複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

〜闇の系譜〜(サーフェリア編)下【完結】
日時: 2021/03/22 02:24
名前: 銀竹 (ID: r9bFnsPr)
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=17224

 人々の安寧を願ったサーフェリアの前国王、サミル・レーシアス。
彼の興した旧王都──アーベリトは、わずか七年でその歴史に幕を閉じることとなった。

 後に『アーベリトの死神』と称される、召喚師ルーフェンの思いとは……?

………………

 はじめまして、あるいはこんにちは!銀竹と申します。

 本作は、銀竹による創作小説〜闇の系譜〜の二作目の後編です。
サーフェリア編がかなり長くなりそうだったので、スレを上・下と分けさせて頂く事にしました。
一部残酷な表現などありますので、苦手な方がいらっしゃいましたらご注意下さい。

 今回は、サーフェリア編・上の続編となっております。
サーフェリア編・上の知識がないと通じない部分も出てきてしまうと思いますが、伏線以外は極力分かりやすく補足して、進めていきたいと考えています(上記URLはサーフェリア編・上です)。

〜闇の系譜〜シリーズの順番としては
ミストリア編(上記URLの最後の番号五桁が16085)
サーフェリア編・上(17224)
サーフェリア編・下(19508)
アルファノル編(18825)
ツインテルグ編
となっております。
外伝はどのタイミングでも大丈夫です(16159)。
よろしくお願いいたします!

…………………………

ぜーんぶ一気に読みたい方→ >>1-430

〜目次〜

†登場人物(第三章〜終章)† >>1←随時更新中……。

†用語解説† >>2←随時更新中……。

†第三章†──人と獣の少女

第一話『籠鳥ろうちょう』 >>3-8 >>11-36
第二話『憧憬どうけい』 >>37-64
第三話『進展しんてん』 >>65-98

†第四章†──理に触れる者

第一話『禁忌きんき』 >>99-150 >>153-162
第二話『蹉跌さてつ』 >>163-189 >>192-205
第三話『結実けつじつ』 >>206-234

†第五章†──淋漓たる終焉

第一話『前兆ぜんちょう』 >>235-268 >>270-275
第二話『欺瞞ぎまん』 >>276-331
第三話『永訣えいけつ』 >>332-342
第四話『瓦解がかい』 >>343-381
第五話『隠匿いんとく』 >>382-403

†終章†『黎明れいめい』 >>404-405

†あとがき† >>406

作者の自己満足あとがき >>407-411

……………………

基本的にイラストはTwitterにあげておりますので、もし見たい!って方がいらっしゃいましたらこちらにお願いします。→@icicles_fantasy

……………………


【完結作品】
・〜闇の系譜〜(ミストリア編)《複ファ》
ミストリアの次期召喚師、ファフリの物語。
国を追われ、ミストリアの在り方を目の当たりにした彼女は、何を思い、決断するのか。

・〜闇の系譜〜(サーフェリア編)上《複ファ》
サーフェリアの次期召喚師、ルーフェンを巡る物語。
運命に翻弄されながらも、召喚師としての生に抗い続けた彼の存在は、やがて、サーフェリアの歴史を大きく変えることとなる──。

・〜闇の系譜〜(サーフェリア編)下《複ファ》
三街による統治体制を敷き、サーフェリアを背負うこととなったサミルとルーフェン。
新たな時代の流れの陰で、揺れ動くものとは──。

【現在の執筆もの】

・〜闇の系譜〜(外伝)《複ファ》
完全に狐の遊び場。〜闇の系譜〜の小話を載せております。

・〜闇の系譜〜(アルファノル編)《複ファ》
ミストリア編後の物語。
闇精霊の統治者、エイリーンとの繋がりを明かし、突如姿を消したルーフェン。
召喚師一族への不信感が一層強まる中、トワリスは、ルーフェンの後を追うことを決意するが……。
憎悪と怨恨に染まった、アルファノル盛衰の真実とは──?

