二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.891 )
日時: 2015/09/01 00:06
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2

どうも!マーキー・F・ジョーイです!

悟空ううううう!!?そしてナミいいいいいい!!?

なんてこった!ルフィが銀さんを倒してくれたのは良かったものの…めだかやララが相手じゃきついべ!←

とはいえ俺自身も人狼の論理を生かせたのは嬉しいですな!
そしてハイスペックなスーパーマサラ人を倒せただけでもいい仕事を果たしたであります!←

ポケモンを愛する心では俺っちもまだまだ負けてないってことだな!
※それは違うと思う by一条寺

どうかなサトシ君!バトルが終わったらポケモンについて語り明かさないかい?キミの旅のこととか聞いてみたいし!←

一条寺「言っとくがマフジー、傍から見たらその発言、変質者と思われても仕方ないぞ?一応22のおっさんなんだからマフは…」

…おじさん泣いちゃうよ?それに俺映画は毎年欠かさず公開日に行ってるんだからな?ってか22はまだ若いでしょ!←

一条寺「本当のファンならアニメも欠かさず観とけよな…」

仕方ないでしょ!日曜朝7時とか無理ゲーですしおすし…まあ、ロケット団のシリアス化から見なくなっちまったのは否めないけどさあ…


あと、ちょいと質問なんですが、今の俺って赤マフがおでまししている状態(メガネ外した状態)ですかね?←
※赤マフ解禁していた場合は体力が通常の3倍減る為お聞きしたかっただけです。気分を害されたら申し訳ございません

ではこれにて失礼します!
ベストを尽くしていこうぜ青チーム!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.892 )
日時: 2015/09/01 23:20
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

マーキーFジョーイさん

遂に残り二人同士の戦いです!!果たしてどうなるのか!?実はサトシ達から逃げている間だけ赤マフになっていました!!

では本編です!!どうぞ!!

マフジー「どこに行きやがった!?」

マフジーは・・・ララを追いかけていたが見失ってしまった!!

マフジー「・・・いた!!」

マフジーは再びララを見つけた!!

マフジー「待ちやがれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

必死に追いかけたが・・・ララの足はかなり速い!!マフジーじゃ追いついていない・・・

マフジー「・・・どうする・・・赤マフになって追いかけるか・・・?」

ピロロロロロロロロ!!

マフジー「・・・メールだ、サトシが孫悟空を撃破、マーキーFジョーイがサトシを撃破・・・それは分かっているとして・・・坂田銀時がナミを撃破、モンキーDルフィが坂田銀時を撃破・・・残り赤チーム2人、青チーム2人・・・!!ってことは・・・ララはめだかの救援に向かっているんだな!!」

そして・・・その頃!!

ルフィ「うおおおおおおおおお!!」

めだか「ハアアアアアアアアア!!」

ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!ピシュ!!サッ!!

二人は仲間の仇討ちをしようと激しい争いを繰り広げる!!

ルフィ「ゴムゴムの〜蛇銃!!」

ルフィは武装色硬化された手に水風船を持ってめだかを追う!!

さっ!!さっ!!さっ!!さっ!!

めだかは見聞色を使って手で追ってくるルフィを避けて・・・

すたっ!!

なんと伸びきった手の上に乗って走り出した!!

めだかは走り出して・・・水風船を叩きつける!!

ルフィは手を即座に引っ込めて回避した後!!

ルフィ「JET水鉄砲!!」

ピシュゥゥゥゥッ!!

向かってくるめだかに凄い速さの水鉄砲を放つ!!

めだかはジャンプしてかわした後!!

めだか「くらえっ!!」

水風船を直接ぶつける!!

ルフィ「当たるかよ!!」

ルフィは一瞬で後ろに回避!!

ルフィ「JET水風船!!」

ブォォォォォン!!

ルフィはJETバズーカの勢いで水風船をめだかに発射!!

めだかは一気に真っ直ぐ進んで・・・水風船も回避した!!

・・・そしてその頃・・・

マフジー「・・・くそっ!!そろそろバリアが切れる・・・!!」

マフジーは今だにララを追っていた!!・・・だが!!

