殺そうと奮起するとんでもない状況になった」

たくっちスノー
「たった一人のバカげた計画で世界が滅ぶかもしれなかった...監理局と世界はこの騒動を『天使の仮面事件』って呼ばれている」

海斗
「天使の仮面...」

たくっちスノー
「その件でエデンは何万ものの懲役を受け時空牢獄に入れられてたんだが、ついさっき脱獄したって連絡があってここに来たんだ」

水晶
「そんなことが...」

たくっちスノー
「監理局として、第二の天使の仮面事件は引き起こさせない!」

たくっちスノー
「...って、意気込んで新しいフィフティ・シリーズを作ったのに、まさか生身の人間にすら敵わんとは...」

たくっちスノー
「いや、まぁマガイモノの特性としては間違ってはいないけど」

海斗
「海上とエデンが協力関係に無いのがありがたいけど」

たくっちスノー
「そもそもエデンは仲間なんて作らないからな」

たくっちスノー
「接するときも協力者とか友人とか、そんなのじゃなく、楽園の住民に相応しいかどうか、だし」

海斗
「そうなんだ...」

海下
「...」
その時、モニターがエデンを映す

たくっちスノー
「あっ...エデンが戦闘中!それも...海上と!」

たくっちスノー
「いや、あいつの場合戦闘というのか...いくよ!」

海斗
「あっ、はい!」

『トライヒーロー計画』【3】 ( No.112 )
日時: 2018/09/05 13:37
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

...

海上
「おい」

エデン
「また貴方ですか」

海上
「お前を殴れば、奴が現れるのでな」

エデン
「私はただ、楽園にふさわしい生き物を集めているだけなのですよ?」

海上
「集める?拉致の間違いではないか?」

エデン
「キライですよ、その言葉」

海上
「図星だからか?」

エデン
「私の邪魔をした人間がそんな口振りだったからですよ」

海上
「ほう」

エデン
「生物全てが、私と同じ考えになる...これがどれだけ素晴らしいか、貴方には分かりますか?」

海上
「さあな」

海上
「皆が皆同じ考えで疑うことを知らない...気色悪いと思うな、俺なら」

エデン
「生き物が完璧に生きられるのですよ?」

海上
「考えが固定された時点で『生き物』ではないだろう」


海上
「ただの『人形』だ」

エデン
「.....」


海上
「今、お前が何を奪おうとしているかはどうでもいい」

海上
「ぶちぬく」

エデン
「...前にも言いましたが、この体はあらゆる暴力を」

海上
「...ッ!!」ドン!!

海上の拳がエデンを弾く

エデン
「...?」

海上
「俺の鎧と手甲にお前が嫌う黒い成分を混ぜた」

エデン
「...ぐ、うう」

海上
「ん?」

たくっちスノー
「居た!エデンだ!!」

海斗
「ソウルチェンジ!」

『rider time!仮面ライダーリキッド!』

『フォーゼ!』


海上
「来たな、マガイモノの王」

リキッド
「...見たな、僕の記憶を」

海上
「ああ」

海上
「お前の力はこの鎧に染み込ませた」

海上
「俺は不滅の力を手に入れたわけだ」

エデン
「楽園に誓いを」

海上
「こいつが邪魔だが、そんなことはどうでもいい...マガイモノの王」

海上
「俺を本気で殺しにこい」

リキッド
「断る、自分はあくまでエデンを捕まえに来た」

リキッド
「君に関わる暇はないんだ」

フォーゼソウル
「いくぞエデン!」

エデン
「何故私に暴力を振るうのですか?」

フォーゼソウル
「お前を野放しにしたら、数多くの人が悲しむからだ!」

エデン
「悲しむ?人間が?どうしてです?」

エデン
「楽園は常に生き物が在り続けます、失っても悲しみはありませんよ」

フォーゼソウル
「お前に人の心はないのか!?」

エデン
「私の心は人ではありません、天使の心です」

リキッド
「そうかい、なら人間の友達は人間だ」

エデン
「何が言いたいんです?お偉いさん」

リキッド
「決めた、自分は戦場海上と同盟を築く」

フォーゼソウル
「えっ」

海上
「何?」

『トライヒーロー計画』【3】 ( No.113 )
日時: 2018/09/05 17:14
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海上
「お前が俺と同盟、だと?」

リキッド
「君とじゃない、居るであろう仲間ひっくるめてさ」

フォーゼソウル
「な、何を言って」

リキッド
「もちろんエデンを倒すための関係!戦場海下と海斗君を殺す以外ならなんでもやってやるよ」

海上
「ほう、万が一我らが問題を起こせば責任は取れるのか?」

たくっちスノー
「僕のしぶとさは君がよーく知ってるはずだ、監理局としてじゃなく、たくっちスノーという存在として一緒に責任を取ってやるよ」

フォーゼソウル
(雪さんがここまで言うなら考えがあるのか...?あの人に限って悪事はしないだろうし...)