【執筆予定のもの】

・〜闇の系譜〜(ツインテルグ編)《複ファ》
アルファノル編後の物語。
世界の流転を見守るツインテルグの召喚師、グレアフォール。
彼の娘である精霊族のビビは、ある日、サーフェリアから来たという不思議な青年、アーヴィスに出会うが……。




……お客様……

和花。さん
友桃さん
マルキ・ド・サドさん
ヨモツカミさん


【お知らせ】
・ミストリア編が、2014年の冬の大会で次点頂きました!
・サーフェリア編・上が、2016年の夏の大会で銅賞を頂きました!
・2017年8月18日、ミストリア編が完結しました!
・ミストリア編が2017年夏の大会で金賞を頂きました!
・サーフェリア編・上が、2017年冬の大会で次点頂きました!
・2018年2月18日、サーフェリア編・上が完結しました!
・サーフェリア編・下が、2019年夏の大会で銀賞頂きました!
・外伝が、2019年冬の大会で銅賞頂きました!
・サーフェリア編・下が、2020年夏の大会で銀賞頂きました!
・サーフェリア編・下が、2020年冬の大会で金賞頂きました!
いつも応援して下さってる方、ありがとうございます(*^▽^*)

Re: 〜闇の系譜〜(サーフェリア編)下 ( No.154 )
日時: 2019/07/09 19:52
名前: 銀竹 ◆4K2rIREHbE (ID: NRm3D0Z6)



 聞こえてきたもう一人の声が、若い男の声だったので、なんとなく声をかけるのは躊躇われた。
しかし、この機会を逃したら、またアレクシアがいなくなってしまうかもしれない。
少しでいいから、もう一度話がしたい。
そんな思いが先立って、しばらくアレクシアの部屋の前をうろうろと彷徨っていると、不意に、扉が押し開かれて、中から黒髪の男が現れた。
見覚えのある鋭い顔つきに、赤を基調としたローブ──宮廷魔導師のジークハルト・バーンズだ。

 予想外の人物がアレクシアの部屋から出てきて、トワリスは、つかの間ジークハルトの顔を見つめたまま、呆然と立っていた。
入団試験でこてんぱんにやられて以来、話したことはなかったが、つい最近、歴代最年少で宮廷魔導師にまで上り詰めたことで有名な人物であったから、当然名前は知っている。

 訝しげに眉を寄せたジークハルトは、トワリスを一瞥したあと、部屋の中にいるアレクシアの方に振り返って、言った。

「……おい、客だ」

 不機嫌とも取れるような、低い声。
自分のことを言われているのだと気づいて、トワリスは、慌てて顔をあげた。

 遠慮がちに部屋の中を覗いてみれば、寝台の上に足を組んで座っているアレクシアと、ぱちりと目が合う。
アレクシアの部屋だから、派手な内装を想像していたが、実際は備え付けの寝台と文机しかなく、間取りは同じだが、トワリスの部屋以上に殺風景で生活感がなかった。

 トワリスは、アレクシアとジークハルトを交互に見ると、一歩その場から引いた。

「あの……お取り込み中だったら、すみません。都合が悪ければ、出直しますが……」

 控えめな声で言うと、表情を険しくしたジークハルトに対し、アレクシアは、おかしそうに笑った。

「あら、そう? 気を遣わせて悪いわね。二人きりでお取り込み中だから、後でもう一度来てくれるかしら?」

「誤解を招くような言い方をするな。何も取り込んでない」

 アレクシアのからかうような口ぶりに、ジークハルトが眉をしかめる。
ジークハルトは、アレクシアを睨むと、ため息混じりに言った。

「お前、ふざけるのも大概にしろ。誰のお陰で除名されずに済んだと思ってる。少しは軽口を控えて、反省したらどうだ。また留置所に送られても、今度は助けてやらんぞ」

 留置所──。
その言葉に、トワリスは耳を疑った。
もしやアレクシアは、今まで留置所で拘留されていたのだろうか。
卒業試験の受験資格を剥奪されるどころか、まるで罪人のように拘置されていたなんて、正直信じがたい。
確かに、規律違反は犯した。
しかし、たかが訓練生が無断で任務に出たくらいで、これといって大きな問題を起こしたわけでもないのに、除名や拘置しようだなんて、いくらなんでも重罰すぎる。

