二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.804 )
日時: 2015/09/10 23:29
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神ですー、コメントほんま感謝ですわー

竜さん

お久しぶりです!!その漫画は聞いたことありますよ!!かなり有名ですからね!!オリキャラの件は今回はよくその漫画を知らないので様子見します!!

エイジアさん

次のアイドルにはスゴく期待してください!!

夏風邪さん

初めまして!!私の小説を見てくださってありがとうございます!!今度あなたの小説にコメントしに行きますね!!

ソニックさん

現在アイドルライブ中です!!楽しんでみてくださいね!!後そちらのマリオ!!裸族キャラならいますよ!!

めだか「おい貴様、何故私を見ている?私は露出が好きなだけで裸族ではないぞ?」

分かりました!!では後にキャラ選抜してコメントします!!

では本編どすー、どうぞ!!

銀時「残りは・・・お通と・・・確かμ'sだっけ?あっという間だな時間が過ぎるの」

綱吉「光陰矢のごとしって言いますしね、ところで銀時さん・・・気のせいか観客席の熱気が高くなってきてませんか?」

観客席の熱気はヒートアップしてきていた!!

リクオ「次に出るアイドルが皆さんに人気だからじゃないですか?」

男鹿「おっ、ポスター落ちてるな、次にやるのは・・・μ'sらしいな」

シャル「あ、私μ's知ってるよ、説明しようか?」

千棘「教えてよシャルさん!!」

シャル「OK!!我が命に代えても!!μ'sとは・・・とある学園から選出された高校生達、要は学生アイドル達9人、そして私達中学生〜高校生からの人気は絶大でラブライバーと呼ばれる、もちろんほかの年代でもファンはいるよ」

めだか「成る程な、すごく期待できそうだ!!」

坂神「皆さん・・・遂に来ますよ!!」

































坂神「μ'sの皆さんが!!」

穂乃果「皆さーん!!こんにちはー!!私達h」

ドガシャアアアアン!!

全員「ってオイイイイイイイイイイイ!!」

ステージ裏から出てきた瞬間見事に転んだ!!

穂乃果「へ、へへへ、転んじゃった・・・」

神楽「おっちょこちょいすぎないアルか?」

穂乃果「私おっちょこちょいで・・・改めて!!私達は!!」

9人「μ'sでーす!!」

全員「オオオオオッー!!」

μ's登場!!

銀時「やっぱ可愛い!!」

日向「異議なしだぁ!!」

楽「俺達の周りの女と同じくらい可愛いな・・・」

ララ「服も学生っぽいねー!!学生アイドルだからかなー?」

モモ「そうですね姉さん!!」

穂乃果「じゃあ自己紹介するよー!!私は高坂穂乃果!!よろしくお願いしまーす!!」

リボーン「おい・・・この声って」

綱吉「うん・・・かつて未来で会ったユニの声だ!!」

穂乃果→中の人→ユニ

絵里「ハラショー!!こんなに人達が来てくれるなんて!!私は絢瀬絵里!!よろしくね!!」

両津「ハラショーってどういう意味だ?」

麗子「ロシア語で素晴らしいという意味よ、あの目や髪の毛の色といい・・・もしかしてあの子・・・ロシア人のハーフかしら?」

中川「いや、名前が日本語だから・・・血は受け継いでいても薄いかも、要はクォーターかな」

ことり「皆こんにちはー、私は南ことりだよー、よろしくー!!」

サクラ「おっとりしているわね」

カカシ「天然そうだな・・・」

海未「わ、私は・・・園田海未です!!よろしくお願いします!!(赤面)」

イリーナ「ウブな子ねぇ♪」

渚「しょうがないですよ、そりゃあステージにでたら誰でも緊張しますよ普通は」

凛「私は星空凛、よろしくにゃ〜」

全員「猫!?」

ゴン「猫語って・・・どこかで聞いたことあるな」

キルア「確かにな、でもアイツとは違ってかわいいな」

真姫「私は西木野真姫です!!よろしくお願いします!!」

新八「僕と同じ真面目そうな人です!!」

妙「でも吊り目が怖いわね」

希「私は東條希や、ほなよろしくなぁ!!」

一愛「私と同じ関西弁女子やぁ!!(笑顔)


