二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.217 )
日時: 2014/10/01 17:21
名前: エイジア

エイジア「ララちゃんも来たんだね。嬉しいよー。」
ララ「私も嬉しいです!エイジアさん」
エイジア「でも、もうちょっと人と親しくしたら?」
ララ「すいません。それはちょっと・・・・・・」
エイジア「・・・・・・まあ、すぐになれるから頑張れ!」
ララ「・・・・・・はい」

コメント待ってます

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.218 )
日時: 2014/10/01 20:17
名前: エイジア

オドロキ「うう、ひどい目に遭った・・・・」
エイジア「ごめんね。オドロキ君。」
ルフレ「僕たちは風邪くらいでよかったけど・・オドロキがまともに食らってたらどうなったか・・・・」
みぬき「そうですね。もしルフレさん達が守ってくれなかったらオドロキさんが死んじゃいます!」
エイジア「あはははは・・・・」
ルキナ「ところでエイジアさん」
エイジア「ん?なに?」
ルキナ「そこにいる女の子は?」
エイジア「あ。そう言えばルフレ君たちは知らなかったね。私の友達のララだよ!」
ナルホド「僕たちは、第一回逃走中にあったからしってるんだけどね。」
みぬき「へえ〜。私は成歩堂みぬき。よろしくです!」
ルフレ「僕はルフレ。よろしく」
ルキナ「私は、ルキナです。よろしくお願いします、ララさん。」
ララ「・・・・・・・・・」
ココネ「ララさんはエイジアさん以外あまり信用してないみたいです。」
エイジア「まあ過去に色々あったからね」
みぬき「なんかそれ聞きたいです!」
ココネ「私も!」
エイジア「だっだめですよ!ララとの約束ですから!」

作者さんたちには教えますがララは幼い頃両親が人に殺されそのきっかけで人を信用しなくなったのだ。(そうゆう設定です。)

エイジア「と、とりあえずこんな感じて」

コメント待ってます

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.219 )
日時: 2014/10/01 22:04
名前: エイジア

ルフレ「ねえ、エイジアてどんな力を持ってるの?」
ルキナ「私もその事知りたいです!」
エイジア「私は氷魔法と歌の力かな。氷魔法は凍らせたり、ものを作ったりして、歌の力は、人の思考をあやったり、歌によって色々な効果ができるんだ」
ルキナ「氷で作るとは?」
エイジア「例えば花とかを作ったりするんだ。ほら」
ルキナ「おお。すごいですね。」
ルフレ「歌で色々な効果って、どんな歌があるの?」
エイジア「うーん、例えば癒しの歌とか時の歌があるよ」
ルフレ「へー。すごいね」
エイジア「昔は、氷河神とか歌の女神て言われてたけど今は氷の歌姫って呼ばれてる。」
ルフレ「だったら、氷の銃はなくてもいいんじゃない?」
エイジア「あれは私の力を引き出す物だよ。私は、あれでも十分強いけどあれを持つと力が覚醒するんだ。炎を凍らせたり、打った弾は、当たるまで追い続けるんだ。」
ルフレ「そんな理由が会ったんだね」
エイジア「でも、私が覚醒すると周りが凍るからあまり使いたくないけどね。」
ルキナ「そんなに強いんですか!?」
ルフレ「ありがとう、エイジア。君のことが色々わかったよ。」
エイジア「いいんだよ。何か知りたいことがあったらいつでもいってね」
ルキナ「はい」

コメント待ってます

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.221 )
日時: 2015/04/04 10:33
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!遅くてすみません!!コメント感謝です!
マリンスノーさん
アスカ出ましたね・・・果たして本城ララと分かり合えるのか!?
エイジアさん
三つもコメント感謝です!
エイジアさんの技の能力把握しました!!
後本城ララの過去分かりました!!ではシリアス展開の時に使わせて頂きます。後少し設定変わるかもしれません・・・

では本編です!!どうぞ!!