 トワリスは、顔色を変えると、ジークハルトに詰め寄った。
 
「今の、どういう意味ですか? アレクシア、今まで留置所に送られていたんですか?」

 アレクシアの顔が、珍しく気まずそうな表情に変わる。
黙ってしまった彼女を一瞥すると、トワリスは、ジークハルトに向かって続けた。

「……ラフェリオンの件が原因ですか? 確かに、そのことに関しては、身勝手な行動ばかりして、本当に申し訳ありませんでした。ですが、私たちはあくまで、卒業試験の一環として、魔導師の職務を果たそうとしただけです。アレクシアが拘束までされる理由が分かりません……!」

 思いがけず刺々しい口調になってしまって、トワリスは慌てて口を閉じた。
別に、アレクシアの処分を決定したのはジークハルトではないだろうし、口ぶりからして、彼はむしろ、アレクシアのことを助けてきてくれたようだ。
それなのに彼を責める謂れはなかったのだが、つい熱くなって、口走ってしまった。

Re: 〜闇の系譜〜(サーフェリア編)下 ( No.155 )
日時: 2019/07/11 18:37
名前: 銀竹 ◆4K2rIREHbE (ID: exZtdiuL)


 アレクシアは、少し驚いたように目を丸くして、トワリスを見ている。
一方のジークハルトは、すっと目を細めると、冷静な口調で答えた。

「魔導師団の上層部からすれば、目を瞑ってはおけなかったということだ。自分達が何に手を出したのか、分かっているか? 前魔導師団長、ブラウィン・エイデンが禁忌魔術を犯そうとしたことは、魔導師団が必死になって隠蔽した過ちだ。それをお前たちは掘り返して、暴いた。訓練生にそんなことをされては、黙っていられないだろう」

「…………」

 うつむいて、トワリスは、ぐっと唇を噛んだ。
今回トワリスたちが挑んだのが、ラフェリオンの件でなければ、こんなに大事にはならなかっただろう。
規律違反をしたとか、そんなことは端から重要視されていなかったのだ。
魔導師団にとって都合の悪い真実に触れてしまったから、アレクシアは処罰されたのである。

 同時に、任務に赴く前、アレクシアが言っていた言葉が、ふと脳裏に蘇った。

──魔導師団の上層部が、臭いものに蓋をしたって考えるのが、普通じゃない?

 単なる憶測かと思っていたが、やはりアレクシアは、全てを知っていたのだ。
知っていたけれど、独力ではどうにもならないと分かっていたし、魔導師に昇格してからでは、自由に任務に出られることなんてないだろうから、卒業試験という機会を利用して、サイとトワリスを巻き込んだ。
反面、深く関わらせるべきではないとも思っていたから、なかなか事情を話そうとはしてくれなかったのかもしれない。
結果的に、真相の断片をトワリスたちは知ってしまったが、それでも、アレクシアが主犯は 自分だと明かしてくれたお陰で、サイとトワリスは、何も分からず丸め込まれただけだと思われている。
上層部が、トワリスたちの合格を黙認したことが、何よりの証拠だ。

 トワリスは、拳をぎゅっと握ると、ジークハルトを見上げた。

「……納得がいきません。都合の悪いことを暴いたから、アレクシアが悪者になるんですか? そんなのおかしいです。私も、詳しい事情は知りません。だけど、アレクシアはむしろ、魔導師団が助けてあげるべき立場だったんじゃないんですか? ハルゴン氏だって、そうです。彼はずっと、ブラウィン・エイデンに禁忌魔術を使うよう脅されて、苦しんでいた。手をさしのべるべき、被害者だったんです。それなのに魔導師団は、助けるどころか、事実を隠蔽したいばっかりに、ハルゴン氏を亡き者にした。……悪者は、どっちですか」

 言ってしまってから、トワリスは、自分の手が微かに震えていることに気づいた。
それが、怒りから来るものなのか、怯えから来るものなのかは、分からなかった。

 こんなことを宮廷魔導師であるジークハルトに言ったら、アレクシアだけじゃなく、トワリスも真実を知っているのだと、上層部に明かしてしまうようなものだ。
そうしたら、合格取り消しどころか、アレクシアと同じように、処罰を受けさせられるかもしれない。

