二次創作小説(映像)

永遠の絆the dream open クロスオーバー 
日時: 2016/01/03 12:55
名前: 坂神 銀拳心

初めまして!!小説書いている皆さんに憧れて書いてみようと思いました!!私が書くのは主にジャンプキャラがメインです。逃走中や戦闘中の小説や時には感動する小説を書こうとも思っています!!得に私が好きな漫画は銀魂です。そして、特に好きなキャラは主人公の銀さんです。(銀さん好きな人もっと増えて欲しいです☆)という訳でプロローグです!!よろしくお願いします!!

後、作者募集は再開しました!!キャラシートです!!>>48

現在武闘会は終わり七泊八日の旅編です!!是非見てみて下さい!!

さらにこの小説にでるキャラ表です!!見てみてください!!>>698>>699

そして私の小説のオリジナル設定です!!これもチェックです!!

>>960

後私の小説に参加している人はアンケートに答えて欲しいです!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.334 )
日時: 2014/11/01 22:10
名前: エイジア

松山さん!!大丈夫ですか!?

ララ「出血が多すぎる・・・このままじゃ本当に死んでしまう」

エイジア「どうしたら・・・・・」

ララ「そうだ!」

エイジア「どうしたの!?」

ララ「私ちょと天界に行ってきます!」

エイジア「え!?どうして!?」

ララ「癒しの女神から薬貰っていきます!」

エイジア「え!?ちょ、ララーー!?」

シュン

エイジア「行っちゃた・・・・あれならあの人で治せるのに・・・・・まあ、ララは、神様で他の神でも信頼は得てるけど・・・・・本当は、邪神とかそうゆう系なんだよね・・・・・ま、十六夜と私しか知らないけど・・・」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.335 )
日時: 2015/04/21 22:22
名前: 坂神 銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!坂神です!!今回は二回目のコメント感謝です!

エイジアさん
わざわざすみませんでした!!感謝します!!
後薬は大丈夫ですよ!!
アックスホークさん
でもそこまで強いとケンシロウ超えると色々おかしくなるんで・・・後すみませんが無想転生は出来ない設計にします。無想転生はあくまでもケンシロウ一人しか使えない設計にしたいんで・・・
竜さん
大丈夫ですよ!!次からはなしでお願いします!!

では本編です!!どうぞ!!

そして銀さん達・・・

銀時「オイオイ・・・何でこんなに大軍がくるんだよ・・・たくっ、先程の闘いで疲れきったあとにくるなんて神や仏もありゃしねーぜ」

土方「そう愚痴ってもしょうがねぇじゃねぇか、実際にきてんだからよ・・・ざっと2万はいるな」

めだか「これ程まだ人がいるとは・・・」

竜「すごいなこの人数、だれが揃えたんだ?」

ドドドドドドドドドドドドドドドド・・・

もの凄い大軍が迫ってきていた・・・

めだか「しょうがないな、こうなったら決死の覚悟で攻めr」

銀時「大丈夫だよ」

三人「え?」

銀時「お前らもう体力限界だろ?このまま戦ったら・・・お前ら死ぬかもしれねぇぞ?」

めだか「だからって・・・」

銀時「沖田・・・お前の剣借りるぜ」

銀時は・・・最強の本気姿・・・あの鳳仙を倒した・・・二刀流を使う事にした・・・

銀時「ここからは皆見ないでくれ、あんま見られたくないんだ、この姿は・・・刀を血に染めて殺しをしている所は」

めだか「だ、大丈夫なのか本当に!?」

銀時はめだかの頭を撫でた後言った。

銀時「大丈夫だ、だから・・・俺を信じてくれ」

めだか「・・・分かった」

三人は離れた後

銀時「さて・・・テメェら・・・かかってきやがれぇ!!」

大量の軍隊が・・・攻めてきた・・・











































銀時「ウオオオオオオオオオオオオオオ!!!」

銀時は向かって来る相手を倒していった!!その姿は・・・銀色の髪を朱に染め・・・仲間を護るために刀を振るう・・・最強の侍・・・白夜叉・・・


































銀時「ハァ、ハァ、もうここまでか・・・」

銀時は約15000の敵を倒したが・・・もう本当に体力が尽きて体が動かなくなってしまった・・・

銀時「んじゃ、皆・・・じゃあな・・・」

敵がチャンス到来と攻めてきた・・・














































そしてその時・・・奇跡が起きた!!























ガキン!!

