二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

すばらしきスマブラの日常(笑)
日時: 2018/01/05 20:18
名前: トクマ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=64

   開設日:2016/03/26 11:09

 画面の前のみなさま初めましておはこんばんちは。トクマと言います。

 このスレでは、トクマの分身とも言えるオリキャラを中心にクロスオーバーで扱うあらゆるキャラ達との日常でもあり非日常の文を思い付くまま気の向くままに書いていきます。小説カキコ初心者ゆえに未熟で満足出来ない所もあるかと思いますが何卒よろしくお願い致します。

〈注意事項〉
・トクマには文才がないので所々文章がおかしかったり訳がわからなかったりするかもしれません。予めご了承ください。
・完全な俺得オリジナル設定が盛り沢山です。キャラ設定や世界観設定は随時アップしていきます。
・キャラ崩壊やメタネタ、パロディやクロスオーバーなどが普通に出てきます。その為『このキャラダレだ?』や『こんなキャラじゃないのに!』と思われます。
・時折カプ要素出てきます。基本的にNLが多いですが、時としてBLネタが出てくるかもしれません。
・キャラは初代から最新作までほぼ全てのキャラがいる前提で話を進めています。また、キャラによっては出番が多かったり少なかったりします。ご容赦下さい。
・小説の感想やコラボ、キャラの貸し出し申請やキャラや世界観の質問はいつでも大歓迎でございますが、誹謗中傷や他の閲覧者の迷惑になるような書き込みはやめてください。


※目次や注意事項やキャラ設定は随時更新及び修正していきます。


   【もくじ】

 【世界観等々の設定資料】 >>1


 『〜スマブラ長編〜』
【これが日常ですけどなにか?】
本編 >>2-3 >>4-5 >>6-7 >>8-12
オマケ >>13

【リアル動物ごっこ(笑)】
本編 >>14-15 >>16-17 >>18-20
オマケ >>21-22

【マスターハンドのワクワク☆発明品】
本編 >>137-139 >>145-148 >>156-158
オマケ >>140 >>159

【混沌の宴! その名はオトーリ!!】
本編 >>167-169 >>177-179 >>189-192
オマケ >>170

【ワタボーハザード】
本編 >>300-302 >>310-313 >>325-327

【真っ赤なXマス】
本編 >>349-351 >>354-357 >>365-368


 『〜スマブラ大長編〜』
【覚醒・ドルピック島編】
予告編 >>23
準備 >>29-30
一日目 >>39-41 >>47-50
二日目 >>56-58 >>65-68
三日目(前編) >>75-77 >>83-85
三日目(後編) >>94-99 >>106-109
オマケ >>86
あとがき >>110

【激闘!アナザーキャスト編】
序章 >>193
黒いシンデレラと金色猿と闇乳首 >>196-198
別の自分とゆるキャラと衝撃発言 >>206-208
ラーメンと恋罵女と思い出 >>215-217
アラジンとガチ泣きと弱音 >>222-224
逃走と闘争と回想 >>231-233
復帰と侍と母の言葉 >>238-240
死闘と切り札と悪童と姫騎士 >>254-257
変隊創設者と心と拳 >>280-282
私と俺とシンデレラ >>288-290
オマケ >>225
あとがき >>291
エピローグ・A >>297


 『〜スマブラ短編〜』
作者とスマブラメンバーで銀魂パロ >>24
2017年バレンタイン短編小説集 >>123-124
スマテスト >>249
スイカは割るより切る方が美味い >>260-262
世にも奇妙な怪談☆話 >>265-268
トクマ版改変コピペネタ集 >>272
2017年のハロウィン事情 >>334-335
グダグダな日常小話 >>339-340


【スマブラの日常(笑)〜エピソード0〜】
彼らとのファーストコンタクト >>117-118
彼らとの親交会(という飲み会) >>130-131
彼らとの共通点 >>243-244
彼らとの分岐点 >>320-322