 それでも、言ってやらねばと思った。
念願の魔導師になれて嬉しかったし、規律違反をしたことは本当なので、多少の罰を受けるのは仕方がないものと納得していた。
けれど、臭いものの蓋を開けられたからという理由で、理不尽な目に遭わせられるというなら、話は別である。

Re: 〜闇の系譜〜(サーフェリア編)下 ( No.156 )
日時: 2019/07/13 18:57
名前: 銀竹 ◆4K2rIREHbE (ID: NRm3D0Z6)



 ジークハルトは、長い間黙って、トワリスのことをじっと見つめていた。
トワリスもまた、目をそらさずに、ジークハルトのことを見つめ返していたが、内心、何を言われるだろうかと気が気ではなかった。
入団試験を受けたときと同じ、強い光を宿した、漆黒の瞳。
ジークハルトの目には、相手を捕らえて離さない、強く鋭い意思が宿っている。

 しかし、不意に目を閉じたかと思うと、ジークハルトは、僅かに纏う空気を和らげて、言った。

「……全くもって、その通りだな」

 思いがけず肯定的な答えが返ってきて、ぱちぱちと瞬く。
ジークハルトは、一つ息を吐くと、トワリスに向き直った。

「一応弁解しておくが、人形技師のミシェル・ハルゴンを葬った連中は、前団長ブラウィン・エイデンに加担する魔導師だったんだ。魔導師団が事件を隠蔽しようとしたことは事実だが、証拠隠滅のためにハルゴン氏を殺害しようとしたのは、魔導師団の総意だったわけじゃない。禁忌魔術をハルゴン氏に強制した挙げ句、自分達の悪行が暴かれそうになったからといって、関係者を片っ端から亡き者にしようとしたのは、言わばエイデン派の人間たちだ。そしてそいつらは、後々魔導師団の方で見つけ出し、ちゃんと裁いている。……アレクシアが、お前たちにどんな説明をしたのかは、知らんがな」

 ちらりとアレクシアの方を見てから、ジークハルトは続けた。

「ついでに言えば、魔導人形ラフェリオンの正体は、現状俺とお前たちしか知らない。上は、気の急いたアレクシアが、手柄欲しさに宮廷魔導師団宛の案件を盗み出し、サイとトワリス両名を巻き込んで、結果ラフェリオンの破壊に成功したと思っている。つまり、今いる魔導師団の幹部も、大半が“ラフェリオンとは、ハルゴン氏が禁忌魔術によって生み出した強力な魔導兵器”であり、それはお前たちが破壊したものと信じこんでいる。……そもそも、事件発覚以降、姿を眩ましていた魔導人形が、実は感情と思考を持っていて、自分の偽物の情報を流して逃げ回っていたなんて、そちらの方が真実味に欠けるしな。魔導師団にとって都合が悪かったのは、禁忌魔術によって生まれた人形がいる、ということよりも、その禁忌魔術に前魔導師団長が関わっていた、ということだ。ようやくその真実が過去のものになろうとしているのに、今更深追いして、本物のラフェリオンの正体を暴き追おうとする者もいないだろう」

 ジークハルトの静かな声色に、ささくれ立っていた心が、徐々に落ち着いていく。
身体の強張りが少しずつ解けていくと、トワリスは、ほっと胸を撫で下ろした。

「そう、なんですね……良かった」

 気が抜けたような返事が、思わず口をついて出る。
それでも、未だ浮かない顔つきのトワリスに、ジークハルトは尋ねた。

「……失望したか?」

 質問の意図が分からず、眉を寄せる。
ジークハルトは、険しい表情のまま、付け足した。

「ハルゴン氏を殺害したのがエイデン派の人間だったとはいえ、魔導師団が、被害者の保護よりも事件の隠蔽を優先したのは事実だ。ラフェリオンの件だけじゃない。魔導師団には、こういった黒い噂なんて、いくらでもある。口では国の平和を守るだなんだとほざいても、その実、自分の体裁を守るので精一杯な連中なんて、魔導師団には五万といる。馬鹿馬鹿しいだろう」

