二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.496 )
日時: 2014/12/31 11:46
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

ララ「オーガ、大丈夫かな・・」

エイジア「大丈夫と思うよ。オーガは人の波動を感じ取ることが出来るし。」

ララ「そうですね・・・・」

エイジア「んで、ララ。聞きたいことがあるけど・・・・」

ララ「?なんですか?」

エイジア「ララは、夜叉とラーペ。どっちがいい?」

ララ「え・・・・それってどうゆうことですか?」

エイジア「いや、やっぱり同じ名前はややこしいから、どっちの異名が良いか決めているの」

ララ「えーと、そうですね・・・・・夜叉は銀さんのと同じですし、ラーペもなんかばれそうですし・・・・・」

ララ「うーん、じゃあ、ラーペにしてください。」

エイジア「じゃあラーペって呼ぶね」

ララ「わかりました。」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.497 )
日時: 2014/12/31 13:58
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!今日一日遅れてしまいました!!
エイジアさん
ララの読み方把握しました!!
では本編です!!
ナルト「で、今から何をするんだってばよ?」

坂神「落ち着いてください!!今から発表しようと思っていますがね・・・その前に・・・」

日向「その前に?」

坂神「・・・皆さんで作者参りに行きましょう!!」

全員「・・・えええええええええええええええええええ!?」

両津「どういうことだ!?」

坂神「もうそろそろ2015年、新しい年になるじゃないですか、だからそれぞれの漫画の主人公が今回来てくださった作者さん9人の小説へ新年になったら挨拶に行くのです!!」

悟空「オラそういう挨拶苦手なんだよなぁ」

坂神「まあいいんですよ!!気軽で!!という訳で、それぞれの主人公が誰の作者に行くのか決めましょう!!」

シャル(ララや千棘が来てほしいな〜)

銀時「で、どうやって決めるんだ?」

坂神「くじです!!」

主人公全員「適当だなオイ!!」

坂神「では皆さん!!くじを引いてください!!」

(ちなみに主人公がそれぞれどこに行くかは、私が考えました。作者にとって嫌な主人公が来るかもしれませんが、それは都合上なので、ご理解お願いします)

主人公達はくじを引いた・・・

坂神「それでは・・・皆さん!!くじの結果をお願いします!!」

結果は・・・

1シャルさんの所に行く主人公(貴方が好きなTo LOVEるとニセコイの主人公ララと千棘とキルコ以外の女キャラ全員集めてみました!!)
ララ・サタリン・デビルーク
桐崎 千棘
則巻アラレ
黒神めだか

2竜さんの所に行く主人公(あなたのお気に入りのボボボーボボーボボと暗殺教室のころせんせーとボーボボにはじけっぷりが似ている零と貴方が書いた小説がワンピースであるためルフィを入れました!!)
一堂零
ころせんせー
モンキーDルフィ
ボボボーボ・ボーボボ

3ジャガーさんの所に行く主人公(貴方のお気に入りのキルコ、ジョナサン、悟空を入れました!!後ぬ〜べ〜は貴方が書いてくれた私の小説のコメントを参考にして、後、創真はメイドウィンと同じく料理人であるため)
音無キルコ
鵺野鳴介
ジョナサンジョースター
孫悟空
幸平 創真

4IRさんの所に行く主人公(ランダムですけどその中でいいの選びました!!)
日向翔陽
黒子テツヤ
男鹿辰巳&ベル坊
剣桃太郎
うずまきナルト

5アックスホークさんの所へ行く主人公(貴方のお気に入りケンシロウと同じくたくましい体を持つ主人公にしました!!)
潮 火ノ丸
浦飯幽助
トリコ
ケンシロウ
ペガサス星矢

6マーキーFジョーイさんの所へ行く主人公(貴方の人狼に出たリボーンと両さん、後二人はランダムです)
沢田綱吉&リボーン
両津勘吉
ゴン=フリークス
奴良 リクオ

7零龍さんの所へ行く主人公(ランダムです)
ラッキーマン
ジャガージュン市
緑谷出久
アクセル

8ショコラ・リィ・サイエンリルさんの所へ行く主人公(ランダムです)
空閑 遊真
磯部磯兵衛
黒崎一護
斉木楠雄

9エイジアさんの所へ行く主人公(あなたのお気に入りボッスンと銀さんとネウロとアレンを入れました!!後銀さんは作者の皆さんから人気がよかったのですが、最近得に私の小説にコメントしてくれたので入れました!!)
藤崎佑助
坂田銀時
脳噛ネウロ
緋村剣心
アレン・ウォーカー