銀時「!?」

誰かが敵の攻撃を受け止めたのだ・・・それも数人いた・・・

?「大丈夫でござるか?」

銀時「お、お前ら誰だ?」









































剣心「拙者は緋村剣心、ただのあてのない旅の剣客でござるよ」

ケンシロウ「俺は北斗神拳伝承者ケンシロウ」

ルフィ「俺モンキーDルフィ、海賊王になる男だ!!」

磯兵衛「拙者は磯兵衛、ただの流浪に」

剣心「真似するな!!」

磯兵衛「すんませんしたァァ!!」

ついに後のレギュラーキャラ同士がクロスオーバー!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.337 )
日時: 2014/11/02 08:45
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

剣心達が来たーーーー!?

ララ「この薬使わないみたいですね。天界に行って薬もらってきたんですけど・・・・・・・・」

エイジア「結果てきに天界、いってきたんだ・・・・」

ララ「ん?・・・・エイジアさん!大変です!大軍がこっちに来てるみたいです!?」

エイジア「ええ!次から次えと厄介なことになるなぁ・・・・・」

ララ「後、剣心て人たちに会うみたいですよ。」

エイジア「銀さんたちと同じこの列車に来た人たちね・・・・なら、大丈夫ぶだと思うけど・・・・」

ララ「・・・・・じゃあ私銀さんのところにいきますね!」

エイジア「え!無理しないでよ!まだ、体力が回復してないでしょ!?」

ララ「こっちに居ても私は、松山さんを助けることは出来ないから・・・それに・・・・私は、松山さんをたすけることができなかった・・・私は人を信頼できないけど・・・死んだらとても悲しいてことは分かる!・・・・だから今度は、銀さんたちを死なせない!

エイジア「・・・・・一つ行っておくね、多分銀さんたちのところに大軍が来たんなら、私たちのところにも来る可能性がある・・・・」

ララ「!」

エイジア「まぁ、その大軍なら、私達の力でなんとか出来そうけど・・・・・ふたつまもってほしいことがある・」

ララ「?なんですか?」

エイジア「一つは、祟神の力を使っては、いけないこと、二つ目は・・・・絶対に死なないこと」

ララ「!それって・・・・」

エイジア「うん、いってもいいけど、私達が助けを求めたら絶対に来てよ。」

ララ「はい!」

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.338 )
日時: 2015/04/21 22:24
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!坂神です!コメント感謝です!
エイジアさん
ついにうちの小説のレギュラーキャラ全員集合です!キャラの掛け合いを楽しんでください!

では本編です!!どうぞ!!


ルフィ「さっきから様子見てたぜ!アンタ強いな本当!敵を蹴散らす速さがこんなに速いのは初めて見たぜ!」

銀時「ていうか見てたんなら助けにこいよ!何で見てたんだよ!?」

剣心「参戦したら主が戦っているのに水をさすと思ったからでござるよ」

ドスっ!

銀時「ウオッ!?おいお前俺に何した!?」

ケンシロウ「経絡秘孔を突いた、これで体の体力が少しは回復するはずだ」

銀時「正直ビックリしたわ!先に言えよ!」

磯兵衛「…それでアンタの名前は何で候?」

銀時「俺は万事屋銀ちゃん、坂田銀時だ、まあよろしくな」

?「剣心!ちょっと!私達を待ってよ!」

?「ルフィ!敵が結構増えてきてる!」

?「ケン!こんなに多くの敵は初めて見たよ!」

?「磯兵衛ちゃん!大丈夫なの!?」

銀時「オイあの美女二人とガキとババァは誰だ!?」

薫「私は神谷薫!よろしくね!」

ナミ「私はルフィ達の航海士ナミよ!」

リン「私はリンです!」

磯兵衛の母「私は磯兵衛の母です…以後よろしく…」

後他にも仲間は来ていた…

銀時「オイオイ…まだお前ら仲間いるんだな…ってこんな話している暇ねぇな!」

銀時「さっさとコイツら全員倒すぞ!」

全員「オウ!」

主人公その他戦える人は敵の大群に突撃していった!

ルフィ「ゴムゴムの!ジェットガトリング!」

剣心「飛天御剣流奥義!九頭龍閃!」

ケンシロウ「北斗神拳奥義天破活殺!」

磯兵衛「グホォ!ゲホォ!ガハッ!」

銀時「す、すげェ…(ていうか明らかに一人やられてるだけじゃね?)」

磯兵衛の母「テメエら何私の息子に手ェ出してんだァァァァァァ!」

磯兵衛の母無双化!

銀時(…母性ハンパねぇなあのババァ…)

?「ファイアタイガー!」

ゴゴゴゴオォォ…!!

敵が急に炎のライオンに襲われた!

ルフィ「サボが来たのか!?」

本城「いや確かに能力は似てるけど違います!私は本城ララです!」

銀時「本当世の中変わった能力の奴多いいな…ま、よろしくな」

本城「は、はい…」

銀時「よっしゃあ!このまま行くぞ!」

その頃…

ドドドドドドドドドドドドドド…

エイジア「やっぱりここにも来たね…」

メイドウィン「かかってこい!全て倒してやる!」

?「room!スキャン!カウンターショック!」

?「北斗有情破顔拳!」

バシバシン!

