二次創作小説(旧・映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.329 )
日時: 2014/11/01 20:53
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!技について把握しました!!
竜さん
う〜ん前にジャンプキャラの身内のオリキャラはダメ、と書いたんですけど・・・じゃあすみませんが神威、神楽の兄の強さは神威と同じ、近藤美月の強さは銀さんと同じ強さ、にします!!(あまりにも強すぎるとチートキャラになるんで・・・)

エイジアさん
あ、すみません、音の力はもう小説に使われているため消す事をなしでお願いします。

アックスホークさん

技ありがとうございました!!把握しました!!

零龍さん

CODE666ですね!!分かりました!!

では失礼します!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.330 )
日時: 2014/11/01 20:54
名前: 竜 ◆CmqzxPj4w6


あ、忘れてました。すみません!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.331 )
日時: 2014/11/03 21:40
名前: エイジア

うーん、それだと、私って技を四つにする方なんですよ・・・・・

じゃあ、音の力に人の思考を読む力を付け加えます。

つまり、

ララの能力
炎魔法(特大魔法も入る)
音の力(人の思考を読む力とノイズの力も入る)
覚醒(武器は同じ)
祟神

と言う感じです。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.332 )
日時: 2014/11/01 21:36
名前: アックスホーク

どうも、アックスホークだ。

俺の強さは普通でケンシロウと同じ、無想転生でラオウが黒王馬から降りて戦って倒せるクラスです。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.333 )
日時: 2014/11/01 21:49
名前: 坂神 銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

神威「やれやれ、凄い大爆発だったな」

神威と寄生体の戦場にもの凄く大きな球状の穴が空いた・・・

そして寄生体は恐るべき奥義を繰り出した・・・

寄生体の腹から・・・大量の小型寄生体が出てきた!!

神威「ふ〜ん、いわゆる繁殖しているんだ・・・」

そしてその寄生体は・・・神威に向かって襲い掛かる!!

神威「ようするに、全部ぶっ倒せばいいんだね、面白そうだな・・・受けて立つよ」

20分後・・・

神威「な、なかなかやるな・・・」

神威は恐るべき強さで出てきている小型寄生体を倒したが・・・体力が限界になってきたのだ・・・倒した数は・・・何と10000体である。

神威「なるほど、一つ分かったよ、君は中々強いな、寄生体・・・いや松山っていっておくか、だから・・・」

神威は急に去る準備を始めた・・・

子音「ど、どうするつもりですかっ!?」

神威「俺はスキなおかずは最後までとっておく主義なんだ。だからここは一旦待ってあげるよ、だから・・・松山、君は誰にも殺されないでね・・・俺に殺されるまでは」

シュン!!

子音「なっ!?」

子音(瞬間移動した!?それより・・・)

子音は寄生体の様子を見た、だがその寄生体はかなり小さくなっていた。実は小型寄生体は自らの体から作り出す物であるため、体を犠牲にしてだした技だったのだ。

子音「このままじゃ松山さんの体が危ない!!ゲルパルド封印!!」

その寄生体はどんどん小さくなって・・・松山が出てきたが、その両手と両足が小型寄生体を作り出すためなくなっていた。

子音「本当に命が危ない!!黒箱の術!!」

シュン!!

黄金列車内にて・・・

子音「エイジアさん!!大変です!!」

エイジア「そ、そんな両足と両手が失くなってるなんて!!」

エイジアがなくなった場所を冷凍保存したため出血はなくなったが血が足りなくなってきていた・・・

エイジア「このままじゃ本当に死んじゃうよ彼・・・」

阿伏兎「あらら、神威の奴派手にやったな・・・」

神威「阿伏兎、ここは引くよ」

本城「な、何ですって!?」

神威「コイツら意外と強いらしいし、俺も疲れさせることが出来る敵だからね・・・やっぱりあの本戦を待った方がいいでしょ?」

阿伏兎「ったく、お前は勝手にあの男の許可も得ないで乱入したくせに・・・」

神威「まあね、という訳で、ここはひかせてもらうよ」

神威と阿伏兎は黄金列車を去った・・・

メイドウィン「やっと去ったな・・・」

ジョナサン「それより松山さんの命が!!」

エイジア「何とか治癒の歌で命は保っているけどこのままじゃ・・・」

その頃・・・

神威「でもやっぱり・・・あのお侍さんに挨拶していったほうがいいかな?」

阿伏兎「それはする必要がねぇよ、高杉が鬼兵隊の一部を送ったのが今ついたし、それに・・・アンタの最大のライバルがここに来たようだ」

神威「・・・そのようだね」

?「久しぶりだな」

神威「まさかこんな所にアンタ達が来るなんてね・・・夜兎族の正統後継者、とも呼ばれたあの父も超えたという名声を持っていながら親殺しをしない夜兎族の強さを持ちながら夜兎族の性格から離れた愚か者・・・」

















































神威「如月兄貴がいるなんてね・・・」

如月「あいからわず変わってないな・・・その夜兎族の力だけに頼っている所は・・・」

夜兎族最強兄弟相見える・・・

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。