坂神「皆さん把握しましたね!!では今から自由時間にします!!そして、年を越す10分前にはまた会場の前に集合していてください!!」

という訳で、新年になる直前にまた執筆します!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.498 )
日時: 2014/12/31 18:45
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

やったーーー!!
銀さんやボッスン達が来る!!
十六夜「うるさいさいぞ。エイジア。」

エイジア「だって好きなキャラが来るもん嬉しいよ!」

十六夜「でもよ、まだあんまり進んでないだろ?お前の小説。」

エイジア「う」グサ

ララ「そうですね。まだ、あそこですし」

エイジア「うう」グサァ

ララ「取り合えず頑張って下さい。私たちも応援しますから」

エイジア「うん・・・・・」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.499 )
日時: 2014/12/31 19:15
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

うぉぉぉ!!
男鹿やベル坊たちがくるじゃねーか!!
あいつにゼブルブラストをマスターできるように教えてもらうか!
あと、いい忘れてたが俺の悪魔はダンタリオンという悪魔だぜ!詳しくはwikiを!笑

楽しみに待ってやす!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.500 )
日時: 2015/04/23 22:11
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

坂神です!!コメント感謝です!!
エイジアさん
銀さんやボッスンが来ますよ!!楽しみにしていてください!!
IRさん

技を教えてもらう暇はないと思いますよ?ですが楽しみにしていてください!!
そして・・・

坂神「皆さん集まりましたね!!」

皆がステージの前に集合した!!

坂神「いよいよ今年も終わりです!!」

千棘「今年も終わりね〜」

日向「遂に終わるんだな〜」

斉木(その会話はたった今日本のほとんどの人が言っているに違いない)

ころせんせー「ヌルフフフフフ、来年もいい年になるといいですね〜」

ルフィ「来年も楽しみたいぜ!!」

一護「ああ、そうだな」

銀時「来年も俺たちを」

全員「よろしくな!!」

坂神「では主人公達に!!残り20秒になってからのカウントダウンをお願いします!!」

9分後・・・

銀時「じゃあ・・・そろそろ・・・カウントダウン行くぞコノヤロー!!」

ジョナサン、ケンシロウ「20!!」

ラッキーマン、零「19!!」

リクオ、綱吉「18!!」

キルコ、アクセル「17!!」

幽助、ネウロ「16!!」

めだか、ララ「15!!」

星矢、剣「14!!」

ジュン市、鵺野「13!!」

ボーボボ、アラレ「12!!」

男鹿、佑助「11!!」

アレン、黒子「10!!」

悟空、ナルト「9!!」

出久、火ノ丸「8!!」

千棘、日向「7!!」

ころせんせー、斉木「6!!」

創真、遊真「5!!」

磯兵衛、両津「4!!」

ゴン、トリコ「3!!」

剣心、一護「2!!」

銀時、ルフィ「1!!」

今年もよろしく!! ( No.501 )
日時: 2015/01/01 00:00
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

坂神「0!!」

全員「ハッピーニュウイヤーァァァァァァァァ!!!!」

ルフィ「野郎どもぉぉぉぉ!!ついに2015年だぞぉぉぉぉぉ!!」

日向「新しい年・・・新たな気持ちでいきたいな!!」

銀時「今年もいい年になるといいな!」

全員「あけましておめでとう!!」

坂神「というわけで!!皆さん!あけましておめでとうございます!!今年もよろしくお願いします!!では主人公の皆さん!!それぞれの作者のもとに行ってください!」

主人公全員「分かった!」

では作者さん9人にそれぞれ今日じゅうに主人公達のコメントを書きます!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.502 )
日時: 2015/01/01 03:06
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

謹賀新年、明けましておめでとー!
そして、かくかくしかじかで俺の相棒になった悪魔『ダンタリオン』の紹介だぜ!

