二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.911 )
日時: 2015/09/14 18:12
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝です!!

リーン・メイドウィン・緑風さん

安定のライゴでしたWWWW凄く不憫にしてましたWWWW

エイジアさん

遂に始まるスイカ割り!!果たしてどうなるのか!?

では本編です!!どうぞ!!

坂神「では・・・説明します!!ルールはこちらです!!」

・目隠しをしないスイカ割り

・棒は何でもあり、ていうか壊す手段は何でもあり

・能力は使用可能だが瞬間移動は禁止

坂神「この三つなのです!!」

銀時「単純だなオイ」

エイジア「面白そう!!」

IR「俺もよくやったぜ!!」

ナルト「・・・ていうか何で目隠しなしなんだってばよ?すぐ終わるぞ!!」

坂神「・・・普通のスイカ割りとは違うんです!!では・・・参加したい人!!手を挙げてください!!」

即座に手を挙げたのは!!

ルフィ、銀時、斉木、茅野、トリコ、悟空、ナルト、セレナ、ハルヒ、ナツ、ジャイアン、神楽、めだか、ヒナタ

の14名!!

坂神「受け付けましたよ!!ではその14名は・・・この線の前に集まってください!!」

サトシ「セレナ大丈夫なのか?無理しない方がいいぞ」

セレナ「ありがとうサトシ、でも大丈夫!!私も頑張りたいの!!」

サトシ「そうか・・・頑張れよ!!」

セレナ「もちろん!!(サトシの前で・・・私も良いところを見せたいから!!)」

スーパーカロス人はどれほどの力を見せれるのか・・・

ナルト「行くぜヒナタ!!」

ヒナタ「うん!!」

のび太「ジャイアン大丈夫なの!?」

ジャイアン「当たり前だ!!俺様の力見せてやるぜ!!」

キョン「おいハルヒ・・・」

ハルヒ「いいじゃない!!私だってこういう出たいのよ!!」

斉木「皆に頼みがある、仲間全員気絶させといてくれ」

ケンシロウ「分かった」

グレイ「やれるのかナツ!?」

ナツ「やれるに決まっているだろ!!全力でやるぞ!!」

神楽「食いつくしてやるアル!!」

渚「大丈夫茅野?」

茅野「私甘いもの大好きだから大丈夫!!頑張れるよ!!」

坂神「では・・・スタートラインに集まってください!!」

14人は・・・スタートラインに立った!!

前には・・・2キロメートル先にあるスイカ!!その下にはマットが敷かれている、更にスイカには支えがついている!!

銀時「遠すぎじゃね?」

坂神「今に近くなりますよ!!」

14名「?」

坂神「それでは・・・ドラえもんさん、お願いします!!」



























ドラえもん「ビックライト!!」

ピカーッ!!

キュンキュンキュンキュンキュン!!

全員「え?」

ドンドンドンドンスイカは大きくなって・・・オマケにマットも!!更にスイカの支えも!!

・・・ドーン!!

直径2キロメートルになった!!

14人「・・・大きすぎるだろー!!」

坂神「ただのスイカ割りじゃないと言っていたでしょう!!・・・皆さんはスイカの天辺にまでたどり着いてください!!そして割るのです!!地上から割るのは禁止です!!・・・ただしスイカの上ではトラップが待ち受けています!!それでスイカの上から落ちたら失格です!!」

茅野「無理だよ!!こんなに大きいの!!」

セレナ「こんなに大きいって思わなかったよ・・・」

銀時「・・・おもしれぇじゃねぇか・・・むしろこの方が多く食えるだろ!!」

トリコ「そうだな!!寧ろ好都合だ!!」

ルフィ「ああ!!」

悟空「やるぞぉ!!」

坂神「では・・・始めます!!」






































ピーッ!!

だだだっ!!

坂神「これより・・・開始です!!」

14人は一斉にスタートした!!

次回!!巨大スイカ割り大会開始!!誰が割るのか!?

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.912 )
日時: 2015/09/09 21:10
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

エイジア「うわ〜すごい大きいね」

ララ「これ、全員で食べれますかね?」

レイヴン「これぐらい大きいとすれば、一番先は風が吹き荒れるな。」

エイジア「そっか、後、それとね」

ララ「何ですか?」

エイジア「私、ちょっと知り合いに作ってもらいたい武器があるから行ってくるね」

レイヴン「それ、今言うか?」

エイジア「まあね。時間の問題だし」

レイヴン「?」

エイジア「(実はさ、レイヴンが転生するために保存していた体かそろそろ限界に近いんだ)」

レイヴン「(なるほどな。だからなぜ武器なんだ?)」

エイジア「(だってさ人に転生したら威力がダウンするでしょ?能力的にチートだけど)」

レイヴン「(それとなんの関係があるんだ!?)」

エイジア「(詳しい事は後で言うから待ってて)」

レイヴン「(・・・分かった)」

エイジア「と、言うことだから行ってくるね」

ララ「え?・・・え!?」

レイヴン「良いが、すぐに帰ってこいよ」

エイジア「分かった」

コメント待ってます。

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.913 )
日時: 2015/09/10 23:18
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも坂神です!!コメント感謝なのです!!

エイジアさん

おそらく世界一デカいスイカだと思います!!

後皆さんにお知らせです、前のアイドルフェスティバルの時に乗せていた歌詞が歌詞が・・・どうやらのせてはいけなかったようです、なので全部修正されています、

では本編です!!どうぞ!!

14名は走り出した!!

まず先行するのは!!

ルフィ、めだか「うおおおおおおおおおおおおおおおお!!」

かなり足が速い二人だ!!

負けじと!!

銀時、悟空、神楽、トリコ、斉木「おらぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

甘党&食いしん坊の五人!!それに!!

ナルト、ナツ「おらぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ナルトとナツが続いて!!更に!!

セレナ、ヒナタ「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」

恋する乙女も続く!!

・・・遅れているのは・・・

ジャイアン「ゼェ・・ゼェ・・ゼェ・・・」

ジャイアンだ・・・

スネ夫「ジャイアンしっかりしてよ〜」

ジャイアン「うるせえ!!」

その前にいる・・・茅野とハルヒ・・・

ハルヒ「意外と皆速いわね・・・」

茅野「そうね・・・でも負けないんだから!!スイカを食べるのは私よ!!」

坂神「さぁ始まりました!!スイカ割り大会!!実況は私坂神が務めます!!・・・おっと!!先頭はいきなりスイカにたどり着きました!!」

まずルフィとめだか、更にトリコが追いついて・・・スイカにたどり着いた!!