 《タグ》
 スマブラ とある魔術の禁書目録 ストリートファイター ワンダーランドウォーズ クロスオーバー NL キャラ崩壊 裸族 変隊創立本部 変隊

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74



真っ赤なXマス ( No.367 )
日時: 2018/01/05 20:01
名前: トクマ


 一面銀世界。ミクサとリンの大技がフロスティに見事に当たり、その衝撃でフロスティの身体として構築されていた雪が暴発、町全体が天気予報で雪が降ってないのに大雪が積もる事になってしまった。

 すると一部がモゾモゾと動き、ルフレが顔を出した。

ルフレ「……全員、無事か」
当麻「……なんとかな……」

 当麻が無事を伝えると他のメンバーもどんどん雪から出てくる。

ルキナ「ぺ、ぺ、うぅ……」
ルフル「ひどい目に遭いました」

 口の中に雪が入ったのか吐き出すルフルと少し涙目のルキナ。

シュネー「大丈夫ですか? お姉様」
サンドリヨン「大丈夫よ。シュネーヴィッツェン」
マック「……あれ……トレ子さんはどこに……?」
キリト「……」

 次々に出てくるもトレ子とアスナがいない事に気付いて辺りを見渡すマック。キリトがマックの肩を軽く叩き、とある方向を指さす。そこには――

トレ子「……」
アスナ「……」

 エジプトの壁画みたいになっているトレ子とアスナがいた。とりあえず無事だと確認したマックとキリトは静かにスルーした。

リン「みなさん! 大丈夫ですかー!!」
ミクサ「……ケガ……ない……?」
ピーター「ぶはーっ! 驚いたー!!」
トクマ「まさか隕石いんせきが降ってくるとはな……」

 走って無事か確認するリンとミクサ。頭や肩に積もった雪を払うトクマとピーター。

アリス「……」

 そのなかでアリスはどこか呆然とした表情を見せていた。

ドレディア「ディア?」
ミクサ「……大……丈夫……?」
リン「あの? アリスさん? どこかケガでもなされました?」
アリス「あ、いや、違うよリンリン!」

 何処か怪我したのか心配するメンバー。アリスは違うと否定し、話始める。

アリス「その……ね……私、フロスティと一人で戦う時に楽しかった思い出が流れたの……」

 静かに語るアリスを他のメンバーは見守る。

アリス「ギャグカオス組と一緒にイタズラしたり、動物クッキーで騒動起こしたり、皆で南の島に行ったり、テストで珍解答したり、ハロウィンしたり……ここに来る前の私じゃ考えられない程の体験をした……」

 迫り来るフロスティの攻撃に走馬灯が見えた事を語るアリス、しかし、その表情に不安はなく、泣きそうな表情である。

アリス「……もう……ダメかなと思った……けど……」


トクマ『だったら、オレ達に『一緒に戦ってくれる?』ぐらい言え! お前はこどもだから、迷惑をかけていいんだよ』
ルフレ『最後に命令する……全員で勝つぞ!!』
サンドリヨン『アリスを、私達の仲間を守ってみせる!!』


アリス「……私……生きてるんだ……」

 皆を失いたくないと思った少女の決死の覚悟は、少女を失いたくない仲間達の心に砕かれた。

 自身の為に戦った仲間の背中を思い出し、安堵からアリスの目に涙があふれ始めた。

アリス「……よがっだよぉ……!」

 ポロポロと涙を溢すアリスにサンドリヨンは優しく背中を叩いて慰める。その様子に他のメンバーは安堵の表情を見せていた。

ピーター「……そうだ! サンタクロースの袋! 回収し……」

 サンタクロースの袋を思い出したピーターはすぐさま変態おじさんの側に近付く。しかし、途中で固まり、滝のような汗を流し始めた。

当麻「ピーター、どうし……」

 様子がおかしいと思ったメンバーもピーターに続いて目を向ける。













































 そこには、気絶した変態おじさんの側に何かの灰がまばらに落ちていた。

全員「」

 何かの灰がまばらに落ちていた。

 ……これ……もしかして……

当麻「……な、なぁ……」
マック「言うな」
当麻「いや、これって」
ルフレ「言うんじゃない」
当麻「でも、どう見ても」
トクマ「言ったら、お前に女装癖じょそうへきがあると言いふらす」
当麻「理不尽だなおい!!」

