二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.140 )
日時: 2014/09/09 22:37
名前: 竜 ◆dYPxyxILUE

技の所に設定追加と少し減らして書きました。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.141 )
日時: 2015/03/11 11:58
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

皆さん!大変待たせてすみませんでした!坂神です!
ジャガーさん
確かに中の人は正反対ですよね〜正直ビックリしました。
竜さん
すみません!
FF真拳さっぱりわからないので説明してくれませんか!?
よく分かんないので…申し訳ございません!!
では失礼します。

三人は今大変な状況だ・・・
ビチクソ丸にフンをぶん投げられて続けているのだ。
めだか(くっ、よけ続けているがそろそろ危ないな・・・)

銀時(畜生!!なんで俺はこんな目にあうんだよ!!どこがうんこ投げられ機らしいんだよ!?)

ジョナサン(なんで二人はともかく僕まで巻き込まれるんだ!!早く脱出しなければ・・・)

最初に行動にうつしたのはジョナサンだった。ドアの方に向かって動き出したのだ。

ジョナサン(早く脱出だ!!)

だが・・・触れなかった、いや正確には触りたくなくなった。

ジョナサン(何でドアノブがフン塗れなんだ!?)

すでにビチクソ丸によってフンで占領されていたのだ。

銀時(嫌がらせかよ!?どうすればいいんだよ!?)

めだか(・・・こうなったら!!)

銀時「めだかちゃん・・・こうなったらあの技を使うしかねェ!!」

めだか「そのようだな!!」

ジョナサン「なにするつもりですかっ!?」

銀時、めだか「必殺!!」

二人はジョナサンの後ろに回って・・・

銀時、めだか「バカガード!!」

ジョナサン「いや僕を盾にしてるだけじゃですかァァァァァ!!」

ジョナサンがかわいそうである。ジョナサンは槍で防いでいるが大変すぎである。

銀時、めだか「そして・・・」

ガシッ

ジョナサン「えっ?」

銀時、めだか「バカ爆弾!!」

哀しい男である。おもいっきり二人にビチクソ丸に向かって投げられたのだ。当然フンが全部ぶち当たる。

ビチクソ丸「ウキキキキキキキキキキッ!!」

ビチャビチャビチャビチャ

ジョナサン「ぐわァァァァァァァァァ!!」

銀時「ジョジョォォォォォォォォォ!!!」←元凶

めだか「大丈夫か!!くそ・・・私がいれば!!」←元凶

銀時「今だめだかちゃん!!黒神ファントムでドアごとぶち破れ!!」

めだか「分かっている!!黒神ファn」

と突き破って脱出しようとした時・・・




















時が止まった・・・

ビチクソ丸「ウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキウキッ!!」

その頃・・・
別室で待機中の皆

新八「・・・あの〜今銀さんとめだかさんの悲鳴が聞こえたんだけど」

人吉「・・・気のせいでしょ」

エリナ「不安なんですけど・・・ジョナサン君の次に二人の悲鳴が・・・」

土方「・・ちょっと見てくる」

マリオ「俺も」

で二人が見に行ってみると・・・

ビチクソ丸の近くにジョナサンがフン塗れで倒れていて、
ドアの近くで銀時とめだかがフンにもはや包まれていた。
そして周りはフンだらけ、ていうかフンしかなかった。
マリオは大声で絶叫した・・・

マリオ「・・・マンマ・ミーアァァァァァァァァァァ!!!!!」

10分後・・・
球磨川『たくっ、何度もこの能力使い過ぎだよ』

銀時とめだかとジョナサンはフン塗れだったことを「なかったこと」にしてもらい、そしてビチクソ丸はフンを投げたことを「なかったこと」
にしてもらった。そのため列車もまた綺麗になった。ちなみにビチクソ丸は睡眠薬で寝ている。

神楽「でもなんでめだかちゃんは「動物よけ」のスキルを持ってるアルか?」

喜界島「めだか先輩が完璧すぎるからです・・・めだか先輩は動物好きなんですよ?」

神楽「・・・可哀想アルな、私も動物好きだから気持ちよく分かるアル」

銀時、めだか、ジョナサン「ズーン」

今三人にはトラウマになっている。

スピードワゴン「・・・取り敢えず構わないでおこうぜ、気持ちよく分かるからよ」

月詠「・・・そうじゃな」

人吉「・・・でも何であの猿は時をとめれたんだ?」

人吉には一瞬時が止まったのを感じていたのだ。

マリンスノー「・・・奇遇ッスね、僕も同じく」

超能力者のマリンスノーも同じだった。

?「私のせいだよ♪」

すると、一人の可愛い女の子が座席の下からあらわれたのだ。

阿久根「お前・・・通りで探してもいないと思ったら!!」

不知火「びっくりした?あ、私不知火半袖!!よろしくね〜」

めだか「・・・貴様は危機を察するとすぐ立ち去るからな・・・」

不知火「あひゃあひゃ、違いますけどお嬢様?」

めだか(イラッ)

人吉「落ち着いて、で、お前猿になにしたんだ?」

不知火「私安心院さんにスキル「時止め」をもらっといたの、だからふざけて猿に渡してみたの、だから時を止めることができたわけ♪」

全員「勝手な真似すんじゃねェェェェェェェ!!!」

本当迷惑で騒がしい猿騒動であった・・・

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.142 )
日時: 2014/09/09 22:50
名前: ジャガー ◆.FaqqoG3U6

ジョナサァァァァァン!!
メイドウィン『ジョナサンカワイソス』
松山『俺だったら来る前にライフルで撃ち落としてるな。』
マリオ『もう数ヶ月はメイドウィンワールドで脇役やってきたが、あんな悲惨な光景見るとは思わなかった。』


更新頑張ってください!


Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.143 )
日時: 2014/09/10 07:19
名前: マリンスノー

ひさしぶりに投稿、マリンスノーです!

銀さんとジョナサンがとにかく可哀そう・・・

あの猿とは超能力者でも戦いたくない・・・いろんな意味で負けそうです・・・

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.144 )
日時: 2014/09/10 07:43
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

ビチクソ丸のやつ...さすがに俺は銀さんたちみたいにはなりたくなぇな、俺もやられそうだ刀を抜く前に...

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。