二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.577 )
日時: 2015/04/23 22:20
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!
抜間さん修行の提案お願いしますよ・・・(涙目)
エイジアさん
では一つ採用させていただきます!!
ジャガーさん
ルイージ憎まれキャラなんですか?
では本編です!!どうぞ!!
次に着いたのは・・・
ゼルダ「皆さんお疲れ様、私はゼルタです」

めだか「お姫様か・・・よろしくな!!」

ゼルダ「では修行に移らせてもらいましょう!!」

ゼルダ「あ、ちなみに・・・」




















































ゼルダ「ここからはサバイバル形式になります」

全員「!?」

トリコ「どういうことだ!?」

ゼルダ「もし修行をクリアできなかった場合、大人しく会場に戻ってもらいます、生き残った人が・・・・特別修行を受けることが出来るんです」

ナルト「特別修行・・・面白そうだってばよ!!」

ゼルダ「じゃあ皆さん・・・行きますよ!!」

ゼルダ「そして修行内容は・・・」




































ゼルダ「皆さん一列に並んでください!!」

全員「え?」

全員は一列に並んだ・・・

ゼルダは光の矢を構え始めた・・・

銀時「いや・・・何するつもりだ?」

ゼルダ「この光の弓をジャンプしてよけてください!!」

千棘「いや無理ィィィィィィィィィィィ!!」

ゼルダ「大丈夫です!!あたっても死にませんから!!」

全員「そういう意味じゃなくて!!」

ゼルダ「じゃあ行きますよ!!」

本城(何としてもクリアしなくちゃ!!)

ギギギーッ・・・・・















































ヒュン!!

よけれなかったのは・・・・













































千棘、磯兵衛、出久、火ノ丸、ララ、創真、キルコ、藤崎、日向、黒子ジュン市「ぎゃああああああああああああああああ!!」

11名がぶっ飛ばされた・・・

ゼルダ「では11人が失格ですね」

男鹿「速かった・・・」

銀時「あぶねぇ・・・」

こうして始まったサバイバル修行!!次なる修行は!?

抜間さん!!次はお願いしますよ!!

追記忘れてました
少し用があって次の土曜日まで更新停止します!!
すみません!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.579 )
日時: 2015/01/22 00:58
名前: 抜間さん

すみません、今日リアルがちょっと色々と修羅場で今ようやく落ち着きました…;
ちょっと修行の提案の執筆のためにそちらのキャラ達ををお借りしますね。



カービィ「うわー、ゼルちゃんすごいすごーい☆」←純粋に光の矢の威力に感動している
フォックス「…勇者が勇者なら嫁もえげつねーなオイ;」
ゼルダ「あら、そうですか?」
ムジュリン「ゼルダ姉ちゃん、時々素でとんでもないことすっからなー。この旦那にしてこの嫁ありだよな;」
オリマー「では生き残った皆さん、次のエリアに移動してくださーい」
全員「はーい」



しばらくして……



リンク「ついたぞー」
銀時「ん?ここは……なんだ?」
殺せんせー「ふむ……見たところ、箱庭といったところでしょうか」
オリマー「そうです。強いて言えばしっかり手入れされた花畑と言えますね」
ルフィ「すっげーなー。ナミやロビンが喜びそうだ」

さて、一行が連れてこられたのは広大な花畑だ。マスターとクレイジー(SNS団のパトロン兼協力者)の力で簡易的に作られたそこは一面美しい花が咲いており、花が好きな面子や女性キャラにとってはまさに天国のような空間だろう。
だが、一体この空間でどんな修行をするつもりなのか?

綱吉「あの……ここではいったいどんな修行を?」
リンク「今にわかる。準備はいいかみんな?」
ピット「はい、リンクさん!」
ムジュリン「いつでもいいぜ兄貴!」
ブラピ「よし、やってやるぜ!!」
フォックス「準備完了!いつでもやれるぜ」
サムス「ええ、私もよ」
カービィ「はーい☆」

見るとSNS団の面子は全員水鉄砲やら水風船を持っており、カービィはウォーターカービィ(カービィのコピー能力の一つ。水を自在に操る力を持つ)になっている。

リンク「それっ!!」

と、おもむろにリンクが一同の足元にある花の一つに水鉄砲で水をかけた。すると


ムクムクムクムク……


全員「ん?」


































巨大パックンフラワー「キシャアァァァァァァァァァァァァァ!!!!!」
全員「(  Д)              ゜゜」




















はい、水をかけられた花が巨大パックンフラワーになりました★(爆弾投下)