藤崎「何でそんな笑顔なんだヒメコ!?」

コナン「でも他にもいるよね!!蘭姉ちゃん!!」

蘭「うん!!和葉ちゃんとか!!」

妙「そういえば私と同じキャバ嬢で花子ちゃんがいるわ!!」

花陽「私は小泉花陽です、よろしくお願いします!!」

にこ「にっこにっこにー あなたのハートににっこにっこにー♪私は矢澤にこー♪皆をにっこにこーにさせちゃうぞ!!」

しんのすけ「可愛いーぞぉ♪」

のび太「確かに!!」

シトロン「可愛いキャラを極めていますね!!そのかわり美しいはあまりないですが」

セレナ「シトロン!!失礼なこと言わないの!!」

穂乃果「では・・・始めますよ!!聞いてください!!まずは・・・私とことりと花陽で歌います!!「Love marginal」聞いてください!!どうぞ!!」



















三人「〜♪」

ジャン!!

・・パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!!!

全員「スゲェ!!」

千棘「王道乙女歌じゃない!!」

ララ「スゴく共感できる!!」

銀時「おいおい!!今まで聴いてきた歌の中で一番俺の中ではいいぞ!!」

ゴン「スゴいねμ'sって!!」

穂乃果「拍手ありがとうございます!!次は、にこ、真姫、絵里!!お願いします!!」

次回!!超人気アニメアイドルμ'sの本領発揮!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.805 )
日時: 2015/09/10 23:31
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

では本編です!!どうぞ!!

その後も・・・

にこ「オーケー!!じゃあいっくよー!!三人「ダイヤモンドプリンセスの憂鬱」!!聴いてね!!」

三人「〜♪」

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!

希「三人ともありがとな!!ほな次いきましょ!!私と海未と凜で歌います、三人「知らないLove 教えてLove」聴きなはれ♪」

三人「〜♪」

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!

二曲流れた・・・

今回だけあった5分休憩・・・

銀時「異常に今までより拍手の音が大きいな・・・!!」

幽助「そこまで人気なんだな・・・!!」

斉木「無理ないな、今まで流れている三曲は他のユニットよりかなりスゴい」

斉木?「無理ないな、今まで流れている三曲は他のユニットよりかなりスゴい」

海藤「おい待て、何で斉木同じ言葉繰り返し言っているんだよ!?」

斉木「何を言っている!?一度しか話していないぞ!?」

斉木?「何を言っている!?一度しか話していないぞ!?」

照橋「斉木君どうしたの!?」

斉木「何もないぞ!?」

斉木?「何もn」

バシィ!!

斉木?「ぐふぅ!!」

斉木「よし、貴様は天国にいきたいようだな?おまえはチート級の強さかもしれんが僕もチート級の強さを持っているぞ?(超能力制御装置を外そうとしている)」

十六夜「分かった!!分かった!!謝るから!!謝るから!!」

ドカバキゴキャ!!

十六夜「」←気絶なう

本城「ごめんなさい斉木さん・・・」

ガシッ

ズルズルズルズル・・・

十六夜は本城に服の襟を掴まれてズルズルと引きずられた・・・

空助「楠雄と引きずられていった男の声って似ているな・・・」

蔵馬「・・・で、話を戻そうか、ともかくここまで人気なアイドルは初めて見たな」

蔵馬?『・・・で、話を戻そうか、ともかくここまで人気なアイドルは初めて見たな』

和真「おい待て!?何で同じことお前も二回言っているんだ!?」

蔵馬「何言っているんだ和真?私は同じことを二回言っていないぞ?」

蔵馬?『何言っているんだ和真?私は同じことを二回言っていないぞ?』

蛍子「現に言っているわよ!!」

蔵馬「言ってない!!」

蔵馬?『言ってn』

ドカドカドカドカァ!!

蔵馬?『ガハァ!!』

蔵馬「お前の運命は決まった・・・私の手で肉塊にされることだ」

球磨川『面白いね君』『こんなイタズラで怒るなんt』

ドカドカバキメキョドカァ!!