最初は・・・まず自分から垂直になっているスイカをどう上に上るかだ!!

めだか「ふっ!!これくらい簡単だ!!」

だだだっ!!

めだかは・・・勢い良くスイカを走って上がった!!

トリコ「よし!!いくぞ!!」

トリコは勢い良くジャンプして・・・上にたどり着いた!!

・・・が!!





























ズボッ!!

めだか「!?」

めだかは・・・両足が・・・スイカにハマった!!

めだか「不味い!!」

慌てて両手でスイカを押して・・・上に上がろうとしたが!!

ズボズボッ!!

めだか「なっ!?」

更に両手もハマった!!

めだか「そ、そんな・・・うう・・・動けないのだぁ・・・(涙目)」

一方トリコは・・・

トリコ「着t」

バキッ!!

ズボボボボボボボボボッ!!

着地した瞬間着地した場所が割れて・・・そのままスイカに落ちていった・・・

ピピーッ!!

坂神「はい!!黒神めだかさんは動けなくなったため、トリコさんは沈没したため失格です!!残り12名!!」

めだか「こんなに早く終わることになるとは・・・悔しすぎる・・・(涙目)」

スイカは余りに力を入れすぎると穴が開いて・・・手や足などがハマってしまう、めだかは強靱な力が、トリコは鍛えられた肉体の重さが仇になった・・・

ルフィ「あっぶねぇ・・・!!(汗)」

実はルフィもめだかと同じ方法で行こうとしていた・・・

ルフィ「・・・どうやって上に上ろうか・・・」

考えているうちに・・・

銀時、悟空、神楽、斉木がたどり着いた!!

悟空「・・・恐らくコレ重い奴じゃ無理だなぁ・・・」

神楽「めんどくさいアルな〜」

斉木「問題ない」

斉木は・・・足に超能力を込めた!!そしてスイカの上に走って上がり始めた!!

斉木「超能力者は足下からでる力を抑えることが出来る」

斉木が一番乗り!!

坂神「まずは斉木さんが一番乗りしました!!」

走っているヒナタ&セレナ・・・と・・・二人が追いついたナルト!!

ヒナタ「速い!!」

セレナ「そうだね・・・!!このままじゃ!!」

ナルト「ああ!!急ぐってばよ!!」

ナルトは三人の中から抜け出た!!

セレナ「・・・ねぇ」

ヒナタ「何?」

二人は走りながら話している

セレナ「・・・ヒナタさんって、ナルトさんのこと・・・好きなの?」

ヒナタ「え!?(顔を赤らめて)」

セレナ「・・・だっていつもヒナタさんナルトさんのことばっかり見てんだもん・・・」

ヒナタ「・・・うん、その通りだよ、ずっとナルト君のこと好きなんだ・・・」

セレナ「やっぱり・・・」

ヒナタ「じゃあ逆に聞いていい?」

セレナ「え?」

ヒナタ「・・・セレナちゃんはサトシ君のこと好きなの?」

セレナ「・・・(顔真っ赤)」

ヒナタ「セレナちゃんは私がナルト君ばかり見ていると言っているけど・・・貴方も気ずいていないかもしれないけど・・・貴方もサトシ君のことばかり見ているよ?」

セレナ「・・・うん・・・私ね・・・5年前にあって以来・・・ずっとサトシの事気になってるの・・・これって・・・恋なの?」

ヒナタ「・・・そうだよ、それは恋、純粋な恋だよ・・・」

セレナ「・・・お互い・・・がんばろうね」

ヒナタ「・・・もちろん!!」

観客席にて・・・

サトシ(セレナとヒナタさん何話してんだ・・・って!!)

サトシ「おぉぉぉぉい!!セレナぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

一方ナルトが・・・後ろをちょっと見て・・・

ナルト(二人とも何話してるんだってばよ・・・って!!)

ナルト「ヒナタァァァァァァァァァ!!」

セレナ、ヒナタ「え?」















































二人「最下位になってるぞぉぉぉぉぉ!!」

セレナ、ヒナタ「え」

ジャイアン「へへっ!!あばよぉ!!」

いつの間にかにジャイアンまで抜かされていた・・・話に気を取られて減速していたのだ・・・

二人「・・・や、やっちゃったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(汗)」

慌てて二人は加速した!!巻き返せるのか!?

・・・一方・・・

ルフィ「いくぞ!!」

まずはルフィが動き出す!!

ルフィ「ゴムゴムの〜ロケットォ!!」

ビュン!!

ルフィはロケットで上に飛んで!!

更にルフィは両手をスイカの裏側に回して少しずつ両手を短くしていって・・・

すたっ

ゆっくりとスイカの上に着地・・・

ルフィ「よしっ!!」

悟空「おせぇなぁ!!」

ルフィ「なっ!?」

悟空は空中浮遊が出来る、あっさりとスイカの上にたどり着いていた!!

悟空(足にあまり力を入れないように走らなくちゃな・・・)

ルフィ(油断出来ねぇな・・・!!足に力を入れすぎたらドボンだ!!)

そして一方・・・

銀時「オラァ!!」

ぶんっ!!

ザクッ!!

銀時はまず長刀をスイカに刺した!!絶妙な力加減で!!

そしてジャンプして長刀に立った後!!

ズズズ・・・

ぶんっ!!

ザクッ!!

長刀が下がり始める直前に木刀を上に刺してそれに飛び乗った!!そして・・・

すたっ

木刀を拾いながらスイカの上に着いた!!

銀時「おっしゃあああ!!」

クリア!!

銀時(・・・といっても、前の二人との間大きいな・・・よし!!)

シュッ!!

銀時は・・・糸付きクナイを投げた!!

ヒュルヒュルヒュルヒュルヒュル!!

悟空「へ!?」

悟空の足に糸が巻き付いた!!

悟空「な、何だァ!?」

後ろを見ると・・・

銀時「ウラァァァァァァ!!」

銀時が寝ながら糸を引いて・・・悟空達にどんどん近ずいていく!!

悟空「邪魔だ!!」

悟空は後ろの糸を切ろうとしたが!!

悟空「き、切れねぇ!!」

何度も気を込めた手で切ろうとしても切れない!!

悟空「ま、まさか・・・武装色か!!」

その糸は黒く武装色で固まっていた!!

悟空「ならこちらも武装色で」

銀時「おせぇよ!!」

悟空「うおっ!?」

もう悟空はたどり着いていた!!