一護「ギャアァァァァァァ花が変身したぁぁぁぁぁぁぁ!!?」
ピーチ「一応説明しておくと、パックンフラワーはそれだけじゃないわよー。周りの花の中にまだまだ紛れ込んでいるから気をつけてね」
銀時「いや鬼かあんたらァァァァァァァァァァァァァ!!!」
フォックス「つーわけで次の修行は、今から俺たちSNS団きってのスナイパー軍団が今からパックンフラワーを水鉄砲と水風船とウォーターカービィで撃ちまくるからそいつらを全部倒せ。ちなみにパックンフラワーは全部で10匹いるぜ」
綱吉「えっ!?これの他にまだ9匹もいるの!?;;」
巨大パックンフラワー「キシャァァァァ!!」
銀時「しかもSNS団が撃たなきゃ現れねぇってことは逆に言えば撃つまではどこにこの化け物がいるかわからねーってことだよな?」
ルイージ「そういうことになるね。ちなみにフラワーはみんなを飲み込もうとする以外は攻撃はしてこないし噛みついたりもしないけど、飲み込まれたら即さっきのオバキュームでやったみたいに遠くにプッて飛ばされて強制失格になるから気をつけてね」

まとめると、次の修行は巨大パックンフラワー10体を全部倒せというものである。ちなみにこのパックンフラワーは直径5メートルぐらいある……ちょっと待て。でかすぎねーか?

サムス「それとこの水はだだの水じゃなくてリンク特製のフルーツミックスジュースだから、これをパックンフラワーが飲んだらたちまち元気になってフラワーが成長しちゃうわよ。まっ、さすがにウォーターカービィの水は普通の水だけどね」
ゴン「つまり、ミックスジュースによるパックンフラワー凶暴化を防ぎながら、パックンフラワー10体をみんなで協力して全部で倒せばいいんだね?」
ピット「そういうことですー。皆さん、頑張ってくださいね!」
男鹿「いやむしろ俺はそのミックスジュースを飲んでみたいような…才能を無駄遣いしたな主夫勇者…;」
ボーボボ「……なぁ、一つ聞いていいか?」
ムジュリン「何?」
ボーボボ「こんなでかいパックンフラワー、どこから取ってきたんだ?しかも水をかけられるまでは普通の花とさしてかわりないってだいぶ特殊なやつじゃね?」
リンク「あ、悪い。それは……」






















リンク&ムジュリン「「そのパックンフラワーはブラピがスマブラ屋敷の温室で花壇を借りて育ててるやつだから俺らは入手ルートは一切知らない」」
全員「ふっっっっざけんな堕天使野郎がァァァァァァァァァァァァァ!!!!!(激怒)」
ブラピ「サーセン★」

この時、この場にいる全員がブラピに殺意を抱いたのは言うまでもないwwwwwwwww
余談ですが、例のミックスジュースは主夫勇者が作るだけあってめちゃくちゃ美味いです。多分銀さんやルフィが飲んだらがぶ飲みしまくるんじゃないかな?


坂神さん、こんな感じで大丈夫でしょうか?

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.580 )
日時: 2015/01/22 17:34
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「なんとかクリア出来たよ・・・」

十六夜「サバイバルだから植物系か動物系の修業が来るかもな・・・」

エイジア『十六夜、ララ、ちゃんとやってる?』

十六夜「エイジアの声を久しぶりに聞いたな・・・」

エイジア『それよりボッスン達が来たんだけど、どうしたの?』

ララ「あー、あの、修行がクリア出来なかった人は戻るらしいです。」

エイジア『なるほど、分かった。じゃあ、頑張ってね』

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.581 )
日時: 2015/01/25 00:01
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!戻ってきました!!坂神です!!コメント感謝です!!
抜間さん
提案ありがとうございました!!依頼の報酬は修行の後です!!
エイジアさん
果たしてどういう修行になるのか!?
では本編です!!どうぞ!!

ズドーン!!

11人「いてぇ!!」

笛吹「何だ!?」

一愛「何か起きたんか?・・・ってボッスン!!」

藤崎「いてててて・・・失敗したぜ・・・」

佐介「どうしたんだ?」

藤崎「実はな・・・」

話し中・・・

11人「という訳だ」

一愛「ボッスン!!あれ使えばよかったのに!!もったいないなぁホンマ!!」

藤崎「何度も集中モード使ったよ!!でももう限界だったんだよ!!」

オールマイト「出久少年!!よく頑張ったな!!」

出久「あ、ありがとうございます!!」

千棘「大変だったわよ!!修行の内容がめちゃくちゃ過ぎて!!」

麻里花「ま、仕方ないですわね♪ドンマイ♪(ニタァ」

千棘「ドンマイって思ってないよね!?」

そして修業中の人々・・・

銀時「とんでもねぇ花だな本当!!」

めだか「来たぞ!!」

サッ!!

トリコ「俺は食うのはいいけど食われるのはいやだぞ!!」

巨大パックンフラワー「キシャアァァァァァァァァァ!!!!!」

十六夜「どうやってアイツ仕留めるんだ!?」

斉木「めんどくさい花だな」

剣心「なら・・・斬るしかないでござろう!!」

剣心は猛スピードで接近!!

剣心「ハァ!!」

ザクッ!!

一瞬で茎を切り裂いた!!

一護「流石緋村さんだな!!」

全員「よし!!これで一つおち・・・」

だが・・・・




























ギュルギュルギュル!!

ガチン!!