マフジー「しかもララはどこに行きやがった!?」

再びララを見失っていた・・・!!

・・・更に・・・

シュン・・・

マフジー「・・・バリア切れやがった・・・」

バリアが切れた・・・

マフジー「こうなるといつララが襲ってくるかわかんないな・・・!!」

・・・すると!!

























ばっ!!パァン!!

マフジー「・・・やっぱりな」

何と近くにあった穴から・・・ララが出てきた!!

マフジーはバリアが切れたときにララが近くの穴から出てくることを予想していた!!マフジーは穴からララが出てきたときに水風船が当たるように水風船を投げて・・・見事にララの体に当たって飛び散った!!

マフジー「・・・これで後はめだか一人だけだ!!」

・・・だが








































ピー、ピー、ピー

マフジー「・・・あれ?」

電子音がなり始めた・・・

マフジー「・・・何で人から電子音が・・・?」

ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー、ピー

マフジー「・・・電子音高くなってきてない?」

ピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ

マフジー「何か嫌な予感が・・・」























バシャアアアアアア!!

マフジー「・・・あっぶねぇェェェェェェェェェェ!!(汗)」

何と・・・ララが爆発した!!中から大量の水が出てきた!!

実はマフジーが追っていたララは・・・ララ自家製のララロボットだった!!一瞬マフジーが見失っていたときに入れ替わっていたのだ!!水着に色水が当たったら反応して爆発して大量の水がでるようにプログラムされていた!!

マフジーは・・・再びバリアを張っていたため効かなかった!!

実はバリアが切れたことは嘘で近くにいたララをおびき寄せるためにバリアを一時解除していたのだ!!なお、ララの水爆発に巻き込まれるのを防いだときにバリアは本当に切れた・・・

マフジー「・・・ってことは・・・俺がずっと追いかけていたのは偽物で・・・本物は・・・しまったぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

マフジーは慌てて悟空と戦っていた場所から反対側に進んだ!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.893 )
日時: 2015/09/01 23:07
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

そして・・・再びめだかVSルフィ!!

先ほどのやりとりを終えた後だった・・・!!

めだか「・・・いくぞ!!」

めだかは・・・終神モードへと変化していた!!

ルフィ「・・・ああ!!決着をつけるぞ!!」

ルフィは・・・ギア4へと変化していた!!

・・・そして!!



















































































めだか「ハアッ!!」

ブゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

ルフィ「ゴムゴムの猿王銃!!」

・・・ドシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

めだかは黒神ファイナルのスピードで水風船をぶん投げた!!

ルフィは猿王銃の勢いで水風船を撃つ!!

・・・パッシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!

二つの水風船が当たって・・・爆発ッ!!

そして二人は水風船を構えた後・・・一瞬で移動して!!

どかぁ!!

ぶつかって!!

パシャアアアアアアアアン!!

双方に水風船がぶつかった・・・!!が!!


































ルフィ「・・・俺の勝ちだ!!」

・・・何とルフィは・・・水風船を持っていた手を別の方向に向けて自分に水風船が当たらないようにしていたのだ!!

めだか「・・・そうか・・・」

黒神めだか撃破、残り赤チーム1人

めだか「・・・だが」





















めだか「・・・お前も負けだぞ」

ルフィ「・・・お前何言ってんだ・・・って、え!?」

ルフィが後ろを見ると・・・水着が色水で濡れていた!!

ルフィ「お、俺以外誰もいなかったはずじゃ・・・!!」

めだか「・・・ありがとな」































めだか「ララ!!」

ララ「えへへ!!」

気がつくと近くにララがいた!!

ルフィ「・・・お、オメェいたのかよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

モンキーDルフィ撃破、残り青チーム1人

ララはロボットにマフジーを任せてめだかたちの救援に来ていた!!

めだかはもの凄く目が良い、故にララが近ずいて来ているのが見えたのだ

だがルフィはめだかに気を取られていて気ずかなかった・・・

しかしルフィは見聞色の使い手、故に近ずいていくと気ずかれる可能性がある・・・そうララは考えた

だからこそララは改造した水鉄砲で遠距離から撃った!!