悟空「くそぉ・・・!!」

銀時「・・・だが斉木の奴凄いな・・・」

坂神「・・・あ!!斉木さんがいつの間にかに天辺に着いてます!!」

14人「・・・ってエエエエエエエエエエエ!?」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.914 )
日時: 2015/09/10 23:28
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

・・・そしてその頃・・・

斉木「・・・ふっ、僕には造作ないことだったな」

斉木は・・・次々とトラップをかわしながら・・・天辺にたどり着いていた!!

斉木「・・・あっけなく終わってしまうが・・・すまないな、全超能力エネルギーで・・・このスイカを割ってやろう!!」

斉木は・・・超能力を・・・手にため込んだ!!

その瞬間!!




































バキッ!!ずぼぼぼぼぼぼぼぼぼぼっ!!

斉木は・・・全超能力エネルギーを手に込めていたとき・・・足の超能力も・・・手に込めてしまったため・・・足の力で・・・スイカへ落ちていった・・・

坂神「おっと!!ゴール直前だった斉木さんが脱落です!!残り11名!!」

銀時「・・・何でゴール直前で落ちた?」

一方・・・

神楽「あーもう分かんないアルー!!」

神楽が必死に考えている時に!!

ナルト「とりあえず着いたってばよ!!」

ナツ「おしっ!!」

ナルトとナツがたどり着いた!!

ナツ「火竜の咆哮!!」

ボオオオオオオオオオッ!!

火炎放射を地面にぶつかってその勢いで飛ぶ!!

ナルト「影分身の術!!」

ボボボボォン!!

影分身をして階段の形に組み立てて本体が上っていく!!

二人「よしっ!!」

二人がクリア!!

ナツ「更に距離を詰めるぜ!!火竜の炎肘!!」

ボオオオオオオッ!!

ジャンプした後足から炎を出して空中に浮かびながら速く進んでいく!!

ナルト「・・・って不味いってばよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!・・・そうだ!!」

キュィィィィィィィィン!!

ナルト「風遁!!螺旋手裏剣!!」

螺旋手裏剣を投げた!!それは・・・

ナツ「うおっ!?」

ナツを横切った・・・更に!!


























ボォン!!

ナルト「よし!!」

ナツ「!?」

螺旋手裏剣が・・・ナルトになった!!

ナルトは変化の術で螺旋手裏剣に化けて影分身に投げてもらっていた!!

ナツ「・・・リードされても・・・負けてたまるかぁぁぁぁぁ!!」

ゴオオオオオオッ!!

ナツは火の勢いを加速して更に追いかける!!

・・・一方・・・

次に着いたのは!!

茅野「ふう・・・」

ハルヒ「着いたわねっ!!」

茅野とハルヒ!!

茅野「どうやって登ろうかな・・・あ!!」

茅野は・・・かつて夏休みの時の崖登りを思いだした!!

茅野「じゃあこうしよう!!」

シュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッ!!

ザクザクザクザクザクザクザクザクッ!!

茅野は複数のナイフをスイカに投げて刺す!!

そして!!

スタッ!!スタッ!!スタッ!!スタッ!!

軽やかにナイフの上に乗っていく!!そして!!

スタッ!!

茅野「よしっ!!」

クリア!!

ハルヒ「どうしようかしら・・・こうなったら、地道にやっていくしかないわね!!」

ハルヒは・・・砂山を作り始めた!!本当に地味だ!!

ハルヒ「地味地味ってうるさいわね!!絶対クリアしてやるんだから!!」

そして・・・

神楽「うう・・・どうすればいいアルかぁ・・・(涙目)」

涙目になって考えていると・・・

ヒナタ「着いた・・・」

セレナ「疲れた・・・」

恋する乙女二人がたどり着いた!!

神楽「あ、セレナちゃんアル!!」

セレナ「あ、神楽ちゃん!!どうしたの!?」

神楽「どうやって登ればいいのか考えているアル・・・」

ヒナタ「ってセレナちゃんと神楽ちゃんって友達?」

二人「うん!!」

実は二人は飛行機の中で隣で色々話していたのだ

セレナ「・・・じゃあ私に任せて!!」

神楽「本当アルか!?ありがとうセレナちゃん〜」

セレナ「・・・出てきて!!」

セレナが出したポケモンは!?

・・・時は遡り・・・スタート直前・・・

サトシ「・・・セレナ」

セレナ「な、何!?」

サトシ「・・・もし良かったら・・・このモンスターボール使ってくれないか?」

セレナ「え!?」

サトシはセレナに一つのモンスターボールを渡していた・・・

サトシ「コイツは役に立つと思うぞ!!」

セレナ「中のポケモンは何なの?」

サトシ「そいつは出してのお楽しみだ・・・セレナ」

ポンッ

サトシがセレナの肩に手を置いて

セレナ「ふえっ!?」

サトシ「・・・お前なら絶対やれる!!自信持って行け!!」

セレナ「・・・あ、ありがとう・・・(顔真っ赤)」





























ポォン!!

ルチャブル「ルチャァ!!」

セレナ「ルチャブルだ!!」

ルチャブルだった!!

セレナ「で、どうすれば・・・そうだ!!コレくらいなら・・・ルチャブル!!私を持ってアレくらいの距離飛べる!?」

ルチャブル「・・・ルチャッ!!」

ルチャブルは距離と二人の軽さから出来ると推測した!!

ルチャブルは・・・二人を掴んで・・・上に飛びながら運び出した!!

神楽「ファイトアルー!!」

セレナ「頑張ってー!!」

そして・・・

スタッ!!

クリア!!

セレナ、神楽「やったぁ!!」

神楽「本当ありがとうアルー!!」

セレナ「ありがとうルチャブル!!」

ルチャブル「る、ルチャァァァ・・・」

セレナ「ごめんね、飛ぶの苦手なのに無茶させちゃって・・・戻ってルチャブル!!」

キュゥゥゥゥゥン!!

神楽「よしっ!!それじゃあ登れたし!!」


























神楽「さっさと行くアr」

バキッ!!ずぼぼぼぼぼぼぼぼぼっ!!

神楽は意気揚々と走りだそうとした瞬間夜兎のバカ力が出て・・・スイカに沈んでいった・・・

坂神「夜兎神楽さんも失格です!!残り10名!!」

セレナ「いや何やってんのォォォォォォォォォォォォォォ!?」

銀時「アイツも落ちたか・・・」

そしてヒナタは・・・

足にチャクラを一定放出して・・・

クリア!!

ヒナタ「私忍者で良かったよ・・・」

そして・・・

ジャイアン「着いたぞぉ!!」

ジャイアンも遅れて着いた!!