ダンタリオン「俺自身でやるみたいだな、えっと、俺の特徴と言えば、人の心を読み取り、その心を操るとか、無数の老若男女の顔をもつとかだな、でもそれは気持ち悪いから若い男の顔一つで今回はいかせてもらうよ」

とまぁ、こんなもんです←wikiから持ってきたw

これで、俺もみんなと肩を並べられるかな...他の作者や主人公たち強いからな...笑(遠くの空を見る)

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.503 )
日時: 2015/01/01 08:31
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。
そして、明けましておめでとうございます!!

エイジア「今年も色々あったね」

ララ「そうですね。」

十六夜「それより、お前の小説そろそろ進めろよ。」

エイジア「うん・・・・時間を見つけたらね・・・・」

ララ「まぁ、頑張ってください!」

エイジア「うん!とまあ、これからもよろしくお願いします!」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.504 )
日時: 2015/01/01 08:50
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6
参照: http:/

新年たつ前にとんでもねーアンケートやってたじゃねぇかよ!
松山『いや、俺ら答える必要なくね?考えても見ろよ。』


松山『俺らの原作は寄生ジョーカー、キリヲテリブレ、東方project、プリキュア、Dビゲー、クロエのレクイエム、シロノノロイ、〆にマリオ・・もうメイドウィンキャラの存在自体がゲストじゃね?』
メイドウィン『言われてみれば。』


サンタナ『騒がしいぞ、この原始人が・・』
松山『おい、なんでサンタナ(ジョジョ)連れてきた。』
メイドウィン『だって誰も使わないんだもん。』

ミシェル『しかしよりどりみどりだな、メイドウィンのジャンル。』
メイドウィン『俺は好きなキャラしか出さないからな、人気なジャンルばかり書く他の作者と違って俺は特殊なんだよ。』

晴香『なんで松山が居るのにネタにはされなかったの私・・』
メイドウィン『え、空気だから。』
晴香『主人公なのに!?』

ジェミニ『あーあ、サムライ見たかったな。』
エリカ『えっ!?見れるんですか!?』
メイドウィン『わりーがもう手遅れだな、ごめんよジェミニ、剣心とか、サムライ見たかったよな。』
※ジェミニはテキサス人だが、ある人によってサムライのファンになっている。

メイドウィン『とゆーか自分この中だったらジャンル性なら負けないと思うぞ。』
ジョルノ『とりあえず見栄はるのやめてください。』

クッパ『あの丈助という奴と手合わせ願いたいが・・何故離れる?』
丈助『俺亀苦手なんすよー(;・∀・)』
クッパ『orz』

リカリッタ『おう!お前も食え!』
シャルロット『えっ、良いんですか!?』
リカリッタ『食える時食う!これ掟!』
シャルロット『(´;ω;`)ブワッ』

松山『おい、なんか多くねぇか?こんなに居たか?あの会場。』
メイドウィン『俺が新年記念に連れてきた。』
松山『お帰り願え。』
メイドウィン『(´・ω・`)』

そんなわけで、連れてきた奴はかえってもらった。
ごめんよジェミニ。


ジョセフ『そんな訳で今年もッ!ハッピーうれぴーよろぴくねー!ってオイ!どこ連れてく気だヤメローマダメシクイタ

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.505 )
日時: 2015/01/01 19:11
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!コメント感謝です!!

IRさん

今年もよろしくお願いします!!じゃあそれをあなたの乱入オリキャラとしてとっていいでしょうか?

エイジアさん

今年もよろしくお願いします!!多忙の中頑張ってくださいね!!

ジャガーさん

今年もよろしくお願いします!!よし!!ネタにします!!

では本編です!!後これからやることも書きますんで!!

そして主人公たちが作者参りを済ました後・・・

両津「なんか色々来ていたな?どういうことだ?」

メイドウィン「いやなんでもない、忘れてくれ」

銀時、烏間、神崎、笛吹「オイちょっと待て、今なんか俺に似ている人が引きずられていなかったか?」

メイドウィン「アハハ、ナニヲイッテイルノカナー(棒読み&汗)」

ジョセフジョースター→中の人→銀時→中の人→烏間→中の人→神崎→中の人→笛吹

坂神「では皆さん・・・これからやることを発表します!!」

銀時「おお!!いよいよか!!」

めだか「で、何やるんだ?」

坂神「まず最初にやるのは・・・」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

ジャン!!