ララ「良かったぁ!!ルフィが残っていたら私でも無理だったからね!!」

ルフィ「・・・くそぉ!!落ちちゃったかぁ・・・!!」

めだか「・・・後は任せたぞ、ララ!!」

ララ「うん!!」

一方・・・マフジーは慌てて救援に向かっていたが・・・

ピロロロロロロ!!

マフジー「・・・モンキーDルフィが黒神めだかを撃破、ララ・サタリン・デビルークがモンキーDルフィを撃破・・・くそっ!!救援間に合わなかったか!!」

ララ「・・・残り青チーム1人、赤チーム1人・・・って・・・もしかして私・・・」

マフジー「・・・おい、待て、これって・・・俺・・・」




























ララ、マフジー「最後の一人?」

ピッ、ピッ、ピー!!

坂神「はい!!これで互いのチームラストワンになりました!!・・・最後に特別にステージを変えたいと思います!!両崎さんお願いします!!」

ステージの砂の形が・・・変化した!!

マフジー「何だコレ!?」

大量の壁ができた!!

坂神「この大量の壁のうち真ん中の壁の両端に移動してください!!」

二人は移動した!!

坂神「・・・では!!始めます!!」

ララ「・・・絶対負けないよ!!」

マフジー「・・・最後までここに残れたんだからな・・・!!やってやるぞ!!」

















































ララ「あ、そういえば私コレ使ってなかったよ!!」

シュン!!

ララは・・・今まで使っていなかったバリアを起動した!!

マフジー「え」

ララ「いっくよー!!」

マフジー(・・・ヤベェェェェェェェェェェェェェェェェェェ!!)

次回!!マフジー大ピ〜ンチ!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.894 )
日時: 2015/09/01 23:19
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2

どうも!マーキー・F・ジョーイです…ってなにいいいいいい!!?

戦っていない印象があると言われてた俺が…ラスト1人…?
ですがルフィがめだかを倒してくれたのはありがたい…だが相手はララ…うむむ…改造銃が怖いところですなあ…

ふええ…勝てる気しないよぉ…(相手が誰であろうと、ベストを尽くすだけですよ!)

一条寺「おいマフジー、逆になってるぞ」

き、気にするな!

ではこれにて!応援してます!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.895 )
日時: 2015/09/02 21:48
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「コメント遅れてすいませんでした!」

レイヴン「んで、今は一対一の勝負だな」

エイジア「う〜ん、ララちゃんには頑張ってほしいけど、同じ作者さんのマフジーさんも頑張ってほしいです。」

ララ「そうですね」

レイヴン「まあ、どちらも応援してもいいと思うぞ」

エイジア「そう言えばさ」

ララ「?何ですか?」

エイジア「あの変態たちはどうなったかな」

レイヴン「今ごろのたれてるだろうな。きっと」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.896 )
日時: 2015/09/03 05:37
名前: 晴哉

どうも!晴哉です! 遂にクライマックスまで来ましたね!スーパーマサラ人も遂に破れましたか… しかも破ったのがマフジーさん(いきなり略式で申し訳ありません)とは…!! コレは目が離せない展開ですね! 

…って、ラスト悪意がありすぎな件について← コレは一体どうなることやら…

スミス「晴哉…さ…ん……」
霊夢「何…やって…んのよ……」
ロック「今…、とても…悲惨…な…こと…に……」
リンク「も、もう…駄目だ…、おし…まい…だぁ………」

…うわあああああああああああ!!?? 本当に目を離した瞬間にこっちのメンバーが大変なことにーー!? お前ら一体どうs………(バタッ

サムス「イヤァァァァァァ!? 晴哉さんまで倒れちゃったわよ!?」
むらびと「ちょwwwwwwwww 感想途中放棄すんじゃねぇよwwwwwwww」
ドクター「それも有るけど、まずは緊急搬送だ! このような事態になって本当に済まなかった…;」
ルフレ「本当に申し訳ないが、今回の感想はコレで切らせてもらう。本当に済まなかった…;」

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.897 )
日時: 2015/09/03 06:31
名前: リーン・メイドウィン・緑風 ◆GvNSi7khVA

マナ…………すか、そういえばまだ出した事あんまり無いな。

松山「何処にでもいる普通のキャラクターだ、まだキャラ作りしてないからな。」
俺の世界でも重要な役割にしてないからなぁ…………ドキプリ勢はずっとレジーナだけ出してたし。
まぁ、坂神さんの好きにしたらどうですか?

