二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.925 )
日時: 2015/09/18 23:33
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

マーキーFジョーイさん

いえ!!射撃のことはむしろ嬉しく思っています!!貴方の後押しになれたのなら嬉しいです!!スーパーカロス人は見事に優勝しました!!

後マフジーさん

どうせならユーフもこの世界に呼んだらどうでしょうか?オリキャラ人数も二人だけなので一人だけなら大丈夫です。詳細を教えてくださったら三日目の長野から合流できるので!!

後すみません・・・今回はコメント返しだけです・・・

エイジアさん早くお願いします!!更新出来ないので!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.926 )
日時: 2015/09/19 11:57
名前: エイジア

こんにちは!エイジアです。

すいません!遅れました!

斉木「・・んで話を戻すぞ」

レイヴン「頼む」

斉木「まず、祟り神の能力なんだか・・・・」

銀時「それってあの黒い霧だろ?」

本城「はい。全ての能力を無にする・・・・いわば無効果にする能力です。終焉神さんと同じ能力です。」

斉木「それの他にもうひとつの能力が会ったんだ」

エイジア「あったの!?」

斉木「ああ、その霧は無効果の他にも人に死の呪いを与えて、その呪いで死んだ死者を生きた屍にして操る能力もあった。それがひとつめ情報だ。ちなみに呪いを消すことが出来るが、消せるのは本人だけだ」

エイジア「そう言えば、地獄で、何やら死者が来ないって話題になってたけど、それが原因だったんだね」

サスケ「ついでに、その終焉神にその能力は?」

ララ「いいえ!ありません!だとしたらこの能力は一体・・・・」

レイヴン「・・・・・」

悟空「でも、情報はそれだけじゃねぇんだろ?」

斉木「ああ、実はその呪いが効かなかった人もいるらしい。」

エイジア「そうだよね・・・その呪いがあったらすでにたくさんの人が死者になってるし。でも、少しぐらいは生きている人いたよ」

斉木「ああ、そいつに聞いてみたら・・・無意識に親友の事を思っていたらしく、気がついたら、病院にいたらしい」

銀時「・・・・あの、意味が分からないんですけど。」

レイヴン「もしかしてだが。あの霧は思いとか絆に弱いんじゃないか」

エイジア「ああ、それもあるね!」

十六夜「これでやっとあいつの弱点が分かったな!!」

本城「そうですね」

斉木「だか、そう簡単にはいかない」

ララ「どうして?」

斉木「あいつは神でありながら、魔王の名も持っていたからな」

全員『!!!???』

エイジア「それってどういうこと!?」

斉木「これはあくまで噂だが、あいつは魔界でも、相当な被害があったらしい。そのうち、一人の魔王も倒したということで、『祟りの魔王』と呼ばれるようになった。あくまで噂だがな」

十六夜「だか、それが本当だった俺たちでもかないそうにないな・・・」

斉木「すまん。情報はここまでだ」

銀時「だか、これで、あいつの能力と弱点が分かったな」

十六夜「これでひとつの道は見えたな」

レイヴン「ありがとう。斉木。いろいろ迷惑をかけたな。」

斉木「別にどうってことなかったよ」

ララ「じゃあ戻ろうか!!」

十六夜「そうだな」





エイジア「・・・・ねえ、レイヴン。あの呪いって・・・まさか・・・」

レイヴン「・・・ああ、まさか能力まで影響するとはな・・・・邪神の血・・・・主にそれが発端か?」

エイジア「まだ分からないね。とりあえず、その事についても調べないとね」

レイヴン「・・・・ああ、頼む」

コメント待ってます。

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.927 )
日時: 2015/09/19 17:48
名前: マーキー・F・ジョーイ ◆DkzFDiZi.2

どうも!再びマーキー・F・ジョーイです!

ふむ…ユーフですか…

俺はどちらでも構いませんが、仮に連れてくるなら俺か一条寺が彼を連れてくるため一旦離脱することになると思います;
というのも、彼はONE PIECEのゾロ以上に方向音痴であるため1人ではほぼ確実に合流場所には着かないレベルなのです…;

それを踏まえて彼を合流するかどうかの判断は坂神さんにお任せします!←

一応詳細載せておきます↓

・名前   :ユーフ
・性別・年齢:男・22歳
・特技   :変装・声真似(この2つは誰にもばれない)
・弱点   :方向音痴(致命傷レベル)。人前で歌えない。
・見た目(長いので下に)
背は175cmくらい。銀髪だが赤(黄色の星柄がついた)のバンダナをつけているので前髪ともみあげくらいしか見えない。銀灰色の眼をしている。
・性格など(長いので下に)
 何もかもそつなくこなす上に生じている状況にすぐ順応することができる。皆からチートと呼ばれており、その力は人狼でも『狂人ユーフ』と言われるほど。
 イタズラトリオ『ジェフィー』のリーダーを務めているだけあって、かなりのイタズラ好き。特に特技を生かしたイタズラをしかけたり他の人(特にマフジーや一条寺)ちょっかいをかけたりするのが大好き。だがそんな彼でも仲間を思う心は忘れない。
 チートだと言われているが歌が苦手であり、歌えと強要されたらはぐれメタルもびっくりの逃げ足で逃げてしまう。


ユーフの詳細はだいたいこんな感じです。
では、これにて失礼します!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.928 )
日時: 2015/09/20 09:41
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

エイジアさん

ありがとうございました!!・・・面白い設定をつけてくれましたね!!全力で生かせていただきます!!