 言わせまいとするトクマとルフレ、マックの三人は目力と脅しに近い言葉で敬遠する。

ミクサ「……燃え……ちゃった……ね……」

 しかし、ミクサの一言でサンタに袋を探してくれと頼まれたメンバーは崩れ落ちた。

ルフル「これ、謝ったら許してくれませんよね」
ルキナ「許さないでしょうね……」

 素直に謝ってもサンタクロースの袋は重要なアイテム。聖人とはいえ、説教は確実だろう。

ピーター「作り直しは……出来ないよな」
シュネー「願いの概念で作られたモノだから、直せないわね」
サンドリヨン「私達の知り合いには直せる人もいませんし……」

 ワンダーランドに住む三人にも匙をハンマー投げの要領で投げられ、打つ手なしの状況に肩を落とす。

トクマ「ま、まだ諦めるには早いだろ……」
マック「手遅れだろォォォ!」

 諦めが悪いトクマが冷や汗を大量に流しながら引きつった笑みを見せるも流石に無理である。

キリト「どうすんだよこれ! 修復不可能なレベルだろ! リングで真っ白に燃え尽きたボクサー並に修復不可能だろ!!」
アスナ「灰になってるねぇ……」

 言葉通りの灰になった袋をまじまじと見ながら言うアスナ。

トクマ「落ち着け! 落ち着いてタイムマシンを探すんだ!!」
キリト「お前が落ち着け!!」
ルフル「サンドリヨンさんも参加しなくていいです!!」

 打つ手なしの状況に混乱したトクマがたるの中をくまなく探している様子にキリトが止め、何故か一緒になって樽の中を探していたサンドリヨンをルフルが止める。

トレ子「頑張ってー」
アスナ「難しいよー」
キリト「そこ! チクタクバンバンするな!」

 トレ子とアスナはタテ4マス、ヨコ4マスの枠に配置されている15枚の線路プレートを動かして、進み続ける目覚まし時計を常に動き続けられるようにするアメリカのパーティーゲームで遊んでいた。

 懐かしいなおい!? このゲーム知ってる人っているの!?

アリス「お茶会を始めよう」
ルフレ「現実逃避するな!」

 遠い眼でお茶会を提案するアリスにルフレが待ったをかけた。

ルフレ「お前らは一旦落ち着け、こういう時に落ち着いてこそ何が浮かび上がるんだ!!」
当麻「おぉ! さすが軍師! 頼りになるぜ!!」

 ルフレの声に全員が希望を持ち始める。

 ……考えて……

 ……考えて……

 ……考えて……

 しばらく沈黙が続き、長考していたルフレが口を開いた。

ルフレ「カレーライス」

トクマ「どこをどう考えたら、そこに行き着くんだよォォォ!!」
ルフル「お兄様混乱してますよね!? 絶対に混乱してますよね!?」

 予想外の言葉に大声で叫ぶトクマ。ルフルがルフレの目が死んでいる事を見つけ、ルフレも混乱している事に気付いた。

トクマ「何か考えないとサンタさんが――」
サンタ「お前さん達! 大丈夫か!」
トクマ「――イヤァァァァァァァ!!」

 タイムアップ。サンタが元気に走ってくる姿を視界に入れたトクマは絶叫した。

リン「まぁサンタさん! サンタさんですわよミクサさん!!」
ミクサ「……わぁ……本……当だ……」
サンタ「ほっほっ、元気でよろしい」

 初めて見る生のサンタに興奮するリンとミクサ。その様子に朗らかに笑うサンタ。

アリス「あ、あの……」

 アリスがオドオドと不安になりながらサンタに声をかける。

アリス「えっと……じつは……その……ご、ごめんなさい!!」
トクマ「すいませんでしたァァァァ!!」

 アリスが謝ると同時にトクマは勢いよくスライディング土下座しながらサンタに謝った。

サンタ「なるほど……そういう意味か……」
アリス「燃やす気はなかったんだよ! でも、加減できる相手じゃなかったの!!」
トクマ「臓器なりなんなり売ってでも弁償しますんで命だけは……命だけはァァァァァァァ!!」
トレ子「トクマさんの謝り方は違いますよね。サンタを極道だと思って謝ってますよね」
キリト「お前はサンタをなんだと思ってるんだ……」