ジャイアン「これを登れってか・・・上等だ!!登ってやるぜ!!」

ジャイアンは自らの力で登り始めた!!

・・・そして!!

5分後・・・

ジャイアン「よしっ!!」

登りきっていた!!

一方ハルヒも・・・

ハルヒ「やったわ!!」

砂山をかなりの高さにして・・・そしてそれを登った後ジャンプしてクリア!!ジャンプして降り立ってもハルヒの体重なら何も影響はない!!

ジャイアン「・・・って不味いな!!先頭が見えなくなってきていやがる!!」

ハルヒ「早く行かなくちゃね!!」

二人は慌てて走り出した!!二人の力と重さなら走ってもスイカの皮が割れることはない!!

一方先頭は・・・

ルフィ「うおおおおおおおお!!」

悟空「待てェルフィ!!」

銀時「待ちやがれこのヤロォォォォォ!!」

三人がスイカが割れないように気ずかいながら激しいデットヒートを演じていた・・・三人は・・・第一トラップにかかろうとしていた!!

次回!!生き残れるのは!?残り10人!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.915 )
日時: 2015/09/12 23:49
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

では本編です!!どうぞ!!

観客席にて・・・

めだか「悔しすぎる・・・!!」

人吉「めだかちゃんドンマイ・・・」

トリコ「くそぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

小松「大丈夫ですかトリコさん!!」

神楽「畜生アルゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!」

九兵衛「急に落ちてびっくりしたぞ・・・」

斉木「・・・油断してた・・・」

黒子「アンタ何やってんですか?」

脱落したスイカまみれの四人が戻ってきていた・・・

球磨川『情けないね』『それでも完璧委員長なのかい?』

めだか「まさかスイカがあそこまで脆いとは・・・」

妙「神楽ちゃん・・・せっかく登れていたのに・・・」

神楽「大事なところでミスったアル、セレナちゃんに申し訳ないアル・・・」

斉木「やむをえまいな・・・」

ケンシロウ「もう仲間は起こしていいのか?」

斉木「ああ、起こしといてくれ」

サニー「いきなり初っぱなから落ちたってダサッ!!」

トリコ「確かにそうだな・・・もう一度出来るなら挑戦したい気分だ・・・」

そして・・・

坂神「現在一番前から悟空、ルフィ、銀時、ナルト、ナツ、ヒナタ、セレナ、ハルヒ、ジャイアンの順位です!!果たしてここからどうなるのか!?」

先頭三人は・・・トラップにかかろうとしていた!!

坂神「そして先頭の人達は第一トラップに入ってきました!!その第一トラップは・・・」




































坂神「迫りくるスイカです!!」

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ・・・

三人「結構でけぇ!!」

大量の大きいスイカが・・・三人に襲いかかる!!

ルフィ「壊しながら進めってことか・・・!!」

銀時(かとか言って足下に力が入らないようにしなくちゃな・・・)

悟空(ならオラは・・・足下に力が掛からない空中浮遊を生かした空中攻撃で行くぞ!!)

三人「武装色硬化!!」

ガキィン!!

銀時は木刀に、ルフィは拳に!!悟空はちょっとジャンプした後足に武装色を纏う!!

銀時「オラァ!!」

ぶぅん!!ぶぅん!!ぶぅん!!ぶぅん!!

バキャッ!!バキャッ!!バキャッ!!バキャッ!!

ルフィ「ゴムゴムの銃!!」

バキャッ!!バキャッ!!バキャッ!!バキャッ!!

悟空「はあっ!!」

びゅっ!!びゅっ!!びゅっ!!びゅっ!!

バキャッ!!バキャッ!!バキャッ!!バキャッ!!

三人はそれぞれの力を発揮してスイカを壊しながら進んでいく!!

そして!!

三人「よっしゃあ!!」

坂神「先頭の三人が武装色を使い楽々とクリアしました!!」

第一トラップを突破!!

ハルヒ「先頭はもうトラップ突破したの!?」

ジャイアン「速いな・・・!!」

次に第一トラップにかかったのは!?

ナルト「多すぎだってばよ!!」

ナツ「おもしれぇ!!」

ナルトとナツだ!!

キュィィィィィィィン!!

ナルト「風遁!!ミニ螺旋手裏剣!!」

ナルトは小さい螺旋手裏剣を銃の指に作り上げて!!

ナルト「くらいやがれっ!!」

シュッ!!

・・・パァァァァァァァァン!!

小さい螺旋手裏剣がスイカの中で拡散して爆発!!次々と爆発していく!!

ナルト(デカい螺旋手裏剣だと地面のスイカごと削るかもしれねぇからな・・・開発しといて良かったってばよ!!)

ナツ「・・・火竜の鉄拳!!」

ぼおおおおおおおっ!!

ナツは両手に炎を作り上げて!!

ナツ「これなら小さい力でも・・・十分スイカを破壊できる!!オラァッ!!」

バカァァァァァッ!!バカァァァァァッ!!バカァァァァァッ!!バカァァァァァッ!!バカァァァァァッ!!

次々と壊していく・・・!!だが!!




















































ツルッ!!

ナツ「うおっ!?」

滑ってしまい!!

ドタッ!!

ずぼぼぼぼぼぼっ!!

滑って手に纏っていた炎がスイカに当たって・・・その衝撃で穴が開いてそのまま落ちた!!

ナルト「うおおおおっ!?」

ナルトも巻き込まれかけた!!

ナルト「あぶねぇってばよ・・・!!」

ぎりぎりクリア!!

そう、このトラップは後から来るほど壊れたスイカの汁が皮に付いて滑って・・・落ちやすくなるのだ!!

坂神「ナツドラグニルさんがスイカの地面に付いていた汁で足を滑らしてそのまま落ちて失格です!!一方ナルトさんがクリアしました!!」

茅野「ナツさんまで落ちたの・・・!!」

次は・・・

ヒナタ「着いた・・・!!」

ヒナタがたどり着いた!!

ヒナタ(・・・ナルト君もクリアできた・・・!!私だけ落ちるわけにはいけない・・・!!ずっと隣にいたいから!!)

ボワワワァ・・・

ヒナタ「柔歩双獅拳!!」

ぱぁぁぁぁん!!ぱぁぁぁぁん!!ぱぁぁぁぁん!!ぱぁぁぁぁん!!ぱぁぁぁぁん!!

柔拳をぶつけて次々と内部から破裂していく!!足もうまく汁が当たらないように回避しながら!!

そして!!

ヒナタ「・・・やったよ!!」

クリア!!