 トワリスは、目を見開いて、ジークハルトの顔を見つめた。
この言葉が、ジークハルトの本音なのかどうか、彼の動かない表情からは、何も伺えなかった。
本音のようにも思えたし、逆にトワリスの心を探られているような気もする。
けれどそれは、魔導師団への忠誠を確かめられている、というよりは、純粋にジークハルトが、トワリス個人へとしている問いかけのように思えた。

Re: 〜闇の系譜〜(サーフェリア編)下 ( No.157 )
日時: 2019/07/14 18:54
名前: 銀竹 ◆4K2rIREHbE (ID: NRm3D0Z6)



 トワリスは、目を伏せると、ぽつりと本音を溢した。

「……馬鹿馬鹿しい、とは思います。貴族出だとか、平民出だとか、男だとか女だとか、普通じゃない生い立ちだとか、そんなどうでもいいことばかり気にする人に、沢山出会いました。自分の立場を守るためだけに、他者を踏みにじって、騙して、嘘の上塗りをして……そういうのって、本当に下らない。でも、現に私たちも、嘘をつきました。魔導師としての選択をするなら、禁忌魔術で作られたラフェリオンを壊すべきだったのに、そうしなかった。そして、偽物のラフェリオンを本物だったということにして、結果的に事件を解決したと、虚偽の報告をしました。……私は、その選択が間違っているとは思いませんが、それでも、嘘は嘘です」

 次いで、ジークハルトの目を真っ直ぐに見ると、トワリスは続けた。

「納得がいかないことも、悔しいこともあります。だけど、何かを守れる人間になるためには、魔導師団の一員であることが、一番の近道になると思うんです。だから、失望してはいません。……というより、まだしたくありません」

「…………」

 ジークハルトは、再び口を閉ざして、トワリスのことをじっと見据えていた。
しかし、不意に踵を返すと、扉の取っ手に手をかけて、振り向き様に言った。

「そこまで考えられるなら、まだ堪えておけ。気に食わないことがあるのは、よく分かる。だが、今のお前の立場でところ構わず噛みついたって、叩き潰されるのが落ちだ。……魔導師団は、俺が変える」

 それだけ言うと、ジークハルトは、扉を開けて部屋の外へと出ていってしまう。
トワリスは、しばらくの間、ぽかんと扉の方を見つめていた。

 胸の中にあった苛立ちがしぼんで、代わりに、僅かな羞恥心が込み上げてきた。
自分の発言は、間違いではないと思う。
だが、実力のない今の自分が、それをところ構わず訴えたって、ジークハルトの言う通り、一蹴されて終わりだろう。
冷静になれば分かることなのに、頭に血が昇ると、つい考えるより先に行動してしまうのが、自分の悪い癖だ。
そのことを、まだ会って間もないジークハルトに見抜かれたのが、なんだか恥ずかしかった。

 アレクシアが、どこか呆れたように口を開いた。

「あの自信は、一体どこから来るのかしらね? あの人だって、まだ二十歳よ?」

 寝台の上で、気だるそうに髪をいじるアレクシアに、視線をやる。
トワリスは、アレクシアの方を向くと、不思議そうに尋ねた。

「……アレクシア、バーンズさんとお知り合いだったんだね。アレクシアも、入団試験の時に会ったの?」

 何気ない問いに、アレクシアが眉をあげる。
少し黙りこんだあと、やれやれと首を振って見せると、アレクシアは、大袈裟な身振り手振りをつけて答えた。

「その程度じゃないわ。もっと深ーい関係よ」

「えっ……」

 トワリスの頬が、微かに赤くなる。
気まずそうに視線を背けると、トワリスはもごもごと口ごもった。

「ア、アレクシアって、しょっちゅうそんなことしてるの……?」

 批判的な色を混ぜて、躊躇いがちに尋ねる。
アレクシアは、面白がっている様子で、くすくすと笑った。

「そんなことって?」

「いや、だから……。ゼンウィック常駐の、あのメレオンっていう魔導師の男の人とも、なんか、その……ただの友達って訳じゃなさそうだったし……」

「ただの友達じゃなかったら、どうだっていうのよ?」

 聞いているのはこちらなのに、アレクシアは、質問ばかりで返してくる。
トワリスは、逡巡の末、一層顔を赤らめると、目線を床に落としたまま、呟いた。

「そ、そういうのは……あんまり、良くないと思う……」

Re: 〜闇の系譜〜(サーフェリア編)下 ( No.158 )
日時: 2019/07/16 18:50
名前: 銀竹 ◆4K2rIREHbE (ID: NRm3D0Z6)