球磨川「」←気絶なう

めだか「すまない、後でこの男は私の手で葬っておく」

ズルズルズルズル・・・

気絶した球磨川はめだかに襟を掴まれてズルズルと引きずられていった・・・

銀時「・・・なんだこの茶番は・・・」

坂神「あ、皆さん!!まもなく5分休憩終わりますよ!!」

穂乃果「おまたせ〜!!では・・・皆!!出てきて!!」

9人全員が出てきた!!

穂乃果「そして・・・スイッチオン!!」

ポチッ!!

・・・すると!!

プシュゥゥゥゥゥ!!

パラパラパラ・・・

火ノ丸「これは・・・金箔じゃ!!」

雪女「何か・・・!!涼しくなってきた!!」

鵺野「これは・・・ミストか!!」

シカマル「この仕掛けのための5分休憩だったんだな」

アイドル全員「体も心も涼しくそして鮮やかな金箔を見ながら聴いてください!!・・・「僕らと今のなかで」!!どうぞ!!」

銀時「遂に・・・始まるか!!」


























全員「〜♪」

ジャン!!

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!!!

銀時「完璧じゃねぇか!!」

めだか「これがμ'sの力か!!」

ナルト「スゲェってばよぉ!!」

ケンシロウ「見事だ!!」

剣心「感動したでござるよ!!」

ルフィ「最高の歌だな!!」

ジャガー「素晴らしいです!!」

悟空「スゲェ歌だぞ!!」

千棘「スゴすぎるわ!!」

穂乃果「拍手と声援ありがとうございました!!では・・・これにて私達のライブはおわr」

銀時「アンコール!!」

穂乃果「?」

ルフィ「アンコール!!」

ナルト「アンコール!!」

悟空「アンコール!!」

一護「アンコール!!」

坂神&猿悟巻「アンコール!!」

3年E組メンバー「アンコール!!」

麦わら一味「アンコール!!」

全員「アンコール!!アンコール!!アンコール!!・・・」

観客席からアンコールの嵐!!

穂乃果「ど、どうしよう・・・」

希「いいやん穂乃果、もう一度歌って欲しいんだからアンコールしたんやからそれに答えるのがアイドルやん!!」

穂乃果「だよね・・・分かったよ!!では・・・もう一度歌います!!聴いてください!!」

全員「オオオオッー!!」

・・・5分間、再び歌った・・・

ジャン!!

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!!!

近藤「何度聴いてもスゴいな!!」

ゾロ「なかなかやるじゃねぇか」

ジョナサン「これが日本の音楽か!!」

松山「やっぱスゴいな!!」

エイジア「いい歌ね!!私も負けられない!!」

竜「スゲー歌だな!!感動したぜ!!」

零「よかよか」

ボーボボ「面白いもん見せてもらったぞぉ!!」

穂乃果「楽しんでもらえたでしょうか?では今度こそ私達のライブは終わりです!!ありがとうございました!!」

μ'sの九人はステージ裏に戻っていった・・

ステージ裏にて・・

穂乃果「まさかアンコールがくるなんて思ってなかったよ!!」

海未「お、驚いたよ・・・そして恥ずかしかったよ・・・」

にこ「いいじゃーん♪そのぶんにこにこーがより多く見えたんだからー♪」

凜「そうだにゃー♪」

希「そうやんそうやん♪私は失敗もなく終わったんだからええと思うで!!」

真姫「私は普通に楽しかったわ!!」

穂乃果「・・・だよね!!楽しかったからこれでいいよね!!」

μ's9人は笑顔で着衣室に戻っていった・・・

そして・・・この後だった・・・



























最悪の大事件が起きるのは!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.806 )
日時: 2015/08/02 08:59
名前: 夏風邪 ◆nlcWiFzI5U

どうも、坂神さん夏風邪です。

やっぱ、アイドルはいいわぁ、自分はファンモンとかが好きなんですけどね
アイドルも、捨てがたいかなと、最近思います。

最高のライブを届けたμ'sと、それを見届けたジャンプ組そして、最後の行にあった最悪の大事件って?

