二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

『トライヒーロー計画』【12】 ( No.197 )
日時: 2018/09/29 15:35
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「海斗君にそんな力があったなんて...でも、さすがに一時的なものでしょ?」

T
「そう思うだろう?」

たくっちスノー
「...そう思いたいんだよ」

T
「では海斗、超怪力を使ってみてくれないか」

海斗
「はい...超怪力!!」

海斗は難なく能力を発動した

たくっちスノー
「えっ...」

海斗
「嘘!?」

たくっちスノー
「...!!」

T
「見ての通りさたくっちスノー、彼は手に触れ能力を一度でも真似すれば、彼のものに出来る」

たくっちスノー
「...!!」

海上
「上手くやれば、奪うことも可能だが...大体はこちらもそのままだ」

T
「だが...まさかレイチェル氏の魔術や技術まで真似できるとは」

レイチェル
「気付かなかったんですか?」

T
「気が付かないというか...この世界には戦場の一族以外に能力者もいないしね...」

たくっちスノー
「......」

T
「恐れているのかい?」

たくっちスノー
「......」

海斗
「雪さん?」

たくっちスノー
「そりゃ、自分にだって苦手なものはある」

たくっちスノー
「数学は解けないし、イカは食べられないし...でも、何より...自分みたいな自由自在のコピーキャラが現れることを、何よりも恐れていた」

たくっちスノー
「よりによって...こんなところで...」

T
「...『第二のたくっちスノー』が現れるかもしれないから、恐れていたのだろう?」

たくっちスノー
「.....多用な能力を手にいれたときの恐ろしさは、自分が一番よく分かっているんだ」

T
「そう...なら、どう導けば正しい方向に向かえるかも分かるはず」

たくっちスノー
「え?」

T
「君は時空監理局なのだろう?何も犯罪者を止める事だけが使命ではない」

レイチェル
「悪い方に進むから強大な力が恐ろしく感じるんですよ、イメージ改善っていうのも悪くないんじゃないですか?」

たくっちスノー
「正しい方に...か」

レイチェル
「彼がそんな簡単で単純なことも出来ないと思ってるんですか?気付くのは大変ですが、やるのは案外楽なんですよ」

レイチェル
「それに...どんなに恐ろしい力でも、一人で背負い込む必要は無いと思うんです」

レイチェル
「...どこかのご主人様が、そんなことを仰ってましたかな?」

海斗
「...」

たくっちスノー
「...」

海斗
「俺は大丈夫ですからね!」

たくっちスノー
「...ああ、そうだったね、君は自分と違って一人じゃなかったもんね」

『トライヒーロー計画』【12】 ( No.198 )
日時: 2018/09/29 16:51
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海上
「...似たような能力を持っているのが、戦場海底だった」