全員「へ?」

何故か茎が伸びてまた花についていた茎とくっついた

銀時「は?」

リンク「あ、言い忘れたけど・・・」



































リンク「その花茎を斬ってもまたくっつくから」

全員「えええええええええええええええ!?」

リクオ「じゃあ花自体を攻撃しろってことか・・・」

トリコ「なら・・・キャノンフォーク!!」

だが・・・

サササササッ!!

ものすごく器用によけている!!

トリコ「じゃあ・・・これで行くぞ!!」

トリコは・・・上に飛び上がり・・・

トリコ「くらえ・・・500連・・・」

トリコは・・・直接花に釘パンチを決めるようだ!!






































トリコ「釘パンt」

パクッン☆

全員「え?」

ドシューン!!

トリコ「糞ぉぉぉぉぉぉぉ!!」

トリコ失格

ルフィ「いや早すぎだろトリコォォォォォォ!!」

ナルト「最強の美食屋がもうやられたってばよォォォォォォォォォォォォ!!」

サムス「じゃあ・・・そろそろもう一つ行くわよ!!」

サムスはもう一つパックンフラワーを咲かせるようだ・・・

だが・・・

サムス「ハア!!」

シュン!!

ごっくん

サムス「え?」

斉木「僕に飲ませろ」

SNS団「ええええええええええ!?」

斉木が超能力を駆使してジュースを自分の口元に移動しているのだ・・・

サムス「邪魔よ!!」

シュン!!シュン!!シュン!!シュン!!

ごっくんごっくんごっくんごっくんごっくん

ことごとく飲まれている・・・

すると・・・

巨大パックンフラワー「ゴァァァァ!!」

パックンフラワーが斉木を襲った!!

だが・・・

瞬間移動でよけた後・・・

斉木「・・・貴様は・・・僕のデザートタイムを邪魔したな?(怒怒怒怒・・・)」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

斉木はエネルギーを集めた・・・

斉木「僕のデザートタイムを邪魔した罰は重いぞ・・・」

その集めたエネルギーを・・・パックンフラワーにぶつけた・・・

パックンフラワー一体消滅

斉木「フッ、ざまあみるがいいn」

パックン

斉木「ゑ?」

ドシューン!!

斉木失格

いつの間にかに生えていた一体のパックンフラワーに喰われました☆

ブラピ「じゃあそろそろ行くか!!一気に・・・こうだ!!」

ムクムクムクムクムクムク・・・

巨大パックンフラワー×7「キシャアァァァァァァ!!!!!」

一気に6体だして来た!!

そして・・・

その後・・・

両津「しまったァ!!」

鵺野「・・・まあしょうがないな」

両津、鵺野が喰われた・・・

だが・・・

綱吉「X BURNER!!」

男鹿「魔王の咆哮!!」

リクオ「明鏡止水・火斬!!」

本城「こうなったら・・・炎でパックンフラワーを飲み込む!!火波(by坂神、火で出来た波のことです)!!ハァァァァァァァ!!」

一気に4体を消した!!

だが・・・

巨大パックンフラワー「カァァァァァ!!」

男鹿「ぬおっ!?」

パックン

ムジュリン「甘いぜ!!」

ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

ムジュリンが新たに生やしたパックンフラワーに男鹿がきずかぬうちに喰われてしまった!!

男鹿失格
ナルト「一気に・・・行くってばよ!!」

ナルトはまず・・・2人に影分身をした!!

そのうち一つを風魔手裏剣に変えた投げた!!

パックンフラワーはよけた!!

だが・・・

ボン!!

ナルト「本物はこっちだってばよ!!」

ナルトは風魔手裏剣に化けてパックンフラワーの背後をとった!!そして・・・

ナルト「新技をやってやるってばよ!!多重影分身!!」

大量に分身を作った後・・・

ナルト「風遁!!多重螺旋手裏剣!!」

大量の螺旋手裏剣でほとんどのパックンフラワーを切り刻む!!

これにはよけきれず・・・

4体を一気に消した!!

ナルト「よぉし!!」

全員「すげぇ!!」

だが・・・

リンク「やるな・・・なら・・・最後の奥の手といくか!!」

狙撃手が・・・全員一つの苗に向けてジュースを撃った!!


































































超巨大パックンフラワー「ゴオオオオオオオオオオオオオ!!」

前代未聞30メートルの大きさのパックンが現れた!!

倒せるのか!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.582 )
日時: 2015/01/25 07:58
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「大きいですね・・・・」

十六夜「これ、どうやって倒せばいいんだ!?」

ララ「簡単だよ。十六夜あれにこれをかけて」

十六夜「これは・・・酒か?」

ララ「アルコール度が高い酒はよく燃えるらしいからこれをかけて炎をつけけるわけ」

十六夜「なるほど。他のパックンフラワーはどうするんだ?」

ララ「超音波でどこにいるか探してそこを燃やすから。流石に全体やったらエイジアさんになんて言われるか・・・」

十六夜「あぁ・・・・・」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。