マーキーFジョーイさん

設定受け付けました!!ではマフジーさんがいったん戻ってもらいます!!一条寺は人狼に出るので!!

では本編です!!どうぞ!!

銀時(・・・魔王に崇神かよ・・・ん?そういやぁ魔王って言ったら・・・男鹿の方に背負っていた赤ん坊・・・!!ちょっと気になるな・・・)

サスケ「・・・まるで穢土転生みたいな能力を持つんだな祟り神は・・・」

斉木「穢土転生?」

サスケ「死者の魂を呼び寄せてこの世界に蘇らせて操る能力だ、二代目火影が開発した卑劣な術と呼ばれている・・・その通りなんだけどな」

銀時「最悪の術だなそれって」

サスケ「・・・最後にアドバイスをしておく、このことは・・・ナルトに打ち明けた方がいい、彼奴は絶対にお前の力になってくれるだろうからな」

本城「・・・考えときます」

エイジア「斉木!!千里眼で私たちがいた場所に人がいないか見て!!」

斉木「言われなくてもやっている・・・よし、いないようだな」

エイジア「じゃあ元の世界に戻るよ!!空間の歌!!」

キュィィィィィィン・・・

9人は・・・元の世界に戻った!!

銀時「ふぅ・・・」

そして裏側から出た!!

神楽「あっ銀ちゃぁん!!どこ行ってたアルか!?」

ナルト「何やってたんだってばよサスケェ!!」

リト「どこ行ってたのララ!?」

照橋「斉木くんどこ行ってたの?」

ベジータ「どこに行ってたんだカカロット」

銀時「トイレ行ってたって言ってるだろ」

九兵衛「その割には長くないか?・・・まさか○○○でm」

銀時「そう言うことを言うんじゃねぇ!!」

モモ「心配していましたよ・・・」

エイジア「ごめん皆に心配かけて!!」

銀時「・・・ところでスイカは?」

めだか「スイカなら・・・」



























めだか「もう皆で食われているぞ」

九人「」

・・・9人が話している間に・・・巨大なスイカは全員(特に神楽、茅野、美食四天王、ルフィ、悟空)に食われていた・・・

銀時、斉木、ララ「・・・OTL」



銀時「・・・本当悔しいなコノヤロー、よし、仕方ねぇから一眠りすっk」

エイジア「まずは泳ぎの特訓再開しましょうよ!!」

銀時「・・・もう十分やっただろ、普通に泳げるようになったろ、クロールなんか出来るようにならなくてもいいd」

エイジア「クロールぐらい出来ないと大人として恥ずかしいですよ?」

銀時「・・・こうなったとき・・・ただ一つやるべき事は!!逃げるんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

だだだだ!!がしっ!!

サスケ「逃げるな」

サスケに追いつかれて捕まった!!

サスケ「・・・情けねぇ大人だな、子供でも簡単に出来ることぐらい出来ない大人なんて・・・大人とは呼べねぇな」

銀時「・・・分かりましたよ!!やればいいんだろ畜生ォォォォォ!!」

本城「私は・・・」

ララ「今度は泳ぎに行こうよ本城ちゃん!!」

悟空「オラは十六夜を戻してくる!!」

十六夜「何でまた戻らなくちゃいけないんだよ!?」

悟空「オメェが変態なことをやろうとしたんだから自業自得じゃねぇか!!さっさと戻るぞ!!」

十六夜「止めろォォォォォォォォォ!!」

シュン!!

サスケ「・・・じゃあ俺も泳ぐか」

斉木「僕は・・・コーヒーゼリー一ヶ月分食べてる」

エイジア「あ、私達が作ったものだね、うまくできてる?」

斉木「満足だ」

こうして9人は再び分かれた・・・

銀時&エイジア・・・

バシャバシャバシャバシャ・・・

ざばぁ!!

銀時「ごほごほごほっ!!」

エイジア「水中でも呼吸時間が少ないですよ!!」

銀時「仕方ねぇだろぉ!!生まれてからほとんど泳いでいないんだよ!!」

エイジア「だからこそ今日泳げるようになるべきです!!」

エイジアの指導で銀時は・・・一応泳げるようになったが・・・長く泳げていない

エイジア「ほら!!両手は輪の形に動かせてください!!」

銀時「・・・ちょっと自主訓練させてくれ」

エイジア「いいですよ!!でも・・・ラーペぇ!!」

本城「何ですかぁ!?」

エイジア「ララと泳いでるところ悪いけど銀さんの自主訓練を見ててぇ!!」

銀時(逃げれねぇのか畜生ゥゥゥゥゥゥゥ!!)