更新頑張ってください!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.898 )
日時: 2015/09/04 13:33
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

マーキーFジョーイさん

ラストワンバトルです!!果たしてどうなるのか!?

エイジアさん

いえいえ!!大丈夫ですよ!!今頃変態共はぶっ倒れているでしょうね・・・

晴哉さん

スーパーマサラ人を撃破したのはマフジーさんでした!!頭脳で勝利を勝ち取りました!!

リーン・緑風・メイドウィンさん

マナの扱い分かりました!!・・・かつ目していてください・・・後にマナとレジーナの絆は後に重要な場面に使われます!!

では本編です!!どうぞ!!

敗者待機室にて・・・

エイジア「激しい試合だね・・・」

ナルト「頑張れってばよララァ!!」

ナミ「頑張ってよマフジー!!」

のび太「負けないで欲しいな!!」

本城「・・・ですがララちゃんの運動神経はすごいですよ、実際に戦ったのでわかります!!」

銀時(・・・何でラーペはララのことララさんではなくララちゃんと呼んでんだ?)

サトシ「いや、マフジーさんの頭脳も侮れないぜ・・・!!策にかかった俺だからわかる!!」

エイジア「頭脳ゲームの最高潮である人狼を書いている人だからね」

日向「メタになるけど作者ちゃんと人狼書けるかな?」

黒子「その事は触れてはいけませんよ、今だに人狼の原案ができていないんですから」

めだか「それを言ったらおしまいだぞ!!」

銀時「これ以上メタな事を言うんじゃねぇ!!」

坂神「現実世界のマフジーさんヘルプミーです」

銀時「止めろぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

そして・・・場面はララVSマフジーへ!!

だだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだだ!!

マフジー「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

ララ「待てえええええええええええぇ!!」

今マフジーはもの凄い速さで逃げている!!一方バリアを張っている隙にララはマフジーをしとめようと追い続けている!!

ララの足はもの凄く速い!!マフジーは何とか赤マフを解禁して必死に逃げている!!

マフジー(くそぉぉぉぉぉぉぉぉ!!裏の俺様を解放して攻撃したいけどバリアが邪魔だァァァァ!!)

ララ(不味いよ!!マフジーさん予想以上に足が速くなってる!!バリアが切れないうちに何とかしなくちゃ!!)

マフジーは壁の曲がり角を曲がってララの視界から外れながら逃げている!!

ララ(・・・なら!!)

ポチッ!!

ドシュゥゥゥゥゥゥゥン!!

スケート靴改造を利用して・・・猛スピードで走って壁の上へと上がる!!

ララ(上から狙うよ!!)

見晴らしが良い上から改造水鉄砲で撃つつもりだ!!

マフジー「不味いな・・・!!こうなったら一度もやったことないけどアクロバットな動きで逃げるしかねぇ!!」

ララ「くらえっ!!」

ピシュゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

バッ!!

空中宙返りしながらかわした!!

マフジー「やっぱ凄く速い!!」

ララ「・・・もう一度!!」

ピシュゥゥゥゥゥゥゥゥンピシュゥゥゥゥゥゥゥゥンピシュゥゥゥゥゥゥゥゥン!!

だだだだだっ!!

バッ!!

クルクルクル!!

すたっ!!

マフジーはララの連射をまずは壁を伝って走って地面にきた一発目を交わした後更にジャンプして向かい川にあった壁にジャンプしてララの二発目もかわした後三発目はその渡った向かい側にあった壁をそのまま上がってかわした!!

ララ「あの人眼鏡外したらここまで運動神経が上がるなんて!!」

そして・・・

マフジー「どうだ?そろそろその改造銃も限界だろ!?」

ララ(・・・その通りだね、かわされて水無駄になっちゃったから・・・もう水も切れそう・・・!!仕方ない!!)