 サンタが気絶した変態おじさんの側にある灰を見て状況を察し、アリスとトクマはさらに深く謝った。

 トクマだけなんか違う? 気のせいです。

サンタ「ほっほっ……どうやらわしの思惑は正しかったようじゃな」
全員「……へ?」

 笑いながら言うサンタの言葉に全員が首をかしげる。

当麻「そ、それはどういう事でせうでしょうか……?」
サンタ「盗まれたのは偽物の袋じゃ……本物は奪われておらん」
全員「へぁ!?」

 サンタの言葉に全員が目を向き、驚きを露にした。

サンタ「お前さんらを試すようですまんかったのぉ……最初はマリオの言う人物なのかわざと偽物の袋を盗ませ、『願いを叶える』という破格の報酬にどう動くかみたかったのじゃが……」

 サンタの説明に全員が目を点にしている。まともに話を聞いてるかわからないがサンタはその様子を見て二、三回頷いた。

サンタ「うむ。予想だにしないアクシデントがあったものの、納得の答えを見た! 見事じゃ!」

 とりあえず、怒ってない事を理解したメンバーは疲労の為か地面に座りこんだ。

ルフレ「あー……どっと疲れるな」
当麻「はぁ……知らないうちに試されたのかよ……不幸だ……」
ルフル「でも、これで終わりなんですよね?」
サンタ「うむ。終わりじゃよ」

 サンタから何かあるか聞こうとするも本人が無いことにホッとする当麻とルフル、後で警察に連絡して気絶している変態おじさんを連行するだけである。

サンドリヨン「そういえばトクマさん……あの姿は一体なんですか?」
トクマ「あの姿……あぁ! 血死之情熱ブラッド・デッドヒートの事か!!」
シュネー「ダサっ!? 何その暴走族センスの名前!!」
トクマ「黙れ元レディース!」

 サンドリヨンがトクマの新しい力に反応し、トクマは自慢するかのように胸を大きくするもネーミングセンスの無さにシュネーが否定する。

トクマ「ハスターとは全く違う力! これならあの変わった姿にならないですむ! ついにハスター卒ぎょ……」

 言いかけた瞬間、トクマの身体がフラッと大きく揺れる。踏ん張ったので倒れることは阻止した。

ルフル「トクマさん?」
シュネー「急にどうしたのよ?」
トクマ「いや、ホッとしたのか身体の力が抜け……て……」

 身体から急激に力が抜けていく感覚を最後にトクマは地面へと倒れ、意識を失った。

アリス「クマちゃん!?」


 ラストスパート! コメントはまだ!

真っ赤なXマス ( No.368 )
日時: 2018/01/05 20:16
名前: トクマ

 フロスティの戦闘から数日後、スマブラやしきの食堂では古今東西のスマッシュファイターが飲み物を片手に何かを待ち望んでいた。

 マリオが立つと空気は静かになり、マリオはその様子を見て笑いながら飲み物を持った手を大きく上に挙げた。

マリオ「それでは、乾杯!!」
全員「かんぱーい!!」

 音頭おんどとともにジュースを飲んだり、酒を飲んだり、美味しそうな料理を食べ、酒を飲み、思い出に花を咲かせ、酒を浴び、酒に溺れるメンバーが見え隠れして……殆どのメンバー、酒しか飲んでないじゃん!!