坂神「ヒナタさんがクリアしました!!」

ナルト「ヒナタもクリアしたか・・・!!俺も負けられねぇ!!」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.916 )
日時: 2015/09/12 23:53
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU


次は・・・

セレナ「成る程ね・・・」

セレナだ!!

セレナ(・・・どうしよう、またルチャブルを使うべきなのかな・・・シザークロスで壊しながら進める・・・!!)

と、サトシから借りたルチャブルをまた出そうとしたが・・・

セレナ(・・・サトシだったらなんて言うかな?)

サトシが何というのか目を瞑って考えてみた・・・

「疲れているポケモンを出したらかわいそうだろ!!」

サトシはそう言う気がした・・・

セレナ(・・・だよね、さっき苦手な空を飛ぶのをあんなに頑張ってくれたのに・・・まだ疲れているのに引き続き使う真似はサトシなら絶対しない!!やっぱり・・・!!ここは自分のポケモンで!!)

・・・だが!!

セレナ「・・・あれ?ほかのボールがない・・・って・・・他のボールサトシに預けていたの忘れててたぁぁぁぁぁ!!(汗)」

と、考えているうちに・・・

茅野「あ、セレナちゃん!!」

茅野がやってきていた!!

セレナ「茅野ちゃん!!」

茅野「どうしたの?」

話し中・・・

茅野「・・・分かったよ・・・下が果汁で塗れている以上速く移動してかわしながら進むのは滑る可能性があるから・・・そうなると方法は一つしかないわね・・・転がってくるスイカの上に乗りながらジャンプしていくしかない!!」

セレナ(え、ええええええええっ!?)

かなり難しい移動の仕方だ!!

セレナ(そ、そんなこと無理だよ・・・!!やっぱり・・・仕方ないのかな・・・!!)

再びルチャブルを・・・出そうとしたが!!



























セレナ(・・・やっぱり駄目っ!!)

誘惑を振り切った!!

セレナ(サトシだったら・・・絶対に、自らの力でクリアしようとするはず!!何が何でもポケモンを大事にしようとするはず!!自らを犠牲にしても・・・!!私はそんなサトシに憧れたんだから・・・私も自分の力で!!)

セレナ「分かったよ!!その方法で行く!!」

茅野「じゃあ一緒に行こう!!どちらが先に着けるか勝負だよ!!」

セレナ「うん!!」

二人は・・・転がってくるスイカの上に乗り移り始めた!!

すたっ!!

茅野「あぶないっ!!」

すたっ!!

セレナ「あわわっ!!」

すたっ!!

茅野「きゃあっ!!」

すたっ!!

セレナ「やっぱり難しい!!」

二人はかなりバランスが悪い中必死にスイカを渡っていた!!

・・・茅野は色々な訓練をしているからともかく・・・何故セレナが付いていけてるかって?それは・・・


































スーパーカロス人だからさ!!

・・・だが!!


























ゴチィン!!

二人「きゃあ!!」

ゴール直前に二人は頭がおもいっきりぶつかった!!

そして・・・二人同時に落ちていこうとした・・・その時!!























どかっ!!

セレナ「痛いっ!?」

セレナが背中を蹴られて飛ばされた!!

後ろを見ると・・・

茅野「・・・良かったぁ・・・」

セレナ「茅野ちゃん!?」

茅野はセレナが地面に落ちないように・・・蹴り飛ばして第一トラップを突破させたのだ・・・

茅野「私の分・・・がんばってね!!(笑顔)」

ドカッ!!ずぼぼぼぼぼぼぼぼっ!!

そのまま地面に落ちた衝撃で地面がが割れて・・・落ちた・・・

セレナ「・・・ありがとう茅野!!茅野の分まで頑張るから!!」

坂神「茅野さんが身を挺してセレナを庇って地面に落ちて失格!!そのかわりセレナさんは第一とラップを突破成功です!!」

サトシ「いいぞセレナァ!!」

ユリーカ「そのまま行ってー!!」

渚「茅野落ちちゃったか・・・」

赤羽「時の運がなかったね」

次に第一トラップに来たのは!!

ハルヒ「やっと着いた・・・」

ジャイアン「うおっ!?大量にスイカが転がってるじゃねぇか!!」

この二人!!

ハルヒ「避けながら進むしかないわね!!」

ジャイアン「・・・俺は全部壊してやるぜ!!パワー手袋!!」

ジャイアンはひみつ道具を使う!!

ジャイアン「おりゃあ!!」

ドカァ!!バキッ!!バシャッ!!グシャッ!!

次々とジャイアンはスイカを壊しながら進んでいく!!

一方ハルヒは・・・

ハルヒ「このスイカ遅いわね、避けるのぐらい簡単よ!!」

さっ!!さっ!!さっ!!さっ!!さっ!!

・・・だが・・・












































つるっ!!

ハルヒ「きゃあっ!?」

速く避けながら移動していたため・・・足を滑らせた!!

そしてそのまま・・・転んで・・・そのまま・・・

どかっ!!ずぼぼぼぼぼぼぼぼぼっ!!

ハルヒ「きゃああああああああ!!」

落ちていった・・・

坂神「涼宮ハルヒさん失格です!!そして武君が突破しました!!」

キョン「やっぱりな・・・」

朝比奈「ハルヒさぁん・・・」

ドラえもん「あのひみつ道具渡しといて良かったよ!!」

のび太「ジャイアンにピッタリだからね!!」

ジャイアン「あぶねぇ・・・俺も巻き込まれるところだったぜ!!」

ジャイアンはゆっくりスイカを破壊しながら進んだため滑らずにすんだ・・・

こうして生き残っている全員が・・・第一トラップを突破した!!残り・・・7名!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.917 )
日時: 2015/09/12 23:59
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

銀時「くそっ・・・!!未だに二人に追いつけねぇ・・・!!」

ルフィ「うおおおおおお!!」

悟空「オラァァァァァァァ!!」

二人は怒濤のダッシュをしている中・・・全然銀時は追いついていない!!天辺に近ずくほどこのスイカの皮は固いようだ、故に二人とも走れている、更に!!

銀時「しかも・・・」

ナルト「待ちやがれェェェェェェ!!」

後ろに迫るはナルト!!

銀時「くっ・・!!どうすれば・・・!!」

そして・・・

ナルト「うおおおおおおおおお!!」

銀時「くそぉぉぉぉ!!」

ナルトに抜かされた!!

そしてその頃・・・

セレナ「どうも!!」

ヒナタ「あ、セレナちゃん!!」

再び再会!!