ララは改造銃から普通の銃に変えた!!

ララ(あの状態は長くは持たないと思う・・・!!持久戦に持ち込むよ!!)

マフジー(よし、何とか恐ろしいチート銃はなくなったが・・・この状態は後5分ぐらいしかもたねぇな・・・だが相手のバリアは後3分持つ、間の2分で決着をつける!!・・・だがあのスケート靴も厄介だな・・・!!ん・・・?)

マフジーは・・・壁の上である物を見つけた!!




マフジー「かかってきやがれ!!」

ララ「逃がさないよ!!」

だだだだだだだっ!!

マフジーをララは追い始めた!!ララはチート水鉄砲が切れたため通常の水鉄砲で接近しながら追いかけるしかない!!

だが!!

ララ「何で逃げないの!?」

マフジーはずっと壁の上に立っているままだ!!

マフジー「逃げるか逃げないかは俺のかってだろ!!」

ララ「・・・ならそのまま倒すんだからぁ!!」

徐々にララは近ずいていく!!

ララ「えいっ!!」

かなり接近して水鉄砲を出した・・・その時!!

















































ザクッ!!

ララ「えっ!?」

ララのスケート靴に・・・鋭利な物が刺さった!!

それは・・・鋭利な針の貝だった!!

マフジーはその鋭利な貝を足下に仕掛けていた!!

そしてララを接近させて・・・スケート靴がそれを踏んで壊れるように仕向けた!!

ララ(不味い・・・壊れちゃう!!)

ララはスケート靴を慌てて外した・・・

ララ(うう・・・故障してるよぉ・・・でも直す暇はないし・・・このまま追いかけるしかないよぉ・・・(ちょっと涙目))

マフジー(・・・悪いことしちゃったかな・・・そりゃあ発明品壊れたらショックだよな・・・まあしかたねぇ!!これで足はだいぶ遅くなっただろ!!)

ララ(・・・怒ったんだから!!)

だだだだだだだ!!

マフジー(・・・怒らせたああああああああああああああ!!)

何故か寧ろ足はスケート靴を付けるよりは遅いが・・・普通より足は速くなっていた!!

マフジー(うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!)

死ぬ気で逃げ続けた!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.899 )
日時: 2015/09/04 06:45
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

そして・・・

マフジーは・・・何とララを撒いた!!

マフジー(ハァ・・・!!ハァ・・・!!ハァ・・・!!絶対ここまで生き残ったんだ!!負けるわけにはいかねぇ!!)

ララ「見逃しちゃったよ・・・どこに行ったんだろう・・・?」

今マフジーは・・・ララから一番遠くに逃げている!!

マフジーは再び眼鏡を付けた・・・そして手元のタオルで汗を拭いた・・・

マフジー(はぁ・・・!!はぁ・・・!!ダメだ・・・!!もう体が・・・もう一度眼鏡を付けてしかうごけねぇ・・・!!それでも30秒ぐらいだろうな・・・!!でもここまで逃げれたんだ!!何とかなる・・・!!)

・・・だが!!

ララ(・・・このままじゃ時間がないね・・・なら!!)





























ララ(くんくんトレース君を使おう!!)

ララは発明品の一つ、くんくんトレース君を取り出した!!

マフジー(・・・ええええええええええええええええええ!?)

マフジーはその事を遠くにいるララを見て気ずいた!!

マフジー(犬型のロボットと言うことは間違いなく臭いで俺を追ってくるタイプのロボットだ!!てことは・・・バレるのも時間の問題か・・・)

マフジーは・・・その時に・・・考えていた・・・


























マフジー(これが村人と人狼の関係か・・・)

人狼のことを考えていた・・・

マフジー(敵は絶対に倒れないバリアを持っている、そして臭いで俺がどこにいるのかもすぐ分かる、まるで絶対に皆で投票するしか倒せなく、何も出来ない村人に当たる俺を襲ってくる人狼だな・・・このまま襲われて終わりか・・・)

足音は・・・近ずいてきていた・・・




























マフジー(・・・待てよ?)