マリオ「お疲れだなリンク」
リンク「おう、まさかクリスマスと新年会を複合して祝うことになるとはな」
ピーチ姫「それなら聞いたわ。ルフレ達がフロスティを倒したけど、その際に発生した雪で被害が起こった事よね?」
ゼルダ「ですが、今回は年内に終わって良かったですね。もし倒さないままだと被害はより酷くなっていたでしょう」

 珍しく酒を飲んでいないマリオとリンク、横から聞いて話に参加するピーチ姫とゼルダ姫も酔っていないようだ。

 あの後、あの変態は警察に連行されたのだが事情聴取したのだが覚えていなかった。何かヒントでも取れると思っていたが成果がなかった事を悔やんでいたのを覚えている。

 あの大雪の除雪作業は大変手間がかかり、中には雪の重さで家が壊れた件もあった。幸いにも怪我人はいたが死傷者はいなかった……クリスマスから大晦日まで大急ぎで作業し、なんとか街の復興が終わったのだった。

リンク「ルフレの考えもわるくないがトクマの考えも間違いじゃないわけだ……お、噂をすれば影だな……」

 リンクの言葉通りにトクマがリンク達の方へ来た。しかし、歩いてではなく、車イスをドレディアに押してもらいながらだった。

トクマ「フロスティの後始末の件はありがとうございました! あと、手間を増やしてしまってすみません」
マリオ「気にするなって! むしろ書類仕事から短時間だけでも抜け出せる理由ができて良かった!」
リンク「今回は功労者はお前じゃないのか?」
トクマ「功労者って……オレには皮肉にしか聴こえないんですけど」
ドレディア「ディディア」

 快活に笑うマリオと意地悪な笑みを浮かべるリンクに苦笑しながら言うとドレディアも同意するかのように言う。

マリオ「自分の身を削って仲間を助けたのにか?」
トクマ「今回の功労者はアリスですよ。オレは自分勝手に暴れて、その結果が助けたことに偶然繋がっただけですから」

 今回のフロスティとの戦いはルフレの考えが正しかった。無理を言って戦うことを願い、無理をして、戦闘後のリスクによって自身の身体を壊した。結果を見れば良いが内容は誉められたものではない。

 例え成功したとしても、いつ切れるかわからない上にデメリットが不明の強化に頼るという却下されて当然の策を許可したルフレに感謝するしかない……

ピーチ姫「その結果が全身筋肉痛の上に高熱で三日間寝込んでたわね」
トクマ「今でも身体が痛いから、しばらくは車イスだけど……」
クレイジー「それに関しては幸運とも言える」

 ピーチ姫の言葉にトクマが苦笑いして答えると人間態のクレイジーハンドが何時もよりも目つきを鋭くさせて話始める。

クレイジー「本来、お前がやった行動は魔力と気の誤った使用法だ。パワーアップは出来るが代償が大きい……むしろ、しばらくは車イスで移動しなければいけないのは幸運な部類だ」
ゼルダ「下手すれば汚ない花火になってたんですからね?」

 有無を言わさない迫力で睨むクレイジーハンドと笑顔なのに目が死んでいるという恐怖しか生まない表情で言うゼルダ姫の姿にトクマは震えながら周りに助けを求めるも自業自得だと判断したマリオとリンク、ピーチ姫はトクマから視線をそらした。

ゼルダ「トクマサン、キイテマスカ?」
トクマ「イエッサァァァ!!」
クレイジー「過程を省略して結果を得ようとした報いだ……一度ならず二度もやりやがって……これに懲りて自重するんだな」
トクマ「……すいませんでした」
クレイジー「次もやったら、左右どちらかの腕にドリルを改造つける」
トクマ「誠に申し訳ありませんでした!!」

 冗談に聞こえない忠告を聞いて、一歩でも早くクレイジーハンドとゼルダ姫から離れようとドレディアに急いで指示を出して離れる。その様子に呆れる視線を送られていたことをトクマは知らなかった。