 瞬間、吹き出したアレクシアが、からからと高い声で笑い出す。
たじろいだトワリスを、ひとしきり笑って馬鹿にすると、アレクシアは言った。

「馬鹿ね、冗談に決まってるじゃない。本当に貴女って、いちいち真に受けるから面白いわ」

 むっとしたトワリスが、アレクシアを睨み付ける。
未だ笑いを噛み殺しているアレクシアに、トワリスは反論した。

「真に受けてるわけじゃないよ! ただ、アレクシアは色々だらしないから……!」

 そのまま説教を続けようとして、口を閉じる。
トワリスはそっぽを向くと、冷めた口調で返した。

「……なんか、思ったより元気そうだね。心配して損したよ」

 アレクシアが、ふっと鼻を鳴らす。

「何よ、心配して来たわけ? 随分お優しいことね。あれだけ私に敵意剥き出しだったくせに」

 トワリスは、口を尖らせた。

「……それとこれとは、話が別だろ。アレクシアがかばってくれたから、私とサイさんは正規の魔導師になれたわけだし……その、一応、お礼を言っておこうと思って……」

 罰が悪そうに答えたトワリスに対し、アレクシアが、目を丸くする。
彼女は、毒気を抜かれた様子で、何度か目を瞬かせた。

「……はあ? お礼? 貴女、一体どこまでお人好しなのよ。私がサイとトワリスを巻き込んだのは事実なんだから、変な罪悪感を感じてるんじゃないわよ。分かってる? 私、貴女たちのことを勝手に視て、それを脅しの材料に使ったのよ」

 トワリスは、真剣な表情になると、アレクシアを一瞥した。

「それだけ、ラフェリオンに会いたかったってことだろ。奪われたヴァルド族の目が、どうなったのか、どうしても確かめたかったから……」

 どこか申し訳なさそうに言って、トワリスが俯く。
これ以上、アレクシアの過去に関わる話を、するべきじゃないと気遣っているのだろう。
しかし、無理に話題をそらすのも不自然だから、必死に当たり障りのない言葉を探しているようだ。

 分かりやすいトワリスの反応に、アレクシアは、大きくため息をついた。

「辛気くさい顔して、鬱陶しいわね。……あのね、本当は、ヴァルド族なんて存在しないのよ」

「えっ」

 思いがけない言葉に、トワリスが瞠目する。
アレクシアは、寝台から腰をあげると、ぐっと背筋を伸ばした。

「西の一部に伝わる伝承にね、ヴァルド族と呼ばれる、透視と予知の能力を持った一族が出てくるの。彼らが実在していたのかどうかは、分からないわ。私は、その名前を語った、偽物ってこと」

 随分と簡単に明かされた真実に、トワリスが頭を捻る。
怪訝そうに眉を寄せると、トワリスは、アレクシアに詰め寄った。

「ど、どういうこと……? じゃあ、ラフェリオンに話してたことは、全部嘘だったの? アレクシアの目には、特殊な力なんてないってこと?」

 アレクシアは、隣部屋であるトワリスの自室と、この部屋とを隔てる木壁を指差すと、小さく首を振った。

「嘘はついてないわ。私には、壁を隔てた向こうの景色でも、山一つ向こうの景色でも、普通は見えないはずのものが視える。だから、貴女が昨晩、どんな寝相だったかも知ってるわ」

「……私、真面目な話をしてるんだけど」

 半目で睨んで、ふざけるなと訴える。
トワリスの鋭い視線に、アレクシアは、ふふっと笑って、肩をすくめた。

「真面目に話すほどでもない、下らない能力ってことよ」

 次いで、トワリスの横を通りすぎると、アレクシアは背を向けて、淡々と言い募った。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。