今手元にあるのは・・・尖っている貝、タオル、複数の水風船、眼鏡、そして周りにあるのは砂・・・

マフジー(・・・これは・・・!!・・・もしかしたら・・・!!そうだ・・・!!そうだった!!よしっ!!・・・もしかしたら・・・倒せるかもしれねぇ!!)

マフジーは・・・ある作戦を思いついた!!

マフジー(・・・ララ・・・今の俺にとっての人狼・・・今お前を吊ってやるぜ!!・・・投票は二対一でな!!)

次回!!ついに水鉄砲バトル決着!!果たして勝負に勝ったのは!?

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.900 )
日時: 2015/09/05 12:45
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!

では本編です!!どうぞ!!

ララ「・・・あそこにいるのかな?」

ララは・・・くんくんトレース君が追って行っている方向に近ずいていった・・・

更に・・・バリアは5分経っても切れなかった・・・

ララはバリアまで改造したのである

ララ(もう5分経ってもバリアが続いてる・・・改造しといて良かったよ!!)

そして・・・マフジーがいた壁の向こう側に・・・たどり着こうとしていた・・・

ララ(・・・壁の向こう側にいるんだね!!)

ララは・・・壁の向こうを・・・覗いた・・・









































・・・誰も・・・いなかった!!

ララ「え!?何で誰もいないn」

マフジー「・・・残念だが空振りだ」

ララが裏を覗いていたとき・・・マフジーは・・・ララの真後ろにいた!!

そして・・・そのままバリアを通って・・・

ピシュ!!

水鉄砲を・・・直接ララにぶつけていた!!

マフジー「・・・俺の勝ちだな!!」

・・・ララの水着に・・・色水が付いていた・・・!!

ララ「・・・えええええええええ!?何が起きたの!?」

マフジー「・・・教えてやろうか?全てのネタを・・・」

マフジーは・・・地面に座った後、語り始めた・・・

マフジー「まずその臭いでの追尾型ロボットが何故ここを追った理由はな・・・ここを見ろ」

そこにあったのは・・・タオルと、眼鏡と・・・大量の髪の毛!!

マフジー「・・・わざわざこの尖っている貝で全部切ったのさ、髪の毛全てをな」

今マフジーは・・・ほとんど髪の毛がなくなっていた・・・

マフジー「夏の人間の臭いは大体汗だ、汗の臭いでお前をここにおびき寄せたのさ、体を拭きまくって汗がたくさん付いたタオルと汗がたくさんつきやすいたくさんの髪の毛、そしておまけに眼鏡もな」

ララ「で、でも・・・全く足音聞こえなかったよ・・・?」

マフジー「俺の足を見な」

マフジーの足に・・・湿った砂が付いていた!!

マフジーは残っていた水風船を全て砂の上で割って砂を湿らしたのだ!!割れたときの音が聞こえないように尖った貝で静かに穴をあけながら!!そしてそれを足に付けて固めて・・・ザッザッ、という音が聞こえなくしていた!!

ララ「・・・最後に教えてよ、何で私のバリアに進入できたの?」

マフジー「・・・お前は気ずかなかったようだな・・・バリアの盲点に」

ララ「え?」

マフジー「確かにそのバリアは水の攻撃に守ることが出来る、だが人から守れると書いてあったか?」

ララ「・・・あ」

そう、バリアはあくまでも水を守るためにあり、人の進入から守れるものじゃない、故にマフジーは・・・赤マフ一時覚醒の後に俊敏な動きでララが気を取られている隙に接近して・・・水鉄砲で撃ったのだ・・・

マフジー「・・・これがネタの全てだ」

ララ「・・・お見事、負けちゃったよ私・・・」

マフジー「・・・人狼も同じだ」

ララ「?」

マフジー「お前は俺にとっては人狼みたいだったぞ、水鉄砲が全く聞かなくて、凄く足が速く・・・俺をしとめることが簡単に出来る改造水鉄砲まで持っていた、俺が簡単にやられるのが普通だったぞ・・・でもな、力があるからって・・・負けるとはかぎらねぇのさ、知略で勝つことが出来ることがあるんだよ・・・お前を倒したのは・・・俺と俺に似た分身、よって2対1だ!!」

ララ「・・・凄かったです、私の完敗です」

ララ・サタリン・デビルーク撃破、赤チーム全滅



ピッピッピッー!!