セレナ「どう?ここまで残れて!!」

ヒナタ「うん・・・ここまで残れたんだから・・・絶対に生き残りたいよ!!」

セレナ「私もだよ!!」

坂神「現在生き残っているのは悟空、ルフィ、ナルト、銀時、ヒナタ、セレナ、ジャイアンです!!人数は半分切りました!!」

そして・・・第二トラップは!!










































ヒューン!!ヒューン!!ヒューン!!ヒューン!!

坂神「スイカ流星群です!!」

大量のスイカが降ってくる!!

ナルト「・・・多すぎだってばよ」

悟空「邪魔だな・・・」

ルフィ「よし・・・見聞色で行くぞ!!」

坂神「あ、すみません!!ここから覇気の使用を禁止します!!」

銀時、ルフィ、ナルト、悟空「えええええええええええ!?」

ナルト「今使おうとしたばっかりだってばよ!!」

坂神「ここからは実力でクリアしてほしいのです!!」

ルフィ「・・・まあいい!!行くぞ!!」

三人は・・・スイカの流星群に突撃する!!

キュィィィィィィィィン!!

ナルトは両手に螺旋丸を持って!!

ナルト「螺旋連帯丸!!」

二つの螺旋丸を使って守っていく!!

ルフィ「ゴムゴムの〜」

ぷくぅ〜!!

ルフィ「風船!!」

ボヨォォォォォォォォン!!

跳ね返していく!!

悟空「かめはめ波!!」

ドゴォォォォォォォン!!

次々とスイカを壊していく・・・!!

そして・・・いよいよゴール間近!!

ルフィ「よしっ!!」

ルフィがクリア!!

ナルト「よっしゃあ!!」

ナルトも!!

悟空「よし・・・もう少しだ!!」

そうして・・・気が緩んでいたときに・・・

ヒューン

スイカが悟空に落ちてきた!!

悟空「おっと!!」

悟空は・・・スイカを・・・キャッチしてしまった!!

























ドカッ!!ずぼぼぼぼぼぼぼぼぼ!!

悟空「ええええええええええええ!?」

二人「悟空ゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!?」

悟空はスイカをキャッチしたが・・・その重さに悟空の重さが加わって・・・重くなったために・・・地面が割れて・・・そのまま落ちていった・・・スイカの中に入ってしまった時点で失格である、悟空はまさかこれで地面が割れるとは思わなかった為空中移動する暇がなかったのだ・・・

坂神「・・・予想外の事態が起きました!!孫悟空さん脱落です!!そしてナルトさんとルフィさんがクリアです!!」

クリリン「マジかァァァァァァァァァ!?」

ベジータ「不覚をとったなカカロット・・」

そして少し経って・・・

銀時「やっと着いた・・・早く突破するぞ!!」

銀時は木刀を構えて!!

銀時「どんだけ降ってこようと全て割ってやるぜ!!」

パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!

降ってくるスイカを木刀を上に振って次々と割っていく!!

そして!!

銀時「おっし!!」

クリア!!

銀時「早く二人を追いかけるぞ!!」

そして次は!!

ヒナタ「こんなにスイカが降ってくるなんて・・・!!」

セレナ「驚いたよ・・・!!」

ヒナタとセレナ!!

ヒナタ「・・・今こそ・・・この技を使うとき!!」

セレナ「もう一度・・・力を貸して!!」

ポォォン!!

ルチャブル「ルチャチャァ!!」

セレナ「ルチャブル!!私の頭に乗って!!そして頭にスイカが降ってきたらシザークロスで切っていって!!」

ルチャブル「ルチャッ!!」

ヒナタ「・・・守護八卦六十四掌!!」

バババババババババババッ!!

手を凄い速さで動かして降ってくるスイカから守りながら進んでいく!!

ザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッザクッ!!

セレナの頭に乗ったルチャブルが頭に降ってくるスイカをシザークロスで斬っていく!!

そして・・・

二人「やったぁ!!」

クリアに成功!!

セレナ「ありがとうルチャブルぅ!!流石サトシのポケモン!!」

ヒナタ「良かったぁ・・・」

セレナ「ふう・・・ちょっとだけ休もうよ」

ヒナタ「そうだね・・・」

セレナ「まさかここまで残れるなんて思ってなかったよ・・・」

ヒナタ「あの・・・もし良かったらルチャブル持ってみて良いかな?」

セレナ「いいよ!!」

ヒナタはルチャブルを可愛いと思って・・・持ってみた!!

























ズシッ!!

ヒナタ「・・・凄く重くない?」

ルチャブル←21.5kg

セレナ「そう?」

ヒナタ「え」

ヒナタは・・・一瞬で考えた・・・

ヒナタ(・・・頭もの凄く痛いはずじゃないの?)

ヒナタ・・・彼女には常識は通用しないんだ!!
































スーパーカロス人だからさ!!

そしてその後に!!

ジャイアン「よぉし!!やっと着いたぞ!!」

ジャイアンもたどり着いていた!!

ジャイアン「よぉし・・・降って来るスイカ全て壊し尽くしてやるぜ!!」

パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!パァァァァァァァァァン!!

パワー手袋を使って拳を上に振って次々とスイカを壊していく!!

ジャイアン「へへっ!!どんな問題!!」

・・・だが・・・

ジャイアン「・・・ってあぶねぇ!!」

ジャイアンは・・・気を緩めていた隙に振ってきたスイカを・・・キャッチしてしまった!!








































どかっ!!ずぼぼぼぼぼぼぼっ!!

ジャイアン「何でだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

・・・悟空と同じミスをしてしまった・・・

坂神「剛田武君失格です!!」

スネ夫「・・・まあここまで頑張ったらいい方だよね!!」

ドラえもん「・・・そうだね」

こうして・・・残っている五人が全員第二トラップを突破した!!

坂神「では・・・いよいよ最後のトラップです!!」

果たして・・・スイカを割れるのは!?次回決着!!

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.918 )
日時: 2015/09/14 23:23
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!最近あまりコメントがこなくてOTLな坂神です!!

・・・まず・・・スイカの直径を間違えてしまいすみませんでしたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!メートルとキロメートルじゃ全然違いますよね!!すみません!!

では本編です!!どうぞ!!

ルフィ「一番乗りだっ!!」

まずルフィがたどり着いた!!

だが!!

ピピピーッ!!

ルフィ「何だっ!?」

坂神「すみません!!ここでストップしてください!!」

そこには坂神がいた!!向こうにはカーテンが掛かっている!!