一瞬で多くの敵がぶっ飛ばされた!

ジョナサン「貴方達は誰ですかっ!?」

ロー「俺はトラフォガルロー…海賊だ!」

レイ「私は北斗神拳使いの一人トキだ、よろしくな」

アックスホーク「トキ様!お待ちしておりました!」

メイドウィン「いやアンタ態度変わりすぎ!しかも気絶してなかったのか!?」

アックスホーク「前もって気絶しない秘孔を突いて置いたからだ!」

トキ「秘孔!?もしかして…アンタも北斗神拳使いの一人なのか?」

アックスホーク「はい!ケンシロウ様に憧れていたから何とかみにつけました!」

トキ「珍しいな、一子相伝の北斗神拳を盗んだ男がいるとは…私達も加勢する!」

ジョナサン「ありがとうございますっ!」

ロー「ちょっと待て!」

ローが見たのは、松山だった。

ロー「血は収まってるが血が足りない…このままじゃ時間の問題だ!」

メイドウィン「そうなんだ!このままじゃ…」

ロー「分かった!取り敢えずコイツら倒したら治すぞ!だからさっさとやるぞ!


気絶してない人達以外「オウ!」

その後…銀時達やジョナサン達の活躍により…襲い掛かってきた大軍を倒すことが出来た…
こうして夜兎族の襲来により始まった闘いは取り敢えずこの場は終わった…

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.340 )
日時: 2014/11/02 21:46
名前: アックスホーク

どうも、アックスホークです。

ケンシロウ様がキタァーー。

さっきは油断して力の50%しか出してないので今度は本気で行くぞ!

あと、俺は5分間気絶する代わりに復活した後は120%の状態になる秘孔を突いたので俺は今頃復活しています。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.341 )
日時: 2014/11/02 21:56
名前: エイジア

こんにちは、エイジアです。

うわー。ケンシロウさんたち強いなあ。
松山さんのけがを治さなきゃ!いちよう、あの薬準備しておこう・・・

後、聞かなきゃね・・・・夜兎族の秘密を・・・・・どうして作者さんを知ってるのか・・・・どうして武装色を使えるのかを・・・・・

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.342 )
日時: 2014/11/02 22:17
名前: 零龍(元zero21) ◆TEgQzttBnI

俺も気絶する振りを辞めて加勢するか
ついでにメルトダウンを使用します
因みに俺は覚醒時メルトダウンを使用すると体力が0になるまでメルトダウンの効果が継続します
あと俺は覇王色の覇気以外の覇気を完璧に使いこなします
それとドナルドが気絶しているのでオリキャラを乱入させます

名前 聖凛 白夜

性別 女

設定 四神の一角の白虎の力を持っている少女

性格 ツンデレだが、零龍だけ心を開いている

能力 風を自由に操れる



エアロカッター「風を刃のようにして敵をバラバラに切断する」
風皇結界「風を集めて最強のバリアを作る」
サイクロンブレード「エアロカッターの強化版」
覚醒「零龍と同様ステータス2倍にする」
断罪「敵を一瞬で無に還る閃光」

その他 あと、俺と同じく覇王色の覇気以外の覇気を完璧に使いこなし
覇王色の覇気が効かない

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.343 )
日時: 2014/11/03 21:44
名前: エイジア

こんにちは。エイジアです。

すいませんが、ララの能力の音の力にノイズの力を付け加えてよろしいですか?

コメント待ってます。

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.344 )
日時: 2015/04/21 22:30
名前: 坂神銀拳心 ◆8ux1c8TcRU

どうも!!いつもコメント遅れて本当にすみません!!コメント感謝です!
アックスホークさん
あの〜戦いは最後に終わったって書いたんですけど・・・ではフル参戦していたことは書いておくんで!!
零龍さん
アックスホークさんと同じく戦いは終わっていますよ!!ではオリキャラは受け付けました!!
エイジアさん
まあいいですよ!!皆さんも技を付け加える事はダメですけど技の内容を変えるのはOKです!!

では本編です!!どうぞ!!