坂神「はーい!!ここで・・・試合終了です・・・!!勝ったのは!!」

銀時「どっちだ!?」

悟空「気になるぞ!!」

坂神「・・・勝ったのは!!青チームです!!」

青チーム勢「よっしゃああああああああああああああああ!!」

赤チーム勢「あああああああ・・・・」

ルフィ「勝ったぞー!!」

日向「俺達の勝ちだ!!」

零「ふっ、こうなるのは読めていたのだ・・・(ドヤ顔)」

ナミ「やったのね!!」

悟空「よくやったぞマフジー!!」

ルフィ「ああ!!驚いたな!!」

銀時「くそっ!!負けたか・・・」

ナルト「畜生ォォォォォォ!!」

めだか「悔しいな・・・」

黒子「はい・・・」

エイジア「・・・仕方ないね・・・」

サトシ「そうだな・・・」

観客席にて・・・

一条寺「よくやったなマフジー!!お前のおかげで青チームは勝てたんだぞ!!」

リト「スゴいなマフジーさん・・・でもララもお疲れさま!!」

沖田「ま、面白い試合でしたねぇ」

サクラ「ありがとうマフジーさん!!」

・・・そして・・・最後に残った二人が帰ってきた!!ただしマフジーは足が動かなくなっていたため担いでもらっているが

赤チーム勢・・・

ルフィ「よくやったな!!」

マフジー「はぁ・・・もの凄く疲れた・・・」

ナミ「頑張ってくれてありがとうマフジーさん!!」

剣心「主のおかげで拙者たちは勝てている・・・感謝するでござる!!」

サスケ「流石人狼の覇王だな」

マフジー(・・・よっしゃあああああああああああああ!!俺なんかヒーローになった気分!!)

マフジー「・・・後さ、この頭ドラえもんに直すように言ってくれないか?」

日向「ああ!!後で俺言ってくる!!」

一方青チーム・・・

ララ「・・・ごめん皆、私のせいで・・・」

めだか「・・・お疲れさん、貴様はよく頑張った、皆それは分かっているからな!!」

銀時「仕方ねぇ、負けたら負けただしな」

ナルト「次頑張ろうぜってばよ!!」

ケンシロウ「頑張ったな」

ララ「・・・あ、ありがとう・・(涙目)」

20分後・・・

坂神「・・・では!!優勝景品です!!どうぞ!!」

水鉄砲合戦に参加した人々全員皆集まっていた!!因みにマフジーはドラえもんのタイム風呂敷で髪の毛は戻してもらい、体力も回復していた

今皆に渡されたのは・・・

本城「50000円じゃないですか!!」

ナミ「やったぁ!!お金ゲットよ!!」

ルフィ「これでまたたくさん肉買えるぞ!!」

日向「何買おうかな〜」

そして・・MVPのマフジーには!!

マフジー「100000円!!2倍だな!!」

更にあるチケットを渡された!!

マフジー「これは・・・スナイパー忍チケット?」

坂神「はい!!後にやる戦闘中で武器屋でそのチケットを渡すと遠距離射撃がうまいスナイパー忍がただで手にはいるんです!!」

マフジー「これは・・・大活躍しそうだな!!」

そして青チームには・・・

銀時「5000円・・・まあしょうがねぇか」

ケンシロウ「負けてもこれだけお金が手には入ったのだからいいだろう・・・」

サトシ「楽しかったな!!」

ナルト「ああ!!」

そして・・・皆は解散していった・・・

・・・そして次は・・・

???(・・・無念だろう、強制特訓に行かされた皆のためにも・・・俺は・・・)





































ライゴ(必ず美女を写真に収めて皆に見せてやる!!)

変態勢の中で唯一作者がミスで見逃していたライゴによる変態奮闘劇の始まり始まり!!

マーキーFジョーイさん!!見事に勝利しましたよ!!おめでとうございます!!

後エイジアさん!!銀さんに本城ララとララサタリンデビルークが友達になったことを伝えることをコメントでしてください!!お願いします!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。