ルフィ「何でだぁ!?」

坂神「・・・最後は残っている人達が同じ条件でやるのです!!なので皆が揃うまでお待ちください!!」

実は今までの道はこの最後のトラップに挑戦する権利を得るための物だったのだ

・・・すると!!

ナルト「よっしゃぁ!!」

ナルトもたどり着いた!!更に!!

銀時「おっしゃあぁぁぁ!!」

銀時も!!そして五分経って!!

ヒナタ「良かった・・・」

セレナ「着いたよっ!!」

二人もたどり着いた!!

ナルト「すげぇじゃねぇかヒナタ!!ここまで生き残れるって!!」

ヒナタ「あ、ありがとう・・・(顔真っ赤)でもナルト君の方が凄いよ・・・私より早く・・・クリア出来たんだから・・・」

ナルト「・・・いや、俺はせっかちだから速く着きたかっただけだってばよ、お前はお前のペースで行けってばよ!!それが一番だからな!!」

ヒナタ「あ、ありがとう、ナルト君に誉められてうれしいよ・・・(顔が超真っ赤)」

セレナ(ヒナタちゃん顔赤すぎ!!)

銀時「・・・リア充爆発しやがれこの野郎」

坂神「・・・銀さんは充分リア中ですぅ♪だって・・・」














































坂神「銀さんのこと大好きな人が近くにいるんですからね!!(笑顔)」

五人「・・・え?(唖然)」

坂神は・・・気ずいていなかった、実はこっそり暗示で銀さんのことを自分が好きなことを言ったんだが・・・全然ここだと暗示になっていないのだ

銀時「・・・一応聞くわ、誰のことなの?」

坂神「さぁ誰でしょう?妙さんでしょうか?月詠さんでしょうか?猿飛さんでしょうか?それとも・・・誰でしょうかね?」

ナルト「・・・ここにいる女って・・・ヒナタとセレナとお前以外誰も近くにいねぇってばよ」

坂神「・・・あ・・・(顔真っ赤)」

・・・それで気がついた後・・・

坂神「・・・ヒナタさんって銀さんのこと好きですか?(汗)」

ヒナタ「い、いえ・・・(確かにかっこいい人だけど・・・私はナルト君のことが好きだから・・・)」

坂神「せ、セレナちゃんは?(汗)」

セレナ「私も・・・(私はサトシのことが気になっているし・・・)」

坂神「・・・さて!!では最後のトラップを紹介しまs(汗)」

男三人「いや誤魔化すんじゃねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」

銀時「・・・お前・・・俺のこと大好きなn」

がばっ!!

あわてて銀さんの口を手で塞いだ!!

坂神「わ、忘れてくださぁい!!さっき言ってことなしでお願いしますぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!(顔真っ赤)」

ナルト「・・・いや、もう忘れるのは無理だってばよ、覚えちゃったってばよ(苦笑い)」

ヒナタ、セレナ(さ、坂神さんドンマイです・・・)

坂神「わあああああああああん!!なんでこうなるんですかぁぁぁぁぁぁ!!(号泣)」




10分後・・・

坂神「・・・で、では・・・改めて最後のトラップを説明しますぅ・・・ぐすん・・・(
涙目)」

ルフィ「落ち込むなって、元気出せよ!!」

・・・という・・・全てのプログラムが終わった後に好意を告白するつもりだったのを自身のミスであっさり銀さんに加えて四人に暴露してしまった後・・・

坂神「・・・では・・・カーテンを開けてください!!」

カーテンが・・・開いた!!






































開いた先にあったのは・・・

スイカの果汁などが溜まっている穴があって・・・そこに5つのスイカが一メートル事に、だが三つ目と四つ目の間はさらに三メートル離れて並んで流れていた!!

坂神「・・・最後は浮かんでいるスイカを次々と渡って・・・天辺にたどり着いてください!!たどり着いた人が優勝です!!」

銀時「無理だろ」

ナルト「って諦めんの速すぎだってばよぉ!!」

銀時「・・・まずスイカが果汁に浸かっている時点で滑りやすいだろ、それにスイカの間の距離結構長くね?」

ルフィ「でもしょうがねぇだろ!!俺が最初にやる!!」

坂神「分かりました!!・・・ルフィさんの挑戦です!!」

ルフィ「あ、後やっぱりスイカには一度足を触れなくちゃ駄目なのか?」

坂神「はい!!必ず浮いているスイカ全てを踏んでください!!」

ルフィ「そうかぁ〜もし踏まなくて良かったんならロケットで行きたかったんだけどな〜」

ルフィが・・・挑戦に挑む!!

ルフィ「・・・やるぞぉ!!」

ビョイーン!!

ルフィは足を長くしてスイカに近ずく!!

ばしっ!!(足を縮めた!!)

ルフィ「よし!!」

一つ目のスイカに移動成功!!

ビョイーン!!

ばしっ!!

二つ目もクリア!!

ビョイーン!!

ばしっ!!

三つ目も!!

・・・だが!!

ルフィ「・・・一番距離が長いな・・・」

三つ目と四つ目の間の距離が一番スイカとスイカの間が長い!!

ルフィ「・・・いくぞ!!」

ビョイーン!!

ルフィは・・・四つ目に足を延ばした!!

ばしっ!!
































だが!!

ルフィ「うわぁ!?」

ゴムが戻った衝撃で・・・・ルフィが揺れてしまい!!

つるっ!!

滑って・・・そのまま・・・

ドボーン!!

沈没・・・

坂神「ルフィさん失格です!!」

ナミ「うっそぉ!!せっかくここまで残れたのに!!」

ゾロ「仕方ねぇな・・・」

坂神「では次の挑戦者は!?」

永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.919 )
日時: 2015/09/14 23:28
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

ナルト「俺が行くってばよ!!」

ナルトが挑戦する!!

ヒナタ「頑張って・・・ナルト君!!」

ナルト「おう!!見てろよヒナタ!!」

坂神「では・・・ナルトさんの挑戦です!!」

ナルト「いくぜぇ!!」

しゅたっ!!

すたっ!!

しゅたっ!!

すたっ!!

しゅたっ!!

すたっ!!

忍者が次々と建物の上を渡るようにスイカを渡って次々とスイカを渡っていく!!

ナルト「・・・次か・・・」

いよいよ最難関の三つ目と四つ目の間!!

ナルト「・・・いくぜぇ!!」

しゅたっ!!



























すたっ!!

だが!!

ナルト「ってヤベェ!!」

立った場所が悪かった・・・!!スイカの前側に立ってしまっていた!!

つるっ!!

故にバランスを崩して!!