 クレイジーハンドとゼルダ姫から離れ、しばらく落ち着いたトクマ。するとドレディアがまだ残っている料理に視線を向けていた。

トクマ「ありがとうねドレディアさん。食べて行っても良いよ」
ドレディア「ディーアー!!」

 自由行動を許可すると喜びながら受け皿とフォークを持って、食べに行くドレディア。その姿を見て思わず笑うトクマ。

 手持ち無沙汰ぶさたとなり、周りを見渡すとちらほらと団欒だんらんするメンバーが見える。

 新たなイタズラを会議しながら計画するギャグカオス組。

 日々のストレスからなのか、酔いで宴会芸を披露ひろうするファルコンやガノンドロフといった一部の大人組。

 すれ違いざまにマックとキリトの服を剥ぎ取ってをパンイチにするトレ子とアスナ。

 ゲーム大会や新年の目標を言い合う純粋組と保護者組。

 空気にただよう酒気に酔ったのかカバディを始める当麻と美琴。

 シュルクに膝枕してもらいながら愚痴を言う酔っ払ったシレネッタ。

 その二人を写真撮影する恋罵女と羨ましく見る深雪乃、その様子に引くアシュンプテルとヴァイス。

 裸族にプロレスで有名な技の一つであるパロスペシャルをくらわせるカオスクラッシャー組。

 ここだけの景色にトクマは思わず苦笑いを浮かべてしまう。

アリス「クマちゃん見っけ!!」

 振り返るとアリスがパウンドケーキと大量の人参にんじんをのせたお皿を片手に近付いてきた。

アリス「クマちゃん食べないの? このフレアナッツ入りのパウンドケーキ美味しいよ!!」
トクマ「アリスか? どうした?」
アリス「ポツン、と寂しくしてたから来てあげたの! 人参にんじん食べれば元気になるよ!」
トクマ「いらないお世話だし、お前が食いたくないだけだろ。自分で食え」
アリス「遠慮なんてしなくていいから」

 人参を食べさせようとするアリスからしばらく抗ったが、逃げようにも車イスだと自由に逃げれないことに気付いたトクマは大人しく食べた。

アリス「……クマちゃん」
トクマ「ん?」

 無理矢理食べさせられたからトクマは機嫌悪く返事してアリスの方に顔を向けると、明るかった表情が消えて真剣な表情のアリスがこちらを見ていた。

アリス「クマちゃんは自分の恩人に会いたいと思った?」
トクマ「迷う程あった」
アリス「じゃあ……会えると行ったら、今すぐにでも会いたい?」

トクマ「……やめとく……」

 トクマの口から出たその返答に驚いた表情を見せるアリス。

アリス「どうして?」
トクマ「……確かに……フロスティの出来事がなかったら、すぐにでも会いたいと思った……けど、今思うと何を話せばいいのかわからねぇんだよな」

 そう思い、自身の手を見つめるトクマ。アリスはその様子に首をかしげるが、少なくとも昔を思い出しているのだと思った。

トクマ「自分の前に消えた事とか、消えてからオレはどうしたか、消えたあの人は何をしていたのか……すげー語り合いたい事があるけど、きっと、一、二時間で終わっちゃうように思うんだ」

 それを語ったトクマの表情は複雑な表情になっていた。多くの感情がトクマの中で巡り回り、口では説明しづらいのである。

 会えた時の喜び、目の前から突然姿を消した事の怒り、どんな所に行っていたのかを聞く楽しみ、会えなかった日々に対しての寂しさ、喜怒哀楽では語れない、語ることが出来ない表情のトクマにアリスは呆然としていた。

トクマ「だから、ここで多くの体験をする。そして、一日じゃ語りきれない事を話しすんだ……バカみたいに笑ったり……バカみたいに泣いたり……あの人が羨ましくなるような話がしたい、そして、言うんだ……あの時言えなかった……ありがとうって……」

 ただ、アリスはその表情に不思議と不快感はなかった。そして同時に彼が語る人物に会ってみたいと思った。

アリス「……大切な人なんだね」
トクマ「あぁ、なんたってオレを変えてくれた人だからな!!」

 アリスの言葉にトクマは笑いながら自慢するかのように答えた。

ピーター「アリス! クマの旦那! ビンゴゲーム始めるから来いよ!」
アリス「りょーかい! 行っくよクマちゃん!!」
トクマ「待て待て! 思いっきり走ろうとするじゃねぇ!」

 ピーターからビンゴゲームを誘われ、アリスが急いでトクマの車イスを押してそのスピードにトクマが待ったをかける。

 ……お姉ちゃん……突然いなくなってごめんね……きっとお父さんとお母さん、お姉ちゃんの彼氏さんも心配してると思う……でも……私も世界を……見たかった……お姉ちゃんの言う世界を……そのさらに向こうの世界も……この想いも……この夢も……否定なんてさせない……だって、私だけのモノだから!!