いろいろと、気になりながら次回楽しみにしています。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.807 )
日時: 2015/08/03 21:56
名前: エイジア

こんにちは!エイジアです。

ララ「やっぱり歌手の人達は凄いですね!」

レイヴン「ああ、所で、エイジアは?」

ララ「エイジアさんなら気分転換に外に出ると言いましたよ」

レイヴン「そうか・・・」

十六夜「?なんか言いたい事があるのか?」

レイヴン「ああ、なんか嫌な予感がするんだ。あいつの勘からコピーしたからな。当たる確率は高い」

ララ「そうですか。では、少し様子を見ましょう。マリの勘はよく当たりますからね」

一方・・・・

銀時「あの歌手・・・いい歌だったな。次も期待が出来そうだぜ」

♪〜〜

銀時「ん?この歌は・・?・・・あっちから聞こえるな」

移動中・・・

銀時「ん?あれは・・・・」

エイジア「♪〜」

銀時「よう、エイジア。こんな所でなにしてんだ?」

エイジア「わ!?ぎ、銀さん!?いつからそこに!?」

銀時「さっきだ」

エイジア「う〜。さっきの歌聴きましたか?」

銀時「歌?ああ、さっき歌っていたのはエイジアだったのか」

エイジア「ごめんなさい!凄く下手だったでしたよね。私、あの人たちみたいにうまく歌えなくて・・・」

銀時「・・・いや」

エイジア「え?」

銀時「お前さ、人と比べるのはないだろ?彼奴らには彼奴らなりの歌があるんだ。それを真似る必要はないだろ?」

エイジア「で、でも・・・」

銀時「それと、お前あまり人と話さないよな。それぐらい自信を持てよ。例え、お前の歌を笑われても、ラーペ達が慰めてくれるだろ?」

エイジア「・・・はい。ありがとうございます。銀さん。少し自信が持てました。」

銀時「いや、その代わり・・・・」

エイジア「?」

銀時「お前の歌、もっと聞いていいか?お前も凄く上手かったからよ」

エイジア「えーと、そうですね。また、暇を見つけたら歌ってあげますよ?」

銀時「んじゃ。その時に聞かせてくれ」

エイジア「はい!」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.808 )
日時: 2015/08/05 14:43
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

夏風邪さん

果たして最悪の事故とは・・・その正体は今から明らかになります・・・

エイジアさん

エイジアさんの歌に銀さんを絡めてくださってありがとうございます!!

では本編です!!どうぞ!!

銀時「あ〜凄かった、μ's・・・興奮したわ」

笛吹「流石ラブライブからでたというべきだな」

烏間「いい曲を聴かせてもらったな」

キョン「確かに・・・驚かせてもらいましたよね烏間先生」

神崎「感動したな」

妙、鬼姫、渚、ハルヒ、葵「ちょっと待って、今誰が話した?」

5人「?」

銀時(・・・それに、俺はもう一人の歌姫の歌を聴けたしな)

悟空「・・・やっぱ声が同じって間際らしいなぁ・・・」

チチ「異議なしだべ悟空さ」

新八「・・・遅いです・・・」

妙「どうしたの新ちゃん?そんなにソワソワしてて」

新八「・・・次はお通ちゃんの出番なんです!!もう・・・10分以上経っているんですよ!!」

銀時「そういやぁ言われてみれば遅いな・・・」

u'sの講演が終わって10分たったが・・・一向に次のお通が来ないのだ

新八「・・・おいお通ちゃん応援団!!今からお通ちゃんの様子を見に行くから!!応援の練習忘れるんじゃねぇぞこらぁぁぁぁぁぁ!!」

藤崎「は、はい団長!!」

新八は・・・ステージ裏へ向かった!!

ステージ裏にて・・・

新八「あ、あの!!すみません!!お通ちゃんはどうしたんですか!?遅いんですけ・・・えっ!?」

新八が見たのは!!




























顔を真っ赤にして大量の汗を流しながら寝ているお通ちゃんだった!!

新八「も、もしかして・・・あ、お通ちゃん母さん!!どうしたんですかお通ちゃん!?」

お通母「どうもこうも・・・初期熱中症になってしまったようね、あの子張り切っていて24時間今までクーラーもつけないで歌の練習していたのよ、そうしたら・・・」

新八(お通ちゃんんんんんんん!!僕達の為に頑張ってくれてありがとうぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!でもそれは流石にやりすぎでしょぉぉぉぉぉぉぉ!!)