T
「彼自身による能力は『吸収力』まぁ、その名の通りさ」

T
「奴の力は、どんなものでも奪い取る事が出来る」

たくっちスノー
「じゃあエデンを取り込み、オーマジオウの力を容易く使い、ネビュラガスに耐えられたのも... 」

海上
「吸収力によるものだ」

たくっちスノー
「...とんでもないのと相手してたんだな、海斗君 」

海斗
「でも、共振力とはどう違うんですか?」

T
「吸収力は知っての通り弱点まで真似しているだろう」

海上
「共振力はただ真似するだけじゃない、互いに本来の力を引き出させることも出来る」

T
「つまり、10%に抑えられた力を100%に出来るってこと」

海斗
「...あっ!そういえば海底と海に落ちたとき、ヒーローソウルから特殊な音声が流れたんですよ!」

海斗
「タイマン張らせてもらうぜーとか何とか」

たくっちスノー
「それって本来のフォーゼの変身者『如月弦太郎』の決め台詞じゃないか!」

たくっちスノー
「まさか、共振力が仮面ライダーフォーゼの力を100%引き出したのか...!?」

海斗
「な、なんかスゴい...!!」

レイチェル
「.....」ジー

たくっちスノー
「やめてレイチェルさん!これ以上強くなろうとしないで!!」

海斗
「あれ?そういえば奪ったから海底の能力も」

T
「吸収力なんて使わないでしょ?」

海斗
「まぁ使わないですね」

T
「ならいいじゃん」

たくっちスノー
「...」

T
「監理局としてはどうするつもりなんだい?」

たくっちスノー
「え?うーむ...海斗君の能力は時空から見ても危険扱いされるだろうな...」

海斗
「えっ」

たくっちスノー
「石動みたいな事があるし...」

海斗
「.....」

たくっちスノー
「気にするなって!自分が何とかしてみせるし、君だっていつも通りヒーローとして活動していれば、すぐにそう思われなくなる!」

海斗
「雪さん...」

たくっちスノー
「な、心配するなって!」

海斗
「...雪さんはさ」

たくっちスノー
「え?」

海斗
「雪さんはどうなの?」

たくっちスノー
「自分は...君とも境遇もやってきたことも違うし、比べるのは君に失礼だ」

海斗
「.....」

たくっちスノー
「局長という仕事をやっている以上、贔屓はしないけど...出来れば君には迷惑をかけたくない、それは分かってほしいんだ」

『トライヒーロー計画』【12】 ( No.199 )
日時: 2018/09/29 18:41
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

T
「うーん...まぁ、これでもう大丈夫だ」

海上
「ああ、そうだな」

海斗
「そういえば雪さん...あれ」

たくっちスノー
「あれ...そうだ!海上さんと海中さんを監理局にスカウトしたいって考えてたの忘れてた!」

T
「へー、せっかくだから海中も呼ぼうか?」

...

海中
「戦場海斗」

海斗
「あ、海中さん...体はもう大丈夫なんですか?」

海中
「能力を使えるぐらいにはさ」

たくっちスノー
「ならいいけど...」

海中
「感謝しときなさいよ、私の力があったから勇者レイチェルを呼び出せたんだから」

海斗
「ああ...そういえば、貴方の機械力にも助けられてたんだった」

海中
「で、その勇者レイチェルって奴はどこの誰なの?」

レイチェル
「あっ、私ですけど」

海中
「ふーん...そう、こいつがねぇ」

レイチェル
「...あのー、何か?」

海中
「こんな芋臭そうな奴が...ね」

レイチェル
「あら、そういえばここに来る直前にみゃんみゃん芋を収穫してましたから」

海中
「いや、芋臭いって多分そういう意味じゃない」

たくっちスノー
「スゴいあの人、素で海中さんをいなしてる」

海斗
「流石勇者だ、違うなぁ...」

海中
「...ああ、そうそう戦場海斗、あんた共振力なんだって?」

海中は右手を構える

海中
「ほら、手を出しなさいよ」

海斗
「え?」

海中
「機械力をやるって言ってんのよ!」

海斗
「えー!?」

たくっちスノー
「まぁいいんじゃないの?昔の人に機械力は宝の持ち腐れだし」

海中
「この時代に入ってようやく使い物になるって感じね」

海斗
「ええ...じゃあ、受け取っておきます」

海斗
「共振力!」

海斗は共振力を使い海中の機械力を...

海中
「ふん!」

海斗
「えっ」

たくっちスノー
「!?」

海中は体を海斗に押し付ける


レイチェル
「おー、いいですね、こんな体験二度と出来ないでしょうし私も」

続いてレイチェルも背後から抱きつく

たくっちスノー
「ぶーっ!?」

海中
「何よ!あんたまで... 」

海斗
「...なんかレイチェルさんの手ごつごつするんだけど」

レイチェル
「いつも野菜掘ってますから!」

たくっちスノー
「やめてよ二人とも!!海斗君の教育に悪いでしょ!!」

『トライヒーロー計画』【12】 ( No.200 )
日時: 2018/09/29 22:52
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「全くもう...」

T
「これでいいかい?」

海中
「ああ」

海上
「...」


T
「これで全てが終わった」

その瞬間...三人の体が薄くなっていく

レイチェル
「なんと!」

海斗
「え!?」

たくっちスノー
「ど、どういうこと!?」

T
「海底は死んだ...我々の役目も終わったのさ」

T
「考えてもご覧よ、海底もだが...数百年も経った肉体が、残ってあるあるはずもないだろう」

T
「『死んだ』事実をなかったことにして、生物のフリをしていたのさ」

海上
「いわば我らは精神と魂だけの存在」

たくっちスノー
(オルガマリーみたいなものか...)