 ……もし……お姉ちゃんがいる世界に帰ってこれたら……その時は謝って……いっぱい話そう……私達が見てきた世界を……私達の物語をいっぱい話そう!!

トクマ「アリス! 前見ろ前! ま、ピーターがかれたぁ!!」
ネス「おのれピーターの仇だ! 全員丸太を持て!!」
ルフレ「丸太関係ねぇだろ!!」
パルテナ「でわ、ビンゴで一抜けした人は好きな人とデートに行くと言う事にしましょう」
当麻「もっと関係ねぇ! 会話のキャッチボールしろよ!!」
ピーチ姫「文句があるならビンゴゲームで決めなさい! 一位が何でもありよ!!」
霊夢「その話はのったわ! 一位になってお年玉は私が貰う!!」
マリオ「ビンゴゲーム開始の宣言を頼むぞルイージ!!」
ルイージ「ビンゴ、開始ィィィ!!」

 愉快な声が邸に響く。その声は暗い海を遠くまで照らす灯台のように明るかった。

 彼らの行く末は茨の道では語れない程険しい道かもしれない……しかし、彼らは止まる事はあっても退かないだろう。なぜなら手を伸ばし、助け合う仲間がいるのだから……



 やっと終わったぁ!! 最終回っぽいけど最終回じゃないよ!! まだまだ書きたい話がたくさんあるからね!!

 コメントや感想OKです!!

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.369 )
日時: 2018/01/05 22:52
名前: 八雲(元BFD) ◆FvibAYZ8Tw  (stopgoalbook44@yahoo.co.jp

あけましておめでとうございます、八雲です。

なんとか大ボスらしき相手を倒し、めでたしめでたしって所でしょうか?

とりあえず変隊2名の奇行は無視しときます、ええ。


――って、肝心のプレゼントが戦闘の余波で燃え尽きた、だと……!?そりゃパニックになるが何やってんだアンタらwwwルフレも何故カレーライスを提案するwwwって、あらら、偽物だったんですか……;人騒がせな。

なんか最終回っぽいですが、続きを楽しみにしてます。


追伸:逃走中を更新しましたよー。

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.370 )
日時: 2018/01/06 18:04
名前: ゆめひめ

ゆめひめです!

アリスはギリギリまでフロスティと戦い、そこへ皆が戻ってきて、遂に皆でフロスティを倒す事が出来た・・・・・




・・・のに肝心の袋が灰になっていたwwwwww偽物だったから良かったものの、元々あれを取り戻す為の依頼でしたから目的の物台無しにしてしまったらそら依頼人激怒しますよ;一瞬サンタが笑顔(ただし目は笑ってない)でトナカイの大群を呼び出そうとすることを想像してしまいましたよ;

そしてようやくのクリスマス兼新年会ですか。ビンゴか・・・いつも番号の前後しか当たらなくてリーチしかそろわない嫌な思い出が・・・
クリス「今その話してる時じゃないだろ」


この物語はもうちっとだけ続くんですね。分かります。
それでは~

Re: すばらしきスマブラの日常(笑) ( No.371 )
日時: 2018/01/14 13:39
名前: トクマ


 今年に入って初のコメント返しだー!

ゼルダ「もう1月の三週目ですけど」

 アーアーキコエナーイ! なんもキコエナーイ!!


 >八雲さん

 コメントありがとうございます。

 変隊二人はあれです。フロスティと隕石の衝突の際に起きた衝撃波でああなったんです……たぶん、恐らく、メイビー……

 大切な袋がああなったら誰だって慌てますよwwwあれはやりすぎな気がしますけどねwww



 >ゆめひめさん

 コメントありがとうございました。

 袋がああなって慌てますが、もし本物ならとんでもない事になってますねwww

 自分は二回りも大きいトナカイの背に仁王立ちで立ちながらトクマ達を追いかけ回すサンタが浮かびましたwww



 コメント感謝致します! 今年もよろしくお願い致します!!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。