というわけで、お通ちゃんが熱中症でぶっ倒れてしまい、その代理になるべきアイドルたちは皆揃って東京観光していてもう周りにいない・・・かとかいって中止にするわけにはいかない・・・

新八「どうすれば・・・・そうだ!!お通母さん!!僕に考えがあります!!」

そして・・・5分後!!

坂神「・・・あ、お通ちゃんが来るそうです!!」

サスケ「やっとか・・・遅かったな」

サクラ「楽しみね!!」

ナルト「ああ!!」

そして・・・遂にお通ちゃんが!!
































新八「どうもー!!志村新ぱt」

全員「何でだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

・・・じゃなくてただのダメガネだった

坂神「ってふえええ!?何で新八さんがいるんですか!?」

新八「誰だコラ?誰だダメガネって呼んだ奴は!?」

銀時「いや誰も言ってねぇよ!?それより・・・何でテメェがステージの上にいるんだよ!?」

新八「えーと、実はお通ちゃんが・・・熱中症になってしまい、治るのに30分かかるそうなので!!その間僕が間を埋めようと思います!!」

桂「いくら何でも長すぎるだろ!!」

新八「しょ、しょうがないんです!!お通ちゃん必死に頑張っていたせいで熱中症になってしまったんです!!大目に見てあげてください!!お願いします!!・・・土下座しますから!!」

がばっ!!

新八は土下座をした!!

銀時「わ、分かったから・・・で、どうするつもりなんだ?」

新八「僕と僕が選抜した特別メンバー達で歌って間を取り持つんです!!」

ルフィ「なんだその選抜メンバーって?」

新八「では・・・紹介します!!出てきてください!!」

この時・・・会場にいたすべての人々が知らなかった・・・その選抜メンバーが・・・よりによって・・・



































ジャイアン「よぉー!!オメェらー!!」

奏倉「皆さん!!こんにちはー!!」

燃堂「よぉ相棒!!俺も出ることになったぞ!!」

クリリン「悟空〜!!俺の歌を聴いてくれ〜!!」

みくる「わ、私も頑張りますぅ!!」

レジーナ「松山お兄ちゃん〜!!見てる〜!!私も歌うよ〜!!」

・・・こんなメンツだったからだ・・・

銀魂勢&ドラえもん勢&ニセコイ勢&斉木楠雄勢&ドラゴンボール勢&涼宮ハルヒの憂鬱勢「」←全員銀魂でよくある黒目になっている

銀時「・・・ま、まず・・・言わせてもらうけど・・・な、何でよりによってこのメンツ?」

新八「歌に自信があるって人を集めてみたんです!!」

ニセコイ勢「え、え、えええええええええ!?(滝汗)」

奏倉「まずは私達全員でデュエットを歌ってそれからそれぞれソロを歌って最後にまたデュエットを歌うの!!」

18号「クリリン、私は前にブルマやベジータから聞いたんだが・・・凄く音痴ではなかったか?」

クリリン「大丈夫だ18号!!前より鍛えてきたからな!!」←といいながら実はぜんぜん鍛えていない

斉木(・・・何だこれは、全てのメンバーそろいも揃って最強の音痴だぞ!?特にジャイアンと奏倉さんは・・・!!)

ハルヒ「・・・みくるちゃん、何で出ることになったの?」

みくる「も、萌え要素をメンバーに入れたいから入ってくださいと新八さんに言われたんですぅぅ・・・」

キョン(いやぱっつあん!!朝比奈さんには萌え要素だけじゃない!!歌を歌ったら聞いた人たちの死亡フラグが立つ要素もあるんだよ!!)

静香「お願いやめて武さん!!皆死んじでしまうわ!!」

ジャイアン「大丈夫だ静香ちゃん!!俺の暑いビートを聴いてくれよな!!」

松山「おい!!戻れレジーナ!!死ぬぞ!?死んじまうぞ!?」

レジーナ「うるさぁ〜い!!お兄ちゃんは黙ってよ!!私が歌うのが下手だというの!?」

松山「いやお前は平常だが周りのメンバーがものすごくヤバいんだよ!!」

新八「では・・・聞いてください!!」

マイクを構えてしまった!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。