ヒナタ「ナルト君!!」

ナルト「ヒナタぁ!!後は頼むってばよぉ!!」

ドボーン!!

後をヒナタに託して沈没・・・

ヒナタ「ナルト君・・・!!分かったよ・・・!!ナルト君の分まで頑張るから!!」

坂神「うずまきナルトさん失格です!!」

リー「ナルト君が落ちた!?」

カカシ「ま、恐らくドジかましたんだろうな・・・」

坂神「次は誰ですか!?」

銀時「じゃあお前等二人のうちどちらが先に行くんだ?」

坂神「・・・銀さん、女より良いところを最初に見せるのが男ってもんですよ?(ジロ目)」

銀時「・・・はいはい、俺が先にやればいいんだろコノヤロー」

というわけで銀時が挑む!!

銀時(・・・といっても・・・普通じゃあ三つ目と四つ目の間を飛び越えるのは無理だな・・・一か八かの賭だが・・・あれしかねぇ!!)

・・・銀時の・・・博打とは!!



































銀時「うおおおおおおおおお!!」

ばっ!!ばっ!!ばっ!!

すたっ!!すたっ!!すたっ!!

ダッシュしながらジャンプして、その勢いで三つ目と四つ目の間も加速している勢いで間を越える作戦だ!!バランスを全く取っていない分一度動きを止めたら終わりの作戦だが止めずに向かう!!

・・・そして!!


























銀時「おりゃああああああああ!!」

すたっ!!

スイカの四つ目にたどり着いた!!

前の方に立ってしまったが・・・その勢いのまま五つ目に飛んだ!!

すたっ!!

着地成功!!そのまま!!

すたっ!!

銀時「・・・よっしゃあああああああああああああああああああああああああああ!!」

・・・天辺にたどり着いた!!

坂神「・・・一人目の天辺到達者がでました!!坂田銀時さんが着きました!!」

坂本「よくやったのぉ金時ぃ!!」

桂「流石に甘党だけあるな!!」

銀時「・・・で、もうスイカ割って良いか?」

坂神「駄目です!!残っている二人がどうなるのか見てからでお願いします!!」

銀時「分かった!!」

坂神「・・・で、どちらからやるのですか?」

ヒナタ「・・・私からやるよ!!」

セレナ「いいの!?」

ヒナタ「うん・・・私は・・・ナルト君に託されたから・・・負けるわけにはいかないの!!」

セレナ「・・・分かったよ!!」

次に挑むのは・・・ヒナタ!!

ヒナタ「・・・いきます!!」

ヒナタは・・・柔拳の構えをした!!


















ヒナタ「はぁぁぁぁぁっ!!」

さっ!!さっ!!さっ!!

ヒナタは柔拳の動きで動いて・・・スイカを次々と越えていく!!

セレナ「速い・・・!!」

そして・・・三つ目と四つ目の間にかかった!!

ヒナタ(・・・この間は・・・六十四掌に踏み込む勢いで・・・動きます!!)

・・・そして!!

ばっ!!

移動した!!




































ヒナタ「・・・あ」

・・・着いたのは・・・四つ目と五つ目の間だった・・・

ヒナタ「・・・ごめん・・・ナルト君・・・」

ドボーン!!

セレナ「ヒナタちゃぁん!!」

行き過ぎた・・・

坂神「日向ヒナタさん失格なのです!!」

サクラ「ヒナタまで!?」

シカマル「意外だな・・・」

坂神「残りはセレナちゃんのみです!!」

シトロン「頑張ってくださいセレナ!!」

サトシ「・・・負けるなよセレナ!!」

セレナ「・・・残りは私だけ・・・絶対に負けない!!」

次回!!果たしてスーパーカロス人はどうなるのか!?本当に次回完結!!

後エイジアさん、突然ですが崇神の秘密をある二人に明かしてよろしいでしょうか?実はこのスイカ割りが終わった後に斉木が天国で少し得た崇神の秘密をエイジアさんや本城、銀さんに明かす予定なのですがその会話を聞く人にいつのまにか紛れ込んでいて話を聞くことになるのです。その二人は・・・うちはサスケとララ・サタリン・デビルークです。よくなかったら教えてください!!

Re: 永遠の絆the dream open クロスオーバー  ( No.920 )
日時: 2015/09/15 07:17
名前: エイジア

こんにちは!エイジアです!

エイジア「ごめん!すごく遅くなって!」

レイヴン「いや、別にいいが・・・で、何していたんだ?」

エイジア「まず武器ね。はい、『魔殺しの鎌』」

レイヴン「すごいの持ってきたな・・・」

エイジア「うん。普通にその鎌は魔法以外にも、悪魔や魔王などの魔の力を無効にできるの」

レイヴン「なるほど。じゃあなんで俺にこれをくれるんだ?」

エイジア「サービスって所かな?」

レイヴン「サービスかよ・・・・まぁいい。それより体がマズイってどういうことだ?」

エイジア「うん、なんか体を冷やしてたんだけど、いつの間にかすごいダメージが入ってた」

レイヴン「気がつかなかったのか・・・・」

エイジア「うん。だから、少し早いけど、始めようと思って」

レイヴン「あいつの封印はどうする」

エイジア「私の封印の歌でうまく使っておくから安心して」

レイヴン「・・・・分かった」

エイジア「じゃあいくよ」

数分後・・・・・

エイジア「・・・・どう?」

レイヴン「ああ、ララ以外の体にいるのはちょっと落ち着かないな・・・・」

エイジア「そっか、それと姿いつもと同じだからね。声も少し男性ぽくしてみたけど」

レイヴン「ああ、ありがとう」

エイジア「どういたしまして。それにレイヴンは今後ララと同じ人として生きていくんでしょ?」

レイヴン「ああ、ララたちの生活にもサポートしたいしな」

エイジア「だったら名前を与えないとね!」

レイヴン「名前?」

エイジア「うん。レイヴンて言う名前は不思議に思うからね。え〜と・・・・決まったよ」

レイヴン「速いな」

エイジア「名前はね。黒羽、黒羽ゆうとってのはどう?」

レイヴン「黒羽ゆうと・・・・か。いいな。悪くない」

エイジア「でしょ!あ、別にここではいつもどうりにレイヴンでもいいから」

レイヴン「分かった。それと祟り神の情報もとりたいしな」

エイジア「うん。これが終わったらすぐに銀さんたちを連れて聞きに行かなきゃね」

レイヴン「ああ。」

エイジア「もし聞いた人がいたら、どうする」

レイヴン「・・・かんねんして言うしかないだろ」

エイジア「分かった」

コメント待ってます。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。