そして戦いを終えた後・・・
零龍「白夜!!加勢してくれてありがとな!!」

白夜「もう!!ドナルドは情けないんだから!!」

ドナルド「ハハハ・・・すまなかったね・・・」

神威の覇王色で倒れた人を起こしていた・・・

アックスホーク「お前達も来てたのか、ヴラド、キヨカ」

ヴラド「僕も慌て来といてよかったよ、まさかこんなに大群が来たなんてね」

キヨカ「良かったです・・・アックスホークさんが無事で・・・」

ケンシロウ「すまぬが一つ聞きたい事がある」

キヨカ「何ですか?」

ケンシロウ「お前の拳・・・もしかして南斗水鳥拳ではないか?」

キヨカ「そうです!!私は先代の南斗水鳥拳伝承者の娘なので!」

ケンシロウ「なっ!?」

トキ「それだけではない・・・あのアックスホークという男・・・北斗神拳の使い手だ」

ケンシロウ「すごいな・・・俺やレイの拳が・・・」

アイリ「あの兄の拳が・・・」

ケンシロウの脳裏にはマミヤとの愛に生きてそして救ったあのレイの姿が浮かんでいた・・・

ケンシロウ(レイ!!お前の拳は・・・あの女に生きていた!!南斗水鳥拳は絶えてなかった!!)

ロー「皆聞いてくれ!!」

全員「!?」

ローは松山の状況を皆に説明した・・・

銀時「どうしてこうなったんだ!?」

神楽「あのヒールそうな男がどうしたアルカ!?」

メイドウィン「俺が説明する!!実は・・・」

話し中・・・

ルフィ「その神威って奴・・・許せねぇ!!」

銀時「アイツきていやがったのか・・・先に知っておきたかった・・・!!」

剣心「このままじゃ・・・この男死ぬでござるよ・・・」

ロー「だから!!今からまず血を輸血する!!コイツは・・・俺達の世界でのF型だ!!」

新八「F型って何です!?聞いたことありませんよ!?」

?「俺が説明するぞ!!」

近藤「オイ何だこのタヌキは!?」

チョッパー「誰がタヌキだ!!俺はチョッパー!!ルフィ達の医者だ!!後F型って言うのは俺達の世界での血液型の言い方だ!!」

ルフィ「F型は・・・俺だけだな!!分かった!!輸血してくれ!!」

ロー「麦わら屋!!分かった!!後もう一つはこの男の手と足だ!!」

エイジア「それなら・・・」

エイジアは先程捕えた夜兎族を持ってきた

夜兎族P「オイテメェ何しやがる!?」

ロー「ソイツは!?」

エイジア「さっき何で私達を襲ってきたかを知るために捕らえて置いたんだよ!!これなら生きているし、強い手や足だからもっと強くなると思う!!」

薫「でも血液型は合ってるの?」

ロー「分かった調べて見る・・・良かった!!コイツもF型だ!!よし!!今から俺の能力でコイツの足と手を斬って繋げる!!その間鹿屋は麦わら屋の血を輸血しておけ!!」

手術は行われた・・・

松山は何とか戻ったが気絶したままである

マヤ「松山!!起きてよ松山!!」

メイドウィン「起きろよ!!起きろよぉぉぉぉ!!」

ジャガー「死なないでくださいよ!!・・・松山さん(泣き)!!」

ハル「起きてよ!!・・松山さん!!」

マリオ「大丈夫だよな!?松山ぁ!!」

ジョナサン「大丈夫ですか・・・松山さん!!」

ロー「成功してろよ・・・!!」

銀時「ありがとな、神威を相手に皆護り通してよ・・・オメェはまだ死んじゃいけねぇ人間だ!!」

果たして!?





















































































松山が・・・起きたのだ!!

マヤ「松山ァァァァァ!!良かった!!良かったよ!!」

メイドウィン「俺は信じてたぞォォォォ!!」

松山「・・・俺は生きているのか?」

ルフィ「オメェは生きてるぜ!!ししし!!」

めだか「ホッとしたな・・・」

松山「良かった・・・」

バタッ

マヤ「だ、大丈夫!?」

妙「大丈夫よ、疲れて寝てるだけよ」

ロー「何とか手術は成功したな・・・」

松山には・・・これによりDの血と夜兎族の血が混じることになった・・・

土方「それはともかく・・・」

めだか「ああ・・・いよいよこの夜兎族から全てを聞き出すぞ!!」

夜兎族P「やめとけ!!俺は口が堅いんだぜ!!」

本城「それはどうかな?私達の能力で全て暴いてあげるよ!!」

次回!!なぜ夜兎族は作者を襲ってきて知っていたのか・・・そして何故異世界の能力を身に付けていたのかが明らかになる!!

Re: はじめての小説、dream open クロスオーバー ( No.346 )
日時: 2014/11/03 23:59
名前: IR ◆eVBWcg3A/A

夜兎はどうにか追っ払ったが、謎襲ってきたんだろうか、俺たちのような作者たちを、謎が深まるばかりですね

あ、あと俺の小説執筆再開してるんで見に来てくださいね(できればです)

小説更新頑張ってください!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。