フォーゼソウル
「俺も雪さんと同じ考えだ」

海上
「くだらん」

海上
「今の俺にはお前の力がある...!!」

海上の鎧からオーラが放たれる

フォーゼソウル
「うっ...なんだ、心臓が締め付けられる...」

リキッド
「あいつ、拒絶する力をオーラみたいにしやがったな...まるで覇気だ」

リキッド
「時空は広いが、人間がマガイモノの力を使ったのはこれが初めてだよ!」

リキッド
「だが、見ろ!」

海上
「グ...ウ...!!」

拒絶する力を放つ海上は足が震えていた

リキッド
「それは元々僕の体だ、この間の腕が喰われるのとはワケが違う!」

リキッド
「鎧...つまり上半身全般を包み込んでいる!人食い植物に包まれゆっくり溶かされているのと同じだ!」

海上
「ぐ...うああ...」

フォーゼソウル
「それって...大丈夫なんですか?」

リキッド
「大丈夫なわけない、全体に広がるから威力は弱まってる」

海上
「だが、お前達を始末するならこれで充分だ」

エデン
「グ...ウウ..アア...」

リキッド
(ざっと40分は耐えられる...だが、海斗君の場合だと...4分!)

フォーゼソウル
「ウ...うう...」

リキッド
「海..斗...君...!!」

【final time!!】

【ギリギリブレイク!!】

リキッド
「じゃっ!!」

リキッドは液体から木槌を形成し、地面を砕く

海上
「何をする」

【timeover!】

たくっちスノー
「くっ...海斗君は...もう死なせんぞ...!!」

エデン
「なんなんですか貴方は...もういいです、今回はあそこに飛んでいる虫でも捕まえます」

エデンは三人を気に止めず虫を掴み渦へと入っていく

海上
「.....まさか、俺が失敗するとはな」

海上
「海中」

海中
「はいはい」

海中は待っていたかのように乗り物にのって現れ、海上を掴む

海上
「最初から分かっていたか?」

海中
「柄にもなくやったことないことするからよ」

海上
「そうだな、これでも結構持っていかれた」

海中
「...で、あいつらと何してきたの?」

海上
「...」

【戦場海下と海斗君を殺す以外ならなんでもやってやるよ】

【監理局としてじゃなく、たくっちスノーという存在として一緒に責任を取ってやるよ】

海上
「徳になるような話ではなかった」

海中
「そっか」

その後、腐蝕したかのように崩れた地帯で、海斗とたくっちスノーが倒れているのを水晶が見つけたという

END

『トライヒーロー計画』【4】 ( No.114 )
日時: 2018/09/08 22:26
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

前回のあらすじ

戦場海上はたくっちスノーの成分からマガイモノの力を解析、鎧に溶け込むも失敗

たくっちスノー、海斗、海上はダメージを負いながらもエデンを撃退するが、その犠牲は大きく?

そして戦いの途中、たくっちスノーは海上らにある示談を持ちかけたのだった

「僕は同盟を築く」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海斗達はあれから、カリギュラの病院で治療を受けていた

たくっちスノー
「マガイモノは現代医療よりも早く完治出来るんだけどな」スタスタ

たくっちスノー
「にしても...海斗君の部屋はどこだ?」

たくっちスノー
「こんなことに権限を酷使できないし...よし、こうなったら」



たくっちスノー
「片っ端から部屋を開けて海斗君を探」

たくっちスノー
「え?案内してくれる?なんかありがとう」

...

たくっちスノー
「海斗君!」

海斗
「あっ、雪さん...もう大丈夫なの?」

たくっちスノー
「まーな、あの程度の攻撃なんてしょっちゅうなんだから」

たくっちスノー
「気にしないでよ、ほんとほんと」

海斗
「はぁ」

たくっちスノー
「で、何日かかる?」

海斗
「今検査終えてきたところなんですけど、多分三日くらいじゃないでしょうか」

たくっちスノー
「三日か...マガイモノの力でそれくらいか」

たくっちスノー
「ていうか、まだそういうの解析してなかったなぁ」

海斗
「自分の体なのに?」

たくっちスノー
「他にやることが多くて、自身の事は後回しにしちゃうんだよ」

海斗
「あ、そうだ...ついでだから飯塚さんところ行こう」

たくっちスノー
「え?飯塚って確か...あのヒーロー試験で亡くなった...いや、それ向こうの世界か」

海斗
「雪さんも行きます?」

たくっちスノー
「いや、自分はやめておく...前の世界がフラッシュバックすることがあるから...」

たくっちスノー
「それに君らの世界に自分はあまり必要じゃないだろ?」

海斗
「あ、はい...分かりました」

たくっちスノー
「自分は君が退院するまで溜まってた資料を整理するから」

...

海斗
「飯塚さん、やっぱ無理でした」

浜有
「俺ってそんなにあの人に嫌われるようなことしたかな?」

海斗
「まぁ、しょうがないですよ...あの人の経験してきたところじゃ、皆死人なんですから」

浜有
「まぁ、そりゃ顔向けるのも辛いけどさぁ...」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。