銀時「ん・・・?そういえば何か外で何かやってるな・・・」

めだか「どれどれ・・・何かの膜に列車を包んでるな」

新八「なんででしょうね・・・」

人吉「めだかちゃん、この膜よく見るとシャボン玉だよ!?」

全員「えっ!?」

実は今列車はシャボン玉でコーティング中である。

喜界島「なんのために・・・」

それがわかるのは後の話し・・・

?「誰かァ!!」

めだか「!?・・・何か悲鳴が聞こえる!!」

銀時「こりゃあ、絶対二車両後ろから聞こえてくるぜ・・・」

近藤「取り敢えず助けに行くぞ!!」

全員「おう!!」

タッタッタッ・・・

めだか「こ、これは!?」

?「この列車動いた瞬間・・・この女の額ぶち抜くぞ?」

女の子「誰かァ!!母さんを・・・母さんを助けて!!」

何と客が一人男達に人質に取られていたのだ。
さっき助けを呼んでいた女の子の母親が人質に取られているらしい。
要求しているのは・・・この列車が動かなくしろという事だった。

銀時「テメェは何でこんな事したんだ?」

?A「教えてやろうか?俺はある方に貴様らをあの世界に行かせないように頼まれたからだよ!!」

新八「あの方って・・・・一体誰ですか!?」

?B「テメェに知る義理はねェ!!さっさとテメェらこの列車から降りろ!!」

めだか「しょうがないな・・・って降りるわけないだろ?」

?C「な!?」

めだか「ハァ!!」

ビシュン!!(瞬間移動)

ドカッ!!(飛び蹴り炸裂)

めだか「大人しくその人質を返せ!!」

だが・・・何とその男は受け止めていた!!

めだか「何だと!?」

?A「フン!!」

ブン!!(めだかの足を掴んでぶん投げた)

?A「いいねぇ・・・この血がたぎるよ・・・」

新八「・・・お前のある方ってまさか・・・!!」

銀時「当たってるらしいよ新八・・・コイツの白い肌にでかい傘を持っている・・・ていうことは・・・」

銀時「お前夜兎族だな・・・そして仕向けたのは・・・神威だろ?」

めだかボックス一同「!?」

夜兎族A「フフフ・・・当たりだよ・・・」

喜界島「や、夜兎族って!?」

土方「最強最悪と言われる傭兵民族。戦いを好む種族で、幾多の戦いでの犠牲及び今では廃れている「親殺し」と云う独特の風習により、現在は絶滅寸前に陥っている。外見は地球人に近いが、透き通る様な肌と怪力、そして傷の治りの早さが特徴。日光に極端に弱く、普段は苦手とする日光を防ぐ為常に銃器の仕込まれた番傘風の日傘を持ち歩いている、まあまさに怪物だな」

めだか「お、恐ろしいな・・・」

銀時「取り敢えず油断するな!!アイツは強いぞ!!」

めだか「分かった!!」

次回銀時&めだかvs夜兎族達!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.222 )
日時: 2014/10/02 18:31
名前: エイジア

こんにちは、エイジアです。
エイジア「今回は、ララの能力を紹介します!良いよね、ララ」

ララ「作者さんだけならいいです」

エイジア「ではこんな感じです!」

能力
炎魔法(炎をあやったりする)
音の力(音波)
ノイズの力
人の思考を聞く力(いつでも使える)

武器
ノイズランス
(ノイズを集めれば集めるほど威力が増す)
覚醒の時だけ

攻撃パターン
炎の魔法
音の力(音波)
(覚醒の時)
槍の攻撃
ノイズの力

エイジア「こんな感じですね」

ララ「じゃあ、エイジアさんも能力も教えてください。」

エイジア「え?前におしえなかったけ?」

ララ「いいえ。聞いてません。」

エイジア「じゃあ教えるね。作者さんたちは二回目だけど」

能力
氷魔法(凍らせたり、ものを作る)
神の歌(歌によって色々な効果を得る)
水魔法
人の思考を操る歌(いつでも使える)
武器
氷の銃  二丁
(弾は氷でできており当たると凍る。相手に当たるまで追い続ける)
覚醒の時だけ使う

攻撃パターン
氷魔法
水魔法
(覚醒時)
射撃
神の歌

エイジア「なんか、色々変えちゃったな・・・・・」

ララ「別に大丈夫だと思いますよ?」

エイジア「そうだといいけど・・・・・」

コメント待ってます

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。