坂神「主人公が受ける!!最強先生からの修行!!」

ラッキーマン「特訓?どういうことなのだ?」

坂神「烏間先生や江田島先生の元で皆さんには厳しい〜修行をしてもらいます!!」

ルフィ「修行か・・・面白れぇな!!楽しめそうだぜ!!」

トリコ「ああ!!体を鍛えるにはいいかもしれぇな!!」

銀時「・・・めんどくせぇ」

磯兵衛「あ、いてて、拙者腹が痛くなったんで休んでいいで候?」

中島「磯兵衛、仮病はやめてね?」

坂神「何でこのトレーニングをする理由・・・それは!!」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

ジャン!!

坂神「強き者よ集まれ!!天下一最強主人公武闘会!!」

悟空「武闘会!?・・・もしかしてルフィやトリコやナルトと戦えるのか!?」

坂神「はい!!そうです!!主人公の中で選びあげた主人公32人がトーナメントで争うんです!!優勝者には!!素敵な景品を差し上げるので!!楽しみにしていてください!!」

悟空、ナルト、ルフィ、トリコ「よっしゃあああああああああああああ!!」

ナルト「すごく楽しみになってきたってばよ!!」

ルフィ「まけねぇぞお前ら!!」

ナルト「それはこっちのセリフだってばよ!!」

磯兵衛「グアァ!!すまないがついにアキレス腱が切れたみたいで候、休んでいいで候?」

中島「いい加減にしてね?磯兵衛?」

坂神「そして次は・・・」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

ジャン!!

坂神「団体旅行!!絆を深める日本7泊8日の旅!!」

両津「旅行までするのか!?」

坂神「はい!!その時に、絆を深めるため・・・そして友情を高めるために!!・・・色々企画しています!!」

めだか「どんな旅にするのだ?」

坂神「それは・・・こんな感じです!!」

一日目、東京から空港を使い出発

二日目、沖縄、人狼ゲーム

三日目、長野、自由散策

四日目、奈良、逃走中

五日目、京都、自由散策

六日目、愛知、戦闘中

七日目、岐阜、密告中

八日目、帰還

作者勢「すげぇ!!」

エイジア「こんなに色々やるの!?」

ジャガー「すごいですね・・・」

シャル「驚いたよ・・・」

零龍「でも大丈夫なのか?アンタ初めてなんだろ?」

坂神「はい・・・でもやりきって見せます!!」

零龍「後質問だけどさ・・・逃走中ってこの会場に来ている人全員でやるの?」

坂神「はい!!」

IR「戦闘中も?」

坂神「はい!!」

竜「密告中も?」

坂神「はい!!」

作者勢「・・・いやウソだろォォォォォォォォォォォォォォぉォォ!?」

IR「いやいやいや!!この人数あんたも把握しているよな!?前代未聞で本当驚いたんだけど!!マジで!!」

?「本当驚いたぜ・・・」

男鹿「おいそいつ誰だ?なんかベル坊に雰囲気がにているな」

ベル坊「あーぶだ!!」

ダンタリオン「ああ、俺は先ほどIRから呼ばれてきたIRの相棒、ダンタリオンだ」

一条寺「もう一つ質問だけどよ・・・まさか人狼も全員でやるのか?」

坂神「いえ!!それは流石に約20〜30人でやる予定です!!」

マフジー「俺たちの出番だな!!」

一条寺「ああ!!」

坂神「そして最後に・・・」

日向「何?まだやるの?」

ジャージャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャカ・・・・

ジャン!!

坂神「みんなで行こうぜ!!モンスターハンt」

新八「辞めろォォォォォォォォォォ!!」

坂神「まあ要するに、皆さんでトリコさんの世界に行って、皆さんがこれまでの企画で深めた絆で団結して、その世界にいる獣を狩って、皆さんで料理して、そして皆さんで輪を囲んで食べて、友情がもっと高まるわけです」

トリコ「おお!!楽しみだな!!」

ルフィ「どんな料理食べれるんだろうな〜」

創真、小松、サンジ、メイドウィン「料理なら俺たちに任せろ!!(僕たちに任せてください!!)」

妙、薫「私たちも手伝います!!」

銀時、剣心「死者だすつもり?(真顔)」

続きは行数の都合後です!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。