ララ「・・・ならエイジアさん、話があるんだけどいいですかっ!?」

エイジア「いいけど・・・何なの?」



ララ「・・・一つ聞いていいですか?」

エイジア「何?」








































ララ「・・・私・・・彼女と友達になっていいの?(涙目)」

エイジア「え?」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.929 )
日時: 2015/09/20 09:46
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU


エイジアは驚いた・・・何でそう言うことを聞いているのか・・・

ララ「・・・だって・・・本城ちゃんの気持ちが・・・痛みが分からないんです、そう言う目に・・・合ったことないから・・・銀さんもサスケも斉木も皆同じ痛みを持っているのに・・・私は・・・経験したことがありません。そのことが辛いというのは分かるんです、でも・・・実感がわかないんです・・・それで・・・友達になっていいんですか?(涙目)」

ララの目は涙で潤んでいた・・・

エイジア「・・・ううん、ありがとうララちゃん、そこまで・・・ラーペのことを考えてくれて、私も嬉しいよ、人は痛みだけで繋がるものじゃない、友情だけがあればそれでいいの」

ララ「・・・ありがとうございます(笑顔)」

エイジア(・・・ララ、いい友達を得れてよかったね・・・)

そして・・・

ばしゃばしゃばしゃ・・・

ざばぁ!!

銀時「はぁ・・・」

本城「お疲れさまですっ」

あれから5分間・・・何とか自主訓練をしていた・・・

銀時「エイジアって本当泳ぐのうまいよな・・・」

本城「私も泳ぎは学んでいますよ!!」

銀時「・・・でも確かに泳ぐと気持ちいいよなぁ・・・」

本城「そうですね」

銀時「お前も泳ぐか?」

本城「え、いいんですか?(赤面)」

銀時「もちろんだよ」

本城「・・・は、はい・・・」

チャポン

本城「・・・冷たいですね」

銀時「・・・そうだな・・・」

・・・その時!!
































がしっ!!

銀時、本城「え!?」

二人の足が・・・何かに掴まれた!!

銀時「な、何が下にあっt」

ドボーン!!



エイジア「あれ・・・銀さんとラーペは!?」

ララ「逃げたのかな?」

エイジア「いや、ラーペがいたから逃げるわけないよ・・・」

斉木「どうした?」

エイジア「あっ、斉木!!二人がどこにいるのか分かる?」

斉木「・・・千里眼で見てみるぞ・・・しまった!!」


































































斉木「・・・何か化け物に二人は引きずられている!!」

エイジア「ええっ!?・・・そんなっ!!」

水中にて・・・

ゴボボボボボボボ・・・

銀時(が、がふっ、く、苦しい・・・!!)

本城(がはぁ!!い、息が・・・!!)

・・・更に・・・その化け物が!!



ジョナサン「ふぅ・・・!!」

海上にいたのはジョジョ勢と黒バス勢・・・

ジョナサン「よし、大分波紋を使えこなせるようになりましたっ!!」

ツェペリ「海での海上歩きもまたいい修行になるものだね」

エリナ「・・・ここでも修行しているなんて・・・偉いわジョナサン・・・」

緑間「羨ましいのだよ」

紫原「そうだねー、海上を歩けるって・・・」

ジョナサン「まだ修行は続けますよっ!!」

・・・こうして・・・修行をしていたときに・・・!!


























































がしっ!!

ジョナサン「んなっ!?」

ジョナサンの足が・・・何かに掴まれた!!

ジョナサンは足に波紋を流そうとしたが!!

ばしゃあああああ!!

スピードワゴン「ジョジョォォォォォ!!」

流す暇もなかった!!

ツェペリ「スピードワゴン君!!速く救いに!!」

スピードワゴン「もちろんだっ!!」

ざぱぁ!!

スピードワゴンが飛び込んだ!!

・・・が!!

ばさぁ!!

スピードワゴン「無理だっ!!化け物の泳ぎはあまりにも速すぎて俺じゃ追いつけねぇぜっ!!」

青峰「仕方ねぇ俺が行く!!」

火神「俺も行くぜ!!」

ドポォォォォォォン!!

一方エイジア達・・・!!

エイジア「斉木は皆に伝えて!!私は泳いで二人を助けに行くから!!」

ララ「私も連れていってくださいエイジアさん!!」

エイジア「大丈夫なの!?」

ララ「・・・私も泳ぐのは速いから!!それに・・・友達を助けないわけには行かないから!!」

エイジア「・・・わかったよ!!」

ドポーン!!

二人は海に潜った!!

そして

斉木「・・・皆、緊急事態だ」

斉木は皆が遊んでいる砂浜に来て・・・全員に脳内会話で危機を伝えた!!

全員「何だって!?」

坂神「銀さんが!?」

自殺しようとしていた坂神も止まった!!

めだか「そんな・・・!!不味いぞ!!」

ナルト「不味いってばよぉ!!」

ドポーン!!

慌ててケンシロウ、ナルト、サスケ、サクラ、リー、サトシ&ピカチュウ、めだか、坂神、猿飛、千棘、ナミ、カカシ、悟空、メイドウィン、竜が海に飛び込む!!

・・・果たして・・・銀時、ジョナサン、本城の三人の運命は!?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。