T
「そういうわけなんだ、すまないね」

海斗
「で、でも...なんで!?Tさんは...雪さんと同じ...」

T
「私はプロジェクトの失敗作、キャラクターどころかマガイモノとしても不完全」

T
「たくっちスノーでさえ...何百何千という作品を見て、ようやくちゃんとした肉体を得ているんだよ」

T
「正直...いつ、死んでもおかしくなった、...死ぬ以前に『生きて』すらいなかったんだけどね」

たくっちスノー
「T兄さん」

T
「兄さんなんてよしてくれよ...私、君に兄らしいことなんてしていないさ」

たくっちスノー
「...僕はね、別の兄さんに言われたんだ」

たくっちスノー
「僕の兄さん姉さんが...シャドー・メイドウィン・黒影がこの時空にたくさん存在するって」

たくっちスノー
「そんな兄弟姉妹に...世界を滅ぼすような真似はさせないでほしい、幸せにしてほしいって頼まれたんだ...」

たくっちスノー
「T兄さんだって...」

T
「本当に君は色んな体験をしてるなぁ」

T
「ま、私の事は忘れなさい...兄や姉は沢山いるんだから」

たくっちスノー
「.....」

海斗
「海上さん」

海上
「たくっちスノー」

たくっちスノー
「あ...はい」

海上
「ついさっきだが、お前が世界を去るとき...俺に戦場海斗を託そうとしたな」

海上
「こういう結果になってしまったがな」

海斗
「えっ」

たくっちスノー
「.....」

海上
「お前の方から何とか出来ないのか」

たくっちスノー
「無理だよ...時空監理局に置いておくのは、海斗君にとって危険すぎる」

『トライヒーロー計画』【12】 ( No.201 )
日時: 2018/09/29 23:13
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「ヤバイ奴と戦ったらピンチになって、また海斗君無茶すると思うから...」

海斗
「でも...」

たくっちスノー
「お願いだから、君は老衰で死んでくれ」

たくっちスノー
「若いうちの病気とか、事故とかで死ぬと残された奴が悲しむだろ」

たくっちスノー
「でも老衰なら...」

海斗
「雪さん」

海上
「たくっちスノー、お前は死を恐れているんだな」

海中
「不死のくせに」

たくっちスノー
「そりゃそうだよ...100年、人間の寿命なんて時空からしたらあっという間なんだ」

たくっちスノー
「僕みたいにすぐリセット出来たらいいなって何度も考えるけど...でも、ダメなんだ」

たくっちスノー
「絶対、お別れは来る...だからさ!約束するよ海斗君」

たくっちスノー
「もし君が老衰で亡くなる前...直前のちょっと前位に、絶対会いに行くから」

海斗
「え...?」

たくっちスノー
「もちろん、その間にだって用件があれば行くし...君が知らせを出せば...」

海斗
「.....」

T
「全く君と来たら!我々が蚊帳の外ではないか!」

たくっちスノー
「あ、ごめん兄さん...」

T
「...では、最期に私から海斗君へ」

T
「私の能力、見た存在の『設定』を正確に把握できる能力『情報力』を...」

海斗
「...」

T
「あげようかと思ったけど、やっぱりダメ」

海斗
「えー!?」

T
「君には必要ない能力さ、何もかも丸わかりの人生なんて楽しくないし」

T
「あんまり知らない方が楽しいものさ」

海斗
「...」

T
「それと...勇者レイチェル、君にも」

レイチェル
「え、私にもですか?」

T
「...今回の件、本来無関係のはずだったのに色々と問題が生まれて、結果許可もなく呼び出すことになってしまって...」

たくっちスノー
「何言ってるんだT兄さん、貴方が謝ることではないです、これは僕の...」

レイチェル
「いえいえ、私楽しかったですよ...こんな冒険もあるんだなって」

海斗
「いやでも、急だったし」

レイチェル
「いえ、うちの回りではこれほどの事はありませんが騒動なんて日常茶飯事ですし」

海斗
「ねぇ雪さんこの人の世界魔境なの?」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。